子どもに絵本の「読み方」教えを乞う〜リードアラウド研究会

3歳の子どもがたまたま同席した、パパ、ママ向けのリードアラウドの会があった(ブックハウスカフェ、神保町のリードアラウドイベントにて)。

 

子どもと英語絵本をどう楽しむか、を大人に説く時に、特に強調するのは、

 

できるだけ子どもの目で見る

ということだ。

 

この日も、さっそく課題書『Shh! We Have a Plan』

を開き、大人たちに

「絵から想像して、どんな話か語りましょう」

と、まず表紙の絵から始めた。

 

「4人の人がいて3人がシーと指を口にあてている…」

と、大人。

 

そこに可愛らしい声が響いた。

「3人の人がシー言っちゃだめ、としているのを、チビちゃん(右端を指差しながら)がギロッと見ているの」
と3歳。

 

おお、確かに疑いの視線みたいなものを、右端の人物は発している…「あ、そうか」「気づかなかった」と、感心する大人たち。

 

「子どもが見るものを大人は見ない」と、ちょうどそこを指摘したかったわたしに、本物の子どもが目の前で鮮やかな対比を示してくれたではないか!

 

またある見開き2ページで1場面になっているところ。

そこで、大人は左ページから事象の変化を述べようとしたところ、またまた可愛い声がさえぎった。

「ここ、ここにbirdieがいるよ」

 

そう!

この場面、最初に見るべきは左ではなく、彼女が指差した右端の、象徴的なピンクの鳥なのである。

でも大人ときたら、順序にとらわれて左側を。この場面一番のものに目がいっていない。

 

本書のテーマであろう、美しく珍しい鳥を捕まえて一攫千金を狙うような汚れた大人と、美しいものを美しいまま愛でようと思う子どもの対比。

まるでそれがそのまま、この日の大人と子どもの本の解釈の差にも出たようで、愉快だった。

 

物語の伏線となる登場人物の視線の動きや、テーマの象徴でありまっさきに読者の目をひくように描かれたもの(青の基調色の中の鮮やかなピンクの鳥)を見逃すのは、大人。

悲しいくらいわたしたちは、鈍になってしまっている。

 

絵本を「読んでやろう」と偉そうにいうわたしたち大人は、文字が読めるだけで、実はちっとも絵本が「読めて」いないことが多いと自覚しよう。

だから、まずは文字をかくして、絵だけで物語を「読んで」、子どものときの目を少しでも思い出そう。

 

この日は、生身の子どもを「先生」に、子どもの絵本の「読み方」をよく学べた貴重な日であった。

 

 

★次回のブックハウスカフェでのリードアラウド 8月19日

1.パパママ向けリードアラウドfor 赤ちゃん(0〜3歳) ★11:30-12:15

予定絵本 Ten Little Fingers and Ten Little Toes   

2. 4以上親子、大人も!Let’s リードアラウド!   ★13:00-13:45  

予定絵本 Walter Was Worried        英語初めて子どもから

『Growing Vegetable Soup』で野菜愛を読む~キッズブックス英語スクール

動物の絵本も好きだが、植物もいい。
ブッククラブ、初夏の配本は野菜の本だ。

ただのvegetableではなく、野菜スープを「育てる」。
ここに、子どもと子ども心を残した大人が、まんまと引っかかる。
気になる…。

Dad says we are
going to grow
vegetable soup.

主人公のパパが、言出しっぺらしい。

野菜を育てる園芸の部分と、それをスープにする料理の部分がくっついたユニークな絵本だ。

ページを開けるたび、目に鮮やか、心にズキン、色とりどりのコラージュに心うきうき。

どんどん育っていく野菜にも心が高鳴る!

Grow
and grow,
and grow into plants.

やった!

新鮮な何種類もの野菜。
それがみんな入ったvegetable soup.

At last it’s time
to eat it all up.

食べるぞ〜

野菜愛溢れる、そして読者の野菜愛を刺激するこの本、さあ、どう読むか。

(ブッククラブのAコースは、本を読み読み解説するオリジナル音源付きです)

『The Wind Blew』を英語3-4年目の生徒と〜キッズブックス英語スクール

第二言語習得論によれば、英語学習を開始する年齢は、

Older is faster, younger is better.

との事。

これはどっちがいいということではなく、早く始めれば(発音など)よりうまくなるし、遅く始める(中学生など)場合は、短期間で学べるということ。

 

年齢によって学び方が違うということだろう。

今学期、改めてそのことを親子クラスで実感している。

 

『The Wind Brew』
この本をリードアラウドしているのだが、本スクールでは2度目の採用だ。

4年ほど前に1回、4-5歳児を含む英語を始めて1~2年未満の、初級親子クラスで使用した。

しかし、本年度は小学1~2年生、英語も3年目以上のちょっとしたベテラン親子クラスだ。

 

教えるスタイルはリードアラウドだから基本は変わらないが、どこに力が入るか、内容の詳細が、図らずとも違ってくるのが興味深い。

 

大きな違いは、生徒の無意識的な興味(わからなくて気になるところ)が、名詞ではなく動詞に移ってくるということ。

 

本書の話の筋は簡単だ。

 

英国らしき田園で強い風が発生し、それが移動し場所を変えながらいろんなものを巻き上げて進む。そのものの、それぞれの持ち主たちが追って行く。

 

ここで、飛ばされるもの(名詞)の確認は、このクラスには難しいことではない。知っているものも多い。

わからないのは、どう飛ばされるかを言い表している言葉たちだ。

 

英語入門したてのクラスの場合、「主人公」であるthe windは、ただ「吹いて=blew away」していく、と大雑把にくくられ理解される。

 

しかし、本年度の「ベテラン」小学生は、それに加えて「誰のものが」、「どのように」いう情報を付け加えても、混乱がなないだろう。

 

これは「勘」でもあり、ちょっと「科学的」でもある。

「科学的」の根拠は、本クラス全員が、前年度末のReading Fluencyアセスメントで、英語圏G1の1学期以上の英語を読解し音読する力がある、という数字がでていること。

 

ということで、英語の動詞の豊かさを、そろそろ学ばせていこうと思う。

 

それにしても、いつも思うのだが、英語圏で「よい絵本」として長く出版され続けてきた、いわゆるロングセラーは、懐が深い。

 

簡単と見せて、意外と難しかったり、難しいそうでも簡単そうだったり。

 

何層にも読解ができる。何歳でも楽しめる部分、学べる部分がある。

 

そんな例が、本書の動詞の語彙。

見かけや仕立ては簡単そうな絵本だが、使われている動詞は実は難しい。

風の吹き方にもいろいろある。

みんな風の行為だが、みんな違う。

 

渦巻いたりwhirled,

ものを剥ぎ取ったりplucked,

うばったりsnatched,

たたきとったりwhipped,

つかみとったりgrabbed…

 

こういった絵本に、狭い「英語の力、〜年生程度」などの線引きはできない。

指導者も、いつも広く深い絵本の読み方を心がけたい。

 

 

 

 

『David Gets in Trouble』子どもの表現は宝石!〜リードアラウド研究会

スクールで久しぶりに『David Gets in Trouble』を使う。
David Gets in Trouble

また、たまたま4月22日のブックハウスカフェでの「英語絵本リードアラウド!」では、『David Goes to School』をテキストに使う。
David Goes To School

この『David Gets in Trouble』は、シリーズ前二作(『No, David!』『David Goes to School』)と大きく違う点がある
No, David!

それは、Davidがナレーターだということ。
大人のちょっとくどい(キモい?)表現で、この作品をリードアラウドして、「よし」とはしないでほしい。
子どものDavidの声なのだ。
お手本に、以下の映像を。


この子どもらしい、キラキラ光る、まるで葉っぱの上の水滴のようなみずみずしく、宝石のように光る表現に近づけたい。