絵本リードアラウド認定講師講座〜第7回報告その2:『Press Here』をどう読む?

Press Here (Baby Board Book, Learning to Read Book, Toddler Board Book, Interactive Book for Kids)

今回の課題書は、世界で200万冊売り上げた革新的な本『Press Here』

なにが革新的か。本文が全部、読者への呼びかけというか、読者にアクションを働きかける台詞になっている。いわゆるインタラクティブな作りであるところ。

朗々と読み上げるという種類の本ではなく、身近な読者にいろいろな動作を指示し、出てきた動作を受けて次に進む作り。「指示」と「受け」の台詞が、そのまま本文になっている。

となると、口調を考え、fluencyを磨くことが必要。そこのところを演習した。

本書に適した口調は、この日、参加したベテランたちならではの課題となった。

自分ではない誰かを作る。どういうキャラクターが、この語り手にいちばん合っているのだろう。分析しながら考えた。

……絵本片手に聞き手(子ども)を集め、あれやこれや動作を指示し、絵を動いているように思わせる。そんな架空の世界に誘い込む語り手のキャラクターは?

イメージとして提示したのは、『不思議の国のアリス』に出てくるウサギ、『チャーリーとチョコレート工場』に出てくるウォンカ。映画で演じた俳優をイメージしてもいい……。あ、どちらもジョニー・デップ(!)。または、映画版『熱海殺人事件』の二階堂伝兵衛(仲代達矢)。

いわゆる狂言回し、トリックスター。ハーメルンの笛吹き、人さらい?

このような、子どもや人々を架空の物語に誘う、強いエネルギーを持つキャラクター、テンション高い人を作って読むことを目指した。

イメージをディスカッションしたあと、皆さん、朗読がだいぶ変わった。

「えっ、変わりましたか?」と思った方は、ぜひとも自分の朗読を録音して、耳を鍛えてみて。結局、自分が一番いい審査員だ。

イメージすることで変化する声の表現。実に奥深い。

そして「頭」でイメージできても、なかなか「身体」(声)を思うようにできないもどかしさも感じる。

次回まで、みなさんもご健闘を。

また、今月お休みしたみなさんも、期待していますよ〜!

認定講師講座

絵本リードアラウド認定講師講座〜第7回報告その1:前回の仕上げの発表

おやすみが多く、少人数の回だ。ならば、少々長い『The Story of Ferdinand』の仕上げの発表を、ひとりひとり全編読んでもらうことにした。

「前回のキャラクター作り演習の成果がどう反映されているか」に注目して傾聴した。

 

・・・さすが! 「前回の演習、なんだったんだ?!」などと失望させられることはなかった。

どうよくなったのか。ちょっと聞き手側の現象的にいうと、

 

  1. 物語を短く感じた。(文字面を読まれている感覚がなくなっている証拠か)
  2. 場面場面で笑ったり、ほっとしたり、物語に感情がシンクロした。(物語のイメージを表現できている)
  3. 登場人物に情が湧いた。

こんな現象を、聞き手としての自分のなかに確認した。

まだ、ところどころ「穴」があって、そこでは聞き手のせっかくの「酔い」を冷める。読み手の集中がないか切れたところなのか、読解が浅いところなのかだろう。こういう「穴」は、録音を聞いて自分で塞ぐ。何度も何度も聞くこと。

 

キャラクターを作って語るというのが課題だったのだが、みんな実に健闘した。なかでもMさんのキャラクター作りは、ほぼ破綻がなく、顔や容姿など聞き手の妄想も湧くほど形作られていた(ジョージ C. スコットらしい)。ジョージらしき語り手が生きていた。ああ、いい語りだったなあ。

 

『絵本リードアラウド認定講師講座2020』第6回 報告その2:対面で『The Story of Ferdinand』〜リードアラウド研究会

『絵本リードアラウド認定講師講座』第6回、指導編。

第二言語習得論に基づいた学習法「シャドーイング」は、現役の英語講師の学生時代には習わなかった方法だが、現在ではその効果が認められている。どういいのか、どう効果的なのか、指導者として理解を深め、指導に使えるよう、認識を確認。人は、経験していないものに対して消極的になりがちだが、よりよい指導のために、効果が科学的に示されたものは、取り入れていきたい。

それから、今年度の指導法で、特に強調しているのが、発問について。模擬指導の際、発問で進行させていて、ときどき頭をもたげるのが、「発した質問に意味があるか」ということ。なんでも発問すればいいというものではない。発問の目的意識を持ちたい。

今回の課題書『The Story of Ferdinand』は、暗喩がたくさんで、テーマも深い。文字面だけの発問ではもったいない。

例えば「Ferdinandは花の香りを嗅ぐこと好き」ということについてどう思うか発問すれば、「そういう男子はイヤだ」みたいな、女子の持つ偏見が明るみに出て、大きなディスカッションテーマになるかもしれない。

この日の模擬指導での心残りは、文の意味していることや、文の読み方などの標準的な発問の演習はできたが、まあ、標準仕上げのものだったということ。これを、作者のせっかくの問題提起を発問にして、少しでもいいので、子どもたちにopinionを言わせるものにできたらと思う。

The Story of Ferdinand

認定講師講座

「声色」について〜リードアラウド研究会

リードアラウド指導では「声色」という言葉はほとんど使っていないが、この↑コラムニストが言うところの声色は、わたしたちが言うところの「読み方」または「表現」にあたるだろう。

 

表現の場でなら、下手は「お耳汚し」で済むが、ここに「違和感」を持たれた人の立場、原稿を読んだ状況では、人格への疑いが持たれる可能性があるだろう。実際、「情けないなあ」という気持ちがする。

 

情緒豊かなのに、それを言葉に乗せられないのは、よくある問題で、まあこれはリードアラウドにおまかせだ。

だが問題は、もし、気持ち自体がわかない人で、それが最高権力者だったら…。

 

ちょっと想像すると、怖い。

「声色の違和感」だけで、ぞっとしてきた…。

 

指導者の解釈を深めてこその、発問〜絵本リードアラウド認定講座第5回報告その2

盛夏のワークショップ!

お暑いところをお疲れ様でした。

今回は、夏らしい絵柄の『All the World』で、表現方法の他に、指導方法をみなさんと考えた。

 

具体的で身近な言葉と、子どもには少し抽象的な言葉が、交互に使われている本書。

指導者として「手抜き」をするなら、この本の場合は、文字面を逐語訳的に教え込んでおしまい。

ただし、リードアラウド指導でそれは許されない。

 

文字に書かれていない文脈、表層に見える「ものがたり」(ある一家の田園での夏休みの一日)の文脈だけでなく、「Hope and peace and love and trust 」「all the world」まで大きくなっている文脈についても触れたい。それをある程度わからせてこそ、この本の出版の意味、そしてコルディコットオナー賞受賞までした意味にまで触れることになるのだろう。

 

とはいえ、子どもに発言を促しながら分からせるのには、指導者が本をよく読んでいる必要がある。

問いかけには、主題や読解に導く伏線が欲しい。意味のない、「どうでもいい質問」は結果的に子どもを飽きさせる。

考えさせる質問をするためには、指導者があらかじめ考えておく必要があること、これを再確認してもらう時間でもあった。

 

シーンごとに担当を変え、模擬授業をしてもらった。

教壇に立ってその場で、意味のある問いかけをする。

それから、予期できない生徒の応えをまずは肯定しつつ、過不足があれば調整して、読解や理解に繋げる。

子どもの言語(具体的な言葉)に慣れていないと、特に本書の大きな文脈の指導は難しい。発問自体が、難解になってしまう。

 

簡単な言葉で、難しいことを説明する能力が必要とされる。

 

助け舟を出しつつ、どうにか一通り「指導」を終えた。

 

ほぼ「助け舟」で川を渡った人は、今回、どこで何を導きたくて、どんな問いかけをしたのか、反芻しておくことが大切だろう。

 

書き出してみるといい。

付箋に書き出して、本に貼っておくのも一手。

ぜひ!

 

配布した大島なりの授業計画も、参考にして欲しい。「ああ、これか」と本文と照らしてみて。

 

最後、Hope and peace and love and trust とあるところ、

そして

All the world is all of us.

この締めくくりも、どう問いかけたら小学生あたりが答えられるだろう。いくつか、忘れないうちにメモして貼っておくといい。

 

何本も描かれている水平方向の描線。この描線が何本も集まって、小さな地域社会を引っ張り上げて、大きな世界に繋げているような、不思議な力を感じる最終場面。指導者としては、主題に触れながら生徒の心も引っ張り上げて、大きな視野で見ることにも気づかせたいものだ。