『Dear Zoo』と手紙を書いたのはだれ?〜リードアラウド研究会

ボードブックとして、もともと赤ちゃん用に書かれた絵本は、言葉が少なく、ただ文字面を読むだけでは、なかなか表現を深められない。

たとえば『Dear Zoo』。

一人称の話者と、その発言に肉付けをして、より深いものにしてみたい。

たとえば、「I」を「俺」と呼ぶ40歳くらいの男性を想定した。そこそこ世間に通用する人だが、常識はずれなところがある。しかし、お人好しで、幸運に恵まれ、人にも好かれている。肯定的な好人物。

などと、設定。

この人のとわず語りとして、本文を考えてみた。

ひととおり、ごく普通の読み方は「楽勝」のみなさん。こんなキャラクター造りして、もう一段階上のリードアラウドに挑戦!

Dear Zoo,

p.2-3

俺さ、動物園に最近、手紙を書いたんだよ。

うん、(ひとりもんの俺に)ペットを1匹みつくろって送ってくれってね。

そいでなんと、送ってくれたんだ。それはいいが…、なんとゾウだったんだ。

たまげたね、でかすぎだよな。

もちろん、送り返したよ。

p.4-5

そのあとで送ってきたのが…、キリンだよ。

なにをかんがえてんだか。ありがたいけど、背が高すぎさ。家に入んないだろって。

これまた、返送。

p.6-7

そいでさ、ご親切だよね、また送ってくれたんだが…、これが、ライオンだった。

そりゃ獰猛で、危ないだろう。

お返ししましたよ。

p.8-9

それじゃってんで、大人しそうと思ったのか届いたのが…、ラクダ。

これが、めっぽう機嫌悪くてさ。

悪いけどペットにはねえ、お引き取り願ったね。

p.10-11

これならって送ってくれたのが…、ヘビだよ。

だめだよ、恐ろしいったらもう!

返送、返送!

p.12-13

こんどこそってか、来たのが…サル。気が合うと思ってくれたのか、だけどコイツがいたずらすぎ。

ペット不合格。ばいばーい、だね。

p.14-15

これでどうだって趣向を変えたんだろね、届いたのが…カエル。まいったまいった、跳びまくりでじっとしてやしない。

俺は可愛がりたいんだよ。しょうがないじゃないか、これもお返ししましたよ。

p.16-17

こうなると動物園のみなさんも頭を付き合わせてよーく考えたんだろね。次に送って来たのは…子犬。

いや、ぴったりだね。

いただくっきゃない。

Tantrum!子どもとゲーム〜キッズブックス英語スクール

年少の子どもとの英語で、ゲーム式に学ばせる場面がある。

その時の「勝敗」結果が、時に子どもの心に突き刺さる。

もともと勝ち負けにこだわらない子どももいる。

「優しい子」とも取れるが、時に、「勝ちたい」という気がなさすぎて物足りなく感じたりもする。

かと思えば、「勝負師」のように勝つことに熱くなる子どももいる。

うまく制御すれば、学習にも大きくプラス作用をもたらすが、難点は負けた時。

幼いと、負けをソフトランディングできずに、

まるで奈落の淵に落ちたように感じる子どももいる。

競争心の制御は、年少者を教える指導者の悩みの一つではないだろうか。

競争がつきもののゲームを、どう幼い心を傷つけずにさせようか。

そんな時、

ゲームを「作業」にすると、うまくいくことがある。

「バラバラになったカードを、一緒に片付ける」こととし、

片付け方にルールを仕組む。

この「手」はしかし、言い出すタイミングが重要。

先日はわたしがそれを逃し、

「圧勝」中の一人が、勝敗が決まる前にせっかくの勝負ゲームを「作業」に切り替えられて、

大きく機嫌を損ねてしまった。

「こんなのつまらない!」

と熱くなり、教室を出てしまった。

どう説得したものか。

どうにか教室に戻すことができた、この日の手の内を書いておく。

まず、

学習は作業のようなものだ、

と子どもに説く。

その作業を、

一人でするときもあるし、数人ですることもある。

例えば二人でする場合。

ここで、

「二人だと半分の仕事で済むから、効率いい」と、

学齢が上なら説明するが、まだ論理というか、算数もわかっていない。

怒りで興奮している子どもを鎮める目的もあって、

ここで「算数」だ。

「アルファベットって全部でいくつあったっけ」

と、問いかける。

問うこと、それだけでも、ちょっと子どもの気がそれる。

数え始めたわたしを見て、

怒りは収まっていないながらもその子は、つい指折り数え始めた。

この指折り、という体を使う関係ない作業も、体の張りや心を鎮める効果を発揮するものだ。

それから、さらに具体的な作業をさせる。

ここでは質問、それをどんどん出す。

「そう、アルファベットは26こ、カード26枚。一人で拾うと、何回拾わなければいけませんか」

「26回」

…子どもが答え始めたら、あとは大人は根気よく繰り返しの「作業」をさせる。

「これを二人でやるとどうなるかな。二人で1回拾うと何枚片付く?」

「2枚」

「もう一回では?」

「4枚」

…. 10、12枚

気長に2枚ずつ数えさせて、

「あっ、13回で26枚全部、拾い終わった!」

「一人だったら26回…」

作業は一人でやるより、

仲間がいる方が早く終わると悟ると同時に、

先ほどの「ゲーム」とは関係のない、単純な数を数える作業に気を向けさせたので、

子どもの気持ちが静まった。

それから、ママに抱っこされ無事にクラスに戻り、

あとは何事もなかったような、明るい声が。

子どもの「tantrum」、

程度の違いはあれ、誰にもある。

だからそのことを子どもに考えさせる絵本まである。

これについてだいぶ前だが、

考えさせてくれたのがこの絵本。

『 When Sophie Gets Angry-Really, Really Angry 』

All I need to know I learned from books…

『I Don’t Want to be a Frog』親子クラス〜キッズブックス英語スクール

スクールの親子クラスでは、この本を読んでいます。

少々、難しいと感じるかも知れません。

こんな参考映像がありますので、ちらっとでもご覧ください。

また、「入門クラス」のみなさん。

とくに耳が鋭い年頃なので、視聴の効果が抜群かも!

ナレーションと台詞を読み分ける参考映像〜リードアラウド研究会

絵本をリードアラウドする場合、よくつかう「技」は、ナレーションと台詞の読み分け。

 

声のpitch(高低)、響かせ方、一瞬の間などを使う。

 

文字の多い絵本の場合、読み手の集中力を持たせるのも大変だ。

 

お手本にしたいのは、こんなリードアラウド。

主な登場人物は、少年と少女。そしてメインはナレーター。3人の声の分離は、あたりまえのように、上手。

 

それから、ナレーションの文の緩急、強弱がとても聴きやすい。感情がうるさくなく、かつ「味方」っぽい傍観者の空気がいい。

 

ああ、うまい役者だったなあ、Robin Williams…

Magic School Busシリーズ〜キッズブックス英語スクール

リードアラウドのカリキュラムでも、かなり文が読めるようになってきた小学生中学年以上には、ノンフィクションの絵本も使う。

今週から、Magic School BusシリーズのHuman Bodyを読む。これに先行して前回から読み始めたのが『Parts』。こちらはフィクションだが、テーマは同様にHuman body。

絵本のリードアラウドで、本を読めるようになってきた生徒たちに、ときにノンフィクション系の語彙も学ばせたい。

年相応の語彙として、たとえば「大脳」とか「動脈」とか。山ほどある。

昨年度の高校一年は、『World War II』を、歴史や社会学系の語彙をまなびつつ、歴史的事件などをディスカッションした。

アメリカの大学に入って愕然としたのは、大学生としての英語の語彙の貧弱さだった。

だから、今から生徒たちの読む分野を広げ、語彙を広い分野から身につけさせたい。

さて、本年度。

力がついてきた小学生クラスで、Magic School Busである。

「絵本なんて小さい子の読む本じゃない?」なんて態度が少しでも見えたら、どかんとノンフィクションに挑戦させてみよう。

まだまだ「小さい子」の英語にも追いついていないこと、うすうす知らせ(やる気をくじかない程度に)、ノンフィクションの情報を学ぶ楽しさも示そう。