Do you like~?で飛び出したpolitics@キッズブックス英語スクール

英語は「知っている」だけでは「使えない」。

口から英語を自動的に出す、シアターゲーム、Word Ballをいつものように、小学生クラスでやった。

この日は、Do you like〜/Do you like to〜を言いながら、相手にballを投げることにした。

Do you like snow?

Yes, I do./ Do you like 〜?…と、単純だけれど、なかなか「~」がでないもの。そこで、このような簡単なゲームをして、とっさに英語が出るようにしていく。

この日もしばし、続けていると突然、

Do you like Abe so-ri?

と、ひとりが言ってきた。

その3年生の、せっかくのノリに水をささぬよう、prime ministerなどと言い直さないで、だまっていると、だれかが、

No, I don’t.

Yes, I do で答えることにしていたのに、コレ。

 

Do you like Suga so-ri?

ときて、また、No, I don’t.

英語だからと、今度は

Do you like Mr. Trump?

 

するっと、Yes, I do. の答え。

その答えに対して、えええっ?と、驚きの声が。

 

ここで一句:

この冬日

おや珍しく

politics

@スクール

政治に一矢(いっし)

Covid-19の「おかげ」?〜キッズブックス英語スクール

2020年はコロナ(Covid-19)感染症がきっかけで、スクールもオンラインで授業する時期を持つことになった。また、最初からオンラインでの講座も開講し始めた。

「オンラインで開講」の発想は、Covid-19の「せい」というより、多分「おかげ」といった方がいいのだろう。

 

元は対面授業だった生徒が、しばらくオンライン授業になって、また対面になって、またオンラインに…… となると、対面授業とオンライン授業での、学びの違いに、いやでも気づかされる。

いくつか、親子クラス小学生クラスで見られたその違いを、「オンライン効果」のプラスとマイナスに分けて挙げてみる。

【プラス効果】

・生徒一人ひとりの存在感が増す

集団の対面レッスンでは、静かでみんなの中で埋もれがちな生徒が、オンラインで平等な声の大きさと画面上の面積を得て、クラスの中で以前より目立つようになった。

「こんなにこの生徒は、よく理解している」ということを、指導者は認識を新たにした。対面ではかき消されそうな細い声が、マイクを通してしっかり、そして発音も素晴らしかったりするのが印象付けられる。

 

・引っ込み思案が少なくなる

対面では、多分他のクラスメイトを意識し(しすぎ?)、発言できないことがある生徒も、クラスメイトの存在がそこになくて、自分と指導者の二者だけと感じて、発言が楽になる。

 

・集中する

小学生クラスからは、10分ほどGrammarのワークブックを、解説を挟みながらするが、おしゃべりもよそ見もなく、感心するほど集中するので、時間内に必ず終われる。

 

【マイナス効果】

・やる気を失う

少数派だが、年齢が上(小学生高学年など)でも下(低学年)でも、その気質の子どもがいる。画面に向かって話をすることが、何か本能的に嫌なのか、またはもっと単純に、一箇所にじっとしていられないのか、画面で視線が合わせず、やる気を起こさない。

親がいる空気が嫌なのか、機械に慣れればいいのか、年齢が上になればいいのか、原因不明。

 

・アクティビティが楽しくない

知っているだけでは、なかなか使えない英語を、反射的に口に出せるようにする、英語運用のアクティビティを、対面授業では行うが、これが楽しい。体を使いながら、英語を「口走る」。遊びに見えたり感じるが、実は英語を使えるようにするための理にかなった学習法だと思うし、生徒たちもハッスルする。

ところが、オンラインではこの楽しさ、興奮の再現が難しい。どうも生身の人間の「意識の塊」のようなものが、サイバー空間で消えてしまうようなのだ。

あまり楽しくない。やりようはあるはずで、こちらの研究不足だろう。でも、生身の人間と言葉を交わすことで刺激を受ける脳の部分はあって、それが喜びと、語学学習にかけがえのない作用をもたらすものなのかもしれない。

 

 

より合理的な英語学習を〜絵本リードアラウド発表会@キッズブックス英語スクール

英語を絵本で総合的に学ぶ、わがスクールの年2回の発表会は、これまで生徒たちの英語上達のジャンプボードになってきた大切なイベントだ。

冬の発表会を終えて、ここまでの生徒たちの成長をめで、次のチャレンジにどう道をつけようかと考えるのが早春の楽しみだ。そんな生徒の存在がとても嬉しい。

さて、ここでもう一度、そんな生徒を育ててくれるリードアラウドの発表会の「力」を考えてみたい。

発表会とその練習をすることは….

  1. 反復学習の動機付けになる:語学学習に必須の反復学習だが、まだたいての子どもは、自分の意思で英語を学んでいるわけではない。その気にするのに発表会はうまく機能する。  
  2. モニタリングになる:クラスメイトの英語をよく聞くようになると同時に、自分の英語もいい意味で気にして聞くようになる。
  3. 意味のあるインプットとアウトプットになる:発表は自分の読みにクラスメイトが応える読み合いや朗読劇風になるので、表現豊かに読むという学び(インプット)に目的があり、読む(言う)というアウトプットは「素振り」でなく相手がいる。インプットとアウトプットに意味があることが、学びを脳により深く認知させることが、科学的に言われている。
  4. 語彙の定着が促進される:文脈の中で使われている語彙が、何度も口に登り定着しやすくなる。認知心理学や第二言語習得論などで言われている合理的な語彙の学習方法となっている。
  5. 発音、文字の解読の無意識化が促される:「知っているのと使えるのは違う」ことが科学的に言われている。知っているだけでは、なかなか英語が使えないが、無意識下に記憶されたものは、使える可能性が高くなる。反復され、意味のあるアウトプットもされた言葉は、特に発音、解読は自然に口に登るようになる。

夏休み英語のお楽しみ〜キッズブックス英語スクール

暑い夏です。

涼しい部屋で、子どもに勉強っぽくなく英語を学ばせたいなあと思った大人のみなさん。

こんなのはいかが。

 

『Where the Wild Things Are』映画。ストリーミングで見られることもあるので、調べて見てください。できれば字幕版で。

本のまま、少し動画にしたもので、読みがとてもよいものが見つかりました。文字は、自分の本で追ってください。

次は、1学期に始めた『Hop on Pup』。二学期も引き続き読みますから、これなど復習と予習によさそうです。

夏だ、ライブに行こう!~リードアラウド研究会

 

英語絵本のリードアラウドを、絵本を読んだり読ませたり、英語と本を楽しませるパフォーマンスと考えると指導者には、なんでもいいのだが幅広く生の芸、ライブ会場に足を運ぶことがいい刺激になる。

「ビデオを見ればいい」「臨場感を伝えるレビューを読めばことたりる」「本で学べる」という人もいるが、リアルだけが伝えられるものが絶対にあると思う。

 

リードアラウドの指導者向け講座も、オンラインのレッスンがある。同時に対面しているライブはライブだがネット上であって、生身ではない。

やはりリアル講座にはオンラインでは得られない学びがありました

という感想を、わざわざ遠方から「生」に足を運んでくれた受講生からいただきもする。

 

頻繁でなくても、たまに、特に行き詰まっているときなど、「生」がいい刺激になる。

 

そんな、リードアラウド指導者にオススメのライブ。

どこがどういいのか、といえば…

 

まず、その演者の息遣い、熱量、その周辺の空気を感じられることがある。

ちょっとした戸惑い(のようなもの)や、安堵やときに不安などが目に現れる。言葉の端にあらわれることも。それが、どういうところでだったか。どうしたかったのだろうか。自分の思考が始まったりする。

それから、会場に放出される熱量を感じること。いったいどのくらいなのか。ライブなら、肌に、耳に、目に伝わってくる。

声の強さ、息継ぎ、演者の汗も。

また、姿勢、動きなど、自分の目のカメラで見るから等身大だ。

 

ライブがいい(上手い)と言われる演者のものを経験することは、特に刺激的だ。

舞台に立つと、彼らは最初になにをするのか。

 

「元気かい?」

「ロックするき満々かい?」

「今を楽しんでいる?」

問いかけ、返事をさせる。観客に、参加させるのだ。

観客が消極的なら、もう何度か、返事の声が大きくなるまで声をかける。

どこまで「しつっこく」するのか。

うまい人は、そのぎりぎりの読みがうまい。

また、こういう呼びかけは冒頭だけでなく、途中、ちょうどいい楽曲を挟んで、何度か繰り返される。

 

運びにメリハリをつけるのがうまい。

元気に盛り上げたら、しんみりバラードを挟む。

アップテンポからスローへ、そしてまたアップテンポへ。

観客が長いと感じそうになる頃には、会場に「イエイ、イエイ、エー」や、サビの部分など簡単なフレーズをふって、歌に参加させもう一度、一体感を作る。

 

会場の四方全部を巻き込む努力をしているのにも、感心する。

客席後方にいる観客が静かだと感じると、

「そっちのほう、ノッてるかい?」

「両手をふって答えてよ、ノッてるかい?」

声が届かない観客にも、手を挙げさせたり降らせたり、できることで参加させる。(そういえば、ハーバード大学の倫理学人気教授の5000人規模の公開授業のときにも似ている)

演者自身も体で多くのサインを出す。

リフレーンのところ、ファンキーな音にみんなの体が揺れていると感じたら、高々と指を1本上げて、繰り返しを示す。

方々を指で指す。拳骨にする。広げる。手、指の先まで観客に向けて働かせる。

体を左右だけでなく、上下させる。

しゃがむ。寝転ぶ。右に寄る。左に寄る。

両腕も泳ぐように動く。

こうして、見えにくい席の観客にも、よく見える瞬間がときどき訪れる。

観客は、まるで赤ちゃんだ。

あやされて、退屈ということがなくなる。

 

衣装も、わかりやすい。簡単に言えば、遠くからもわかりやすく、派手だ。

たとえば、先日見たキーボード奏者。

60代には見える「年配」だったが、白髪に映える素敵な貴公子のような帽子と紫のジャケット。

中年にさしかかっている男性リードシンガーは、肌を見せる黒のひらひらブラウス。

ジャズのライブでは、サックス奏者のバンドマスターは金色のスニーカーがcoolだった。

ショービジネスだから、という理由もあるが、先生でも品格を保ちつつも、それなりに「花」が必要と思う。

それは決して過剰なる自意識からくるものではなく、観客(生徒)をより集中させ、先生の元気さ、エネルギーを象徴的に示すことである。

同時に、ちょっとは観客の目を楽しませようというサービス精神か。

 

さあ、屋内派のみなさん。

この夏、またはいつでも、ライブに行ってみよう。