Shilversteinを読む〜リードアラウド研究会

『Where the Sidewalk Ends』をリードアラウド認定講座で、そして『The Giving Tree』は朝日カルチャーセンター(新宿)で、受講者の皆さんと読んでいる。

どう声にしたらよいのか。まさに、表現するための精読が必須だ。

認定講師講座(ワークショップ)では、これまで10数年の間で課題になった本のうち、本書が一番の「大著」だろう。

 

第8回目の今回は、この中から「Invitation」と、本のタイトルにもなっている「Where the Sidewalk Ends」のリードアラウドだ。

 

20年以上前のこと、インターナショナルスクールの小学生(3-4年生?)が、本書をbook fairで見つけて、ぎゅっと抱きしめ嬉しそうに購入していった場面を思い出す。そして、そのこと(小学生でそんなに読める!)で、ちょっと愕然とした。

 

英語指導者として、英語を日本で教えるなら、名作と言われロングセラーであり、英語圏で子ども自身にも愛され続けている本をもっと知って、日本の子どもたちの目指す英語力を今よりもっと高いところにイメージしたい。

 

「ご飯が食べられなくて、ひもじい」と言ったら、「おやつを食べればいい」と、マリーアントワネットのような答えをする小学生が少なくない日本で、Silversteinの、本書から聞こえる声を理解するには、多少文化的社会的背景の解説も必要だろう。

「Invitation」で、作者が「おいでよ」と声をかけているのは、世間では「悪い子」「不良」と呼ばれている子もふんわりと含まれている。それとなく、そして「普通の子」でもそう言った要素があることにも気づかせる。おまけに、大人の読者も呼ばれている気がしてくる。

これらの言葉からイメージできる「呼びかけ人」は、スーツなんてネクタイなんでほとんど身につけたことなどなさそうな、年齢不詳の、生き生きとした目をしたちょっと恥ずかしそうな大人かな。

偉そうじゃない、頭が固そうじゃない大人。ま、学校の校長先生などの中では、なかなかお目にかからない感じの大人だ。

いわゆる「難しい子」さえ、聞く気にさせるinvitationとして、この詩の読み方を磨こう。

 

そして「Where the Sidewalk Ends」。表題にもなっている、三連の詩だ。

情景をみんなで、あーだこーだと言いながらイメージする時間も大切だ。

すらすら読む皆さんは、もう世間一般の「英語すらすら」の域なのだけれど、言葉が心に残らなかったり、情景が言葉を聞いていて思い浮かばなかったり。それは、それぞれの心で「どういうことだろうか」と考えたり、具体的に「絵」を頭に描いていないから、聞く人にも伝わらない。

そこで必要なのが、言葉の意味を反芻し、言葉が描いた場面を描くこと。

 

人の描いたものにただ納得するのではなく、自分の中の意味と場面にすると、ありありと詩の世界が見えてくる。

さあ、そしたら声を出してみる。

朗々と詠うのではなく、まずはこの詩を自分の喋りで「しゃべって」みるといい。

 

「いろいろ言葉が詰まっていて、読んでいるうちに胸がいっぱいになってしまいました」

ーMさんの朗読、確かに途中、少しだけ不明瞭になったところがあったが、聞いていてそこで余計にこちらの胸も熱くなった。

 

次回を楽しみに。

 

 

 

英語の小さな問題について〜キッズブックス英語スクール

英語の絵本を読んでいて、時々ぶつかる「英語に関わる小さな問題」がある。

最近では、1. Koalaの赤ちゃん問題。

「なぜbaby Koalaと言わないの?」➡️ 有袋類(オーストラリアに固有の哺乳類)の「赤ちゃん」は、姿がたとえ見えても、まだお母さんの「袋」から出て生きていけない状態が続くので、その時期の子どものことを特別にjoeyと呼ぶ。koalaのほか、kangaroo、opossum、moonbatの赤ちゃんもjoey。

 

2. カメ問題。

「カメは全部、turtleというのか?」➡️ 総称はturtleですが、主にミズガメのこと。水かきがあります。水に入らないリクガメはtortoiseです。

 

3. アルマジロ問題。

『A Rock from the Sky』に登場する動物、表紙では右に立っているのは、armadilloか、mole(モグラ)か。➡️ not quite armadillo nor mole.  アルマジロにしては「鎧」が付いているのが腹側で、実際と異なる。(アルマジロの鎧は背中側)だが、顔つきや立ち姿は似ている。生態もそれに近い。

対してmoleは、前脚が掘るのに適応して大きく、後脚が小さいはず。生態も土中なので、本ストーリーのように戸外で活発に活動しない。

 

以上、ささいな問題でした。

 

自分を”mute”する子どもたち〜キッズブックス英語スクール

試練だった。

要望あってオンラインで受講者の「顔出しナシ」、それから自主的mute(わたしのマイクはオンだが、受講者のはオフ)、という変則レッスンがあった。

予定していた絵本はこちら。

 

レッスン開始早々、一人相撲を取っているような感覚に、どうしたものかと戸惑った。反応が見えないだけでなく、聞こえもしない!

 

が、しかし。

「メッセージ(チャット)」という機能があった!

 

早速、「メッセージで返事を送れる?」と聞くと「うん」という返信。

何回かやりとりして、なんだか感心した。

 

口で話すように、この小学生受講生はチャットで自由に話せるのだ。

「わかんない」とか「たぶん」とか。

英語で聞けば「yes」も「no」も、チャットで自然な口語体で返ってくる。

 

なぜか声を聞かせてくれないが、片道「筆談」は自由にできる。

 

ということで、思い浮かべたのが、支援員をしている小学校の生徒のこと。

担当している8クラスに、声を出さない子、自主muteしている生徒がちらほらいる。

わたしにだけ声を出さないのかも知れないが、この子たちももしかしたら、チャットなら多弁だったりするのかも?

 

さて前述のmute受講生だが、レッスン最後の方で、わたしも思い切って「シャドーイング」をすることにした。

その方法を説明し、あまり期待せずに読み出したところ、なんと!

 

可愛らしい、それも達者な英語が後を追って聞こえてくるではないか。

 

この日は、ちょっと心のwarm-upに時間のかかる人もいるということ、またそれが、もしかしたら「チャット」でほぐれるのかも、ということを学んだ。

わたしの貴重なレッスンになった。

 

 

深い声、深い心情が英語で出ない?!〜大人セミナー@キッズブックス英語スクール

 

英語絵本の朗読でやり直す英語、と称した「大人英語セミナー」を開いている。プライベートクラスと小グループクラス。

英語絵本の朗読を磨きながら、reading comprehensionも深めるというのが、レッスンの柱だが、ここで最近、興味深く思っていることがある。

 

学び始めて初期の頃は、みなさんが「普通」に読むと、声が浅いことだ。音楽で言えば、使う音程の幅が狭い感じ。

 

スクールに興味を持ってくださるみなさんは、「普通」に読むだけでも、一般的に言って「英語が上手」なレベルだろう。

しかし、リードアラウドとして声の表現として聞くと、それはどうも情が入っていないというか、感情が浅い感じだ。

 

母語ではない、よそ行きの言葉、というスウィッチでもあって、それがオンになるように、わたしたち共通の傾向だ。

 

リードアラウドが目指している朗読は、聞いていて内容が頭に浮かんでくる、英語がそんなに達者でなくても、言語の違いを飛び越えて、話が「見えてくる」もの。

たいていの大人のレッスンは、英語に感情を通わせる練習が柱になる。

 

 

今、あるクラスで、『Madeline』を取り上げている。

絵本にはそれぞれの「声」があって、それが登場人物のひとりだったり、姿は見えないが物語を知っている語り手だったりする。

この「語り手はだれか」を本書でも考えてもらっている。

 

 

例えば『Madeline』だったら、語りはこの主人公の少女、Madelineをよく知っている人。Madelineはお転婆すぎるところもあるけれど、その勇敢な行動を賞賛し、愛してやまない人、などなど見えてくる。

キャラクターを思い描いていくと、語り口にもアイディアが浮かぶ。

Madelineの生活やある事件に対して、どう思って、どんな語りをするか、も想像しやすくなってくる。

 

いつも帰り際に、どきりとする感想を述べていく受講者がいる。

その彼女の最近の言葉が、

 

「普段、会社などであまり心を動かさず、適当に(感情を)流して生きているのかな、と思わされました」。

「英語支援員はミタ」ギャッツビーに興味を持つ小学生〜キッズブックス英語スクール

住まいのある区の公立小学校に、英語支援員として1年にわたって小学5、6年生と週2回だけお付き合いしている。

 

たまに名指しで、質問を受ける。先日も、6年生のあるクラスの授業が終わってすぐ、普段は目立たない女子生徒が、ちょっと顔を紅潮させてさささっと、私の名前を呼びながら近寄ってきた。

「先生、ギャッツビーってどんな話ですか」

えっ。授業でちょっと『赤毛のアン』の話が出た日だっただからかな。

英文学続きで、この先生に尋ねてみようと思ったのかも知れないが、驚いた。

 

「The Great Gatsby のこと?」

と確認すると、こくんと頷く。なんていう6年生だ。嬉しくなった。

でも、どこから話す?

立ち話だし。

19世紀末から20世紀初頭に台頭していく、アメリカのお金持ちの話?

主人公の男の人が、ずっとある女の人を好きな話?

 

「面白いですか」って、見かけでは「ませた」感じのないマルコちゃんのような6年生の少女に聞かれても……。

「私は面白い、いいなと思って読んだけど。」

 

それにしてもなんでまた、「ギャッツビー」だ?疑問が湧く。

 

ジャニーズ関係か?いい線だった。

 

「宝塚で公演があるんです」

とのことだった。原作も読んでね。