Hey dude, time for practice【We Found a Hat】〜リードアラウド研究会

過去のブログで紹介した映画、台詞部分は5:50あたりから始まる。ここに再録しておく。

11月の課題書は、「21世紀的絵本」と言ったが、「男の絵本」とも言えそうだ。これまで「絵本、子育て、女」のイメージが強かったものが、「女」の部分が「男」になっても違和感がなくなってきた。そこで、男親や男が共感しやすい、男の作者がこれまでの絵本の発想から自由に発想した絵本が増えてきたのだろう。

本書はそのいい例だと思う。そこで、読み手にも発想の転換が必要だ。これまでのいわゆる「かわいい」「母性的な」読み方を簡単に当てはめたら、せっかくの味を壊してしまう。

本書の登場人物(カメ)の心理は、男か女でも男に近い部分を活性化させるとするっとわかる。特にカメA(hatを自分のものにしたい1匹)は、多くを語らず、喜怒哀楽を抑えた、男に多く見出せる類型だ。

前回のいわば伝統的な絵本、『Little Gorilla』とは好対照。

上記に添付したClint Eastwoodの台詞術、参考になると思う。皆さんの「型破り」な読みを、楽しみにしたい。ちなみに、Mr. Eastwoodに仕事でお会いしたことがある。ガーンと衝撃的な、口数の多さ。おしゃべりさん、でした。