英語絵本リードアラウドで学ぶ:vocabulary 3/3〜キッズブックス英語スクール

(2/3からのつづき)

「リードアラウドは絵本で英語を教える」がモットーでも、他の補助教材を排除してわけではない。

第二言語習得学などによる裏付けにある学習法は、積極的に取り入れることを考える。

 

スクール生のアセスメント結果などから、「語彙力をもっとつける」ことが必要と認識し、『I Spy』と「Word Ball」をアクティビティとして取り入れた(2/3に詳細)。

 

さらに「もうひと押し」が必要との判断後にとりいれたのが、英語圏で使われている

vocabulary のためのワークブックだ。

 

そのひとつ、『240 Vocabulary Words Kids Need to Know』シリーズ。

英語を習い始めて3年程度のクラスから、G1を使い始めた。(上級クラスは、G2、G3。インターナショナル校生徒は実学年のG6)

 

薄めで、各ページの文字の密度も、生徒に圧迫感がなさそうで、いい。

 

10語について、3ページのワークで学んでいく。終われば次の10語に進む。これまた負担感があまりない。

 

自習でも使えるような、あまり解説のいらないワークだ。

挙げられた10語についての問題には、繰り返しも、ゲームの要素もあって、生徒の根気が続く。

 

スクールの小学生クラスでは毎回はできずとも隔週を目標に、毎回10分程度の時間をこの学習に配分している。

 

 

英語圏のワークブックを使うのは、語彙なら語彙というターゲットのワークのためももちろんだが、問題文や説明自体が英語で書かれているので、ついでにレッスン中の英語の密度も高くなる。

問題文や解説文も、リードアラウドさせることもある。

 

ワークブックの他に、さらにに加えると効果が違うことが分かってことがある。

 

「quiz」、いわゆる小テストだ。

「quiz」は、アメリカの学校での「小テスト」の呼び名だが、日本人には「クイズ」の響きが少し気楽さを醸すかな、とも思って使っている。

 

そのquizだが、vocabulary 学習を始めて間もないクラス、年少者が混じるクラスでは、使用頻度などを鑑みての厳選5語程度が適当かなと思う。

少々、TVのクイズ番組のような演出で、各自のホワイトボードにペンで書かせていき、一斉に挙げさせ、正誤をみんなで見る。

間違えても「あー、しまった!」と気楽に嘆ける雰囲気にする。

あんまりなミスspellingには、その「独創性」に一種の賞賛の拍手もする。

気落ちしたり、恥じるという無駄なマイナスエネルギーを生徒に使わせたくない。

これは「テスト、テスト」とお尻をたたくことに気が進まない自分が、quizを生徒に果たすときの工夫でもある。

 

 

さてさて。

こうして語彙力をつけるのに、指導のギアを3段階上げてきた。

3番目の「ワークブック、クイズ」は、全クラスでやるようにしたのはまだ今年度が初めて。

早急な結果は求められないとが、しかし。

 

夏休み前に行った、今年度初めてのアセスメントの語彙力の結果によい兆候が。

 

足踏みの生徒もいるのだが、半数以上の生徒の語彙力が10ポイント中、2〜3ポイント上がった!!

 

 

かなり嬉しい。

 

英語を絵本リードアラウドで学ぶ:vocabulary 2/3「I Spy」と「Word Ball」〜キッズブックス英語スクール

その1からの続き)

スクールの指導は、第二言語習得学(SLA)からの知見をできるだけ取り入れるようにした。

 

SLAでは、第二言語をより効果的に習得するには、語彙の習得をできる限り効果的にしなければならない、

といわれている。

 

そこで、スクール生の語彙学習も、ギアをあげなければと、意識し始めたのが4年ほど前。

 

「語彙は、本のなかで学ぶのがよい」「単語の意味は、文脈で捉えながら覚えるべき」というSLAの知見は、自分のこれまでの経験に照らしてももっともと思え、リードアラウドでの英語指導を始めるきっかけのひとつでもあった。

 

ただ、英語圏に住んでいないと、英語の密度がまったく違う。

日本で昨今、小学校でも英語が始まり、小学5、6年生なら教科のひとつになったといっても、週に45分程度の二回授業で、1クラス40人近い生徒が一緒に学ぶ授業であるし、「本を読む」というレベルまで指導することはなく、教える語彙は非常に限定的だ。

英語塾に行く手もある。

たとえばわがスクールの授業は、絵本を自分で読んで楽しませる小クラスのユニークなものだが、1ヶ月に約3回、1回が60-70分程度のものでしかない。

語彙の習得に限っていうなら、1ヶ月で絵本を1冊読むか読まないかのペースで、そのなかで語彙を学ぶだけでは、ゼロではないが、英語圏の子どもと比したら、まったく勝負にならない。

日本にいて、その年齢なりの「充分な英語語彙」を身につけるのはかなり難しい。

 

ところで、アメリカでは、世の中で一通り使われている英語の約95パーセントは、6,000語の「よく使われる英語」で成りたっているという。

そして仮に、英語学習者がその6,000語を、ただひたすら本を読むことで身につけて行くと、30余年かかるという報告もある。

 

どうにかしたい。

 

○『I Spy』

そこでまず、ときどきカリキュラムに入れていて、子どもたちの「食いつき」がいい、『I Spy』シリーズを定番化した。必ず、1年に1冊は一緒に「読破」していく。

本書では、いろいろなテーマに絞った「セット」が設けられ、そのセットを詳細な写真が映し出す。

読者は各セットの写真を隅々まで見ながら、本文に書かれている「なぞなぞ」文を読み、答えに当たる「もの」を「ミッケ」していく。

「ミッケ」するのは「もの」なので、名詞の語彙だが、普通の絵本に登場する名詞の数とは比べ物にならないほど多い。

そのひとつひとつを英語で言ったり、読んだりしていくことで、かなりの語彙を学べる。

語彙が増えて行く手応えを感じる学習だった。

 

だがしかし。

 

語彙は名詞だけではない。

 

それに、いくら「探し出す」という遊びが入って楽しめるからと、語彙の定着は100パーセントとはならない。

記憶に定着する語彙は、まだまだ限られていた。

 

○「Word Ball」

そして、記憶を少しでも定着させようと始めたのが、シアターゲームの定番でもある、Word Ball。

 

シアターゲームとしてやる場合とちょっと形を変えて、スクールでは、レッスンごとに「word リスト」を作り、それを張り出す。

プレーヤーは、ボールを相手に向けて投げると同時に、そのリストからひとつ単語を選んで言う。

相手を定めてその相手を見て(コミュニケーションの基本)、

ボールを投げ(運動)、

同時に大きな声で単語をひとつ投げかける(スピーキングリハーサル、自分の声と発音のモニタリング)。

受け取り相手となったもうひとりのプレーヤーは、ボールと単語を受け取り、今度は自分が同じことを次のプレーヤーにする。

これを繰り返す。

 

「遊び」として、子どもは飽きずに継続してくれるものだ。それまで復唱させたところで飽きてしまっていたのに、この方法だと、夢中になって単語を大声で言ってくれる。

その結果、絵本のリードアラウドで引っかかる言葉も少なく、流暢さも改善されるようになった。

 

そしてもうひとつ発見だったのは、大人にもこのWord Ballが効果的だということ。

特に、声をはっきり出す練習になるので、よく取り入れている。

 

 

さて、このふたつをレッスンに組み込み、それなりに語彙も増えたようだし、語彙以外の効果もあがったと思った。

ところが、

アセスメントの語彙力ポイントが、それほど伸びない。

 

そして第三弾、ついに語彙のワークブックと時々の単語クイズをを組み入れた……。

(その3につづく)

英語を絵本リードアラウドで学ぶ:vocabulary その1〜キッズブックス英語スクール

小さなスクールだが、絵本を主教材にしたオリジナルなカリキュラムで、英語のレッスンを続けている。

レッスンは、できるだけ近年の学問的知見SLA(Second Language Acquisition:第二言語習得学)に則った科学的な方法を模索してきた。

スクールでの指導の進み具合は、半年ごとに生徒ひとりひとりアセスメントを行い確認する。英語圏の学校でも使われている、reading fluencyを指標にしたものだ。

  • 単語認知の正確さ
  • 1分間で正しく読めた語数
  • 流暢さ(表現、声の大きさ、フレージング、抑揚、滑らかさ、ペース)
  • 読解力
  • 語彙力

の変化を大まかに捉える。

ここ10数年、ほとんどの生徒に、順調な伸びが見られているのは「単語認知の正確さ」「1分間で正しく読めた語数」。

これは親御さんにもわかりやすい進歩の指標で、「文章がだんだん難しく、長くなってきているのに、間違えずに、案外スラスラ読めているな」と認識されやすい。

指標の中で、語彙力の伸びが芳しくないことが浮かび上がり、3年ほど前から指導方法の強化を模索し始めた。

語彙力について、キッズブックス英語スクールの試み、子どもの学びの改善、今後の見通しなどを、第二言語習得学に照らしながら書いていこうと思う。

その2につづく)

3-Minute Reading Assessments Prehension: Word Recognition, Fluency, & Comprehension
キッズブックス英語スクール 絵本リードアラウドコース

子どもの頃の夏休みを思い出す『All the World』〜朝日カルチャーセンター講座「声に出して読む英語」

夏休み、暑さがそんなに苦ではなかった小学生時代。

近所の公園にラジオ体操をしに行くために早起きして、最初に確かめるのは空。

毎日のように晴れが続いていたけれど、それでも心配で空を見ると、なぜか朝は空が白っぽい。

「曇りかな」と、一瞬がっかりする。

ラジオ体操から戻って、宿題とかして気がつくと昼近くになり、ふと見上げると空はすっかり青空になっていた。

そして青を背景に、白い積雲や入道雲がくっきり見えていた。

「青空はお昼頃からなんだ」と、思ったことを覚えている。

 

こんな夏の日を思い出す、7月期の朝日カルチャーセンター「声に出して読む英語絵本」の課題書、『All the World』。

そこにもこんな一節、

 

Morning sun

becomes noon-blue

 

がある。夏空だなあ。

 

子ども時代の嬉しい夏がたくさん詰まっている詩と、すばらしく躍動的な水彩画による絵本だ。

子どもは共感で、大人は遠い思い出の夏へ思いを馳せて、胸がいっぱいになる。

 

「夏は暑くて」「日焼けが嫌」などという、夏が嬉しかったころを忘れた大人の心のままで、読んで欲しくない。

 

幸い、受講者のみなさんに上記のような子ども時代の話をしたら、それぞれのなかに記憶されている子どものときの夏を思い起こしてもらえたみたい。

 

自分たちにもあった「こんな気持ち」「あんな気持ち」が、作者の言葉に乗ったようだった。

 

この日の講座、いいものを聞かせていただきました。

 

 

 

不条理劇のような絵本『The Rock from the Sky』の表現を考える:その2〜リードアラウド認定講師講座第5回

不条理劇のような絵本『The Rock from the Sky』は、5つの話に分かれていて、ページ数も96と分厚い。

というわけで、ワークショップも2回にわけ、初回の今回は主に分析、読解から指導者自身の表現力磨きを、そして次回はそれぞれ指導計画を作り、それにそって模擬指導をして指導力を磨くものにした。

 

聞き手に、それも主に子どもを対象に、空から巨大な岩(たぶん地球の外からの隕石)が落ちてきつつあり、地球外生物のようなものが地上で破壊行為を始めるといった不条理な状況や、登場人物(カメとアルマジロ)それぞれのユニークな性格、そして各話で進行するよく説明できない出来事などを、飽きさせず面白く語るには、こちらがかなり読み込んでおく必要がある。

 

ディスカッションで、分析と読解を深めていく。

不条理な話である。「正解」はないだろう。

でも考える時間を持つことが、表現につながる。

何も考えないでいると、大人になった人間のさがか、これまでの型どおりに片付けようとしてしまう。

 

 

「正解を習う」ことに慣らされている日本育ちのわたしたちには、思考を深めるためのディスカッションの時間を、

もしかして、ディスカッションを「時間の浪費」と考えている節もあるかもしれない。

 

この日のディスカッション、どうみなさんに効いただろうか。

 

ワークショップの最後に、みなさんがもう一度、リードアラウド。

ぜんぜん違った。

 

 

登場動物の存在感が増し、そこにいるような感じがところどころに見えてきた。

ニュアンスがあって、おかしさがこみあげるところもあった。

 

さあ、その調子だ。

次回のワークショップに期待できるかな。