精進ありがとうございます:認定講師講座第2回報告その1〜リードアラウド研究会

前回の課題書『Hello, Baby!』をこの1ヶ月でどう仕上げたか。しょっぱなに全員に披露してもらった。

わあ〜、Rさん。ご精進ありがとうございます。

聴き惚れました。

幻の生きる喜びに溢れたbabyを前にして、これまた溌剌とした大人が、広い世界の動物について語りつつbabyに愛を注ぐ、そんな場面が確かに目の前に広がった。

チャーミングってこういう読み方かもしれない。

そして皆さん。みなさんのそれぞれの個性ある読み。こちらもご精進ありがとうございます。

よくなったなあ、と思うところがいっぱい。

細かい気になるところを吹き飛ばすチャームが勝つ朗読まで、あとほんの数歩だ。ときどき読んで、磨いていこう。

さて、それから今回の課題書『Big Cat, Little Cat』に取り掛かった。

指導については「報告その2」に書くとして、表現の演習について報告する。

一番印象深かったのは、語り口の演習。

認定講座2年生以上の参加者には、流暢さだけでなくその一歩先、作品の語り口を考え、適した語り口を自分の声でも再現することを目標とする。

今回は語り口のTPOなるもの、それに合わせて読み分ける演習だった。

どこで、誰に、語り手は誰?

読む内容は叙事詩、ファンタジー、思い出話?

など、人は普段の会話ではそういったTPOを無意識に語り分けている。

それが、虚構のよその人の書いた文を「声読」となると、頭と体がギクシャクしてくる。実際に今経験している場面でないと、声から自然な感じが薄れる。うまい役者とそうでない人々の差が、多分、ここにある。

There was a cat/ who lived alone.

例えばこのたった1行は、どこで、誰に、誰が、どういう話として語っているのか。

劇場で、俳優が大観衆に語りかけているのか?

部屋で身近な人に少し前の思い出を語っているのか?

スタジオでアナウンサーが読み上げているのか?などなど。

今回の演習で、「読み方にはTPOがある」ということは、少なからず意識はできただろう。

頭でわかっても、声で違いを出すのは、個人的な経験え言えば、ひどく難しい。頭ではわかって、声に指令を出すのだが、口から出た声がそうはなかなかならない。あんまり練習して、ひとりごとだらけの「危ない人」になったこともある。

この感じは、イメージと実際が掛け離れる運動のに似たもどかしさだ。

天才以外の人々が運動でうまくなろうとするときと同様に、頭と体(声)がツーカーと繋がるまでに必要なのは、体に癖をつける時間、つまり練習が必要だ。

語り口は、今後も一緒に学んでいきたい。

一緒に精進してまいりましょう!

英語絵本の朗読上達の道程@カルチャーセンター〜リードアラウド研究会

一般の大人向けに「声に出して読む英語絵本」という講座を、カルチャーセンターで開講し2年余。10~11週間に5〜6回、一回90分のレッスンで、2冊の絵本を仕上げるコースだ。

講座開始の時から継続して下さっている数人に、いつも新人が混じるという編成のおかげで、さまざまな段階からの上達の道程を、同時進行で見聞きできる貴重な時間だ。

科学的というには、命題である「表現を豊かにする」の検証方法に客観性が足りないことは承知している。それでも、「〜をすると表現が豊かになる」という仮説の「〜をすると」の部分を、小さく具体的に毎回立てて、そのための演習し、結果を検証するという、「ちょい科学的」なレッスンを心がけている。

この春学期は、まず『Freight Train』。

本書では「序」の部分、登場する「主人公」、貨物列車の様々な色と、様々なタイプ・形への、ナレーターの驚きや賞賛の部分を、声に表す。

ここで受講者の最初の課題は、ただの伝達でしかない読み、または意味のない抑揚や場違いな感情を、自然な喜びや興奮という心の動きにして読み表すこと。

「色の名前、タイプの違う貨車の名称に、とっさに感情を入れて言う演習で、文として読んだ時にも感情が表出されるようになる」という仮説を立て、レッスンを始めた。

先日はそのレッスン2回目、「検証」である。

「霊柩車の送り出しですか」と、口の悪い講師(私だが)のありがたくない講評をもらっていた新人の、平坦というよりも暗い口調が、まっさきに変わった!

redでは力強く、orangeでは活発に、blueでは上を見上げて深い息で感嘆するように…と、言葉に血が通う。その変わりように、拍手もでる、でる。

これが、典型的な新人の、レッスンの即効的な「効き目」だ。感情を言葉に乗せるというスイッチが、上記の演習でオンになるらしい。

すでに「オン」になっているベテランはベテランで、前レッスンからのブランクでオフになっていることもあり、この演習で再びオンになる。

それから、その先の課題へ。

今回は、ナレーターのキャラクターを加味すること。

「ナレーターは誰?」

「ナレーターのキャラクターを意識すると、表現がよりリアルになる」という仮説は、ベテラン向けだ。

色や形の多様さに心を踊らせるのは、子どもに語る大人(親など)なのか、

それとも

自分自身が鉄道大ファンの「鉄男」や「鉄子」なのか。

「(ナレーターが誰だか)意識していなかった」

というのが、たいていの反応だ。

だから意識するだけで、あちこっちむいていた感情の統一がとれ始める。

ナレーターが誰か意識すること、これも表現を豊かにする方法の一つであることが、この日も「検証」されたかな。

「お経」が消えた、シャドウイング効果!〜キッズブックス英語スクール

小さなクラスで英語指導をしていると、ときに生徒が気がかりな、固定しそうな好ましくない英語のクセを出し始めるのに気づく。

一年くらい前のこと、幼児のときから絵本でリードアラウドをしてきたひとりの小学生クラス生徒の英語の一本調子が気になりだした。

そこそこ読めるのだがどうも一本調子なのだ。

「お経みたい」とクラスメートに言われて、ひょうきんな本人も調子に乗って、ますます一本調子に磨きをかけそうで、指導者としてだんだん悩みが深くなっていた。

リードアラウドをずっとやってきて、お経みたいな英語じゃ…。胃も痛くなる。

そこで、試したのがシャドウイング。

この年の子どもに出来るかな、などと心配したのは杞憂だった。

これまでも、手本を読み、その後に続いて読ませていたが、シャドウイングと違って手本を聞いてからちょっと間が空くと、手本などまったく左から右へと、耳から抜けてしまうのであった。

それが、シャドウイングさせたら、どうだ。

まず、難なく後についてこられるのに感心した。

そして、素晴らしい。

指導者の読み方にすっかり「つられて」、読み間違えはないし、自然なイントネーションも表現もちゃんとついているではないか。

なんだ、できるじゃない!

シャドウイング、どこがいいのかというと…

手本のすぐ後をついて読むから、まず聞き耳をたてる。

それから反射的に声に出すから、真似が自然にできる。

第二言語習得論的に言えば、

音声インプットの知覚とほぼ同時に

同じ音声を発音することによる効果だ。

模倣しほぼ同時に再現すること、これがシャドウイングでの習得だ。

この生徒は、おかげで今はすっかり読むスピードも上がり、

文尾でちゃんと音が下がってセンテンスの終わりもわかるし、

微妙なニュアンスもつき始め、あの「お経読み」はまるで、遠い昔の話のように思う今日この頃である。

「CDB!」って言われても〜キッズブックス英語スクール

「継続は力なり」

英語習得は疑いもなくその通りだと思う。

ーーなので、『キッズブックス英語スクール 小学生クラス』では、土曜日に二子玉川へ来られなくなった生徒のために、平日の火曜日に用賀で授業を行っている

 

新学期、平日クラスの第一回目。

玄関のドアを開ける。

“Hi, how are you?”

と声をかけたら、すかさず

“I’m hungry.”

の声が返ってくる。親しい空気がありがたい。

 

そうだった。小学校中学年以上の男子、いつも空腹。今春めでたく大学生になった男子のときも、そうだった……。

経験則では、こういうときは、バナナ。一房用意しておけば、空腹は収まり、口も滑らかになる。

 

ふた組に分かれてしまったが、『小学生クラス』は、かなり読める生徒たちばかり。どのくらい読めるかといえば、英語圏の2〜3年生程度。かなり文字の多い本の、容赦ないスピードでのシャドウイングについてこられるし、意味も理解できていて、内容について冗談を言い合うこともある。それぞれ弱点はあるが、リードアラウドで英語力は理想に近い伸び方をしている。

 

本年度、『小学生クラス』William Steigの本を二冊使う。

『Shrek』は、大ヒットアニメ映画シリーズの原作。

Shrek!  [With CD]

もう一冊の『CDB!』は、暗号(?)で書かれたとてもユニークな絵本だ。

CDB!

この本で、リードアラウドに加え、Writingの指導にチャレンジする。

 

先日の土曜、そして火曜での手応えは……

よい!

Steigのユーモアと、それを体現する味がある芸術性の高いイラストが、1ページ1ページに深みを与え、「学習させよう」という指導者のチャッカリした魂胆を隠してくれる。

そして学習に必要な、好奇心を喚起する。

 

「さあ、タイトルを読んで!」

シーン。

「うん? こんな短いの、難しくないよねえ?」

「CとDとBだけ!」

「絵を見て。男の子が、虫(?)を指差して、なんて言ってるのかな?」

「この虫は?……そうそう、bee。よくわかったね。じゃ、指差してなんて言ってる?」

「このbeeを見てってかなあ?」と生徒。

「そうそう、では英語でなんて言う?」

この瞬間に、土曜のクラスも火曜のクラスもキラリ。誇らしげ。

「See 〜bee!」

「『〜』のところは? 『D』って書いてあるね? なに?」

「そっか、See the bee! CDB」

と、解読したところで、手元のホワイトボードに英文を書かせる。

嬉しそうに 書いてくれるのが、また嬉しい。

 

こんな仕掛けで、英文を考えさせ、書かせ、それから「暗号」と絵だけを見てリードアラウドさせて……。

ある場面の「暗号」、「S、N-D」。Yes, indeed.

意外と知らないindeedだったが、ここで多分、みんなの頭に記憶として残せた「N-D」。

Writingは、まだまだ続く「O、S.」。 (oh, yes) Let’s have some more fun!

キッズブックス英語スクール 絵本リードアラウドコース・平日クラス

認定講師審査会【大阪】報告:その1〜リードアラウド研究会

大阪でのリードアラウド認定講師の審査会がまだ肌寒さが残る3月末にあった。

まずは朗読。審査課題書からみなさんがそろって選んだのは『A Big Guy Took My Ball』。

こんな所感を書いた。

たとえばMさん:

声量が豊かで伸びがあるため、聴きやすい声で好感が持てる。欲を言えば、大小・強弱・遠近などに、もう少し変化をつけたい。

 役のキャラクターを考えなければ、一般的なfluencyはあり正確でそつがない。ただ、課題書は朗読劇なので、キャラクター造型が必須。もっと三役を際立たせ、各キャラクターに語らせる。誰の台詞か分かりにくいので、役別にピッチと緩急の開きをもっと大きくする。口だけでなく、体全体で表現して、表情も大きめに差をつけてみるよい。

またはKさん。

 声量が十分あり聴きやすい。また、声に明るさや楽しさが感じられるところがいい。

 台詞の解釈もよくできていて、ほぼ自然な語りに聞こえる。さらにキャラクターを立ち上がらせるには、どんどん言い進むのではなく、ためらい、ため、息遣いを入れたり、大小・強弱・高低の幅を大きくしたりするとよい。キャラクター研究をもう一歩進めることで、自然にそういった要素もでてくるだろう。

そして、ベテランの域に入って来たJさん。

声にボリュームと変化があり、魅力もある。キャラクター造型を意識しているため、表現もより大きく立体的になり、言葉が本から浮かび上がった。視線の動きも自然に感じられた。

 三役の声・口調・緩急の分離をもう少し大きくすると、もっとキャラクターが分かりやすくなる。特にPiggieの幼い可愛らしさに工夫があるといい。幼女のキャラクターは他の本でも使えることが多いので、幼い女の子を観察して今後の参考に。

 正確で安心感のある朗読は、印象付けもあって、楽しく聞くことができた。

こんなところを、審査では聴いたり見ていること、参考に。