英語えほん千夜一夜〜第4夜Shh! We Have a Plan

Shh! We Have a Plan 文・絵 Chris Haughton 9780763672935
9780763672935目安のレベル:入門
 小さな子どもと、捕虫網のようなものを持った怪しい3人からなる4人組。あたりが青色に包まれた丑三つ時(?)、この4人が鮮やかなフューシャ色(fuchsia pink/purple、鮮やかな赤紫色)の鳥を発見するところから始まる物語。「hello, birdie(鳥さんこんにちは)」と無邪気に声をかける子どもを、「Shh!」「we have a plan(作戦があるんだから)」と3人が制する台詞がそのままタイトルになった。
 tiptoe slowly(抜き足差し足)で鳥に近づいた3人。「ready one」「ready two」「ready three…」(いいか、1, 2, 3)、「GO!」と鳥に網をかけようとするが、この作戦は失敗し、とり逃がす。次に、梢に止まっているところを見つけるが、ふたたび同様な失敗を繰り返す。上に下にと追うが、そのたびに鳥は澄まして逃げていく。そんな鳥に、子どもがパンくずをone, two, three。次々とまくと、他の鳥もどんどん集まって来た。「LOOK!(見ろよ)」と目をむいて、網を持つ手に力が入る3人。「いいか、1, 2, 3…」と声を掛け合うが、その頃までに大集合していた鳥たちは…。わー大変だ!「RUN AWAY(走れ)!」、鳥たちの迫力に、子どもの手を引いて一目散で逃げる3人。再びあたりは青色に包まれるが、4人の前にはまたまたフィーシャ色の…。
 青の色調にフューシャ色というコントラストの鮮やかさ、おきあがりこぼしのような4人組の造形の可愛らしさなど、大人にもとても魅力的だ。本文は短く簡単なうえ、繰り返しも多く初級者に優しい。
 幸せの象徴を「青い鳥」としたのは、メーテルリンクの『青い鳥』だった。本書は、青い世界にいる「フューシャ色の鳥」探し。色の意味は?その鳥に近づけるのは子どもだけって?子どもと一緒に読みながら、大人は深読みも大いに楽しめる。
 
音読のヒント 1. 英語が初めての子どもには「Shh!」だけでも、文字を指差して読ませよう。
2. 子どもの声と他の3人の声は、はっきり分かるように分けて。子どもは無垢に、大人は俗な感じに読めれば最高!