面白がる気持ちを!絵本リードアラウド一日講座【夏】報告その1~リードアラウド研究会

企画したばかりと思っているうちに日が経って、本講座当日になり、

そしてあっという間に終わった。

この頃、時が進むのがやけに速い。ああ、歳を食ったからかあ。

 

さて、いつもどんな方々に会えるか、特に楽しみな絵本リードアラウド認定講座一日講座。

 

今回は、まったくの初対面の方は少数派。

ふたりはオンラインでご一緒した「顔見知り」、もうひとりは、10年くらい前にスタッフ募集時に、絵本朗読も聞かせていただいた懐かしい顔だった。

 

いつも思うのだが、リードアラウドをよくぞ見つけて下さった。覚えていてくださった。遠くから来てくださった。本当にありがたい。

 

今のところ年に2回開催の一日講座だが、これには通年の認定講座とは少し違った喜びがある。

それは、[BEFORE] と[AFTER] の朗読で、たいていの参加者の表現(朗読)がみちがえる(聞きちがえる?)ようになるから。

 

Go Away Big Green Monster!』を使ってのこの日の表現演習。

発声に始まって、声の要素のうち強弱、pitch(高低)、緩急などに加え、感情を本文の文句に乗せる。

そして作品を分析後、内容に即して表現を調整する。本書では特に、読む速さを「序破急」で変えるのも効果的だ。

そこで、どこまでどういう速さで読むか、速度も変えて効果を確認する。

 

演習は最小限にしたつもりだが、それでも短時間でこの日のすべてを各自の朗読に反映させるのは、経験的にいえば、しんどい。

そんな盛りだくさんの演習で、特に手応えを感じたものがある。

感情を乗せてボールを投げ合う(!)、いい大人にはちょっとワイルドなシアターゲーム、Word Ball Emotion Ballゲームでの演習だ。

 

本当に不思議な効果のある、このゲーム。

ただのボール投げとは、ちと違う。

ボールを投げながら、課題書からピックアップした要になる文句に、いろいろな感情を込めて言う。

こうすると恐らく、それまで各自が無意識に抑圧していた感情が、ボール投げという行動に気をとられて露わになるのだろう。

平坦だったり、作りものだった表現に、魂が入るのだ。

 

今回のこのボール投げ、なにかの拍子に特別な力が入り、口から出る文句、たとえば「Go away!」だったりが、かなり迫真のものになった。

「いっちまえ!」といったような、普段は決して口に出ない口調が現れ、それを受けて次の人は「ええーい、おまえこそ、いっちまえ!」といった感じで「Go away!」を生き生きと言ってのけるのである。

この言葉とボールのやり取りはまるで、子ども時代のドッチボール。楽しくなる。

これは、開放感というものだろう。

 

開放感は楽しさを生む。

この指導者自身が楽しんでいる空気を、リードアラウドは必要とする。

 

この日、味わってもらえたことは収穫だ。

こうして、[AFTER]の朗読は、表現は生き生きとし、ほかの要素もいくつもクリアして、[BEFORE]とは大違いなものになった。

 

(指導方法については、つづく)

英語の先生、シアターゲームで遊ぶ!~リードアラウド研究会

久しぶりに、先生向けのシアターゲームのワークショップを企画した。9月23日(祭日)。

(受付は7/23以降、申し込みはこちらから

知れば知るほど奥が深い、シアターゲームなのである。一人でも多くの先生に知ってもらいたい。

 

今回は、時間をたっぷり使って、まずはゲームを楽しむ。

どう進行させるかは、その後で。

 

これまでは、解説や説明を間に挟んでのワークショップだったので、勉強熱心な先生たちは「勉強」の方に意識が行ってしまったかも。

シアターゲームの本質(楽しい!)を伝える、という意味ではちょっと不完全燃焼感がある。

 

先生であることを忘れて、「遊ぶ人」として楽しさを経験することが大切だと、思う故の今回の企画である。

 

これまで実際に、大人から子どもまでのリードアラウドのクラスで取り入れてみた、実際の「使い勝手」を踏まえての紹介だ。

 

ところでシアターゲームとは、どんな場合にどう役立つの? その疑問に答えるべく、いくつか例を挙げてみる。

 

・場合1:

初対面の人々で、空気がぎこちない。そのままだと、発言が出ないで、双方向型進行なんて無理。

→ icebreaker タイプのゲーム。ゲーム上、しっかり相手を見たり声がけしたりで、緊張が緩み発言しやすい雰囲気になる。

 

・場合2:

声が小さい。エネルギーが出ていない。結果、クラスが沈滞している。表現が死んでいる。

→Energize ゲーム。いやでも叫ぶことになる。ムキになってついつい大声に。

 

・場合3:

気が散っている。ざわざわしている。クラスがばらばら。

→ 集中させるゲーム。相手の息遣いまで聞こえるほど、集中することもゲームならでは。

 

・場合4:

たくさん新しい語彙がでてきて、覚えてもらえない。新しい語彙を体に染み込ませたい。

→Word Ballゲーム。wordを言いながらボール投げ、キャッチボール、二つの全く違う動作を同時にすることで、脳に負荷がかかって、記憶に引っかかりができる。

・場合5:

知っているはずの語彙が口に登らない。既習の語彙の棚卸し。記憶の奥に入っている語彙を引っ張り出して、いつでも反射的に使えるようにする。

→連想ゲーム、語彙ゲーム。ボールを渡し合いながら、または手でリズムをとりながらやることで、記憶の出し入れがスムーズに。

 

・場合6:

音読、朗読が平坦だ。表現をもっと豊かにさせたい。

→ 相手のマネから始める表現ゲーム。感情をどんどん増幅させるゲームや、相手のジェスチャーからどんな感情を表現しているかをあてるゲームなど。感情が言葉にのるようになると、英語も伝わりやすく大変身。

 

・場合7:

Writingを初級者にどう教えたらいい?Speakingは?

→ 場面や物語を作るゲームを、ブロークンでも英語でやる。ゲームのおかしさで、ブロークンでも気にならず、口数が増える。言い直してあげる機会を作れる。

 

などなど。まだまだ、使えそうなゲームがたくさん。数え上げたらきりがない。脳科学、認知心理学など科学が、こうしたゲームでの脳の働きとその「効果」を科学的に証明しつつある。

魔法でも、おまじないでもない。

すべての解明を難しくても、効果的であることが科学的に少しずつわかってきた。

使ってみませんか、シアターゲーム。

 

 

 

 

先生の役目〜リードアラウド研究会

 

ふと目にしたSNSのつぶやき。

あるコメディアンが不祥事でMC役を外された後の、担当番組の様子についてだが、先生という役について言っているみたいだった。

言い得て妙。

 

 

〇〇(コメディアンの名前)がいない『△』(番組名)。話を区切り突っ込む人が不在だから、番組の流れにアクセントがない。XX(参加者)のおしゃべり垂れ流し状態に見えた。XXたちの話が〇〇のツッコミで中和されずウザさが際立ってしまった。まるで田原総一朗がいない朝まで生テレビ。

 

先生の役目:

・話を区切り、突っ込む

・流れにアクセントを作る

・参加者の話を垂れ流しにしない

・ツッコミでアクの強い話を中和する

 

絵本で英語を指導する:絵本リードアラウド認定講座

初オープンMIC英語絵本deナイト終了!〜リードアラウド研究会

神保町のブックハウスカフェで初のオープンMIC「英語絵本de ナイト」が、6月21日(金)19:00~20:30に開催され、無事終了した。

 

エントリー人数、15人にお客様も。朗読された本は13冊。

いやはや、みなさん。お見事。ああ、人間の営みはいいなあ、尊いものだ。

 

カルチャーセンターで、声の出し方や立ち姿から、ときには英語の言葉の意味や発音から、そして解釈と表現方法を学びながら、ここまで仕上げたみなさん。

 

リードアラウド研究会で毎月1回、絵本の分析や解釈と、それにもとづいたより深い表現練習をしてきた英語のプロ、先生たち、そしてその先生方の生徒。

 

外部の3エントリーのみなさん。

 

これらを加えて、まこと、「耳福」な時間だった。

 

 

朗読の完成度が上がってくると、他人に聞かせたくなるのは自然なことだ。

逆に、聞いてもらえるあてがあると、練習に力が入るものだ。

 

今回のエントリー者の朗読は、そのほんとんどの「責任者」は、もともとそれを指導したわたしだ。

その立場からすると、よくぞここまで磨いてくれました、という嬉しさがこみ上げる。

 

さて、その仕上がりについて客観的に考えてみる。

 

今日こうして数日を経て、初めて見えてくる「門下」(こう呼ぶのも恐れ多いがとりあえず…)の特徴があるように思う。

 

そのひとつが、個性的。多少「荒けづり」でも、個性を殺さない指導ができているのか?

 

もうひとつは、エネルギーの大きさ。少なくとも、力のないふにゅふにゅな感じの朗読がなかった。朗読者がパワフル、またはパワフルになる指導なのか?

 

それから最後に、楽しさと気持ちのよさ。もともと楽しい人たちなのか、読んでいるうちに楽しくなるのか?

 

なんにしろ、ずばりリードアラウドそのものを、みなさんが体現していた!

あー、よかったな〜。

絵本リードアラウド認定講師講座第4回報告:その1.褒め足りない〜リードアラウド研究会

6月の認定講師講座を終えて、何晩か明けて、よかったところ、もう少しだったところが、だんだんはっきりと浮かび上がってくる。

ちょっと、褒め足りなかった気がする…。

 

復習の『The Runaway Bunny』。

登場する3人、ウサギ母、息子、ナレーターの読み分けと、それぞれの場面での葛藤や気持ちをどう表すか。

 

随分と前回から比べて、キャラに安定感がでた。

どれもよくなっていたのだが、印象深かったのは…

 

Yさんのウサギ母。

こんな母がどこかにいそう、と思えるリアルな造型だった。発声がよく、奥からの響く声で、大人で教養ある母が浮き彫りになった。

 

Rさんのウサギ息子。

思いつく典型的な子ではないが、こういう子かも知れない、と説得力がある。どんな子でも、「そうかもな」と思わせる力があればそれもOK。

 

Nさん、3者の分離と安定感はなかなかのもの。

Hさんのウサギ息子、言葉尻というか「会話尻」?にときどき残る、Hさんの読みグセを消せば、生き生きしたところがとてもよかった。

 

 

今回の課題書『Dear Zoo』の表現では…

 

 

本書はZooに手紙を書いた、濃いキャラの「I」の演芸口調で、という、リードアラウドならではのミッションだ。

そうすることで、ただ読んだだけでは単純な話で大人に感動があるわけでもない幼児向けの本を、リアルに肉付けし、読むわたしたちにも興味深く思わせること、そして聞く子どもにも深みを、大人にはユーモアを感じさせたい。

 

子どもにその面白さがわかるかどうかは別にして、設定としては「いるいるこういう人」と気づかせてくれたのが、Hさんの「ハイミス」を主人公にしたバージョン。

「いい歳」なのに、娘口調が残り、子ども心というか、幼稚さ、わがままっぽさもある、キャラが立った「お姉さん」。それでいて、聞かせる子どもへの愛情も感じる。傑作。さらに磨きをかけて、レパートリーに加えるといい。

 

発案として優秀賞は、Aさんの「デビ夫人」風。

コネもお金もある「I」が、動物園に「ペットをちょうだい」と手紙を書くという設定。奇策で面白い。座布団1枚。

ただ今のキャラ造型技術は、発声に少々難あり。気道をあけるというか、声帯を開くというか、イメージとしては声を頭頂から出す。これは、念力のようなもので、そのイメージを体に染み込ませて、声の通り道を変える。

新しい技術を身体的なものに定着させるのには、稽古!

 

ひととおりだが、行儀よくまとまっていたのは、MさんのDr. ドリトル版と、Yさんの「上場企業に務めるお父さん」版。

キャラが思いつかなかったり、肉付けが難しい場合、本やドラマから自分がよく知っているキャラを借りるというのも一手。

でも、そのイメージに寄りかかり、自分は知っていても他の人は知らないということが、念頭にないと、造型が薄く伝わりにくくなる。

 

「上場企業に務めるお父さん」も、父の日のCMのような薄くて類型的な「ステキ」のイメージになりやすい。どんな顔して話をする人なのか、笑い方、しぐさ、例えば、ごはんの食べ方などまで考えていくと、リアルになる。書き出してみよう。

 

キャラ分けも楽しく、技術もついてきたNさんは、そろそろもうひとつ、charmを出せたら、ひとつ上の段階、エンターテイナーに近づく。現状、ついつい顔を出すのが先生キャラ。別人格を工夫したい。

 

ああ、別人格といえば、Rさんの「元動物園の園長」のじいさん。

体臭まで(加齢臭?)臭ってきそうな、リアル感。まいりました。ステキ!