Learn English with TV series 小学生向け~キッズブックス英語スクール

イギリスBBC制作の英語字幕付きのマンガ、BINKA。
1エピソードが4~5分で、英語も綺麗です。
字幕をオンにして、普通の速度でも「小学生クラス」「親子クラス」の生徒は大丈夫そうです。

「入門親子クラス」は、まだ字幕は邪魔なので出さないで、そのママ聞いてみましょう。

こんなマンガでも、英語のインプットとして役に立ちます。

Binka by BBC

「小学生クラス」のNさんは、これがいいかも。字幕を出して見てください。
=”0″ allow=”autoplay; encrypted-media” allowfullscreen>

このほか、このGeronimoシリーズはこちらにも。

語彙がかなり上級な『Martha Speaks』は、小学生クラスでも字幕及び、スピードを0.75にした方がいいかも?

こちらも。

Learn English with TV series:夏休みに英語のインプットを増やす(高校生以上向け)

「文明の利器」を使って、英語のインプットを楽しみながら増やしましょう。

オススメは、英語字幕付きのドラマ鑑賞。

字幕をオンにしてみます。
もし、速すぎと感じたら、画面下の並んでいるアイコンの「設定」から、「速度」を選び、「0.75」またはもっと遅くするなら「0.5」にして、ビデオ再生しましょう。

同じのを見て学ぶ方法もありますが、私はどんどん他のを見るタイプでした。
「勉強感」を薄く、ドラマを面白がってみる方が、長続きするのかなとも思います。

一日1本など決めて、継続してみませんか?

Friends

この他、「Learn English with TV series」で検索するとたくさんでてきます。
「Friends」の他のエピソードもどうぞ。

シアターゲームと英語〜キッズブックス英語スクール

英語絵本を使って、本を楽しませながら「勉強だ」と気づかせずに、子どもに英語の力をつけていくには?

ーこの問いに答えを求めて、スクールでは「仮説と検証」を続けている。

 

今、ひとつの仮説がある。

それは…

「シアターゲームをアクティビティに使うと、以下のような効果がある」。

効果とは
・集中力が高まる

・反復練習になって単語、フレーズ、文などが定着する

・勉強を「やらされている感」が消える

 

この仮説のもと、

先日の、夏休み前最後のクラスで、

Kitty Wants a Cornerというシアターゲームをした。

オリジナルは、こんな感じ→例

これを、リードアラウドした絵本『Mr. Gumpy’s Outing』

 

本文のキーとなる台詞、

May I come?

を「Kitty wants a corner」の代わりに言う、というアレンジ。

 

こう尋ねられたひとは、オリジナルゲームどおり

Go ask my neighbor.

と答える。

 

最初、戸惑いの顔が見られたが、5度くらいの練習から徐々に笑顔がみられ、

最後のほうでは、台詞が板につき、英語を気にせずゲームで、キャーキャー

盛り上がる歓声が聞けた。

 

暑くて不機嫌な生徒はにこにこ顔に、

英語のフレーズが棒読みになりがちな生徒は自然な抑揚で台詞を、

声が小さめの生徒ははっきりした声に、

控えめすぎる生徒の応答が素早く、

だらだら気味の生徒はしゃきっと、

 

それぞれいい方に変化が見られたと思う。

 

家庭でもうひと押し、するなら、

「あのときの台詞、なんだったかな?」

のように問いかけてみるのがいい。

 

意外と子ども自身も「なんだっけな」と、忘れて気になっていたりする。

そして、こんなふうに会話をしてみるといい。

 

「ああ、Mr. Gumpyに動物たちが『乗せて』ってお願いする台詞のひとつだったね。

May I come?

だったっけ?」

 

「あのゲームでは『入れて』っていうお願いだったね。断るのはなんて断ったかな?

ああ、お隣さんに頼んでごらん、と言うんだった。

Go ask my neighbor.

だね」

 

 

 

 

 

『Sing』を読んだり歌ったり〜キッズブックス英語スクール

スクール親子クラスで、本年度初の歌える絵本をやる。

The Carpentersの往年のヒット曲、また子ども合唱団などもよく歌っているのでご存知の方も多いだろう。

本文は歌詞そのものだが、絵に含蓄がある。

読んでから歌うか、歌ってから読むか。

どちらでも!

 

歌はこちら。カラオケ式は読む練習にピッタリ。

 

こちらはSesame Streetのメンバーのもの。

『Growing Vegetable Soup』で野菜愛を読む~キッズブックス英語スクール

動物の絵本も好きだが、植物もいい。
ブッククラブ、初夏の配本は野菜の本だ。

ただのvegetableではなく、野菜スープを「育てる」。
ここに、子どもと子ども心を残した大人が、まんまと引っかかる。
気になる…。

Dad says we are
going to grow
vegetable soup.

主人公のパパが、言出しっぺらしい。

野菜を育てる園芸の部分と、それをスープにする料理の部分がくっついたユニークな絵本だ。

ページを開けるたび、目に鮮やか、心にズキン、色とりどりのコラージュに心うきうき。

どんどん育っていく野菜にも心が高鳴る!

Grow
and grow,
and grow into plants.

やった!

新鮮な何種類もの野菜。
それがみんな入ったvegetable soup.

At last it’s time
to eat it all up.

食べるぞ〜

野菜愛溢れる、そして読者の野菜愛を刺激するこの本、さあ、どう読むか。

(ブッククラブのAコースは、本を読み読み解説するオリジナル音源付きです)