英語絵本を英語非母語者の子どもにどう読む?〜リードアラウド研究会

「英語がちょっと得意だ」「英語絵本が好き」「何か役に立ちたい」、これらの気持ちが一緒になって、

「英語絵本の読み聞かせをしよう」と思う人は、近年増えている。

 

朗読や演技指導を受けたり、または教職に就いたことはなくても、家庭での日本語の絵本の読み聞かせからのイメージと、上記3つの気持ちと、自分が好きな英語の絵本を持って、立ってみる。さて子どもの前に立って読み始めると、すぐに気づかされることがある。

 

子どもが、わかってくれない。聞いてくれない。ちんぷんかんぷんと言われる。

出入り自由な場所だと、その場に留まらずどこかに消えてします。

 

なぜ?

 

意外と理由が分からないかもしれない。でも、子どもの立場で考えれば、すぐにわかる。

そりゃそうだ。

日本語が母語の子どもたちなのだから、英語でただスラスラ読まれてもわからない。

母語で読む絵本の読み聞かせと、まったくここが違う。

文字面を読んで聞かされるだけで理解できるのは、母語に限る。日本語が母語の子どもに、英語を「読んで」もわからない。

 

そこで、「英語絵本を楽しませるのは、英語ができない子には不可能」として、英語絵本を棚に差してしまおうか。

いやいや、それは違う。

意識を変えたらどうだろう。

 

まず絵本の絵は、大人は気づいていないかもしれないが、伝達力が強力であることを認識する。

絵本の絵にお力を借りる。文字を忘れて絵だけで筋を追ってみる。子どもの読み方で、絵本を「読んで」みる。

そしてもう一度、英語がわかる自分が本文を読んで、よく咀嚼する。

そして、頭(文字)でなく、心(身体)で本の内容を、絵に手伝ってもらいながら表す。

「読み聞かせる」のではなく、表現で伝える。「She likes」だったら、She likesと読むのではなく、「この子は好きなんだ」という気持ちになって、「She likes」と、言う。

一度、心に気持ちを作ってから、発言する。

 

絵本の「読み」が、遠く無関心な音から、生身の人の話しかける声に変わってくる。表情も視線も、生きてくる。突っ立っていた身体が動く。

身体で表せないことについては、子どもとの母語での問答で触れる。

 

こうして「読み聴かせる」という意識を変えると、英語の絵本を英語がわからない子どもにも楽しませることが可能になる。

具体的にどんなことをすればいいのか、「リードアラウド」の方法で、試してみて欲しい。

リードアラウド

一般向け:絵本で学ぶ大人英語セミナー  (二子玉川教室)

                  朝日カルチャーセンター新宿校「声に出して読む英語絵本」

指導者向け:絵本リードアラウド認定講師講座オンライン

 

 

これはいい!引き込まれた語り『Diary of a Wombat』〜リードアラウド研究会

11月の第8回リードアラウド認定講座の課題書『Diary of a Wombat』、どうリードアラウドしようか、演出はどうするかと模索中。

そんなとき、youtubeでみなさんがどう読んでいるか見る。

たくさんアップされているのだけれど、なかなかピンとこない。

検索して1ページ目にでているビデオは見た。うーん、いいと思うのがない。

2ページ目、ここまで見るのは珍しい。そろそろ諦めどきか。自分で今イメージしている読み方で行こうか。

そう思った時、これがチラっと目に入った。もしかしたら…、そんな勘が働く読み手の風貌。

あたり!!

これです、これです。イメージどおり。さあ、わたしも練習に励もう。

上達への階段見えた〜大人英語セミナー@キッズブックス英語スクール

コロナ第一波をかぶって4月からオンライン講座に切り替えた『大人英語セミナー』。9月から対面に戻し、2020年度のレッスンも残り一回(11/24)で終わる。

先日、ベテラン二名と今期からの新人一名で、ほぼ仕上がった<『Caps for Sale』を、少しの観客(体験レッスン参加者二名と小学生一名)を前に「発表」した。 気付いていたが……驚いた。

みんな、いい声! 張りがある心地よい声だった。 中でも新人のCさんが、最初の頃と比べると別人のようなボリュームと響きのある、見違える(聞き違える)声になっていた。

子どもに聞かせようという目的を持ったリードアラウドの場合、朗読の要素の中でもまずは声にボリュームが欲しい。 聞こえる、聞こえないといった基本だけでなく、表現として人を惹きつけるボリュームをつけたい。

今回の課題書の主人公は、帽子の行商人。 声を張り上げて、村々に帽子を売り歩くのだから、読み手がそれらしい声を出さないと、幼い聞き手には物語が掴みにくい。

そこを三人は見事にクリア! ただ声が大きいということではなく、行商人らしい、遠くへ声を放つ表現が的確だった。

観客のひとりの小学1年生を観察していた。 彼は、読み手のいい声がするたびに、文字を追うため下を向いていた顔を、読み手へ向けていた。 「はっ」とするようで、しばらくそのまま聞き惚れる感じ。 これには内心、「ヤッター」と思った。 子どもの注意を引けるリードアラウドになってきた証拠だろう。

声の良さだけではない。 言葉ひとつひとつに血を通わせるという姿勢の読み方が身についてきた。 なにも考えずに読んでいく、なんの感情もない言葉を発するということが、ほとんどなくなった。 あとは、抑揚やニュアンスの調整で、さらに磨かれていくだろう。

まっさらな新人が、1年弱(約20回)のレッスンで、この日の発表くらいの上達(特に「声」という、一朝一夕ではなかなか変わらない身体的な変化)を見せてくれたのは、指導する側にはすごく励みになる。 もちろん個人の努力があってのことで、その努力にも乾杯!

「ベテラン」二人についても、どこをどう磨けばもっと良くなるのかが見えて来た。 この日(たまたま)観客になった体験レッスンのお二人の感想。 「みなさん張りがある声で素晴らしかった」「メリハリがあって、帽子を売り歩く姿なども目に浮かぶようでした」なども、お世辞には聞こえなかった。

大人英語セミナー

Caps for Sale: A Tale of a Peddler, Some Monkeys and Their Monkey Business

絵本リードアラウド認定講師講座〜第7回報告その2:『Press Here』をどう読む?

Press Here (Baby Board Book, Learning to Read Book, Toddler Board Book, Interactive Book for Kids)

今回の課題書は、世界で200万冊売り上げた革新的な本『Press Here』

なにが革新的か。本文が全部、読者への呼びかけというか、読者にアクションを働きかける台詞になっている。いわゆるインタラクティブな作りであるところ。

朗々と読み上げるという種類の本ではなく、身近な読者にいろいろな動作を指示し、出てきた動作を受けて次に進む作り。「指示」と「受け」の台詞が、そのまま本文になっている。

となると、口調を考え、fluencyを磨くことが必要。そこのところを演習した。

本書に適した口調は、この日、参加したベテランたちならではの課題となった。

自分ではない誰かを作る。どういうキャラクターが、この語り手にいちばん合っているのだろう。分析しながら考えた。

……絵本片手に聞き手(子ども)を集め、あれやこれや動作を指示し、絵を動いているように思わせる。そんな架空の世界に誘い込む語り手のキャラクターは?

イメージとして提示したのは、『不思議の国のアリス』に出てくるウサギ、『チャーリーとチョコレート工場』に出てくるウォンカ。映画で演じた俳優をイメージしてもいい……。あ、どちらもジョニー・デップ(!)。または、映画版『熱海殺人事件』の二階堂伝兵衛(仲代達矢)。

いわゆる狂言回し、トリックスター。ハーメルンの笛吹き、人さらい?

このような、子どもや人々を架空の物語に誘う、強いエネルギーを持つキャラクター、テンション高い人を作って読むことを目指した。

イメージをディスカッションしたあと、皆さん、朗読がだいぶ変わった。

「えっ、変わりましたか?」と思った方は、ぜひとも自分の朗読を録音して、耳を鍛えてみて。結局、自分が一番いい審査員だ。

イメージすることで変化する声の表現。実に奥深い。

そして「頭」でイメージできても、なかなか「身体」(声)を思うようにできないもどかしさも感じる。

次回まで、みなさんもご健闘を。

また、今月お休みしたみなさんも、期待していますよ〜!

認定講師講座

幸せを感じるとき〜キッズブックス英語スクール

今は多少状況が変わったが、20年位前は、我が家で読書をする人は私だけだった。もちろんネコ2匹は除外して、人間の家族が二人いたが、読書する姿を見たことがなかった。

片方は仕事でそれどころではなかったので、まあそういうものかと思った。

だがもう一人、若いほう。

今読まないでどうすんだ!

私の本好きのDNAは、君に受け継がれなかったのか?!

いつもその姿を見ると不満というか、不安が頭をよぎっていた。

 

運動ばかりしている少年にとって、本は積ん読もの。Book reportは、適当にネットで情報を集めてまとめるもの。うううっ。血を分けた家族として辛いものがあった。

 

・・・このあたりの葛藤が、トラウマになっているのか、「少年」「読書」のキーワードが、時を経て、頭の中で特大化していると感じる。

「少女」については、安心感のようなものがあって、つい「ねえ」と自分と一緒に本への愛があるものと思って、心穏やかだ。

 

だからなのかどうか分からないが、「読書をしない少年(実はそういう少女も)」または「まだ読書を好きになっていない子ども」がいると、おせっかい心が疼いてくるのだ。

「彼らを読書好きにするのが、私のライフワーク?」

などと思う今日この頃である。

 

そこに最近舞い込んだ、嬉しい知らせ。

   「ダーウィンの本はとても気に入って、家でも読んでいました。
    最近単語が増えた様子です。」

Readingのレッスンを受けている男子のお母さんからのメールだ。

 

ああ、幸せ。

およそ本を手にしない我が子が、嬉々として本を読んでいて、その本がコレだったりしたら…

自分のことのように嬉しい。

これは私の「自己満足」の一種なんだろうが、もう二人、喜んでくれているから、許してもらえるかな。