「CDB!」って言われても〜キッズブックス英語スクール

「継続は力なり」、英語習得は疑いもなくその通りだと思う—なので、小学生クラスは今、土曜日に来られなくなった生徒のために、通常の土曜日の二子玉川に加えて平日1日、用賀に教室を移して同じクラスを開講している。

新学期、平日クラス第1回目。

ドアを開け、

Hi, how are you?

と始めたら、すかさず

I’m hungry.

の声が返ってくる。親しい空気がありがたい。

そうだった。小学生中学年以上の男子、いつも空腹。今春めでたく大学生になったある男子の時も、そうだった…。

経験則では、こういう時は、バナナ。一房用意しておけば、空腹は収まり、口も滑らかになる。

ふた組に分かれてしまったが、この小学生クラスはかなり読める生徒たちのクラス。どのくらい読めるかといえば、英語圏の2〜3年生程度か。それぞれ弱点はあるが、かなり文字の多い本を、容赦ないスピードでのシャドウイングについてこられるし、意味も取れ、本の内容について冗談を言い合ったり、リードアラウドで理想に近い伸び方をしている。

本年度このクラスで使う最初の2冊のうち1冊は、とてもユニークな絵本だ。暗号?で書かれたWilliam Steig(『Shrek』は映画化された) の『CDB!』。

リードアラウドに加えて、これでWriting指導にチャレンジする。

先日の土曜、そして火曜での手応えは…

よい!

Steigのユーモアと、それを体現する味のある、そして芸術性の高いイラストが、1ページ1ページに深みを与えて、「学習させよう」というチャッカリした指導者の魂胆を隠してくれる。

そして学習に必要な、好奇心を喚起する。

「さあ、タイトルを読んで!」

シーン。

「うん?こんな短いの、難しくないよねえ?」

CとDとBだけ!

「絵を見て。男の子が、虫?を指差して言っている、なんて言ってるのかな?」

「この虫は?…そうそう、bee。よくわかったね。じゃ、指差してなんと?」

「このbeeを見てってかなあ?」と生徒。

「そうそう、では英語でなんて言う?」

この瞬間に、土曜のクラスも火曜のクラスもキラリ。誇らしげに、

「See 〜bee!」

「〜のところは?[ D]ってかいてあるね?何?」

「そっか、See the bee! CDB」

と、解読したところで、手元のホワイトボードに英文を書かせる。

嬉しそうに 書いてくれるのが、また嬉しい。

こんな仕掛けで、英文を考えさせ、書かせ、それから「暗号」と絵だけを見てリードアラウドさせて…。

ある場面の「暗号」、「S, N-D」。Yes, indeed.

意外と知らないindeedだったが、ここで多分、みんなの頭に記憶として残せた、N-D。

Writing、まだまだ続く。O, S. (oh, yes) Let’s have some more fun!


コメントを残す

CAPTCHA