絵本リードアラウド認定講師講座【大阪】2019秋 報告その2~リードアラウド研究会

今回の講座、後半は往年の名フォークトリオ、PPM(Peter, Paul and Mary)が歌唱し大ヒットした曲を、メンバーのPeterが絵本にした『Puff, the Magic Dragon』。

深みと温かみのある新人イラストレーターのイラストが、幼い読者にも大いに語ってくれる、選者としては「新古典」としたいところの一冊。

 

リードアラウドでは、本文である情緒豊かな詩を読み解くことで、

おとぎ話の「語り口調』での朗読方法を学び、

指導に関しては、生徒の興味を呼び理解を促す発問を出せるようにする。

 

易しそうでいて、大人の深読みを誘う詞だ。

難物は、7回も繰り返されるサビの部分。

Puff, the magic dragon lived by the sea〜

のところが、物語の進展によって、7通りの違った感情になる。それを表現する。読み分ける。

 

そのために、声だけの機械的なものではなく身体的にするため、読解をしっかり確認していった。

 

分析を通し読解を深め、具体的にどんな感情かを各自が場面ごとに考え、それを書き出す。

この作業で、読み手の感情のゆらぎが減少し、聞きやすく場面が頭に浮かびやすくなる。

 

感情を表現するには、「筋トレ」も必要だ。

声の要素の演習。

呼吸、発声から、声に強弱、大小といったvolumeをつける演習、音の高低や、緩急をつける演習を行った。

本書は、遠近という要素も生きる。これは視線の移動で作る。

 

そして、もうひとつ。

皆さんの自習してきた朗読に残る、ごろっと耳に違和感のある言葉。

これを減らす演習だ。

 

シアターゲームのWord Ballゲームが、有効だった。

たとえば、主人公が大切にしていた「宝物」、stringsやsealing waxを聴衆にイメージさせるには、まずは読み手がイメージを持たなければならない。

このゲームで随分と、イメージが言葉に乗るようになったようだ。

 

こうした表現を磨く過程で、自然と読解に関するディスカッションがされた。

その内容がほとんどそのまま、自分たちが指導するときの、生徒への発問になる。

全体を通した模擬授業は、時間切れでところどころしかできなかったが、この日、自分たちが読み解いていった過程を、生徒と再現するつもりで授業にしてみて欲しい。

 

朗読BEFORE/AFTERで、皆さんのAFTERは…

お互いの講評でも挙がったことだが、BEFOREとは大違い!

 

ひとつひとつの言葉を大切にする心が、全体を「なんだかいいな」という空気で包んだ。プレゼンではとても大切なことだ。

まだ感情の「抜け」と、切り替えの不確かさ、起伏の弱さや違和感が残るが、今後、それを録音で自ら聞き取り修正していければ、もっともっといいものになる。

ご精進を!

 

 

 

キャラクター造型とリードアラウド〜リードアラウド研究会

先日の絵本リードアラウド認定講師講座第7回の朗読の要は、物語りをしていない絵本に物語りを見つけ、そのキャラクターを造型して、朗読を立体的にすることだった。

その講座でも話したのだが、近頃の発見ー今頃かとツッコまれそうだがーというか、再発見?は、

「つまらない朗読と面白い朗読の違いは、作品のキャラクター造りの有無による」

ということ。

 

ただ「正確に」「美しく」絵本を読んでいるビデオが、ユーチューブに溢れているが、リードアラウドとして「合格」にできる、または子どもが楽しめると太鼓判を押せるのは、2割程度だと思う。

 

その2割は、ほとんどがプロの俳優によるものだ。

 

ただの俳優ではなく、うまい俳優。

 

そんなことを思っている今日この頃、伝記映画をたまたま2本続けて見た。

1本目『FOUJITA』は、画家藤田嗣治を日本人の俳優が演じたもの、

もう1本はアメリカ映画だが、英国が舞台。実在したENIGMAという「世界で最も解読が難しい」と言われたヒトラーのドイツが使った暗号を解読した英国人Alan Turingを描いた『The Imitation Game』。主人公を演じるのは、Benedict Cumberbatch。

 

完全に2本目の勝ち。1本目は最初の30分で、見続けるに堪えなくなった。

ゴメン。空々しい台詞と何も滲み出さない薄い演技。嫌いではない俳優だけど、演技の基本ができていないフワフワ感についていけない。

 

対して、『The Imitation Game』。

これは最後まで一気に見ただけでなく、終わってから、そして翌日も、主人公Turingの存在感に頭がいっぱいになった。

 

俳優が「演じた」ということさえ意識から吹っ飛んで、実在のAlan Turingのことを読み始めたりしている。

目をつむると、Turningいやいや、Cumberbatchの仕草や言葉、表情を思い出す。こう言う状態は、hauntedとでもいうのか。頭から離れない。

 

キャラクター造りが、見事だった。素の俳優は見えない。地味な主人公なのに、ああこういう人いるな、と自然に思える。

台詞回しは、性格に合わせて、おどおどしたり高圧的になったり、頭出しが遅れたり、どもったり。アスペルガー的天才肌だったのかな、とだんだん印象が積み上がっていく。

特に素晴らしいのは身体表現。表も裏も横も演じている。立ち方、微妙に内股の時があったり、もつれたり。横から見ても、感情が伝わる。

 

ああ、一度の人生じゃ、ここまでたどり着けない……。

それでも、精進します!!

 

 

Alan Turingに扮して、その手紙を読む

「おとぎ話」を読む。

そして、『The Imitation Game』のTrailer.

絵本リードアラウド認定講師講座【大阪】2019秋 報告その1~リードアラウド研究会

『Freight Train』と『Puff the Magic Dragon』の2冊を課題書にと欲張った講師は、台風19号(Typhoon Hagibis)で増水した多摩川を後に、一路大阪へ飛んだ。

 

西日本の参加者の皆さんも、多少の日程の調整はあったようだが、ありがたいことに受講予定者の全員が無事集合した。

 

まずは『Freight Train』でウォーミング・アップ。

 

色、貨車の様々な形や種類に踊る心を思い出す演習だ。

そして、構成を鳥瞰して緩急をつけるところまで。

 

意識を持つことと、ちょっとした身体演習で、これらが皆さんの朗読を豊かな表現に導き始めた。

 

それから、再びコンパクトにまとまった適材、『Freight Train』で、リードアラウドの模擬授業をみなさんが分担して行った。

 

イントロダクションは、表紙を使った「リードアラウドの約束」の紹介。ここに、オリジナルな考えが詰まっている。

絵本ごとに、そして相手(聴衆、生徒)ごとにやりようがあって、何度やっても飽きない(のは私だけ?)楽しい部分であると同時に、大切なところだ。

参加者の中でもベテランはさすが。自由さ、リラックス感は、慣れれば慣れるほど出てくるし、「どう料理しよう」という楽しさも見て取れた。その調子で!

 

リードアラウドの指導は、指導者の問いかけに応えてもらうことで進める。よって、何を聞くか、発問することが次々浮かぶようになりたい。

そのためには、「何を何のために尋ねるか」を指導者が自身にあらかじめ浸透させておく。

 

『Freight Train』は、発問する練習にも適当な絵本で、必然的な発問、というものを見つけやすかったのではないだろうか。

 

さあ、難物は『Puff, the Magic Dragon』だ。

(続く)

絵本リードアラウドで教える英語教室のカリキュラム・セミナー@大阪〜リードアラウド研究会

10月14日の『絵本リードアラウド認定講師講座[大阪]2019秋』に先立って、午前中に『絵本リードアラウドで教える英語教室のカリキュラム』という講座を開催した。

絵本リードアラウドの英語教室を始めたときに小学生だった最初の生徒が、いま高校2年生になっている。この間に試行錯誤してきたカリキュラムが、ここ三年で固まってきたところで、指導者向けとして初めて公開することにした。日本の英語教室で、絵本がどれだけ優れた「教材」になるかを、ひとりでも多くの先生に知ってもらいたいと思う。

公開したカリキュラムは、英語ゼロ(読めない)から三年間分、英語圏のG1からG2程度までのreading fluencyをつけるものだ。そんなに無理なものではない。継続さえできれば実現可能なカリキュラムだと、経験を積んできたいまなら言える。

初めての紹介だったので、みなさんの知りたいところを、うまくすくえたかに心配はあるが、資料としてはある程度まとめられている。フランチャイズの英語教室を開いていた、あるリードアラウド認定講師の先生からの要望に応えた形の、最初のセミナー。せっかくまとめたので、今度、東京でも『絵本リードアラウドで教える英語教室のカリキュラム』を開催することにした。

「全然読み方が違う!」:カルチャーセンター「声に出して読む英語絵本」講座〜リードアラウド研究会

驚いた。

あっという間に、みなさんのどこか心にひっかからない読みが、心にぐぐっと語りかけてくるものになった!

一番驚いていたのは、本講座受講生のみなさんだった。

「全然読み方が違う!」

 

秋学期の初日で、この『My Many Colored Days』でだった。

 

 

本作、Dr. Seussの作品としては異色で、彼自身がイラストを手がけず「色のアーティスト」と定評のあるイラストレーターに作画を委ねた、特別な作品だ。

 

自分の中のいろいろな違う感情というものに戸惑う子どもや若者に、感情というものはいろいろあっていいんだ。様々な感情を持ち合わせているのが、自分というものなんだ、と説き、感情の作る「色彩」の美しさを愛でているような内容になっている。

 

その本の「序」の部分、

Some days are yellow

と、始まる。大切な冒頭だ。Some daysの一言の言い方で一瞬にして、人心を放すことも掴むこともできる部分だ。

 

みなさんに一読、そして二読してもらう。どうも、ピンとこない。心が掴まれない。

 

さあ、そこからどう磨くか。

 

このところ、「絵本リードアラウド認定講座」でも手応えを感じているある方法を、ここでもとってみた結果が、冒頭に書いたような、みなさんの驚きを読んだのであった。

 

それは、コロンブスの卵的な演習。

聴衆に訴えない読みは、聴衆の「どういう話なの?」という心の問いかけに答えていない読みなんだろう。

だから、「問いかけ」を実際にしてそれに答える形で読んでいったらどうなんだ?—と、わたしが自分用に始めてみた演習方法だ。

 

パートナーでもいいが、手短な要領を得た問いかけが必要なので、この日はまずは講師のわたしが、読み手ひとりひとりに以下のような感じで問いかけ、それに答えるように読み手が読むことにした。

 

例えば今日の演習では、こんな感じ。

問い「いつのこと?」

本文を読む「Some days」

 

問い「それがどうなの?」

本文を読む「are yellow」

 

問い「黄色だけ?」

本文を読む「Some are blue」

 

・・・こんな風。

それだけなのに、あら不思議。

英文、つまり本文が、まったく違う響きを持ち始めた。人間の脳の不思議さ!

 

聞いている人がいると認知すると、文を読んでいるにもかかわらず、口調は応答する、語りかけているようになるのだ。

 

人は、具体的にそこにいる相手に問いかけられれば、いくらぶっきらぼうな人でも、その相手に向かって答える。その息遣いというか、距離感というものかが、相手がいないと宙に向かって言うような、対象のない空疎な読みになってしまうようなのだ。

 

この日の自分の「語るような読み」は記憶され、今後のみなさんの朗読は変わっていくだろう。(ただし、水泳や自転車乗りと違って、一度できたからと一生できるわけではないこと、お忘れなく!)