語彙をどう増やそう?〜キッズブックス英語スクール

スクールに入って1-2年で、夏と春の年二回、アセスメントを受けてもらう。

「Reading Fluency Assessment」を使い、初見の英語の読み方の流暢さ、内容についてのざっとした理解、語彙力を見定め、指導の調整をする機会を作っている。

高校生まで言えることは、読解やfluencyは、絵本を何度も継続して読んできたおかげか、英語圏と比べても健闘しているのに、語彙力が著しく乏しいということ。

語彙は、わたしも学生のころに泣くほど苦労した。

だから、わたしの生徒には、本を使った学習のなかで、できるだけ語彙力と語彙が増えるよう手助けをしたい。

そこで、前年度から「Spelling Bee」を始めた。

単語を綴らせ個数や長さで点をつけるという、スペリングコンテストの真似ごとのようなものだ。

授業の終わりの10分程度だが、そこそこ定着してきている。

小学生の「ベテラン」クラスは、長い単語をどこからかひっぱってきたり、数も増えたりしている。

そこで、二学期から、Spelling Beeの代わりに、SCRABBLEゲームを導入してみようと思う。

SCRABBLE GAMEは、1948年にアメリカで作られたボードゲームで、今では国際大会があるほど、広く世界でプレイされている。

アメリカでは、学校の先生も推奨する定番のゲームだ。また、インテリの大人たちのスマートなゲームという印象もある。

遊び方を簡単に説明すれば、手元の駒を使ってクロスワードパズルのように単語を作っていき、2-4人で得点を競うというもの。

競争はあまりわたし自身の趣味にあわないが、小学生の特に男子は、競争というと本能的なのか熱くなる。

放っておいては、なかなか英語学習に熱くなれない生徒でも、この「本能」を利用してゲームにするときっと熱くなる。これが英語学習の動機付けになるはず。

スクールの授業では、せいぜい10~15分程度しか割けないが、しばらく続けて様子を見たい。

これで少しでも言葉への興味が湧けば、しめたもの。

乞うご期待。

キッズブックス英語スクール 絵本リードアラウドコース(体験レッスン)

Public Domainの本の朗読~リードアラウド研究会

現在の書籍では、たいてい著者がなくなって70年たったものは、public domainとなって、いくつかのサイトから自由に無料で読むことができる。

そうしたpublic domainの本を朗読したものを一般公開しているサイトがある。

そのなかのひとつ、LibriVox:

https://librivox.org

で、いくつか朗読を聞いた。

 

例えば、Dr. Dolittle

https://librivox.org/the-story-of-doctor-dolittle-by-hugh-lofting/

読み手は全員ボランティア。

public domainの本を朗読した音声を送れば、簡単な審査ですぐにでも誰のでもアップしてくれるようだ。

「だれでも」ということなので、当たり前だろうが、玉石混交。

なかなかリードアラウドしているみなさんのお手本になるようなものには、ぶつからなかった。

日本人が日本語を朗読して、それが表現と言えるレベルまで達しているわけではぜんぜんないのと同様だ。

英語はほぼ正確だが、調子がそぐわない、平坦、イメージがあわない、などどうもピンとこない。

 

それでもMother Gooseの朗読でいくつか、まあまあと思うものも。

doramatic readingと称する朗読だが、readers’ theaterと同じことをしているグループのものだ。

ちょうどわたしたち程度?

の仕上がりか。

 

アンデルセンは好きなので、これらの朗読もいくつか聞いた。

H.C.Andersen Fairy Tale Collection

https://librivox.org/hans-christian-andersen-fairy-tale-collection-by-hans-christian-andersen/

たくさんのあるなかで、「Ezwa」とクレジットされた朗読者のものは、悪くなかった。

 

ということで、なにを思ったかと言うと、

わたしたちもやっちゃえば?

である。

 

Mother Gooseはすでにpublic domainだ。となれば、『Three Little Kittens』は録音して発表するのはOK。

児童文学ではこんなものがpublic domainだ。

リスト1

リスト2

ちなみに、日本語の本の朗読も提供できる。

今の所、芥川龍之介作品と小川未明作品があるが、ぜんぶ同じ朗読者(男性)。

 

リードアラウドで培った力を、そして女性の声を発表してみるのもいいのでは。

 

Summer Watch:ドラマで色々な英語に慣れる〜キッズブックス英語スクール

夏休み!
読書の他に、英語圏のTVドラマもいかが。
英語にもいろいろある。日本で耳にするのは教科書的なもの、そしてわたしたちにわかりやすい速度で話しているものが多い。
夏休みには、ぜひ時間をとって、想像力を発揮してドラマを楽しみながら、「生」の英語に浸ってみたい。
わたしが今夏、見たもの、見ているものをさしあたり二つ紹介する。

1.『The Tunnel season 3』

人気の北欧ドラマ『THE BRIDGE/ブリッジ』のリメイク版。イギリスとフランスを結ぶユーロトンネル内のちょうど国境線で起きた猟奇殺人事件からドラマシリーズが始まる。
人情派で正義感の強いイギリス人の男性刑事と、一匹オオカミ的で感情を表に出さないフランス人の女性刑事のコンビが、両国にまたがる事件を綿密に解決していく。
フランス語部分は英語の字幕が出る。速読の練習(?)にもなる。
「Season 1」は、とてもドラマチックで引き込まれた。なぜか「Season 2」は未視聴。
「Season 3」は、両国の現代の社会問題を取り上げ、サスペンスだけではない興味で、これまたどんどん先を見たくなる秀逸な作り。最後に、悲鳴をあげてしまうほどの衝撃がある。
主人公のフランス人刑事の英語にはほとんどアクセントがない。フランス側の役者の英語はフランス訛り。耳の肥やしに。

2.『Top of the Lake: Season 2 China Girl』

「Season 1」はニュージランド、「Season 2」はオーストラリアが舞台。イギリス、オーストラリア、ニュージランド、アメリカ合作の犯罪ドラマ。
性犯罪を専門とする30代の女性刑事が、男性中心の警察内で悩みながら事件を解決していく。
冷たい湖や空気を感じる絵画的な映像も魅力的だ。
また、オセアニア地域でもアジア女性の人身売買や子どもを食い物にする性犯罪が、社会問題となっていることが伺え、興味深い。
主人公の女性刑事はニュージランド出身という設定だが、アメリカ人が演じているため、英語は分かりやすい。
特に傾聴すべきは、他の登場人物の英語。聞きなれないのは、オセアニア系だから? これも耳の肥やし。

Summer Read:やっぱり英語は読書から〜キッズブックス英語スクール

2020年度から大学入試の英語が変わる、ということで、英語教育界は喧々諤々の状態のようだ。

 

受験生のSpeakingとWriting力が、新しく始まる大学入学共通テストで問われることと、

民間業者によるテストの結果を、入試の選考基準に加えることが、主な争点のようだ。

 

しかし、なんだかんだと言っても、何しろこれからの日本人に、世界で渡り合える英語力をつけて欲しいという大人たちの願いには違いない。

 

最近、アメリカのサマーキャンプに参加して来た生徒(小学生)がいる。
彼女は日本では、各科目の授業を英語で進めるインターナショナルスクールに通って2年経つ。

「英語はできる」と本人は幼心に思っていたのが、英語が母語の子どもだらけのキャンプに参加して、

「自分には語彙が足りない」

ということを認識したらしい。

 

この認識は実にまっとうだ。

自ら気づいてそれを発言できたことも、たいしたものだ。

キャンプは、それだけでも意味があったと思う。

 

自分の英語のレベルを、英語圏のどのくらいと意識する。

それがないと、井の中の蛙になってしまう。

 

日本にいて、もちろん家庭でも日本語を使うから、英語の語彙はそれこそ「半端なく」英語圏の同年代より少ない。

日本で英語が一応「できる」とされる大人も、わたしを含めてかなりの人もしかり—

 

どうしたらいいか。

 

上等な英語で絶えず相手してくれる人などいないのが普通だから、もう地道に本、文字を読むしかないだろう。

 

前述の小学生の家族には、アメリカ現地の人気の書店を訪れることを勧めた。

夏休み中のその人気書店は、家族連れの客で広大な売り場も人で埋まるほど。

そんな、みんなが本を楽しそうに選び、買って帰る雰囲気も、刺激になったのではないだろうか。

 

彼女はどんな本を買って来ただろう。

(1冊はコレ)

自分が読みたいものから、手始めに。

Graphic novelsもオーケーだ。

 

彼女には、読書を楽しめる人に、ぜひともなってもらいたい。

Learn English with TV series 小学生向け~キッズブックス英語スクール

イギリスBBC制作の英語字幕付きのマンガ、BINKA。
1エピソードが4~5分で、英語も綺麗です。
字幕をオンにして、普通の速度でも「小学生クラス」「親子クラス」の生徒は大丈夫そうです。

「入門親子クラス」は、まだ字幕は邪魔なので出さないで、そのママ聞いてみましょう。

こんなマンガでも、英語のインプットとして役に立ちます。

Binka by BBC

「小学生クラス」のNさんは、これがいいかも。字幕を出して見てください。
=”0″ allow=”autoplay; encrypted-media” allowfullscreen>

このほか、このGeronimoシリーズはこちらにも。

語彙がかなり上級な『Martha Speaks』は、小学生クラスでも字幕及び、スピードを0.75にした方がいいかも?

こちらも。