「億劫(おっくう)」という気持ちについて〜リードアラウド研究会

億劫に(おっくう)と思う気持ち。いったいどこから湧いてくるのか。

実はすごく単純なことなのではないか。

子どもと50歳以上について、それぞれ考えてみた。

【子どもの億劫という気持ち】

リードアラウドを子どもたちとしてきて、気づいたことのひとつに、本を読む間、ちゃんと立っていられない子どもがいて、それが少なくないこと。そして立つことを「めんどうくさい」という…。

立つのを億劫がる、立たせてもぐにゃぐにゃする、すぐに座ろうとする、よりかかる。

何かというと「めんどうくさい」。

「若いのになんで?」

初めのうちはただ不思議だったが、そんな子どもたちの体を支えようと手出したとき、分かった。

筋肉がない!

柔らかすぎか、すぐに骨に届きそう。

筋肉がないから、ずるずる体が崩れやすい。疲れやすい。動かないでいたい。つまり、何をするのも億劫になる…。

鬱とか心の問題より先に、体の問題、筋肉の問題だろうと思う。

若者よ!

そしてパパ、ママ!

運動も「おけいこ」する時代だ。

運動系の「おけいこ」、小学生時代に大切かもしれない。体幹作りだ。筋肉つけよう。

【50歳以上の人の億劫という気持ち】

この春の経験。

普段たいていのことを、億劫と思うことが少ないわたしだが、久しぶりに風邪をひいて10日くらい「安静」にしていた。

日頃の筋トレもせず、階段も使わず、散歩もせず、横になるか部屋でぶらぶらしていた。

しばらくすると、回復期であるはずなのに、いろいろなことが「億劫」と思えてきた。

「こんなはずのじゃない」と、不安になる。でも、外に出るのもめんどうくさい。歩くのも大義だ。

一週間経って、

「えいや〜!」と体を動かし始めて驚いた。

ちょっと歩いて、すぐに座りたくなる。

立っていると、寄り掛かろうとする。

エレベーターがあれば乗りたい。

いつも早歩きする坂道が、長く苦しく遅歩きになる。

筋肉が落ちてしまったのだ。

体重が落ちたのはわかる。でも、体脂肪率が高くなっていたのにはゾッとした。

筋肉の減少と、億劫な気持ちの出現。相関関係がある?と、怪しんだ。

それから、徐々に運動量を増やした。

1ヶ月でどうにかなるかと思いきや、億劫気分はまだあって、やっと、階段がさほど嫌でなくなったのは、2ヶ月後。

遠回りして歩いたり、遠くのスーパーにも行く気も戻ってきた。

そして…、億劫と思う気持ちもいつの間にか消えていた。

そこで、この自分の例だけだが、言ってしまおう…

億劫な気持ちは筋肉現象が原因(のひとつ)!

もともと活動的な人に、ちょっとでも「億劫だな」という気持ちが芽生えたら、

筋肉の減少を疑ってみること。

そしてすぐに、階段を使い始めよう。

いつも立っていて平気なのに、「座りたいな」と思ったら、筋肉減少のサイン。

それから、しゃがんでから立ち上がるときに、「どっこいしょ」と言ってしまったら、筋肉減少を疑おう。

しゃがんだら、どこにもつかまらず上半身を揺らさず、能や狂言の踊り手のように、すっと立ち上がろう。

先日、お手本にすべき姿を見た。

88歳のマダム。ハイヒールを履いてタンゴを踊る人だ。

いっしょにコーヒーを飲んで長話をしている間、彼女は椅子に浅く腰掛け、背を椅子から話してぴんっと姿勢を保っていた。

体に対する心がけ、筋肉作りが大切なのだと、改めて思った。

老いも若きも、何事も億劫と感じない前向きの気持ちを持つには、筋肉が大切!