先生の役目〜リードアラウド研究会

 

ふと目にしたSNSのつぶやき。

あるコメディアンが不祥事でMC役を外された後の、担当番組の様子についてだが、先生という役について言っているみたいだった。

言い得て妙。

 

 

〇〇(コメディアンの名前)がいない『△』(番組名)。話を区切り突っ込む人が不在だから、番組の流れにアクセントがない。XX(参加者)のおしゃべり垂れ流し状態に見えた。XXたちの話が〇〇のツッコミで中和されずウザさが際立ってしまった。まるで田原総一朗がいない朝まで生テレビ。

 

先生の役目:

・話を区切り、突っ込む

・流れにアクセントを作る

・参加者の話を垂れ流しにしない

・ツッコミでアクの強い話を中和する

 

絵本で英語を指導する:絵本リードアラウド認定講座

初オープンMIC英語絵本deナイト終了!〜リードアラウド研究会

神保町のブックハウスカフェで初のオープンMIC「英語絵本de ナイト」が、6月21日(金)19:00~20:30に開催され、無事終了した。

 

エントリー人数、15人にお客様も。朗読された本は13冊。

いやはや、みなさん。お見事。ああ、人間の営みはいいなあ、尊いものだ。

 

カルチャーセンターで、声の出し方や立ち姿から、ときには英語の言葉の意味や発音から、そして解釈と表現方法を学びながら、ここまで仕上げたみなさん。

 

リードアラウド研究会で毎月1回、絵本の分析や解釈と、それにもとづいたより深い表現練習をしてきた英語のプロ、先生たち、そしてその先生方の生徒。

 

外部の3エントリーのみなさん。

 

これらを加えて、まこと、「耳福」な時間だった。

 

 

朗読の完成度が上がってくると、他人に聞かせたくなるのは自然なことだ。

逆に、聞いてもらえるあてがあると、練習に力が入るものだ。

 

今回のエントリー者の朗読は、そのほんとんどの「責任者」は、もともとそれを指導したわたしだ。

その立場からすると、よくぞここまで磨いてくれました、という嬉しさがこみ上げる。

 

さて、その仕上がりについて客観的に考えてみる。

 

今日こうして数日を経て、初めて見えてくる「門下」(こう呼ぶのも恐れ多いがとりあえず…)の特徴があるように思う。

 

そのひとつが、個性的。多少「荒けづり」でも、個性を殺さない指導ができているのか?

 

もうひとつは、エネルギーの大きさ。少なくとも、力のないふにゅふにゅな感じの朗読がなかった。朗読者がパワフル、またはパワフルになる指導なのか?

 

それから最後に、楽しさと気持ちのよさ。もともと楽しい人たちなのか、読んでいるうちに楽しくなるのか?

 

なんにしろ、ずばりリードアラウドそのものを、みなさんが体現していた!

あー、よかったな〜。

6月21日英語絵本の朗読「オープンMIC」@ブックハウスカフェにエントリーしよう〜リードアラウド研究会

6月21日に、東京、神保町のブックハウスカフェで、英語絵本の朗読オープンマイクが開催される。

「オープンマイク」(open MIC)は、エントリーさえすれば、誰でもパフォーマンスを披露できる、参加型のイベントだ。

観客になるだけでもいい。

このたびは、英語絵本の朗読というパフォーマンスに限ったもの。

リードアラウドをしているみなさんに、うってつけ!

誰かに聞いてもらうこと、そのことを前提にすることが、上達を促してくれるはず。

どんどんエントリーを。(「MIC」とは言え、マイクロフォンはなし。肉声で)

以下に、勝手にわたしが「聴きたいなあ」と思う英語絵本を挙げる。エントリーのご参考に。

Where the Wild Things Are

We’re Going on a Bear Hunt

Crow Boy(グループ)

Puff the Magic Dragon

The Day Crayons Quit(グループ)

Green Eggs and Ham(グループ)

Madeline

Ben’s Trumpet

The Happy Day

Tough Boris

また、簡単なエントリーフォームを作ったので、これに記入して「コピペ」して、リードアラウド研究会でも、ブックハウスカフェに送って下さい。

6月21日19時からの「ブックハウスカフェOpenMIC 英語絵本deナイト☆」にエントリーします。エントリー費1,000円は当日ブックハウスカフェで支払います。

名前(フリガナ)

電話(携帯)

メールアドレス

朗読する本(英語タイトル、作者名)

リスニングとリーディングが得意だ!〜キッズブックス英語スクール

我がスクールでリードアラウドを小学生時代に始めた「ベテラン」は、今、高校3年の大学受験生と高校1年生。この二人との経験からだけではもちろん科学的な根拠にはならないが、現在の二人に英語力で共通することがあることに気づいた。リスニングとリーディングに苦労がない、ということ。その自覚もあること。

少なくともこの点については、大変苦労した私の高校生時代を思い出すと、実にうらやましい。

二人が偶然にも語った共通点は、こんなこと。

・英検などのリスニングテープが、ゆっくりに感じる

・出題されたリーディング問題文を、試験中にも関わらず情報として楽しむことがある

ははーん。リードアラウドを知る人は気づくのではないだろうか?

そう、リードアラウドでは表現をうるさく言うのだが、求める表現は自然と英語圏のナチュラルスピードになる。そして表現には、読解が伴う。すると、英語圏の自然な速度で意味が取れるようになる…。

また、もひとつ。リードアラウドを続けることで、読む本(再読も含めて)、読む英文のインプットが蓄積していく。ある程度の速度を持って、本を何度もそして何冊も継続して読んでいく。すると、英文を読むこと、ある量読むことに抵抗が少なくなっていく…。

リードアラウドの今後の課題は、語彙である。年に30時間余のレッスンだけで、英語圏ネイティブの同年代の語彙に追いつけない。そこで、いかに少しでも多くの語彙を身につけさせるか。

そして、もうひとつ。これは一番難しいかもしれない力、ライティング。いかにより知的な語彙を使って、内容ある英文エッセーを書けるようにするか。「内容ある」ものも求めると、とてもレッスンだけではこれも追いつかない。各自が考える習慣をつけること、これを示してもいこう。

新年度は、今までのリードアラウドを踏襲しつつ、さらにこの語彙とライティングの課題を徐々にカリキュラムに入れていく。楽しさは保ちつつ、である。

高校生クラスで使っているテキスト例:

Mem Foxが読む『Hello Baby!』~リードアラウド研究会

久しぶりにMem Foxのことを書く。

直接、彼女の教授を受けたわけではないが、このMem Foxが我が「リードアラウド」の先生、生みの親と言ってもいい。

絵本を楽しく読むことが、子どものReading力を高める、と絵本のread aloudをしようと、熱く説く著書、『Reading Magic』が最初の出会い。

それから、偶然の出会いやオーストラリア大使館を挟んだ招聘計画(ボツ…)を通して、本や作品や社会への姿勢を知ると同時に、その絵本作品や著書、絵本を読む姿から多くを学び続けている。

昨年度の認定講座では『Ten Little Fingers and Ten Little Toe』を、そして2019年度の第一回は『Hello Baby!』を取り上げる。

私が考える「うまい絵本朗読」がここにある。聴衆に語りかける心と心に届く声の技術。嘘臭さ、偽善臭、表面的なぶりっ子などとは無縁。凛々しい、ハンサムな、それでいてあったかい。そんな風な人柄を(たとえそれがフィクションであろうが)思わせる語りが素晴らしい。

パフォーミングアーツの先生から絵本作家になったというバックグラウンドが、強みだ。ぜひ参考に、皆さんも。