表現と身体の関係:認定講師講座8月報告その2~リードアラウド研究会

8月の半ば、土、日と連日で、認定講座を開講した。

ベテラン揃いの年間コースが土曜日、翌日は新人の多い一日講座だった。

「アクティビティ」、「シアターゲーム」などでの表現演習を多めにしたプログラムという構成は前日と共通だった。この一日講座、課題書は永遠の名作『Where the Wild Things Are』。

朗読をしょっぱなにひとりずつ披露してもらうが、いつもながらに驚くのは、その仕上がり具合。とても完成度が高い。「before」がそんなで、講座の最後に披露してもらう「after」との差(上達度)がはっきりつかないとか、講座の「効果」が分かりにくくなってしまうのではないか、という主宰者側の懸念もある。

しかし、わたしにはそれがとても刺激的、チャレンジング!こんな上手な方々に3時間でどこまで磨きをかけられるか?


ああ、よかった!この日も、仕上がりは上々だった。

それは、シアターゲームやアクティビティという身体を使った表現演習に負うところが大きい。

一番変化がわかりやすかったのが、本の登場人物の声。主人公のMax、その母、wild things、ナレーター、大まかに言えばこの4種を、声の要素であるpitch(高低)、rate(緩急)の組み合わせで、別々の声に聞こえるようになったこと。

頭のなかで「こうすべき」と考えるだけでなく、実際に喉と口と身体を使って、声の高低を変え、早く読んだりテープの遅回しのように非常にゆっくり読んだりの緩急の練習のおかげだ。

聴衆には、これだけでも物語が非常にわかりやすくなる。

演習は基本的なものだが、効果は抜群だ。ただ、時間を経るとまた少し単調、平坦に戻るので、朗読前に今回の演習をすると効果が復活する。

もうひとつ、これは参加者がどの程度自覚できたかわからないが、Animal Walkという一見「ふざけている」と見えるかも知れないシアターゲームの、効果が絶大だった。

animalsの代わりに、この日はwild thingsをイメージして、実際に巨体を揺らし吠えまくり、歯をむき、目をぎょろつかせながら部屋中を歩き回るというもの。それを見ながら該当部分を読み手が読み、歩くほうもそれを聞きながらさらに感じを出して歩く。

随分とエネルギーを使わせてしまったが、朗読への効果という見返りは大きいだろう。上っ面ではない、動作や形態をイメージさせるroarだったりrollだったり、clawsだったりになったのだ。これが聴衆にはたまらない。楽しくなるのだ。

豊かな表現には読解も欠かせないが、机上で理解するだけでは出せるものではない。身体的な演習も必須だ。このことが、この日、文字通り身にしみたかも知れない。

表現と身体の関係:認定講師講座8月報告その1~リードアラウド研究会

連日だった今月の講座。ベテランが顔をそろえる年間のコースと、新人の一日コース。

共通していていたのは、「アクティビティ」「シアターゲーム」として行う表現演習を少し多めにしたプログラムということ。

これの長所はなんといっても、朗読する自分の表現力が上がると同時に子どもの指導に応用できるところ。一石二鳥である。

ベテランの多い「認定年間コース」で初めて試みた、Dabbing ゲーム。dabとは「吹き替え」のことで、外国語映画などに声優が日本語で吹き替えするように、動作だけする人に合わせてもう一人が台詞を当てるというもの。

読みながら自分でなんとなく動作をつけていると、「なんとなく」の無駄が多い。その無駄を省き、観客の内容理解を促す有効な動きにすることは、リードアラウド指導者の力になる。

この演習?いやいやゲーム?が、面白い。

やっている二人が面白さを感じるだけでなく、台詞術もマイム術も上がり、そのうえ観客からは、二人のちょっとしたズレや変な動きに大笑いが生じる。

台詞術でいうと、本物の間合いの感覚がこれでわかってくる。一人で読んでいると、リアルな会話よりも間が詰まったり、不自然な間が空いたりいわゆる「クサい」演技にもつながる。動作にかかる時間を、パートナーのリアルな動作を見ることで感覚的にわかるようになる…ための演習でもあるのだ。

実際に、この日の参加者のみんなの朗読「before/after」は、PiggieとGeraldの会話で成り立つ課題書『We Are in a Book』が、生き生きと3次元的に立ち上がって見えるものに、数段上達したと思えた。

2018年夏にもう1冊『When You Reach Me』~キッズブックス英語スクール

お盆も終わり、夏休みも残すところ約2週間。大人はもう英語で読書の時間はないかもしれないが、これなら短い章に分かれているので、細切れの空き時間にも読めそうだ。

『When You Reach Me』

1978、9 年のニューヨーク、裕福でNY文化の中心ともいわれるupper west sideに住む中学生と、その生活や周囲の人々がリアルに描かれる。それに加えて、主人公の10歳の少女が受け取る謎の手紙と、書かれた謎のメッセージというミステリーの要素、そしてその解決の鍵がタイムスリップの観念にあるというSF的ひねりが楽しい。

アメリカTVのクイズショー、The $20,000 Pyramid,の最終挑戦者となる主人公の母の夢がロースクールに入って弁護士になることだったり、主人公の家庭が裕福というにはいま少しの経済状態で、給食や弁当の代わりに毎日、1ドル程度のピザを食べるとか、高級アパートとそこの住人の雰囲気とか、街角の人情のある店主がいるが品揃えがいまいちなコンビニとか、描かれる詳細が関心をそそる。

読了する鍵とも言えるchapterの長さだが、これまた短く、ページ数も少ない。小休止しながら、謎の答えを求めて最終ページまで辿り着けそうだ。ベストセラーであり2009年のニューベリー大賞受賞作。表紙が最近変わったがオリジナルも新作も、大人が小脇に抱えても悪くない。

8月の課題書『We’re in a Book』~リードアラウド研究会

夏休みも終わりが近づき、認定講座の課題書の予習を始めた頃だろうか。

今月の課題書が、これまでに取り上げたことのあるPiggie & Elephantシリーズだからと、ゆるく考えてはいけない。

今回のエピソードは、文中のキャラクターふたりが、この本を手にしている読者を巻き込む。だれの声か、どこに向かって言っているのか。読み方、声の出し方を変えて、一段階上の表現をしたいものだ。

再確認である。休み中も、「ストロー呼吸」の練習はしているだろうか。声の距離感やキャラクターを変えるには、十分な呼気がいる。「ゆで卵発声法」の練習は?声帯のある喉元から口までできるだけ大きな円柱を作って、そこを通すような感覚で深い声を出すためだ。

さて、今回の予習のキモは…

以前から持ち越している、体の大きな男子7~10歳前後(Elephant)と、小柄の女子6~9歳前後(Piggie)の台詞回し。そろそろ極めたいところだ。

ただ高い声と低い声で読み分けているようであれば、もうひとつふたつ階段を上がるつもりで、それらしい年齢の声でかつ男子、女子の差を出したい。

スクールなどで子どもたちが同書を読むのを聞いての最近の気づきだが、男女差は声変わりしていないので、大人が思うほど声の高低にはない。質にあるようだ。

ちょっとぼんやりなところ、お人好しなところ、だまされやすいところ、そして女子に対して「かなわないなあ」という、ちょっとした尊敬の感じがあるのが男子。

女子はママっぽい、上から目線。物事を目の前のこと、見聞きした「常識」だけで判断しがち。おしゃまだが、急に気弱になる独特の可愛らしさがある。

ここらへんから、キャラクターを作って立ち姿、口の開き方、顎の位置など身体的特徴を作り、声に反映させたらどうだろう。

ところで、本エピソードの台詞の一番の特徴は、文中のふたりの会話だけでなく、本の外のわたしたちに呼びかける台詞があること。たとえば、文中「Banana」という台詞は、誰の声で読んだらいいのだろう?

また、Piggieがクローズアップで描かれているところ、だれに向かっているのだろう?声の向きを工夫しなければならない。上に向ける?大声?

これまでPiggie & Elephantを何冊かリードアラウドした「ベテラン」は、絵で言えば輪郭は描けたので、今度は陰影をつけ立体感を出す段階に入ったと意識して予習!

英語を音読する速度について〜キッズブックス英語スクール

スクール2018年度の小学生クラスで、いつもの「3-Minutes Reading Fluency Assessment」、第一回目を実施した。

今回、特にWord Count per Minute(wcpm)の結果を見て、これまでの経験と合わせて改めて思った。

 

インターナショナル・スクール生だろうが、いくら英語経験の長い小学生だろうが、英語が母語でない日本人英語学習者は、wcpmのポイントが低い。

つまり、fluencyのひとつの指標である「正確に読む速度」が遅い。

 

よく言えば「丁寧」なんだろうが、録音の遅回しみたいに聞こえることがある。

やっとこ読めるようになった小学生のポイントが低いのは当たり前として、不思議なのは、「読める」とされる上級者(英語の先生でさえ)でも、完成形とする読みの速度が遅い。不自然なほど遅いことが多い。

母語ではないことがよく現れるところなのだろうか。

 

「ネイティブ並みを育てる」とする日本の英語指導者、日本で教鞭をとる英語圏の先生でさえ、生徒の前で読む速度は遅めで、手本がそうなのだから自然と読む速度については生徒に点が甘い。

評価に、wcpmが指標に入っていない感じだ。

 

代々、そうだった結果がこれ。

「みんな早口で何を言っているかわからなかった」という英語圏に旅行したり、生活を始めた日本人の典型的な経験だ。

 

自分たちがいつまでもテープ遅回しのような速度を手本にしていては、普通速度の英語が聞き取れないのは当たり前だろう。

 

英語指導者として、ぜひ生徒には、普通の英語圏の英語を「早口」と聞こえない耳と口を育ててあげたいと思う。