絵本リードアラウド認定講師講座2021 第2回報告その1~『The Bad Seed』

2017年に発刊後、New York Times ベストセラーになり、続編も刊行中という今時の絵本、『The Bad Seed』が今回の課題書だった。

認定講師講座の選書で心がけていることのひとつは、古典的名作でノスタルジーに浸るだけの「絵本おばさん」集団にならないこと。

とか言っても、本年度は『Blueberry for Sal』も『Big Red Barn』も『Swimmy』といった古典的名作そのものも課題書にリストアップされていて、それはそれで旧来の「読み聞かせ」のパターン的な読み方にはまらないで、新しい、our wayで学んでいく。

さて課題書は、英語のA bad seed(鼻つまみ者)という慣用句から、文字通りに悪い種を主人公にしたところで、もうそのユーモアに期待をしてしまうが、あるbad seedの半生記である。

そろそろ認定講師のみなさんなら、物語によって語り口を変えること、登場人物の会話部分があれば、そこはなるべくリアルにすることなどを、あらかじめ自習時に考慮して練習してきている。

とはいえ、主観と客観は別物で、自分ではそのつもりになっていても、そうは聞こえなかったりすることも、たびたび起こる。

本書のナレーションが、たとえば「むかーしむかし」とマザーグースを語るおばあさん風だったら、子どもはどう思うだろう。そんな想像力も持ち合わしたいものだ。

「カビ臭い」「加齢臭」「眠くなる」…

など、子どもは手厳しく酷だ。子どもに迎合はしないが、本書のように今の子どもの感覚にも合いそうな場合は、こちらもフットワーク軽く新感覚、たぶんリアルな感じとでもいうのだろうか、そんなふうにも読めるようになりたい。

ナレーターは、badであることをことさらひけらかすようなseed自身だ。少なくともおばあさん声では、違和感があるだろう。また、昔のNHKニュースアナウンサー風でもないだろう。

参加者同士で聴き合って、まずはこのナレーター、the bad seedの声について、いろいろ気づきたい。

みなさんも他人の朗読を聴いたり、ディスカッションや表現演習することで、、The bad seedの性別やおよその年齢、生い立ちや性格などを考え、だんだんと人物として特徴が浮きあがってきたようだった。

またこの種くんは、ただ単純に悪さをし、それを正当化するという輩ではない。反省も将来への希望も持つことがわかってくるにつれ、不思議と読みに深みが出てくるところが、表現の面白いところだ。ニュアンスが出るわけだが、これが大人よりまだ感覚的な子どもに響いて、読解に繋がるわけだ。

(つづく)

参考に、「今日(きょうび)のread aloud」:『The Bad Seed』

 

2021年絵本リードアラウド認定講座第1回報告〜リードアラウド研究会

課題書だった『But Not the Hippopotamus』

は、押韻がネックとなって日本語訳がないようだ。そのせいもあって、あまり日本では知られていないが、英語圏ではもう30年以上も人気のロングセラー。

本年度の認定講座では、みなさんのリードアラウドを、吸引力というかエネルギーを、より強く発するものへと、磨きをかける心算だ。

今回、指導の演習では親子を対象としたが、その成功の秘訣は親御さんの感情を、わたしたち指導者が少しでも解放できるか、にかかっている。

そのことを、再確認した。

そのために必須のwarm-upは、いつものword ball。指導者がエネルギーをみせる最初の場面だ。「マネてください」と言っても、小さいふりになるので、こちらがいつも以上にふりを大きくしなければならない。

さてそれから、この本を手にした親御さんたちが、指導してもらいたいと思うことを考える。

今時の親御さんは、どのへんまで「わかっいる、指導はいらない」と思っていて、どこから「指導して欲しい」のか。

そこのところの線引きも微妙で、わたしの経験からの境界を伝授した。

「簡単だ」とパパやママが思っているところを、くどくどわたしたちが説明したら、うるさい。でも実は「ココ、どうするの」というところを外したら、集まった意味がない。どう何気なくご指導するか、そこもコツである。

 

まあ、こんなところを話ししたが、実は、わたしたちの圧倒的な表現、素晴らしいリードアラウドを聞いていただいて、「おお、これはプロだ」と思っていただけると、その場の空気が違って、とてもやりやすくなる。

では、本書ではどういう読み方が「プロ」と思っていただけるだろう?

 

レジュメにも書いたが、最近の2年間、ずっとわたしは言っているつもりだが、まずは本文が「だれの声」なのか、をしっかり理解して読み分けることが、第一歩。

そして次は、場所によって「異次元的な」声をだすこと。(発声の基礎固めが必要)

 

本書は、ナレーターが語っている形なので、そのナレーターはどういう人か、を考える。

 

ナレーターの正体は、ごく普通に考えると、動物たちやカバを暖かく見守る、保育者やそのようなタイプの人だろう。認定講師2,3年生以上の人なら、まあ楽にこのタイプのナレーターになれそうだ。

ではベテランなら?

そろそろ、そういったベテランのみなさんにはお馴染みの「狂言回し」「トリックスター(trickster who exhibits a great degree of intellect or secret knowledge and uses it to play tricks or otherwise disobey normal rules and defy conventional behavior. )」で演じて欲しい。

「イメージがわかない」という意見があったので、いくつか次のような例をあげたが、なにぶん昭和の人間なので、例が古かったかもしれない。

  1. 黒澤明監督の映画『乱』の、主人公仲代達矢さんにくっつく小姓、ピーター(池畑慎之介)
  2. 『秘密の国のアリス』のウサギ
  3. シェークスピア『真夏の夜の夢』の妖精のパック
  4. Charlie and the Chocolate Factory』のMr. Wonka(Johnny Depp)
  5. 『長くつ下のピッピ』のPippe
  6. 日本の民話に出てくるカッパ

など。挙げたらキリのない、ひとつの典型的キャラクターだ。

共通しているのは、個性をgreat degreeに出していること。エネルギッシュ。

台詞に力が必要だ。ぬるっと「But not the hippopotamus」と言っていてはだめだろう。

この日、初っ端の「朗読1」と、しばらく演習した後の「朗読2」を比べた。

おお。

意識改革で、すっかり様相が変わった……。

 

特にアニメ『Lion King』のZazu(hornbillというトリ)をイメージしたリードアラウドが、まったく最初のものと様変わりしたAさん。声にも力が入り、血が通う読みになっていた。素晴らしい。

こういうように、短時間で表現が豹変し、心に伝わるようになる現場にいあわせると、わたしたちは実に人間らしい営みをしていて、それはしみじみとした喜びにつながるのだなあと、思えてくる。

そして、特にリードアラウドの喜びには「おまけ」があって、自分だけでなく他人の喜びにも繋がることが、これまた嬉しい。

ああ、まだまだ続けたい!

 

 

2021年度絵本リードアラウド認定講師講座スタート〜リードアラウド研究会

新年度スタート!

とはいえ、いつもより1週間早かったこともあり、年度末の忙しい時期と重なったためか、おやすみ続出で残念でした。

そこで、今回の課題書『But Not the Hippopotamus』のポイントを、お休みしたみなさんにも自習していただきたいので、一部挙げておきます。もちろん、参加したみなさんも、復習としてぜひ。

次回、みなさんのより磨かれたリードアラウドを聞かせていただくのを、楽しみにしています。

【ポイント】

・サビ(?)の「But not the hippopotamus」が5回出てきますが、5通りの言い方を考え、効果的に配置する。

・オチの「But not the Armadillo」がちゃんとオチになる表現をする。

・「Hey, 〜」と動物たちがカバの方を向いて声をかけるところ、きわ立てる(異次元的な声)。

・登場人物の運動速度にそった、緩急をつける。

・ナレーターをふた通り設定して読み分ける。

1. 動物たちをよく知る保育士タイプのひと。暖かい目で見て、少数の親しい聴衆に語る。

2.狂言回し、トリックスター。コメディアンのエネルギーをもって、大勢の未知の観衆に話して笑わせる。

以上。

 

今期は、指導力もさることながら、表現者として技量と自覚を持って、さらにみなさんと高みを目指したいとわくわくしています。そして、状況がゆるせば、発表の場も作りたいなあ。

またご一緒に、どうぞよろしくお願いします。

英語絵本をどう楽しませるか[読み方]〜2020年度絵本リードアラウド認定講師講座を終えて:その1

2020年度の認定講師講座が、1月の発表会で終了した。

英語指導者に、絵本の朗読と、それを指導する力を磨く講座、一年間の習得の発表会である。

朗読。

聴かせていただいて、まずは、みなさんが朗読への興味を持って、朗読を磨く「面白み」を共有していただけているなあ、という感慨があった。

世間には、聞いていて何のイメージも浮かばない、文字面をただ「きれいな」発音や抑揚で読む朗読や、型にはまった仮面のような朗読、また朗読にも至らない読み下しがある。

そこにあって、英語がよくわからない人の頭にイメージと各場面に漂う感情が伝わる朗読を、一緒に目指している連体感のようなものが感じられた。

次なる高みへの力が湧く。

 

ところで、リードアラウド認定ベテラン講師R先生が、発表会を前にとても興味深い経験を話してくれた。

小学生に、『The Little House』読んで聞いてもらった時のこと。

英語がかなりわかるようになってきた4年生だが、最初、先生が読むのを聞いてあまり意味がわからなかった。わかるところと、わからないところがモザイク状…..。それに対してR先生は、わからなかったところは、自分の読み方に問題があったと気付いた。

理解してもらえなかったところは、そっくりそのまま、R先生自身の頭の中でイメージが湧いてないところ。文字面だけを読んだところだった……。

 

気づきは、とても重要だ。一人で読んで、いくら録音を聞いても、自分が大した耳を持っていないと、問題点を発見できない。しばらくは、「耳のいい人」に指摘してもらうことが、一番大切。

それを続けて、自分の耳がよくなってくれば、自分で問題点を発見できる。

この繰り返しで、だんだんと自分の耳も、「口」もよくなっていく。

 

さて、R先生が自覚したイメージがわかない言葉、平坦になっている言葉に、イメージを取り戻すのは、どうしたらいいだろう。

 

それは、私の経験から言うと、筋トレに似ている。

少しずつ「筋肉」は付いてくる。でも落ちやすい。

1年休むと、70%くらい落ちる。3か月なら、50%?続けなければ、20%くらいまで落ちてしまう感じだろうか。

 

でも朗報がある。

この「筋肉」すなわち表現力は、一度しっかりつけたものなら、たとえいくらか落としても、回復が速い。

初心者の時のような、ジリジリと力がつくのではなく、パッと、失った半分が数ヶ月で戻ることが多い。

 

さあ、来年度。

「筋力」を落とした人はパッと戻して、まだまだの人はジリジリ力をつけて、ご一緒して行きましょう。

 

 

 

絵本リードアラウド認定講師講座〜第7回報告その2:『Press Here』をどう読む?

Press Here (Baby Board Book, Learning to Read Book, Toddler Board Book, Interactive Book for Kids)

今回の課題書は、世界で200万冊売り上げた革新的な本『Press Here』

なにが革新的か。本文が全部、読者への呼びかけというか、読者にアクションを働きかける台詞になっている。いわゆるインタラクティブな作りであるところ。

朗々と読み上げるという種類の本ではなく、身近な読者にいろいろな動作を指示し、出てきた動作を受けて次に進む作り。「指示」と「受け」の台詞が、そのまま本文になっている。

となると、口調を考え、fluencyを磨くことが必要。そこのところを演習した。

本書に適した口調は、この日、参加したベテランたちならではの課題となった。

自分ではない誰かを作る。どういうキャラクターが、この語り手にいちばん合っているのだろう。分析しながら考えた。

……絵本片手に聞き手(子ども)を集め、あれやこれや動作を指示し、絵を動いているように思わせる。そんな架空の世界に誘い込む語り手のキャラクターは?

イメージとして提示したのは、『不思議の国のアリス』に出てくるウサギ、『チャーリーとチョコレート工場』に出てくるウォンカ。映画で演じた俳優をイメージしてもいい……。あ、どちらもジョニー・デップ(!)。または、映画版『熱海殺人事件』の二階堂伝兵衛(仲代達矢)。

いわゆる狂言回し、トリックスター。ハーメルンの笛吹き、人さらい?

このような、子どもや人々を架空の物語に誘う、強いエネルギーを持つキャラクター、テンション高い人を作って読むことを目指した。

イメージをディスカッションしたあと、皆さん、朗読がだいぶ変わった。

「えっ、変わりましたか?」と思った方は、ぜひとも自分の朗読を録音して、耳を鍛えてみて。結局、自分が一番いい審査員だ。

イメージすることで変化する声の表現。実に奥深い。

そして「頭」でイメージできても、なかなか「身体」(声)を思うようにできないもどかしさも感じる。

次回まで、みなさんもご健闘を。

また、今月お休みしたみなさんも、期待していますよ〜!

認定講師講座