久しぶりの『Bob Books』、やっぱりすぐれもの:キッズブックス英語スクール

Bob Books First!

スクールでは、入門レベルの生徒に、絵本のリードアラウドと並行して、『Bob Books First!』を読み進めてもらう。先日、久方ぶりに入門レベルの生徒を迎え、『Bob Books First!』を開いた。

新しく入った生徒は低学年なので、小学校では英語を読む指導をまだほとんど受けていない。リードアラウドの約束

  • 読んでいるところを、指でなぞる
  • 「感じ」を出して読む
  • 読めないところはムニャムニャ(先生のまね)をする
を守りながら、12冊セットの中の「book 1」を読み始める。「えっ、本を読んで行くって……まだ、読めない」と言いたげな目。が、指導者はリードアラウドの「day 1」から読ませることに自信満々だ。

1ページを開ける。ごくごく単純な線で描かれたMatらしき人物の絵がある。本文は「Mat.」だけ。一音節だけの単純な文だが、れっきとしたピリオド付きの一語文。

描かれているMatの様子に合わせ、指導者と一緒に「感じを出して」ご機嫌な声で「Mat.」と読む。これなら、初めての人でも英語を「読める」。指で「Mat」と文字をなぞるから、「言う」のではなく「読んだ」と脳は記憶してくれるだろう。

指導者に「読めたねえ」と言われた生徒は、「えっ、えっえー?」と戸惑い顔。でも、読めたのだ。これならほとんどの子どもが、「読めた」を実感できる。そして「読めた」という気持ちが、次ページへつないでいく。

『Bob Books』は偉い。一語文で安心させ、二語文へと進む。「book 1」で一番複雑な文は、「Mat sat on Sam.」だ」。短い1冊のなかでも、順を追って無理がないように積み重ねて行く。手のひらサイズの軽くて薄い絵本だが、英語圏の教師と親たちがreadingの導入を成功させてきた経験が詰まっている。

この日、「The End」まで読んだとき、生徒の顔がぱっと紅潮したように見えた。「読めたね?」と問うと、こくんとうなずいた。いやあ、こういう瞬間がたまらなく好きだ。初めてなにかができたとき、喜びの粉末のようなものを、身体からぴかぴか舞い上がらせている人。いいなあ。

ありがと、『Bob Books』。あなたは、すぐれもの。

キッズブックス英語スクール 絵本リードアラウドコース