英語絵本を子どもに読んであげるパパやママの発音、どのくらい重要?〜リードアラウド研究会

先日の絵本リードアラウド認定講師講座【第1回】は、英語絵本を親はどう自分の子どもに読んでやったらいいか、「親に指導する」指導方法を演習した。

パパやママを前にして、指導者はここでも発問で進めていく。

「英語の絵本を我が子に読むときに悩むことはなんでしょう?」

初めから、こう尋ねてしまってもいいだろう。

そうした場合、経験的にパパやママが聞きたいと思っていること、FAQのひとつは、これ。

「英語の発音が得意でない親が、子どもに英語を読んでやっていいのか」

という疑問だ。

どうわたしたち指導者は答えたら、説得力があるか。

自信をもって指導者が答えるべきは、個人の経験からだけではなく、現代は科学的にいきたい。だが、心も伝えたい。

ということで、まず答えたいのは…

「何よりも大切なのは、親が本を読んでやるということ」。だから、親が読んでやることは、100%いい、ということ。

加えて、「親が読んで楽しむ姿を見せてやること」。これができたら最高だ。

そして、科学的な裏付けも必ず加えること。

「親の読みに子どもは一番反応するということが、科学的に裏付けられている」という事実も伝えたい。

それから、英語の発音の良し悪しは関係ないのか、という疑問にはどう答えるか。

「教え込まなければ、悪い発音は子どもにうつらない(固定化しない)」。これも科学的に裏付けられている。絵本を娯楽として読んでやる気持ちでいれば、わざわざ単語の発音をなんども繰り返させたり、いい直させたりしないので、安心だ。

それでも、よりもちろん理想的には、せっかく電子辞書やインターネットで本物の発音を聞くことができるのだから、正確さは保ちたい。

音声付きの絵本なら、その音声は親のためにあると思うといい。親が音声を聞いて発音を少しでも正確なものにするよう活用する。

とまあ、親たちは一安心だが、わたしたち英語指導者はなんだかドキドキしてくる。

「教え込む」ってわたしたちのこと?

指導者はときに偉そうに、「後について読みなさい」と言ったりして、教え込んでいる…。

ということは、指導者の不正確さやクセが、子どもに「うつる」可能性がある!!!

これは、「英語責任者」として自覚しなければならない。

実は今回の課題書、『Hello Baby!』では肝を冷やした。

本文に登場する「leopard」が、なんだか「レオパード」っぽい…。

いかん!いかん!「レパード」、「o」なしです。

自分たちは間違いを再生産する可能性のある立場にあること、心に刻もう。

そして、もう一度言うが、パパやママは発音を心配しすぎず、英語の絵本を実際にいっしょに手にして親しませ、調べ調べでも、読んであげて。

わたしたちリードアラウド指導者は、表現の豊かさで子どもを英語や本に惹きつけるだけでなく、下調べも丁寧に、責任を自覚して、正確で上等な英語の指導を心がけなければならない。


英語での読書について:父兄への手紙〜キッズブックス英語スクール

Sさま

お忙しいところを、スクールからの細かい質問にお答え下さり、どうもありがとうございました。新年度に大変助かります!


「リーディング」は子どものすべての学業の基礎、という認識で英語圏では重要視されています。そのリーディングの指導では、今、パーソナライズという方向性が支持を得ており、本スクールもこれまでの指導に自信を持つとともに、読書傾向などもう少し、個々の好みを把握しておきたいと思っての質問でした。


頂いた本はJudy Moody、Owl Diariesのほかに、The Princess BlackThe Bad Guysがあります。The Princess BlackとThe Bad Guysはきっと授業で使うかという思いから、あえて読んでません。なので是非、授業で読んで頂けたらと思います。 



レッスンの始め、個別指導の10~15分では、個々の本をシャドーイング(指導者の表現、速度などをそのまま、影のように後をつけて読むこと。ブログを参照:https://bit.ly/2ttuwHT)と、ブックリポート(主人公、あらすじ、気に入った部分、新語彙4つ)の指導を基本にしています。

読書量を増やす時期なのでどんどん、自主的に先を読むのは大歓迎です。
『Judy Moody』が後一回で終わるので、次にOwl〜を持ってきて下さい。


本をあらかじめお渡ししてあるのは、興味を持ったらどんどん先に読んでもらえたら、と期待しているからでもあります。スクールの個別指導用と指定した本をあらかじめ読んだのなら、それはそれで結構。その本についてのディスカッションをします。そのままお持ちください。

終わり次第、「次に何を」を本人に伝えます。繰り返しになりますが、どんどん読みたくなったら、ぜひ、読むように。勉強としてでなく「娯楽」になって欲しいと思います。



自宅での読書ですが、娘の中で『読書は楽しみで勉強ではない』と思っているようです。なので自分の気に入った本しか読まないです。


今後、どんどん「気に入る」範疇を一緒に広げていきましょう。


好きな読み物の傾向は、動物と飼い主の物語や、イタズラ好き又は元気な女の子のドタバタ物語などです。具体的には『Phoebe and Her Unicornシリーズ』『Franny K. Stein』などです。


了解です!今の段階で、ドタバタ(と楽しめ、続きがあるシリーズものは)いいかも。「動物と飼い主の物語」などは、今後、文学への道筋になる有力な線です。



とはいえ、サマーキャンプに行った影響なのか、アメリカの動物、自然、行事、生活、インディアンの歴史などには興味があるらしく、教科書推奨のサイエンス系の本などは楽しく読んでます。


嬉しいです。スクールの選書も新年度、Nさんの興味を惹きそうです。



私が言わないとなかなか読書に向かいませんが、読書が生活の中に溶け込みつつあると思います。 



スクールのリードアラウドでは、文字は少なめの深堀の可能な名作で「深読み」「精読」「啓蒙」をする。同時に個別時間と個々の読書では「速読」「濫読」をする。こんな欲張りの方針で、いきましょう。
伸び代が大きいNさんの指導は、指導陣の励みになります。今後も、ご家庭とも連絡を取り合いながら、彼女の可能性をさらに広げていきたいと思います。
来年度がまた楽しみです!

(太字、イタリック体はご父兄の手紙)

Mem Foxが読む『Hello Baby!』~リードアラウド研究会

久しぶりにMem Foxのことを書く。

直接、彼女の教授を受けたわけではないが、このMem Foxが我が「リードアラウド」の先生、生みの親と言ってもいい。

絵本を楽しく読むことが、子どものReading力を高める、と絵本のread aloudをしようと、熱く説く著書、『Reading Magic』が最初の出会い。

それから、偶然の出会いやオーストラリア大使館を挟んだ招聘計画(ボツ…)を通して、本や作品や社会への姿勢を知ると同時に、その絵本作品や著書、絵本を読む姿から多くを学び続けている。

昨年度の認定講座では『Ten Little Fingers and Ten Little Toe』を、そして2019年度の第一回は『Hello Baby!』を取り上げる。

私が考える「うまい絵本朗読」がここにある。聴衆に語りかける心と心に届く声の技術。嘘臭さ、偽善臭、表面的なぶりっ子などとは無縁。凛々しい、ハンサムな、それでいてあったかい。そんな風な人柄を(たとえそれがフィクションであろうが)思わせる語りが素晴らしい。

パフォーミングアーツの先生から絵本作家になったというバックグラウンドが、強みだ。ぜひ参考に、皆さんも。


『Snow』は名作~キッズブックス英語スクール

絵本を表現豊かに読むこと(リードアラウド)を通して、英語を総合的に学ばせよう、というオリジナルな英語教育方針のわがスクール。その親子クラスで、今年の1月は『Snow』を読んでいる。

毎年のように冬になると、どこかでリードアラウドしてきた本だが、なぜ「毎年のように」なのかと言えば、あきないからだ。

いつも子どもが、それなりに食いついてくれるし、一緒にいる大人は「発見」があったり、「童心」を思い出せたり、何かしら楽しさを感じるのである。

これまで一緒にこの本を読んだ子どもは、100人近いかもしれない。

そのうち「雪がきらい」と言ったのは2~3人だったと思う。この本には、そんなたいていの子どものsnowへの喜びが描かれていて、子どもはとても共感する。

「It’s snowing!」

主人公の少年があげる喜びの声だ。

この台詞を、子どもはなんと上手に読むことか。それに比して、指導者も含めて大人の、この台詞の響きが悪いことといったら。雪が「やっかいで、降ってくれないほうがいい」というこれまでの経験からの現実的な気持ちが、どうも心を濁らしてしまうようだ。

どの子どもも、いつも、毎回、「It’s snowing! 」を素晴らしい表現で読む。その声を聞くだけでも、わたしたち指導者は

「ああ、この本にしてよかったなあ」と思う。

子ども万歳!

『Snow』万歳!

リードアラウド認定講師講座第8回報告その1『We Found a Hat』  ~リードアラウド研究会

課題書『We Found a Hat』をどうみなさんが「料理」してきたか、興味津々の今回。。先月の『Little Gorilla』は、古典的な物語ナレーションで、もしかしたらベテランたちは慣れである程度こなせたかもしれない。でも今回の本は、新人にもベテランにもチャレンジング。斬新な新しい時代の絵本だ。

2匹のカメの性格付けをしっかりしないと、ニュアンスが出ず、表現の代わりに説明だらけのリードアラウドになってしまう。

パート1、誰のそして独白なのか台詞なのか。声だけでなくニュアンス、発声まで違ってくる。クラスで子どもに読ませるなら、台詞を平均的に振り分ける目的もあって、独白をカメ1とカメ2のものに分けるのも一手だ。これはベテランHさんの素晴らしい発見だ。確かに、そうする方が表現が楽だ。

ただ、認定講師講座のレベルからすると、困難な道を選びたい。つまり、難しくてもカメ1だけの独白で「We〜」「We〜together」を続けてみよう。「a hat」なのに、「we」が「together」で見つけた…(ルー大柴さんの口調みたいだが)、そこがTurtle 1の深い悩みの始まり。ハムレット風。

ただし注意は、深刻にすると声が小さくなること。頭を垂れて喉を圧迫していないか、鏡に姿を映して修正が必要だ。視線は前方の遠方。すると深く、少しゆっくり、カメ1が哲学をしている声の雰囲気になりそうだ。おどけや照れの感情はいらない。辛い決断をする場面終盤、自分に言い聞かせる。辛さを滲ませたい。そしてゆっくりhatから遠ざかる空気を表現する。

注意を喚起したとたんにほぼ全員が修正できたところだが、確認のために記しておく。副題(例:PART TWO Watching the Sunsetなど)を読む声は、カメではなく中立の第三者、悩みと無関係な声で読むこと。

パート2、せっかくのsunsetの絵をまるで何も書いていないページのように飛ばす人が多かった。ちょっと待った。この1ページは重要で、これがあるかないかで、次の表現が変わると思う。砂漠のsunset、見事でカメも見とれているはず。わたしたちも、だからこの場面でsunsetを愛でるべきだろう。そして、We〜/We〜togetherとカメ1の独白がある。ここは素直に美しい夕日を眺めているのだろう。「きれいだな」という気持ちで読んでいいだろう。友と一緒に見るのはまた格別だ、という感じか。そして、ふと心配になるカメ1。くったくのないカメ2の受け答えに、さあNothingだ。演習したようにいくつか違う感情を載せて、どれがいいか考える。後ろめたい感じが、わたしはしてくるが、みなさんは?

いよいよパート3。夜、カメ1はすでにある悪巧みをしている声だろう。くったくのない健やかな声ではない。We〜、We〜together、ずるそうかも。パート1, 2の冒頭のニュアンスと違いを出せるか。全員、工夫の余地ありだった。会話部分の台詞、Are you almost~、Are you all the way ~は、カメ2との距離が違っている。2番目の台詞はカメ2からさらに遠ざかっているので、声を大きく張り上げたらいい。また、asleepのカメ2、眠い表現の挑戦は多くが試みていた。眠気が強いカメはNさん。表現豊かで楽しめるが、「夢を語る」にはもう少し覚醒したカメでいて欲しい。二匹でお似合いの帽子をかぶる夢は、悪事を働きそうだった友を更生させるほどのインパクトがある。早口ではなくゆっくり、多少朗々となる。

ここで、You〜. You also〜と対照している台詞を一匹が畳み掛けるように言っているところから、やはり独白部分のWe〜が繰り返される台詞は、ひとりの台詞かな?と今、また思う。

さて、最後の台詞だ。We 「both」/have 「hats?」と、bothで息が止まりそう?そして、信じられないように初めてhatsと複数形。この「s」は例外的に強い。オチが落ちなかったみなさん。練習してみよう。