絵本リードアラウド認定講師講座第4回報告:その1.褒め足りない〜リードアラウド研究会

6月の認定講師講座を終えて、何晩か明けて、よかったところ、もう少しだったところが、だんだんはっきりと浮かび上がってくる。

ちょっと、褒め足りなかった気がする…。

 

復習の『The Runaway Bunny』。

登場する3人、ウサギ母、息子、ナレーターの読み分けと、それぞれの場面での葛藤や気持ちをどう表すか。

 

随分と前回から比べて、キャラに安定感がでた。

どれもよくなっていたのだが、印象深かったのは…

 

Yさんのウサギ母。

こんな母がどこかにいそう、と思えるリアルな造型だった。発声がよく、奥からの響く声で、大人で教養ある母が浮き彫りになった。

 

Rさんのウサギ息子。

思いつく典型的な子ではないが、こういう子かも知れない、と説得力がある。どんな子でも、「そうかもな」と思わせる力があればそれもOK。

 

Nさん、3者の分離と安定感はなかなかのもの。

Hさんのウサギ息子、言葉尻というか「会話尻」?にときどき残る、Hさんの読みグセを消せば、生き生きしたところがとてもよかった。

 

 

今回の課題書『Dear Zoo』の表現では…

 

 

本書はZooに手紙を書いた、濃いキャラの「I」の演芸口調で、という、リードアラウドならではのミッションだ。

そうすることで、ただ読んだだけでは単純な話で大人に感動があるわけでもない幼児向けの本を、リアルに肉付けし、読むわたしたちにも興味深く思わせること、そして聞く子どもにも深みを、大人にはユーモアを感じさせたい。

 

子どもにその面白さがわかるかどうかは別にして、設定としては「いるいるこういう人」と気づかせてくれたのが、Hさんの「ハイミス」を主人公にしたバージョン。

「いい歳」なのに、娘口調が残り、子ども心というか、幼稚さ、わがままっぽさもある、キャラが立った「お姉さん」。それでいて、聞かせる子どもへの愛情も感じる。傑作。さらに磨きをかけて、レパートリーに加えるといい。

 

発案として優秀賞は、Aさんの「デビ夫人」風。

コネもお金もある「I」が、動物園に「ペットをちょうだい」と手紙を書くという設定。奇策で面白い。座布団1枚。

ただ今のキャラ造型技術は、発声に少々難あり。気道をあけるというか、声帯を開くというか、イメージとしては声を頭頂から出す。これは、念力のようなもので、そのイメージを体に染み込ませて、声の通り道を変える。

新しい技術を身体的なものに定着させるのには、稽古!

 

ひととおりだが、行儀よくまとまっていたのは、MさんのDr. ドリトル版と、Yさんの「上場企業に務めるお父さん」版。

キャラが思いつかなかったり、肉付けが難しい場合、本やドラマから自分がよく知っているキャラを借りるというのも一手。

でも、そのイメージに寄りかかり、自分は知っていても他の人は知らないということが、念頭にないと、造型が薄く伝わりにくくなる。

 

「上場企業に務めるお父さん」も、父の日のCMのような薄くて類型的な「ステキ」のイメージになりやすい。どんな顔して話をする人なのか、笑い方、しぐさ、例えば、ごはんの食べ方などまで考えていくと、リアルになる。書き出してみよう。

 

キャラ分けも楽しく、技術もついてきたNさんは、そろそろもうひとつ、charmを出せたら、ひとつ上の段階、エンターテイナーに近づく。現状、ついつい顔を出すのが先生キャラ。別人格を工夫したい。

 

ああ、別人格といえば、Rさんの「元動物園の園長」のじいさん。

体臭まで(加齢臭?)臭ってきそうな、リアル感。まいりました。ステキ!

 

Magic School Busシリーズ〜キッズブックス英語スクール

リードアラウドのカリキュラムでも、かなり文が読めるようになってきた小学生中学年以上には、ノンフィクションの絵本も使う。

今週から、Magic School BusシリーズのHuman Bodyを読む。これに先行して前回から読み始めたのが『Parts』。こちらはフィクションだが、テーマは同様にHuman body。

絵本のリードアラウドで、本を読めるようになってきた生徒たちに、ときにノンフィクション系の語彙も学ばせたい。

年相応の語彙として、たとえば「大脳」とか「動脈」とか。山ほどある。

昨年度の高校一年は、『World War II』を、歴史や社会学系の語彙をまなびつつ、歴史的事件などをディスカッションした。

アメリカの大学に入って愕然としたのは、大学生としての英語の語彙の貧弱さだった。

だから、今から生徒たちの読む分野を広げ、語彙を広い分野から身につけさせたい。

さて、本年度。

力がついてきた小学生クラスで、Magic School Busである。

「絵本なんて小さい子の読む本じゃない?」なんて態度が少しでも見えたら、どかんとノンフィクションに挑戦させてみよう。

まだまだ「小さい子」の英語にも追いついていないこと、うすうす知らせ(やる気をくじかない程度に)、ノンフィクションの情報を学ぶ楽しさも示そう。

「深読み」もまた楽し:認定講師講座第3回報告その1〜リードアラウド研究会

リードアラウドを始めた当初は、対象は小学生低学年程度までと思っていた。実際、その要望が多くそれに合わせた指導をしていた。換言すれば、絵本リードアラウドは「英語の入り口」、という認識でいた。

それから約20年、

日本の英語教育も変わり、わたしもここ数年で考えが少しずつ変わり、この頃は、それをもっと広いと確信に近く思っている。つまり、リードアラウドは「本格的な英語読解への橋渡し」になる。

ということで、

今回は「英語経験3年以上」の小学生中学年以上から高校生までを対象とするリードアラウド、その指導と指導者の朗読力を磨くことをテーマとした。

課題書は『The Runaway Bunny』、

英語の難易度は700L(L:レクサイル指数。ハリーポッターが800L程度、David シリーズが150L前後)。

英語圏の大人が子どもに読んであげることを前提にした本なので、意外とレクサイルが高く、読んだ感じも洗練されている。

使われている構文や語彙が洗練されているのに加えて、内容も実はデリケートな心の動きが描かれている。

これを指導しようとするもの、朗読で表現しようとするものには、必然的に「深読み」が求められる。

今回も参加したみなさんは、ベテランの域に入る指導者だ。

当然のごとく、読めばすでに英語圏アマチュアレベルのfluencyはクリアしているし、文の理解はなんの問題もない。

その上、朗読のプロの第一歩、キャラクター造型も、ナレーターと子ウサギと母ウサギ、この3者の声がちゃんと別々に聞こえるところまで出来上がっての参加だった。

レッスンは、ここからだった。

母から逃げると宣言した子ウサギが、

どこまでも追うと宣言した母ウサギに、幼いなりに考えた逃亡の策を挙げていく。

「これでもか!」と、

つぎつぎ秘策を挙げるが、そのたびに母が、これまた「これでどうだ!」と知恵のある追跡方法を言う。

こんな状況で、子どもの心情はどんなものか?母のリアクションにどう動くか?

ひとつひとつ、違うだろう。

特に母の気持ちは、どう変化するだろう。

掌中の珠と思い、いつもいっしょだった子に、急に「あなたから逃げる」と言われるのだ。

始めは「かわいらしい」と余裕があった母も、子どもがエスカレートしていくうちに心が揺れるのではないだろうか。

こう、細かくひとつひとつの場面での気持ちを考えていくこと。そこから表現の深みが出る。

予習で自分なりに仕上げてきたみなさんの朗読は、一般から言ったら、かなりの仕上がりだが、プロとしては、まだまだ子と母の感情がワンパターンまたは類型的だった。

さあ、わたしの出番。

各場面ごとに小分けにしてディスカッション。

感情を細かく読み取り、表現の「解像度」を上げる作業を手助けする。

その過程でみなさんが「意外だ」という顔をしたのが、「サーカスにはいっちゃうからね」の場面の解釈。

このサーカス、まさかシルクドソレイユみたいな近代的なサーカスではないだろう。1940年代の人たちが思うサーカスだ。

「河原乞食」のように扱われることもあるような、裏社会的な存在だったろう。

そんな当時のサーカスに、子どもが入団するなんて!

とんでもないこと。良家の子女には考えられないことで、親には大ショックなことと子も知っているのだ。

切り札のつもりだろう。

母にはかなりの動揺もあったのではないか。

深読みが、ぞくぞく楽しくなってくる。

絵本といえども、なんと深い!

こんな、絵本の深読みの楽しさ、

そして深く表現する苦労の楽しさが、共有できたと感じた時間だった。

またまた、みなさん、どうもありがとうございました!

認定講師講座第2回報告その2〜リードアラウド研究会

今年度は、リードアラウド模擬指導を講座の前半にもってきた。分析をしたすぐあとなので、テーマに関した発問も出やすいかもしれないと思ってのことだ。とはいえ、大局的な質問はやはり準備が必要か、というのが感想だ。ということで、次回のシーンごとの模擬指導での発問は、ぜひ予習で用意を!

リードアラウドの指導の型は、そろそろ、みなさんにも見えてきているようだ。まず、タイトルや表紙で、大雑把に内容を推測させてから、中身をパラパラ見せてもう少し細かく。次に、絵を順々に見せて推測させることで、内容理解の「解像度」が上がっていく。さあ、そしてシーンごとに丁々発止と対話式で進行する。

この日も、みなさん、「これは〜だけど……」と自ら「〜」に答えを入れて話を始めてしまう。頭では分かっているだろうに、「あれ、これ。なんだろう?」と「〜」が答えになる発問から、なぜ始められないんだろう。
なぜかほとんどの大人は、「〜だね」と答えから始める。子どもにしてみたら、ヤダヤダ。興ざめだ。
ページをめくって新しい場面が出たら、「あれ?」と思う子ども側の気持ちで見るくせをつけたい。感動や疑問を分かち合いなが読むのが、楽しいのだ。
「大人ってなんでも知っちゃっているように話すから、つまんない」そう思っていた子どもの頃を思い出して。

それから、面白みを削ぐのが、朗読と同じく、指導の平坦さ。指導にも緩急が欲しい。そして、子どもと一緒の気持ちだったら、声のpitchも心の動きとともに変わるはず。
淡々とした、緩急の差の乏しい授業。おまけに先生が自問自答して、答えを全部言ってしまう授業。学生時代に眠くなったのを思い出そう。

コツ?
面白がること。
こう尋ねたらどう答えるだろう? どう読むだろう? あの子にやらせたら? 質問も、返って来る答えも楽しみにしよう。子どもの答えに大いに困らせられて、うまくYes, andを返すのもまた楽し。

それでは、次回は、各シーンでの質問を作って来ること。
課題書はさあ大変、『Runaway Bunny』! ちゃんと尋ねないと、ぼく、逃げちゃうよ。

Runaway Bunny (Rev)

絵本リードアラウド認定講師講座 2019

精進ありがとうございます:認定講師講座第2回報告その1〜リードアラウド研究会

前回の課題書『Hello, Baby!』をこの1ヶ月でどう仕上げたか。しょっぱなに全員に披露してもらった。

わあ〜、Rさん。ご精進ありがとうございます。

聴き惚れました。

幻の生きる喜びに溢れたbabyを前にして、これまた溌剌とした大人が、広い世界の動物について語りつつbabyに愛を注ぐ、そんな場面が確かに目の前に広がった。

チャーミングってこういう読み方かもしれない。

そして皆さん。みなさんのそれぞれの個性ある読み。こちらもご精進ありがとうございます。

よくなったなあ、と思うところがいっぱい。

細かい気になるところを吹き飛ばすチャームが勝つ朗読まで、あとほんの数歩だ。ときどき読んで、磨いていこう。

さて、それから今回の課題書『Big Cat, Little Cat』に取り掛かった。

指導については「報告その2」に書くとして、表現の演習について報告する。

一番印象深かったのは、語り口の演習。

認定講座2年生以上の参加者には、流暢さだけでなくその一歩先、作品の語り口を考え、適した語り口を自分の声でも再現することを目標とする。

今回は語り口のTPOなるもの、それに合わせて読み分ける演習だった。

どこで、誰に、語り手は誰?

読む内容は叙事詩、ファンタジー、思い出話?

など、人は普段の会話ではそういったTPOを無意識に語り分けている。

それが、虚構のよその人の書いた文を「声読」となると、頭と体がギクシャクしてくる。実際に今経験している場面でないと、声から自然な感じが薄れる。うまい役者とそうでない人々の差が、多分、ここにある。

There was a cat/ who lived alone.

例えばこのたった1行は、どこで、誰に、誰が、どういう話として語っているのか。

劇場で、俳優が大観衆に語りかけているのか?

部屋で身近な人に少し前の思い出を語っているのか?

スタジオでアナウンサーが読み上げているのか?などなど。

今回の演習で、「読み方にはTPOがある」ということは、少なからず意識はできただろう。

頭でわかっても、声で違いを出すのは、個人的な経験え言えば、ひどく難しい。頭ではわかって、声に指令を出すのだが、口から出た声がそうはなかなかならない。あんまり練習して、ひとりごとだらけの「危ない人」になったこともある。

この感じは、イメージと実際が掛け離れる運動のに似たもどかしさだ。

天才以外の人々が運動でうまくなろうとするときと同様に、頭と体(声)がツーカーと繋がるまでに必要なのは、体に癖をつける時間、つまり練習が必要だ。

語り口は、今後も一緒に学んでいきたい。

一緒に精進してまいりましょう!