リードアラウド認定講師講座第8回報告その1『We Found a Hat』  ~リードアラウド研究会

課題書『We Found a Hat』をどうみなさんが「料理」してきたか、興味津々の今回。。先月の『Little Gorilla』は、古典的な物語ナレーションで、もしかしたらベテランたちは慣れである程度こなせたかもしれない。でも今回の本は、新人にもベテランにもチャレンジング。斬新な新しい時代の絵本だ。

2匹のカメの性格付けをしっかりしないと、ニュアンスが出ず、表現の代わりに説明だらけのリードアラウドになってしまう。

パート1、誰のそして独白なのか台詞なのか。声だけでなくニュアンス、発声まで違ってくる。クラスで子どもに読ませるなら、台詞を平均的に振り分ける目的もあって、独白をカメ1とカメ2のものに分けるのも一手だ。これはベテランHさんの素晴らしい発見だ。確かに、そうする方が表現が楽だ。

ただ、認定講師講座のレベルからすると、困難な道を選びたい。つまり、難しくてもカメ1だけの独白で「We〜」「We〜together」を続けてみよう。「a hat」なのに、「we」が「together」で見つけた…(ルー大柴さんの口調みたいだが)、そこがTurtle 1の深い悩みの始まり。ハムレット風。

ただし注意は、深刻にすると声が小さくなること。頭を垂れて喉を圧迫していないか、鏡に姿を映して修正が必要だ。視線は前方の遠方。すると深く、少しゆっくり、カメ1が哲学をしている声の雰囲気になりそうだ。おどけや照れの感情はいらない。辛い決断をする場面終盤、自分に言い聞かせる。辛さを滲ませたい。そしてゆっくりhatから遠ざかる空気を表現する。

注意を喚起したとたんにほぼ全員が修正できたところだが、確認のために記しておく。副題(例:PART TWO Watching the Sunsetなど)を読む声は、カメではなく中立の第三者、悩みと無関係な声で読むこと。

パート2、せっかくのsunsetの絵をまるで何も書いていないページのように飛ばす人が多かった。ちょっと待った。この1ページは重要で、これがあるかないかで、次の表現が変わると思う。砂漠のsunset、見事でカメも見とれているはず。わたしたちも、だからこの場面でsunsetを愛でるべきだろう。そして、We〜/We〜togetherとカメ1の独白がある。ここは素直に美しい夕日を眺めているのだろう。「きれいだな」という気持ちで読んでいいだろう。友と一緒に見るのはまた格別だ、という感じか。そして、ふと心配になるカメ1。くったくのないカメ2の受け答えに、さあNothingだ。演習したようにいくつか違う感情を載せて、どれがいいか考える。後ろめたい感じが、わたしはしてくるが、みなさんは?

いよいよパート3。夜、カメ1はすでにある悪巧みをしている声だろう。くったくのない健やかな声ではない。We〜、We〜together、ずるそうかも。パート1, 2の冒頭のニュアンスと違いを出せるか。全員、工夫の余地ありだった。会話部分の台詞、Are you almost~、Are you all the way ~は、カメ2との距離が違っている。2番目の台詞はカメ2からさらに遠ざかっているので、声を大きく張り上げたらいい。また、asleepのカメ2、眠い表現の挑戦は多くが試みていた。眠気が強いカメはNさん。表現豊かで楽しめるが、「夢を語る」にはもう少し覚醒したカメでいて欲しい。二匹でお似合いの帽子をかぶる夢は、悪事を働きそうだった友を更生させるほどのインパクトがある。早口ではなくゆっくり、多少朗々となる。

ここで、You〜. You also〜と対照している台詞を一匹が畳み掛けるように言っているところから、やはり独白部分のWe〜が繰り返される台詞は、ひとりの台詞かな?と今、また思う。

さて、最後の台詞だ。We 「both」/have 「hats?」と、bothで息が止まりそう?そして、信じられないように初めてhatsと複数形。この「s」は例外的に強い。オチが落ちなかったみなさん。練習してみよう。



『The Foot Book』〜キッズブックス英語スクール

Dr. Seussの『The Foot Book』を入門および親子クラスで読み始めた。

まずは「right」と「left」が反射的にわかるように、「右足あげて、右手あげ、右足下ろす」などそのまま「put your right foot up, right hand up. Right foot down」などと床に座ってゲーム。

右にはRightとシール、左にはLeftとシール、貼ってあるのに平気で反対の手や足を上げていたりしていたりする。

小学生はさすが早々と慣れ、やはりこういう動作と判断力は年少者はゆっくり。それはそれで、かわいらしい。

right/leftを始めとして、反対語(opposites)がいくつも出てくる。本書は反対語がテーマの本だ。英語では反対語を、早い時期から教える。小学生のみなさんは、実はもうだいぶこれまでの本で知っているはずなのだが、ここで頭のなかの知識の「在庫整理」しよう。

形容詞の意味することを読みかたに反映させて、読んでみよう。こちら、いいお手本だ。

Hey dude, time for practice【We Found a Hat】〜リードアラウド研究会

過去のブログで紹介した映画、台詞部分は5:50あたりから始まる。ここに再録しておく。

11月の課題書は、「21世紀的絵本」と言ったが、「男の絵本」とも言えそうだ。これまで「絵本、子育て、女」のイメージが強かったものが、「女」の部分が「男」になっても違和感がなくなってきた。そこで、男親や男が共感しやすい、男の作者がこれまでの絵本の発想から自由に発想した絵本が増えてきたのだろう。

本書はそのいい例だと思う。そこで、読み手にも発想の転換が必要だ。これまでのいわゆる「かわいい」「母性的な」読み方を簡単に当てはめたら、せっかくの味を壊してしまう。

本書の登場人物(カメ)の心理は、男か女でも男に近い部分を活性化させるとするっとわかる。特にカメA(hatを自分のものにしたい1匹)は、多くを語らず、喜怒哀楽を抑えた、男に多く見出せる類型だ。

前回のいわば伝統的な絵本、『Little Gorilla』とは好対照。

上記に添付したClint Eastwoodの台詞術、参考になると思う。皆さんの「型破り」な読みを、楽しみにしたい。ちなみに、Mr. Eastwoodに仕事でお会いしたことがある。ガーンと衝撃的な、口数の多さ。おしゃべりさん、でした。

『We Found a Hat』で絵本朗読をmodernizeする~リードアラウド研究会

第7回認定講師講座の課題書『Little Gorilla』は、古典的な20世紀の読み方でしっくりくる本だった。次回11月の第8回の課題書『We Found a Hat』は、たぶんそうはいかない。

21世紀らしい本なのだ。21世紀の申し子みたいな、キャップを後ろ前にして被って、いつでもジーンズにフード付きのスウェットを着ているような若い作家の作品である。

これまでの絵本を読んでくれる「おねえさん」「おばさん」「おばあちゃん」のイメージを消して、「21世紀読み」にチャレンジしたい。

作者の読みがこれ。

これを発表している意味を考える。1. 作者は「朗読家」ではないこと、読むプロではないことを認識しているので、手本として読んでいるのではない。2. 原作者として、この本の背後のイメージをみせている。3. 作者だが素人朗読者として頑張って表現しようとしているのが、ハードボイルド。4.「この線でプロのみなさん頑張って欲しい」と思っている

賢明な作者は「敵」を作らないために、直接的に本書の読み方について発言していないようだが、わたしは、このビデオは作者からのリクエストと解釈する。

ならば、リクエストに応えてみようじゃないの。

まず、空気から作ろう。音楽が手っ取り早い。

イメージミュージックはこれ。

かなり長い間(ま)、沈黙のまま目が語る場面、枯れた声(確かにこれは陸ガメの「声」っぽい)。砂漠や夕陽、澄んだ夜空、ああやっぱり舞台は西部だ。カメは口数が少なく声はキャンキャンしていない(みかけ上)。ポツポツ必要最小限的な言葉を言う。などの参考、イメージはこちら。

リードアラウドの朗読は、こうした「21世紀の絵本」、旧来の家族観や男女観、子ども観などから自由な発想の絵本にも対応できる読み方にしたい。

英語絵本リーダーズシアター@ブックハウスカフェ~リードアラウド研究会

久々の大島によるリーダーズシアターは、「ちいさいお友だち」も7〜8人くらい、「おおきいお友だち」はその倍以上?集まって下さり、大賑わい。

「ちいさいお友だち」の中には、本当にまだほんとうに小さい、「パパママ」クラスから飛び級?した子どもたちも混じっていた。

リーダーズシアターらしいのは、最後に子どもたちにステージに立ってもらって、本文の台詞を読み合うところ。

この日は、5年生も混じってとても心強かった。

「大きいお友だち」が特にやる気まんまんで、声が大きいのが大変よろしい。おかげさまで、「ぎょぎょぎょ」という感じで目覚めた子どもたちもかなり頑張って声が出た。

いつも思うのは、緊張を解くことが大切だなあ、ということ。なによりも、「失敗とか恥をかくということは、ここではないんだよ」ということを、開放的な空気を醸しながら伝えなければならない。

静かだった子どもたちが、笑い始めるのがいいサイン。「どう思う?」といろいろ問いかける中、答えがあちこちから聞こえ始めたら半分以上、成功だ。

短い時間で初対面の子どもたちに、表現指導するのは難しい。今回は、「のび太」と「ジャイアン」というよく知られたキャラを、課題書の登場人物ふたり、「Duck!」と言い張る子と「Rabbit!」と言い張る子に頂いた。わかりやすくてよかったようだ。大人の表現もあっと言うまに区別がつくようになった。

あるところは、しつっこくやることも、印象付けに大切で、それは成功に強く影響する。本書では、登場人物ふたりの口論が大声になって、せっかくのduckだかrabbitだかの動物が消えてしまう場面を、しつっこく指導することを心がけた。

大きな声を出すように、「そんな声だと驚かないなあ」など、ダメ出しを数回。やけになったような、かなりの大声を出させたところで、次のページへ。謎の動物が消えている…。「あ〜あ、逃げちゃったじゃない」という台詞の意味が自然と腑に落ちるという寸法だ。

子どもたちがここのページをめくったとき「ああ」と言ったのが耳に入り、ヤッター!といい気分になった。物語をいっしょに楽しむ空気、本当に好きだ。

本の良さにも、本当に助けられる。選書、命!盛り上がってそれだけで終わらない。最後にもう一波乱、オチに第二の謎の動物が出てきて、子どもの目が光る。なんだコレ?大人にも正解がわからないものは、子どもは大好きだ。anteaterという言葉も新鮮、brachiosaurusも難しいけれど、子どもの方が知っていたり。最後の最後で盛り上がり、イザ、リーダーズシアターだ。

(ひとりで本を持って立てる)子ども6~7人、それに心強い5年生も加わって、対大人と十分に読み合えた。リーダーズシアターの楽しさが伝わった!

Thank you ブックハウスカフェ!Thank you みなさん!

●10月21日(日)11:30〜12:10 パパママ(with あかちゃん)講座、『Piggies』

13:00~14:00 リードアラウド(4歳から)『Go Away Big Green Monster!』