リードアラウド認定講師講座第8回報告その2 『We Found a Hat』指導編〜リードアラウド研究会

これまで何度か書いたが、先生というもの、そして大人というもの、子どもを前にするとすぐに「親心」で教えたくなってしまうもののようだ。リードアラウドではその「親心」を封印して、子どもへの発問とそれに対する応えで指導する。

今回は、模擬授業に時間を多めに使い、私の代わりに参加者同士で問いかけあうことで、模擬授業と読解を同時に進めてみた。先生役が読解を深める質問を考え、生徒役のその他のみんなに投げかける。質問を考えながら気づくのは、自分がよく本を読み内容について考えていないと、いい質問ができないこと。

自身が、テーマを多角的に理解しそれを子どもの思考に「翻訳」して尋ねる。5W1Hの質問や、Yes/Noで答える質問を混ぜ、応えに応じて本を読み進める。

今回たとえば「このカメは〇〇しているけれど、どうしてかな?」と尋ねた人。この一見良さそうな質問、でもNG。

ふたつの質問「このカメは何をしているのかな」それから「どうしてそうしているのかな?」というせっかくのふたつの質問を一つにしてしまっている。もったいない。「どうして?」はわからなくても「何をしているの?」という事実関係には答えやすい子どもがいたかもしれない。一人の子の答える機会を奪ってしまったのかも!

また「これ、怪しいね」と感想のようなものを先生が自分で漏らしてしまうことも、子どもには残念に違いない。「この目つき、どう思う?」と質問を投げかければ、「怪しい」などと気楽に答える子もいただろう。もしかしたら、「怪しい」なんて陳腐と思わせる、本質をもっとぐさりと突くすごいことを言ってくれるかもしれない。その機会をわたしたち自らが潰してしまってはいけないだろう。

それからもう一つ、この日も見受けられたのは、子どもに尋ねたのはいいが、子どもの応えを無意識に無視すること。見えなかった、聞こえなかった、という理由があるかもしれない。ならば、もっと注意を向けること。また「無視された」子は表情を微妙に変えている。そこでも取りこぼしを拾える。気づかなかったこと、コメントしなかったことを「すまない」と思うように。あまり気にしない子どももいるだろうが、気にする子はかなり気にする。実は子どもの権利としては、気にすべきことなのかもしれない。やる気にも関わってくる。先生たるもの、子どものやる気を削ぎたくはないはずだ。

今回のような子どもへの発問と応えの演習が、私たちの子どもへの「説明グセ」を治す役に立つか、様子を見てみたい。

We Found a Hat

リードアラウド認定講師講座第8回報告その1『We Found a Hat』  ~リードアラウド研究会

課題書『We Found a Hat』をどうみなさんが「料理」してきたか、興味津々の今回。。先月の『Little Gorilla』は、古典的な物語ナレーションで、もしかしたらベテランたちは慣れである程度こなせたかもしれない。でも今回の本は、新人にもベテランにもチャレンジング。斬新な新しい時代の絵本だ。

2匹のカメの性格付けをしっかりしないと、ニュアンスが出ず、表現の代わりに説明だらけのリードアラウドになってしまう。

パート1、誰のそして独白なのか台詞なのか。声だけでなくニュアンス、発声まで違ってくる。クラスで子どもに読ませるなら、台詞を平均的に振り分ける目的もあって、独白をカメ1とカメ2のものに分けるのも一手だ。これはベテランHさんの素晴らしい発見だ。確かに、そうする方が表現が楽だ。

ただ、認定講師講座のレベルからすると、困難な道を選びたい。つまり、難しくてもカメ1だけの独白で「We〜」「We〜together」を続けてみよう。「a hat」なのに、「we」が「together」で見つけた…(ルー大柴さんの口調みたいだが)、そこがTurtle 1の深い悩みの始まり。ハムレット風。

ただし注意は、深刻にすると声が小さくなること。頭を垂れて喉を圧迫していないか、鏡に姿を映して修正が必要だ。視線は前方の遠方。すると深く、少しゆっくり、カメ1が哲学をしている声の雰囲気になりそうだ。おどけや照れの感情はいらない。辛い決断をする場面終盤、自分に言い聞かせる。辛さを滲ませたい。そしてゆっくりhatから遠ざかる空気を表現する。

注意を喚起したとたんにほぼ全員が修正できたところだが、確認のために記しておく。副題(例:PART TWO Watching the Sunsetなど)を読む声は、カメではなく中立の第三者、悩みと無関係な声で読むこと。

パート2、せっかくのsunsetの絵をまるで何も書いていないページのように飛ばす人が多かった。ちょっと待った。この1ページは重要で、これがあるかないかで、次の表現が変わると思う。砂漠のsunset、見事でカメも見とれているはず。わたしたちも、だからこの場面でsunsetを愛でるべきだろう。そして、We〜/We〜togetherとカメ1の独白がある。ここは素直に美しい夕日を眺めているのだろう。「きれいだな」という気持ちで読んでいいだろう。友と一緒に見るのはまた格別だ、という感じか。そして、ふと心配になるカメ1。くったくのないカメ2の受け答えに、さあNothingだ。演習したようにいくつか違う感情を載せて、どれがいいか考える。後ろめたい感じが、わたしはしてくるが、みなさんは?

いよいよパート3。夜、カメ1はすでにある悪巧みをしている声だろう。くったくのない健やかな声ではない。We〜、We〜together、ずるそうかも。パート1, 2の冒頭のニュアンスと違いを出せるか。全員、工夫の余地ありだった。会話部分の台詞、Are you almost~、Are you all the way ~は、カメ2との距離が違っている。2番目の台詞はカメ2からさらに遠ざかっているので、声を大きく張り上げたらいい。また、asleepのカメ2、眠い表現の挑戦は多くが試みていた。眠気が強いカメはNさん。表現豊かで楽しめるが、「夢を語る」にはもう少し覚醒したカメでいて欲しい。二匹でお似合いの帽子をかぶる夢は、悪事を働きそうだった友を更生させるほどのインパクトがある。早口ではなくゆっくり、多少朗々となる。

ここで、You〜. You also〜と対照している台詞を一匹が畳み掛けるように言っているところから、やはり独白部分のWe〜が繰り返される台詞は、ひとりの台詞かな?と今、また思う。

さて、最後の台詞だ。We 「both」/have 「hats?」と、bothで息が止まりそう?そして、信じられないように初めてhatsと複数形。この「s」は例外的に強い。オチが落ちなかったみなさん。練習してみよう。



『How the Grinch Stole Christmas』朗読仕上げについて〜リードアラウド研究会

認定講座参加のみなさん、先日のGrinch朗読の録画ではお疲れさまでした。

あそこまで、当日の練習もなく撮り直しもなくこなせるみなさんは、本当に研究会として誇らしい。

とは言え、一夜二夜明けて、指導責任者として幾つか課題が見えてきました。

11月の録画に参加していなくても、1月の発表会では全員に同書を朗読してもらうことにしていますので、ここで私が何を言わんとしているかを汲んで、録画参加のみなさんを含めて全員の自己研鑽を期待します。

課題: 1. 声  

Kiyokoさん、この日の2倍の声で。Mutsumiさん、1.3倍の声で。Kiyokoさんは、読んでいる時の姿勢、顎を引きすぎているようです。そのせいで声が首のところで詰まってしまっているのかもしれません。

みなさん、顎は引きすぎないように。写真撮影の時も、顔まわりに余計な段ができて首と顔が一体化して、「トランプ現象」を起こすので、審美的にも気をつけたいです。

顎と首

Mutsumiさんは、舞台での朗読ということ、観客を5メートル先位にイメージしてください。いい声がもったいない。

2. 台詞とナレーションの分離、キャラクターと声の大小、方向

目をつぶって先日の録音(録画)を聞いてみてください。

かなりナレーターと登場人物たちが分離されてきたとは言え、まだ程度に不足がある人もいます。悪役Grinchが「意外と」よく表現できているのが、Akaneさん、Harukoさん、Mamikoさん。普段のキャラクターと正反対のようなGrinchが面白い。そのギャップがナレーションとの分離を助けたのかもしれません。分離には、キャラクター造型と声の張り出しが必須です。時にそれが篭ってしまうMamikoさん。顎を引かないように。キャラの分離は出来ていても、声の張りや響きがナレーションと区別しにくい人がいます。NaokoさんのGrinch、とても魅力的。ただナレーションがGrinchに近いので、もっと違いをだして。声の張りかた、rateで変えたらはっきりするのでは。MutusmiさんはGrinchの台詞、もう少々芸を大きく。枕元で読むのではなく、広い空間に向けて台詞はゆっくり大きく、せっかく出た声を抑えてしまわないように。Kiyokoさんはキャラ造型もナレーションも細やかです。ただ、ナレーターやGrinchのキャラではない「不安」が、ちょっとだけ漂う。もっと読み込むと、「図々しさ」など遊びが出そうです。

3. 強弱

言葉を発するときにvolumeの大小の他に、強弱があります。思いの強さ、意思を伝えるには必須の要素。Harukoさん、新人ですがSanaeさんがこの制御が特に素晴らしく、力強いです。Harukoさんのナレーターは、自分が憑依しているのか、と思わせるものがあり、説得力があります。Grinchも、Naokoさんのちょっと引いた、でも悪どいキャラと強さはいい勝負。SanaeさんはだいぶHumanに聞こえますが、まだ少し突き放し気味、AIっぽいところがあります。自分のなかにGrinchを見つけてください。Hirokoさんも声、台詞の強さがいいです。ただときに集中が切れると、ちょっと風船の糸を離してしまったような、表現の穴があるときがあります。穴埋め、お願いします。Mamikoさん、強い表現と自分へのキャラの引き寄せかた、いい調子です。強くすると、ときに唸りが入るのは、発声のせいかもしれません。奥歯を噛んで口を閉じている?ならば、開ける。

4. 緩急

これはリードアラウドの特徴なのか、ベテランになるに連れ、自己修正で上手になっています。Akaneさん、Mamikoさん、緩急上手になっています。Akaneさんはさらに、自分の中で発音しにくいところで、ちょこっと戸惑いがあるので、モグラたたきのように気づいたところを地道に修正するといいです。新人のSanaeさんは、新人らしさが緩急に特に出ています。緩急の意識が薄い。例えばプレゼントを挙げていくところなど、まどろっこしい。リードアラウドしている最中は、発音を教えるという先生役ではなく、物語の語り部。どこがゆっくり読むべきところ、どこがさっと読んでもいいところ、物語として考えましょう。

話せば短いことなのに、書くと長くなりました。まだまだ出てきそうですが、この辺で。みなさんのGrinchに「Yes!」したつもりですが、感じていただけますか。1月12日までに、ここに書いた「and… 」を自分なりに極めてください。

みなさん、本当に楽しいGrinchをどうもありがとう!

カルチャーセンターでシアターゲーム〜リードアラウド研究会

スクール認定講師講座(ワークショップ)ではお馴染みとなっている、リードアラウドならではのアクティビティ、シアターゲーム。

名前からも想像がつくように、演劇のトレーニングとして始まったもので、「Improvisation games」と呼ばれることもある。

数あるシアターゲームのなかからリードアラウドでは、集中力を高めるものと、表現を豊かにするものを中心に演習としてきた。

実は、そのほか山ほどあるゲームのなかに、日本人の英語学習に役立つものがたくさんあって、使わないのはもったいないと思っていた。

『大人英語セミナー』では、少しずつ試していたが、ついに朝日カルチャーセンターで全部シアターゲームのクラスを設けさせてもらった。(『即興的英語力を磨く』

このクラスではシアターゲームのなかから、とっさに言葉を出す、即興で話を繋ぐ、物語を語るといった、相手を反射的に肯定して自分の意見を加えるゲームや、高校まで英語をまじめに学んでいる多くの日本人の頭のなかにすでにある英語の「在庫整理」ができるようなゲームを選んだ。

まだ生まれたての小さなクラスだが、先日は理想に近いクラス運びができた。

まず「Shake out」というちょっとした運動で筋肉と口をほぐし、表現活動の準備を行う。
次に「Category snap」で、カテゴリ(例えば「動物」)に属す単語を滞りないよう順に挙げる。
初めはいいが、だんだん頭を絞らないと出てこなくなる。そこをさらに絞る。
いくつかカテゴリーを変えていくうちに、単語も口から出やすくなる。

そして「association game」という連想ゲームでは、相手が言った単語から連想する別の単語を挙げていく。
これで脳の別の「小部屋」に明かりを灯す。
少し明るくなったところで「disociation game」。
今度はまったく関連がない単語で繋ぐ。
これは簡単そうでいて、意外と苦手な人がいる。
関係ない言葉をただ言えばいいと思いきや、脳の準備ができてないこともある。
関連ある言葉ばかり浮かぶこともある。
これらを断ち切る演習だ。

associateとdesociateで頭を回転させたあとは、「One word at a time Story」ゲーム。
この日は「桃太郎」を、一度にひとり一語だけ発することで繋いでいく。
相手が「once」と言ったら、次の人が「upon」だろうと繋ぐ。
これを延々、繋げて桃太郎の話にする予定だったが、話が牛の歩みで中断。
次回は、冠詞「a」「the」を勘定に入れず進行を速めたい。
でも今回、相手の言わんとしていることを推し測ること、それをある方向へ発展させることを、グループの連帯でやるゲームと認識できたようだ。
これまた脳の別機能を意識させられる。

最後、「Tell a Storyゲーム」では、接続句「once upon a time/everyday…/but, one day」などを冒頭に持ってきて、前の人の話をつなぎ、最後に「And, ever since then…」で話をまとめる。
これまた思わぬ発展があり、感心したり大笑いしたり。

参加者は、普段、使わない脳の部分を活性化した効果だろうか、晴れやかな表情で教室をあとにした。

英語力獲得は一筋縄では行かない〜キッズブックス英語スクール

以前ある人に子どもの英語教育について正面から、「コストパフォーマンス」を持ち出されたことがある。読書、音読、表現を重視するリードアラウドの英語教育は、「費用対効果が悪い」とのご意見らしかった。幼児であっても近頃は、英検試験対策など直接的な「結果」を求める保護者も珍しくなく、それら試験対策に限って言えば、リードアラウドは遠回りに見えたのかもしれない。

しかし、リードアラウドは目標が違う。

リードアラウドでの英語教育の目標は、英語力獲得。検定やら受験などの先にある、検定や試験の種類の違いなどではゆるがない本物の英語力を目指している。

昨今では「何級を何歳で」取ったかまで、そして「TOEIC何点」と言って、まるでこれだけで英語力が高いことの証明とする風潮がある。しかし、わたしは経験上、人の英語力は、英検やTOEICの点だけでは判断できないことを知っている。

それらは、本当の英語力獲得に向けての過程で自然発生的に起こる。受けて見たら受かった。点がよかった、などが理想だ。本当に目標とすべきは、その先にある本物の英語力。そして、「本物の英語力」というのは点や直線で表せない多面的、多角的なもの。一筋縄では行かない。

リードアラウドは、太くて強いそして美しい綱をイメージとする英語力めざして、一筋ではなく、いく筋もの縄を撚り合せて進めて行く。