2018年度アセスメントで生徒の成長を見る〜キッズブックス英語スクール

スクールでは、指導の評価のために、ごく簡単なReading Fluencyのアセスメントをスクール生に、年2回程度受けてもらっている。2018年度末のアセスメントで、生徒の成長ぶり、指導の成果を見てみる。

数字が全てを語るわけではないが、数字にしてみて気づくこと、見えてくることがある。

1年前は文字を「読む」よりは覚えてリードアラウドしていたKくん。今年度に入ってから、「暗記でなく読んでいるな」とは思っていた。同時に、ときどきアクティビティとしてするカルタとりで、耳で聞いた単語の字札をよく取れるようになったなとも思っていた。そして、3月のアセスメントで驚いた。初見の英文を1分間で正確に音読できる語(wcpm)が、前回から比べて大躍進していたのだ。単語認知力の躍進が、アセスメントの数字にも表れていたのだった。

そんなKくんへの指導者の所感はこんなだ。




文のレベルは前回の9月と同様にG1で行いました。単語認知の正確さが着実に上がっています。目覚ましいのは1分間で正しく読めた語数で、大躍進して45wcpm。英語圏G1の3学期までに求められる値に到達しました。


読める語が増えたのと同時に語彙力も1ポイント上がり、G1で必要とされる語彙力の54.5%と推定されます。この1年、特に意欲的に学んだ語彙カルタ。これを今後も取り入れながら、語彙力を伸ばし文へ繋げたいと思います。


流暢さに、上達の兆しがあります。今後は、流暢さの指導を通して文や句を認識させ、句や文単位で読解できるように導きたいと思います。

もうひとり、Cさんのケースも紹介する。このCさん、リードアラウドで大切にしている感情表現が、このところ顕著になり、自然と「うまい!」とクラスで指導者が声をあげる機会が増えていた。でもアセスメントの数字でこれまた驚いた。

fluencyのポイントだけでなく、読解のポイントも一段階アップ。力がついてきたことを、数字も語っていた。こんな所感を書いた。




前回同様にG1レベルで評価しました。大躍進です。単語はほぼ正確に読めるまでに、また1分間で正確に読む速度も半年でほぼ3倍に。英語圏G1の3学期の目標値程度に到達です。


特に喜ばしいのは流暢さの変化。クラスでも読み方を褒めることが多くなっていましたが、こうして評価として示されました。


表現するようになったということで、読解力もつき始めたことがわかります。読解力レベルが2になりました。


語彙力は引き続きG1レベルで評価し、これまた2ポイント上がり上々です。ただ英語圏G1並みの半分程度なので、引き続き語彙指導に力を入れます。


これらのケースは、今回特に上達が見やすいケースだった。

しかし、語学の場合で、上達が見えにくいものや、時期もある。

たとえば、語彙力。数ヶ月単位ではあまり上達が見られなかったり、インプット真っ最中で数字で見る上達では足踏み状態、踊り場的な時期もある。

単語の丸暗記を集中的にさせるわけではなく、リーディング(リードアラウド)を通して文脈で語彙を学ばせる、という語彙学習法の王道を、わがスクールは行く。なかなか数が増えないのは悩みだが、アセスメントでのチェックと、クラスでの引き続きの運用などの働きかけと、ときどきお願いする家庭での援助などで、上達のカーブがもう少し頻繁に見られるようにしたい。


「風通し」のいい場所~キッズブックス英語スクール

アメリカの西海岸、オレゴン州のポートランドという街にくると、特に東京からひとっ飛びで着いた直後の数日間は、その街に住まう人々がずいぶんと自由に、自己表現して生きているなあ、と感じいって、人観察できょろきょろしてしまう。

早春のある春めいた日、春の訪れを知らせる妖精のようにウキウキ、ふわふわと、お兄さんが頭からつま先まで虹色のオウムに扮して歩いていた。すれ違う人々もごく普通に、それを笑顔で見送る。

交差点で、あごひげを密にたくわえたお兄さん?が人待ち顔で立っていた。 その見事なヒゲは、顎下10センチくらいのところで圧縮フェルト加工のように隙間なく密になっている。色も赤から茶色のグラデーションに染めていて、スタイリッシュだ。

色といえば、東京も渋谷などでは見かける蛍光色の髪。この街では、もともとの髪の色がブロンドだったり、色があっても薄く抜きやすい人が多いからか、蛍光色を乗せると、とてもいい発色で光り輝く。草間彌生さんの髪のような鮮やかな色の老若男女が、あちこちに。

自由な雰囲気は、見かけだけではない。

舞台俳優のように響き渡る声で、滔々(とうとう)と世の中への不満を、通行人に疲れ知らずに語る男性や女性。毎日、声を出しているのか、素晴らしい声だ。

別の角を曲がると、スタジオでの練習の代わりか、小遣い稼ぎか、アンプ持ち込みでロックギターをかき鳴らしているお兄さんがいる。かなりの腕前で、立ち止まって聞き入る人も。

スターバックスにいけば、まるでGilda Radnerが演じる、おしゃべりで超元気なおばあさんを地でいくスーパーハイパーおばあさんが、天候への不満を周囲に語りながら、コーヒーにどぼどぼ牛乳を注いでいる。

即興劇をする人だったら、キャラクターつくりのアイディアに事欠かない街だが、個々を重んじている感じの周囲の人々が、とても暖かい目をしているところが羨ましい。

わたしにも、まったく嫌な風景ではない。風通しがいい、という感じ。

気持ちがゆったり大らかになる。

ふと想像するのは、こんなに自由に振る舞い、それをまた当たり前に受け入れる人々が小学生だった頃の教室。

賑やかだっただろう。でも先生は、そこで子どもをじっと行儀よく椅子に座らせておくことに、主なエネルギーを使ったわけではなさそうだ。

他者を尊重し受け入れること、そうすることが自分の自由にも繋がるということ、子どもはどう学んだのだろう。

小さいながらも、そして週に1回程度の英語の教室であっても、風通しのいいところにしたい。

そう、ちょっと見は統制がとれてないようでも、子どもが開放的に、でも確実に学べるところであって欲しい。

イチローさんの言葉〜キッズブックス英語スクール

イチローさんの引退発表があり、そのインタビューを読んだ。

最後のほうでの以下の発言、「これぞ、若いみんなに経験してほしいこと」と同感なのだが、イチローさんが言ってくれていることで、多くの子どもたちにも届くのではないだろうか。

「アメリカに来て、メジャーリーグに来て、外国人になったこと、アメリカでは僕は外国人ですから。このことは、外国人になったことで人の心を慮ったり、人の痛みを想像したり、今までなかった自分が現れたんですよね。この体験というのは、本を読んだり、情報を取ることができたとしても、体験しないと自分の中からは生まれないので。」

ひとは一度、外国人になって、そうなったときの心を体験してほしい。

それからもう一発、イチローさんはこう言った。

「つらいこと、しんどいことから逃げたいというのは当然のことなんですけど、でもエネルギーのある元気のある時にそれに立ち向かっていく。そのことはすごく人として重要なことではないかと感じています。」

自分から、つらいこと、しんどいことに立ち向かうひとになって欲しい。「面倒くさい」という言葉を、子どもや若い人から聞きたくない。

届け、イチローさんの言葉。

At the Plate With... Ichiro ( Matt Christopher Sports Bio Bookshelf )

英語絵本を子どもに読むとき、パパやママの発音はどのくらい重要?〜リードアラウド研究会

先日の絵本リードアラウド認定講師講座【第1回】では、どのように親が子どもに英語絵本を読んだらいいか、「親に指導する」指導方法を演習した。

パパやママを前にして、指導者はここでも発問で進めていく。
「英語の絵本を子どもに読むとき、悩むことはなんでしょう?」
初めから、こう尋ねてしまってもいいだろう。

そうした場合、パパやママが聞きたいと思っているFAQのひとつは、「発音が得意でない親が、子どもに英語の本を読んでやっていいのか」という疑問だ。わたしたち指導者は、どう答えたら、説得力があるか。自信を持って指導者が答えるべきは、個人の経験からだけではなく、科学的にいきたい。だが、心も伝えたい。

ということで、まず答えたいのは……「なによりも大切なのは、親が子どもに本を読んであげるということ」「親が読むことは100%いいということ」。加えて、「親が楽しんで読む姿を見せること」。これができたら最高だ。そして、科学的な裏付けも必ず加える。「子どもは、親の声に一番、反応するということが、科学的に裏付けられている」という事実も伝えたい。

それから、英語の発音の良し悪しは関係ないかという疑問にどう答えるか。「教え込まなければ、悪い発音は伝染らない(固定化しない)」。これも科学的に裏付けられている。絵本を娯楽として読む気持ちでいれば、わざわざ単語の発音を何度も繰り返させたり、いい直させたりしない。
もちろん、より理想的には、せっかく電子辞書やスマートフォンで本物の発音を聞くことができるのだから、正確さを保ちたい。朗読CD付きの絵本は、親のためにあると思うといい。CDを子どもに聞かせるのではなく、親が聞いて、少しでも正確に発音できるよう活用する。

とまあ、親たちは一安心だが、わたしたち指導者はなんだかドキドキしてくる。「教え込む」ってわたしたちのこと? 指導者はときに偉そうに、「あとについて読みなさい」と言って、教え込んでいる……。ということは、指導者の不正確さやクセが、子どもに伝染る可能性がある!!! これは、「英語責任者」として自覚しなければならない。

実は今回の課題書、『Hello Baby!』では肝を冷やした。文中に出てくる「leopard」が、なんだか「レオパード」っぽい……。いかん! いかん! 「レパード」。「o」なしです。
自分たちは間違いを再生産する可能性のある立場にあること、心に刻もう。わたしたちリードアラウド指導者は、表現の豊かさで子どもを英語や本に惹きつけるだけでなく、下調べも丁寧に、責任を自覚して、正確で上等な英語の指導を心がけなければならない。

最後に、もう一度言うが、パパやママは発音を心配しすぎず、英語の絵本を手にして親しませ、調べ調べでも読んであげて。


絵本リードアラウド認定講師講座

Hello Baby! (Classic Board Book)

悩ましい語彙力、どう身につける~キッズブックス英語スクール

アメリカの大学に入って一番泣かされたのは、自分の語彙力のなさ。そして、英語の小説をなかなか楽しめなかった最大の理由も、語彙力のなさだった。

日本でそこそこ勉強しただけの英語力で、「身についている」と言える語彙は、本当に限られている。おまけに大抵の人の場合、人生で最高に語彙力があるのは高校3年時で大学受験まで。あとはどんどん忘れていくのが一般的な傾向ではないだろうか。

今、自分に語彙力がずっとついてきて、英語で小説も楽しめるようになって、思うこと。英語を学んでいる人のひとりでも多くが、語彙をもっと増やせればなあ。

つらつら思いながら、特別効果的でもない、従来の方法を説いて今日まで来てしまった。でも、ちょっとまて。英語を教えているなら、もっと科学的に、効率的で実用的な語彙力のつけ方を知って、それを指導するべきだろう?

そこで、ここしばらく、数年になるが「第二言語習得論(研究)」の独習をし、リードアラウドの指導を続けながら、新しい学習法のヒントを探すためにシアターゲーム(インプロ)の日米ワークショップに参加したりしてきた。

そして、これらが混ざり合ったところから、語彙学習で使えそうな、面白いものが浮かんだ。

形はシアターゲーム。

耳からインプットした英語(単語、句、節、文)を、

表現豊かに反復すなわちプラクティスし、

変化させたり展開させてアウトプット、

同時に自分をモニターしてふりかえる。

これらを組み込んだ方法だ。

4ステップ(Input-Practice-Output-Monitor)は、第二言語習得研究で学習効率が良いとされている、科学的にも有効性が示されている方法でもある。

表現豊かに、時に増幅させて表現するというところは、リードアラウド的であるり、同時に演劇に近いシアターゲーム的でもある。

何か印象付けるプロセス(ここでは表現すること)をとると、それをしない場合より記憶に引っかかりが生じて、忘れにくくなる。経験で知っている人もおおいのではないだろうか。これは、今では第二言語習得研究や、脳科学や認知科学で証明された、記憶が長期保てるメカニズムだ。

まずはスクールの高校生生徒と、春の集中授業でやってみるかな。

2019年4月2日と5日の2日間集中語彙クラス、お問い合わせ 下さい。個々に対応します。