『Time to Say [Please]!』をReaders Theaterで〜リードアラウド研究会

Time to Say [Please]!
[リードアラウド認定講師:M.Y.さん記]

今回で三度目の大島・Yペアーによる、しかもブックハウスでの最後の会。
担当のお兄さんがしょんぼりしている中、二人は元気パワー全開。
Showのような出来栄えだった。
この本は(ワークショップに)五年間参加してきたけれど扱ったことは一度もなく私にはお初本。

(大島註:6年前に課題書でした。でもリーダーズシアターで、という知恵はありませんでした。ちょっと知恵がついた?)

事前の打ち合わせではmouseたちのかわいい仕草や表情をよく見て、いくつかのセンテンスを勘違いして理解していないかチェック。
リードアラウドで練習時はY主導で大島先生が突っ込み兼、子どもサポート。
仕上げのリーダーズシアターの時は先生が指揮者役、Yが子どもサポートにというもの。
実際に始まってしまうとどんどんアドリブで進んでゆき、大島先生は右へ左へと端から端まで歩いて往ったり来たり。
子どもの声も良く出ていて楽しいうちに終わっていた。

録音を聴いてみると、子どもの発言を最大限に利用しながら、それを取り入れては、最初はひとりずつ(に周知させ)、そして最後に全員で共有する、という型があることがわかった。
事前準備は先ずは絵本を隅々までよく観察し、台詞を理解して何度も読みこむことが大切だろう。
実際、直前まで先生は試行錯誤していたらしく、数日前にメールでリーダーズシアターの仕立て方の指示が入った。
「Please」を主に言う台詞組と、(「こんな時、あんな時は?」など)その他の文の組の二手に分かれる案。
結局この仕方(で行い、これ)が子どもに分かりやすかったと思う。
楽しい時間を有り難うございました。

実はこの楽しさを翌日の放課後子ども教室にも持ち込んでみました。
この本と発表会で大うけした『Don’t Let the Pigeon Drive the Bus!』
絵本は私の一冊を見せながら。
子どもたちは神保町にくる子たちとは違い、リードアラウドは始めて。
学習障害児も中に交っていたのですが,大きな声で楽しく一緒に「Please!」と言ってくれました。
リードアラウドをうまく進めるポイントはいくつかありますが、絵本の良さが助けてくれますね。

ことしはこの二冊を引っ提げてリードアラウド布教活動?!したいと思います。

Don't Let the Pigeon Drive the Bus!

シアターゲーム的Simon Says ゲーム~キッズブックス英語スクール

動詞の語彙を増やし、それらを「身体化」させようと、いろいろ頭を悩ませている。
伝承的に英語圏で行われていたゲーム、Simon Saysの、新しいバージョン、いいかもしれない。

これまでのように、間違えたときにゲームから脱落させない、みんなが最後まで遊べる、今時のアレンジ。

目的や、方法も、明確に示してくれている。

わが師Mem Foxはどう読むか~リードアラウド研究会

「ユーチューブのあるからとか、ネイティブだからとかだけで、絵本の読み方のお手本になるとは思わないように」

なんて、またまた辛口なことを朝日カルチャーセンターの「声に出して読む英語絵本」の講座で発言した。

また似たようなことで、いつも言っているのは、「日本人だからといって、みんなが朗読が上手いわけではまったくない。それと同様に、英語のネイティブだからといって、みんなが英語朗読が上手いわけでもない」。

こんな発言をするわたしは、
それでは、どんな人の読み方が手本になると思っているのか。

久しぶりにMem Fox先生をご紹介する。

わたしは、彼女のReading Aloudに関する著書から触発されて、「リードアラウド」というものを考えた。

彼女は、いわばリードアラウドの生みの母。

実際にお会いしたり、メールのやりとりをして、おこがましくも「同志」と密かに思い、彼女の言葉に励まされたりもした。

Mem Foxさんは、reading aloudの大切さを説くとともに、保育者や演技者の指導もしていたことがあるが、何と言ってもオーストラリアを代表する絵本作家、という肩書きが一番有名だろう。

たくさんの著書がある中、今日は彼女がこの自著をread aloudするのを聞いて、改めて学ぶ。

Hello Baby

大人や先生然とした、いやらしさのまったくない、素直な語り。
そして広さや深さ、大きさを感じさせる表現。
子どもとして、信頼感や、不思議なことに仲間になれそうな感じが湧いてくる。
(わたしは子どもではないけれど、わたしの中の子どもの心がそう感じる)

英語えほん千夜一夜:第18夜『The Story of Ferdinand』

The Story of Ferdinand 文 Munro Leaf 絵 Robert Lawson 978
$6.99 AD830L

 猛々しい姿に似合わず、コルク樫の木の木陰で花鳥風月を愛でる雄牛、Ferdinand。このユニークな主人公の本書は、1936年以来の正真正銘のロングセラーだ。作者は米国人だが、舞台はスペインのアンダルシア地方。この地で雄牛といえば、bull fight(闘牛)が連想される。
 その闘牛の牛を育てる牧場が舞台だ。All the other little bulls he lives with would run away jump and butt their heads together(一緒に暮らす他の若い雄牛はみんな、飛び跳ねたり頭をつきあったりしているのに), but not Ferdinand(フェルディナンドは違った)。木陰の大好きな場所で、He liked to sit just quietly and smell the flowers(静かに座って、花の香りを嗅ぐのが好きだった)。母牛は、仲間と交わらない息子を案じるが、幸せならばと理解を示す。時が経ち、子牛たちはみな大きく逞しく成長した。What they wanted most of all was to be picked to fight at the bull fights in Madrid(雄牛たちの一番の望みは、マドリッドでの闘牛に選ばれること)。But not Ferdinand。未だに花を楽しんでいた。そんなある日、牛を選びに5人の闘牛士がやってきた。
 自分は選外と確信していたFerdinandは、いつもの木陰に無造作に腰をおろした。ところが、he sat on a bumble bee(マルハナバチの上に座ったのだ)!すると…He ran around puffing and snorting, butting and pawing the ground as if he were crazy(まるで狂ったように息を吐き鼻息荒く、角をつき、地面をひづめで蹴りながら走りまわった)。闘牛士たちが歓喜して、フェルディナンドに白羽の矢を立てたのは言うまでもない。そしてマドリッドの闘牛場。埋め尽くした大観衆の熱気は、若い雄牛の登場で最高潮に。勇ましい戦いを見せてくれるはずだった…。But not Ferdinand。
 この後はHappy endでほっとする。Mahatma Gandhiが好きな本に挙げた、という逸話にも納得。スペイン内乱勃発時の刊行で、スペイン、ドイツなどで発禁になったのも興味深い。