絵本とは?英語絵本で学ぶとは?〜キッズブックス英語スクール

「戦後日本の絵本作りを牽引した」と言われる元福音館の編集者、松居直さんの中国での講演から、絵本についての言を引くと

絵本は教育のためのものではない。子どもが本の世界に入っていく楽しさを覚えるためには、一番良い芸術を見せるべきで、そのためには良い紙、良い印刷が必要だ。やがて子どもに読書の喜びが芽生える

ということ。

ストンと腑に落ちる。松居さんは特にここでは言っていないが(多分遠慮したのだと思うが)「良い紙、良い印刷」の後に「芸術性の高い、良い作品」も加わるだろう。

絵本ってそうだった、子どもだった時の絵本の喜びが、その時の自分の高揚した息遣いとともに蘇ってくる。4歳5歳で、紙がいいとか、印刷がいいとか、作者の芸術性が高いとかという言葉は浮かばなかったが、

「ああ、素敵な本だなあ。いい匂いだなあ」

と絵本を愛でた思い出が今でも浮かぶ。

「読書の喜びが芽生える」という絵本効果、とでも呼べる子どもへの好影響は、もちろん英語の絵本にもある。「英語での読書の喜びが芽生える」という、英語絵本効果である。

松居さんの活躍は戦後少し長く待たねばならなかったが、日本に先んじて1940~50年代から、高度成長とベビーブームを迎えた米国で、絵本は人育てとビジネス両方で大切なものになった。どんどん期待とお金がかけられるようになり、才能ある作家や編集者が絵本業界に入り、数々の名作と呼ばれるようになる絵本を出版し始めた。

リードアラウドでは、こうした「良い紙、良い印刷」「良い作家、編集者」などのおかげで長く「名作」と定評があるもの、また今後「名作」と呼ばれるようになるだろうと厳選した絵本を使う。

英語教材として作られた「絵のついた教材」は、「絵本」と呼ばれることはあっても、すぐに子どもに「教材」だと見破られ飽きられてしまうのは不思議だ。「〜の役に立つ」と、教育しようという大人のもくろみに子どもは驚くほど敏感なものだ。

想像が広がりわくわくする本物の絵本の世界に遊び、作者が整えた英語の音もそのとおり英語で味わう。

母語が日本語の子どもであっても、心は本当に良い本の前で動く。そして素晴らしいのは「ついでに」英語で読んでいるということ。幼いながら、ちょっと誇らしく思い、英語というものに興味を持つ姿をこれまでに何度も見た。

こんな英語絵本で読書を楽しむ「ついでに」英語を学んで、本も英語も好きになってくれたら…万歳!!

リスニングとリーディングが得意だ!〜キッズブックス英語スクール

我がスクールでリードアラウドを小学生時代に始めた「ベテラン」は、今、高校3年の大学受験生と高校1年生。この二人との経験からだけではもちろん科学的な根拠にはならないが、現在の二人に英語力で共通することがあることに気づいた。リスニングとリーディングに苦労がない、ということ。その自覚もあること。

少なくともこの点については、大変苦労した私の高校生時代を思い出すと、実にうらやましい。

二人が偶然にも語った共通点は、こんなこと。

・英検などのリスニングテープが、ゆっくりに感じる

・出題されたリーディング問題文を、試験中にも関わらず情報として楽しむことがある

ははーん。リードアラウドを知る人は気づくのではないだろうか?

そう、リードアラウドでは表現をうるさく言うのだが、求める表現は自然と英語圏のナチュラルスピードになる。そして表現には、読解が伴う。すると、英語圏の自然な速度で意味が取れるようになる…。

また、もひとつ。リードアラウドを続けることで、読む本(再読も含めて)、読む英文のインプットが蓄積していく。ある程度の速度を持って、本を何度もそして何冊も継続して読んでいく。すると、英文を読むこと、ある量読むことに抵抗が少なくなっていく…。

リードアラウドの今後の課題は、語彙である。年に30時間余のレッスンだけで、英語圏ネイティブの同年代の語彙に追いつけない。そこで、いかに少しでも多くの語彙を身につけさせるか。

そして、もうひとつ。これは一番難しいかもしれない力、ライティング。いかにより知的な語彙を使って、内容ある英文エッセーを書けるようにするか。「内容ある」ものも求めると、とてもレッスンだけではこれも追いつかない。各自が考える習慣をつけること、これを示してもいこう。

新年度は、今までのリードアラウドを踏襲しつつ、さらにこの語彙とライティングの課題を徐々にカリキュラムに入れていく。楽しさは保ちつつ、である。

高校生クラスで使っているテキスト例:

Mem Foxが読む『Hello Baby!』~リードアラウド研究会

久しぶりにMem Foxのことを書く。

直接、彼女の教授を受けたわけではないが、このMem Foxが我が「リードアラウド」の先生、生みの親と言ってもいい。

絵本を楽しく読むことが、子どものReading力を高める、と絵本のread aloudをしようと、熱く説く著書、『Reading Magic』が最初の出会い。

それから、偶然の出会いやオーストラリア大使館を挟んだ招聘計画(ボツ…)を通して、本や作品や社会への姿勢を知ると同時に、その絵本作品や著書、絵本を読む姿から多くを学び続けている。

昨年度の認定講座では『Ten Little Fingers and Ten Little Toe』を、そして2019年度の第一回は『Hello Baby!』を取り上げる。

私が考える「うまい絵本朗読」がここにある。聴衆に語りかける心と心に届く声の技術。嘘臭さ、偽善臭、表面的なぶりっ子などとは無縁。凛々しい、ハンサムな、それでいてあったかい。そんな風な人柄を(たとえそれがフィクションであろうが)思わせる語りが素晴らしい。

パフォーミングアーツの先生から絵本作家になったというバックグラウンドが、強みだ。ぜひ参考に、皆さんも。


『No, David』『David Goes to School』で【一日講座】〜リードアラウド研究会


指導者向けの絵本リードアラウド一日講座、今回はリードアラウド「鉄板」のシリーズから、欲張って2冊だった。

内容は、必然的に欲張りになった。

リードアラウドとは?を知る。

表現力(朗読力)アップの演習をする。

リードアラウドらしい指導法を学ぶ。

これを3時間に凝縮。

どうだったろう?

講座に集まって早々の「BEFORE」と、講座の終い際、演習などの後に「AFTER」で、みなさんの朗読が誰の耳にも、変わった、面白くなった!

このことは、お互いの講評にもあって、それぞれが認識できたということ。素晴らしく、嬉しい。

この変化をもたらしたもの、なんだったのか考える。

(「え〜!この絵本のぶんせきって?」の声も上がっていたが、本の分析。

声の要素(強弱、大小、高低、緩急など)を変える演習。

英語(非母語)に母語を使って感情を本文に乗せる演習。

感情をとっさに出す、素早く変えるなど反射的に表現する演習。

これらが、みなさんの中で起こした「化学融合」の結果だったのだろうと思う。

それから、もう一本のこの講習の柱、リードアラウド指導。

全くこれが初めての皆さんが、「さあ!」と模擬授業へと突入させられた。

本の場面場面、ついつい受講者の先生方は「先生の癖」で説明してしまう。それはお手のものだろう。だが、子どもへの発問、問いかけで進めるのが、リードアラウドだ。戸惑いも大きかったに違いない。

「.(ピリオド)ではなく?(クウェスションマーク)に!」と、授業の進め方を改めるよう促されても、何から尋ねたらいいのか、何を尋ねたらいいのか。まずはその戸惑いを経験し、自分たち「先生族」がいかに説明好きか、子どもの興味を削いでいるか、それを自覚してもらえたのではないか。

みなさんが、(恐らく)ひやひやと模擬授業を進めていくうちに、いい発問も出るようになり、次なる課題が見えてきた。

「Yes, and」だ。

子どもが答えたことへのリードアラウド指導者の応え方は、これ。

まずは肯定してから、それから足りないこと、他の答えの可能性などを情報として付け加える。反射的に肯定ができるようになっても、「そうだね。」とyesしっぱなしや、andと言ったはいいが、そこから詰まる。でもそこに、学習要素や別の考え方を加える余地ができたわけで、チャンス!そう捉えられるようになるのには、日常の実践から。

Yes, andで対応しようと、しっかり指導者が意識すること。そして、これを慣れというか癖にしていこう。受講者の今後に期待する。

それからもう一つ、リードアラウドの指導法の特徴は、アクティビティ。

リードアラウド指導の成功の鍵は、声を出させること、発言させることだが、それには緊張を解くことが必要だ。そのためのアクティビティを、少々だが一緒に楽しみ、受講者自身に楽しさを実感してもらった。

More activities, more to do!

More to say…、また是非ご一緒しましょう。

小学生リードアラウドクラス、平日も!〜キッズブックス英語スクール

【絵本リードアラウド小学生平日クラス】も順調です。土曜日の二子玉川教室から、平日はこじんまりした用賀教室に。始めぎこちなかったTくんも、2回目の前回からはリラックス。

土曜クラス同様のプログラムで、『Mr. Rabbit and the Lovely Present』を読み終えました!

Tくん、読み始める時だったか「へっ、Mr. Rabbitだってよ、rabbitが」。と、日本人の大人だったら意外と素通りしてしまう、本書のギャグに気づいたようです。

そして、普通はrabbitとrは小文字なのに、Rになっていることにも気づきました。英語の基本的な約束なのに、私自身の記憶ではあまり中高の英文法の授業で重視された覚えがなく、昨今の国内の広告やサインで間違いが散見されることが気になっている、Capitalizationへの言及です。

こういう自然な英語感覚というものが、大人になってから生の英語に触れた私などの中学生時代には全くなかったので、幼児期から英語絵本を「浴びる」ようにリードアラウドしてきたTくんがうらやましくなりました。

さて本文読了後は、本書で使われた語彙を活用するシアターゲーム。この日は、vocab. snapゲーム。「Something red」などsomething〜でカテゴリーを挙げ、それに当てはまるもの(名詞)を滞ることなく順に言っていく。Fire engines, apples…詰まると「Something yellow」などとカテゴリーを変えるのもOK。

このゲームで、知らない単語のインプットのほか、知っている単語の棚卸というか、使える記憶の貯蔵庫に単語を引っ張り出し、とっさに英語を口から出やすくします。

それから、インプットを増やすTrivia ゲームも。質問の形になれること(5W1Hなど)と、その内容を理解し、自分の知識を引いてきて答える。遊びと感じる学びの一つ。ある程度の英語(英語圏のG1〜G2以上)がわかると楽しめます。日本語で「物知り」の生徒なら、英語が多少自信なくても、勘で正解を導けるものです。英語は知っていても知識がまだ浅い子どもと、英語はまだまだでも知識が優っている子どもが一緒に学べるゲームです。

そして最後。文法をそれとなく確認するWritingワーク。Tくんは内容がよく読めているので、答えはすぐに言えます。その語のスペリングを本から探すのが、ちょっと苦労。スペリングはちょっとずつ、気長に行こうと思います。

と、まあ順調に始まっています。土曜の17:30からか、火曜日の16:30からか、いつでも、こうして絵本のリードアラウドを通して総体的に英語を学ぶ仲間を募集中。