今日、小学生にウケた「まさか逆さま」:palindrome~キッズブックス英語スクール

楽しい「英語塾」のために、日夜、知恵を絞っている。

今日、なかなか「授業の楽しさ」について厳しい目を持つ2年生男子にウケたのが、

palindrome

回文。

 

I Spy 

に出てくる言葉で、前から読んでも後ろから読んでも同じ文字という意味。
これを本の1シーンから探す。

答えは、

「Lion Oil」

うむうむ、l-i-o-n-o-i-l 確かに前から読んでも後ろから読んでも同じだ。

このラベルをミッケすればいいのだが、英語にも回文があるのが印象的だったようだ。

そして、回文の説明として、英語ではなくて残念だが、私の挙げた例、

「まさか逆さま」

がウケたようだ。

その後の語彙復習で、

palindrome?
の問いに、

「まさか逆さま」

とわざと答えて笑いを取っていた。

英語が少し読めるようになった子どもの英語遊びに、このpalindrome、ちょっと面白いかも。

Borrow or rob?

Dee saw a seed.

Did mom pop? Mom did.

Dog, no poop on God!

I did did I?