歌舞伎で思う「声は基本」〜リードアラウド研究会

趣味と実益を兼ねて(兼ねているかな?)中村吉右衛門一周忌ご追善公演(13回目秀山祭)を歌舞伎座で鑑賞した。
 
出し物は、「仮名手本忠臣蔵」の祇園一力茶屋の幕。
 
47人の元家来たちと主人の仇を取ることを秘密裏に企てている大星由良助は、周囲に悟られないようにお茶屋で遊び呆けているフリ。この役を仁左衛門。
 
そこに仇討ちに参加したい、足軽の平右衛門が登場する。これを海老蔵が演じる。
 
う〜む、わたしが海老蔵だったら、演じながら悩むなあ。
 
声が通らないのである。
声帯が開放されていないように聞こえる。
 
へんに噛み殺してしまう癖、どうしたら直る?
奥歯を噛んで口を後ろに引きすぎか。
ときどき、やけのような大声でがなる感じだ。
 
中堅の役者、それも大名跡を継ぐという恵まれた「生まれ」の役者なのにだ。
 
よけい辛いな。
 
声への不満だけでなく、演技があざとい感じで、途中で食傷気味になる。
足軽らしさを演じてはいるのだが、飽きが来る。
 
リードアラウドでときどき注意する、「クサさ」と共通するかな。
 
役者としての脚本の理解が、表面的なのかもしれない。
周囲には、素晴らしい先生、先輩役者がいっぱいいる(いた)のになあ。
 
ただし、顔は凄くメリハリがある。
(好きではないけれど)舞台映えするよくできた顔だ。
これも歌舞伎の「才能」だけれど。
 
声も演技も、自分で直す気にならなきゃ直らないだろう。
せっかくの「生まれ」と「才能」なのだから、頑張って欲しい。
 
さて、今回のこの演目の主人公は、大御所、仁左衛門。
 
お年は70歳すぎているのに、声がツーン、カーンと通り、心くすぐるニュアンスが、そしてメリハリがある。
 
台詞を聞いていても、飽きがこない。
嘘と誠の内容が、くっきりわかる。
 
愛嬌もあり、47人が仇討ちについていくリーダーシップにも、説得力がある。
 
おまけに、どんな角度で見ても姿形がよく、ミーハー的にも惚れ惚れする。
 
 
ああ、これが人間国宝!
その声、姿、台詞、鍛錬しているのだろうなあ。

絵本リードアラウド、聞く気にさせる心構え: その1.enthusiasm〜認定講師講座2022年第1回

『絵本リードアラウド認定講師講座』の2022年度が始まった。気持ちを新たに、違った切り口からも、英語絵本のリードアラウドそしてReadingのAdvocate(提唱)をしていきたい。

先日の講座でも挙げたが、子どもに英語絵本の朗読を聞く気にさせる、わたしたち読み手の心構えがある。

心構えその1「enthusiasm」

「聞いて聞いて!」「この本の話は面白いから」という読み手(わたしたち)の心の躍動や熱のようなものを持つこと。この重要性をはっきりと意識したのは、ある経験が続いたときだった。

初めてリードアラウドする本があると、参考にするため、YouTubeで主に英語圏の人たちのread aloudを聞いてみる。作者自身の朗読が見つかった場合は、最後までちゃんと聞くことにしている。朗読自体の上手い下手は別にして、作者が意図した意味を読み方から推測できることが多いからだ。

問題は作者以外の人々の朗読だ。第一声で、「これ以上は聞きたくない」と再生を止めてしまうことがある。次の人はどうだろう。「もういい」と止める。次も、次も、次も……。運がよければ、「いいなあ」と感じるものを見つけられるという状態だ。これはどういうことなのだろう? わたしの耳に問題があるのか。耳が肥えすぎた? いやいや、そうではないだろう。なにかが足りないのだ。こんな朗読を子どもに聞かせたら、行儀のいい子以外は席を離れてしまうだろう。なにが足りない?

そして、はっと気づいた。「enthusiasm」じゃない? 読み手が、本の面白さや楽しさを伝えたいと思っていない。それどころか、面白いとも楽しいとも思っていないのかもしれない。面白さや楽しさが、全然表現されていない。「聞いて聞いて!」「この本の話は面白いから」という熱意、ほかの人を呼び込む「enthusiasm」がない。

では、これから読もうとする本に対して、enthusiasmを持つにはどうすればいいか。こう考えた。

  1. 選書を吟味する:面白いと思えそうな本を探すか、教えを乞う
  2. 読解する:自分でだけでなく、プロの解説を読んだり聞いたりする
  3. 好きなところや面白いと思うところを探す

リードアラウド指導者は、自分自身のenthusiasmをギラギラにして、親や大人がこの三点をクリアし、enthusiasmを持って子どもに朗読できるよう導きたい。

A Parade of Elephants

「声に出して読む英語絵本」でどんどん朗読がうまくなる話〜リードアラウド研究会

朝日カルチャーセンター(現在オンライン)で開講中の『声に出して読む英語絵本』で、『King Bidgood’s in the Bathtub』という中世の宮廷を舞台にしたユニークな絵本のリードアラウドのレッスン(全6回で2冊仕上げる)をしている。先日3回目が終わったところ。

 

今回は、受講生にまっさらの新人がいて、その彼女がみるみる上達するので、講師にも他のベテラン受講生にも、たいへん刺激的だった。

 

新人といっても誰もが、たった3回のレッスンで上達するわけではない。

このたびの新人の、上達の要因として考えられるのは、こんなところか。

 

・始めから講師を信頼して、習ったことをすぐに実践する

・次回のレッスンまでしっかり練習する

・先輩受講生の読みをよく聞く

など。

 

このような人のリードアラウドは、どこから変わっていくのか。

 

変化が現れる順は人によって違うが、彼女の場合は、ざっと以下のように変わってきた。

  1. 声…「姿勢から変える」と講師がいったら、すぐに実践して声が子どもに近づいた。また「あくび卵発声」では、恥ずかしがらずに練習した。もともといい声だが、ぴんぴんに張りのある子どもの役柄の声に変化した。

 2. 台詞とナレーションの分離…「声の強弱、大小や、高低、緩急を駆使して分離する」と習ったところ、次回にそれを仕上げてきた。それには練習が欠かせない。

   3. キャラクターの造形…「登場人物のキャラクターを考え、その人らしく台詞を言う」と習ったら、3回目のレッスンまでによく絵を観察したらしく、かなりのニュアンスを醸しだした。

 4. 傾聴と発言…講評をお互いにしあう場面で、物怖じせず、ベテランの受講生に的確な指摘をして、そのベテランに感謝されるほどだった。

 

などなど。

こんな新人が入ると、もともと熱心なベテランたちもさらにやる気になって、「これでどうだ!」という、落とし所をつくったり、新解釈でニュアンスをだしたり、たいへんな熱を感じ、講師もずいぶんとやりがいを感じる。

 

彼らの学びは、もしかしたら、認定講師顔負けかも?

刺激をもらうと言う意味で、こんな講座を、認定講師もときには覗いて欲しい。

 

【朝日カルチャーセンター オンライン「声に出して読む英語絵本」】

:現行の夏講座はあと3回、課題書はもう一冊『I Want My Hat Back』。

『King Bidgood’s in the Bathtub』は引き続き、通し読みは続く。

 

 

大人の英語絵本リードアラウド@カルチャーセンター

新宿にある生涯学習センター(朝日カルチャーセンター)で、小さなクラスを持たせてもらって、もう5年になる。最近はコロナのせいで、オンライン授業が続いていたが、春期からは対面に戻れそうだ。

このクラス、大人の英語学習という観点からすると、他のクラスよりきっと例外的に受講生の進歩が早いのではないだろうか。語学学習で「Younger is better, older is faster」と言われることがあるが、みなさん「Older is faster and better」で驚いてしまう。

The Little Mouse, the Red Ripe Strawberry, and the Big Hungry BearThe Foot Book

最近終わったばかりの冬期クラスでは、『The Little Mouse, the Red Ripe Strawberry, and the Big Hungry Bear』『The Foot Book』2冊のリードアラウドを磨いた。

ここのみなさんの素晴らしいところは、学んだ新しい表現方法や、講師のわたしや仲間に指摘を受けたもっと磨けるポイントなどの課題を、次回までにかなり仕上げて来ることだ。

例えば、『The Little Mouse, the Red Ripe Strawberry, and the Big Hungry Bear』では、ナレーターを、何人かの異なったキャラクターに設定して読むという演習をした。

『不思議の国のアリス』の主人公アリスのような少女をナレーターにしたSさんは、最終回のプレゼンで、アリスがすっかり板について、ほとんど違和感のないアリスが浮かび上がった。あまりに見事だったので、どんな練習をしたか尋ねると、イメージを染み込ませるためにディズニーアニメの『ふしぎの国のアリス』 を見て研究したという。

Tさんは、一度、アガサ・クリスティーの推理小説の主人公ミス・マープルで仕上げたが、これまた見事だった。柔和で、おちゃめなおばあさんが、登場したようで引き込まれた。

『The Foot Book』は一見、反対語を集めた教本のような作りだが、そのまま教本として読むのはもったいない。まるで単語カードを読んでいるようで、まったく面白さがわからない。実際、作者Dr. Seussは、「つまらない教本」のパロディを狙ったのだろう。

ところが……。

よく読むと、人やものの多様性を賛辞するいい話ということに気づく。そこから、リードアラウドが変わって来るべきなのだが、なかなかその域まで、表現に変化をつけられる人は多くない。

が……。

このクラスのみなさんは、しっかり笑えるコントのような仕上がりに。

Hさんは、几帳面に、反対語のひとつひとつの表現を大きく変化に富むよう工夫して、印象を強めた。ひとつひとつの単語がぴちぴちしていた。言葉を対比し、三段落ちで笑わせる場面では、ちゃんと三番目でオチていた。

こう読んでほしいと講師が求めた模範的な仕上がりになった。

といっても、わがクラスは、そこで終わらない。さらなる自習の課題は、その調和をやぶるプラスアルファを考えて、聴衆を笑わせること。

これは、手強い。言うは易く行うは難し。講師もぼちぼちしていられない。

※朝日カルチャーセンター新宿校「声に出して読む英語絵本」春期講座は4月8日から

先生の役目〜リードアラウド研究会

 

ふと目にしたSNSのつぶやき。

あるコメディアンが不祥事でMC役を外された後の、担当番組の様子についてだが、先生という役について言っているみたいだった。

言い得て妙。

 

 

〇〇(コメディアンの名前)がいない『△』(番組名)。話を区切り突っ込む人が不在だから、番組の流れにアクセントがない。XX(参加者)のおしゃべり垂れ流し状態に見えた。XXたちの話が〇〇のツッコミで中和されずウザさが際立ってしまった。まるで田原総一朗がいない朝まで生テレビ。

 

先生の役目:

・話を区切り、突っ込む

・流れにアクセントを作る

・参加者の話を垂れ流しにしない

・ツッコミでアクの強い話を中和する

 

絵本で英語を指導する:絵本リードアラウド認定講座