子どもに絵本の「読み方」教えを乞う〜リードアラウド研究会

3歳の子どもがたまたま同席した、パパ、ママ向けのリードアラウドの会があった(ブックハウスカフェ、神保町のリードアラウドイベントにて)。

 

子どもと英語絵本をどう楽しむか、を大人に説く時に、特に強調するのは、

 

できるだけ子どもの目で見る

ということだ。

 

この日も、さっそく課題書『Shh! We Have a Plan』

を開き、大人たちに

「絵から想像して、どんな話か語りましょう」

と、まず表紙の絵から始めた。

 

「4人の人がいて3人がシーと指を口にあてている…」

と、大人。

 

そこに可愛らしい声が響いた。

「3人の人がシー言っちゃだめ、としているのを、チビちゃん(右端を指差しながら)がギロッと見ているの」
と3歳。

 

おお、確かに疑いの視線みたいなものを、右端の人物は発している…「あ、そうか」「気づかなかった」と、感心する大人たち。

 

「子どもが見るものを大人は見ない」と、ちょうどそこを指摘したかったわたしに、本物の子どもが目の前で鮮やかな対比を示してくれたではないか!

 

またある見開き2ページで1場面になっているところ。

そこで、大人は左ページから事象の変化を述べようとしたところ、またまた可愛い声がさえぎった。

「ここ、ここにbirdieがいるよ」

 

そう!

この場面、最初に見るべきは左ではなく、彼女が指差した右端の、象徴的なピンクの鳥なのである。

でも大人ときたら、順序にとらわれて左側を。この場面一番のものに目がいっていない。

 

本書のテーマであろう、美しく珍しい鳥を捕まえて一攫千金を狙うような汚れた大人と、美しいものを美しいまま愛でようと思う子どもの対比。

まるでそれがそのまま、この日の大人と子どもの本の解釈の差にも出たようで、愉快だった。

 

物語の伏線となる登場人物の視線の動きや、テーマの象徴でありまっさきに読者の目をひくように描かれたもの(青の基調色の中の鮮やかなピンクの鳥)を見逃すのは、大人。

悲しいくらいわたしたちは、鈍になってしまっている。

 

絵本を「読んでやろう」と偉そうにいうわたしたち大人は、文字が読めるだけで、実はちっとも絵本が「読めて」いないことが多いと自覚しよう。

だから、まずは文字をかくして、絵だけで物語を「読んで」、子どものときの目を少しでも思い出そう。

 

この日は、生身の子どもを「先生」に、子どもの絵本の「読み方」をよく学べた貴重な日であった。

 

 

★次回のブックハウスカフェでのリードアラウド 8月19日

1.パパママ向けリードアラウドfor 赤ちゃん(0〜3歳) ★11:30-12:15

予定絵本 Ten Little Fingers and Ten Little Toes   

2. 4以上親子、大人も!Let’s リードアラウド!   ★13:00-13:45  

予定絵本 Walter Was Worried        英語初めて子どもから