『Everyone Poops』ナレーターの声を考える〜英語絵本リードアラウド認定講師講座第4回

今月はこの本、五味太郎さん作の『みんなうんち』、『Everyone Poops』だった。日本語から英語訳されて長く愛されている一冊だ。

声での表現にまず、考えるべきは、本書の中から聞こえてくる声がだれの、どのような声か。

 

今回の本書では、声はひとつ、ナレーターの声だけだ。

 

どういう人だろう。

どんな口調だろう。

どんな感じでその人は語るだろうか。

 

ついつい、このことを考えずに読み出してしまいがちだが、リードアラウドでは必ず、

その本から聞こえてくる声がどんなものか、考える。

 

そのために、本書をよく読む。読解する。

 

すると、子どもに向けて飽きさせないように、楽しく上手に語られているが、ノンフィクションで動物学や生物学系の本だと見えてくるだろう。

 

ナレーターは、動物の種類と生態についてかなりの科学的知識がある人のようだ。

そのうえ、ちゃんと子どもに目を向けて、子どもが気になる点や、面白がるところを心得ている。

教育的視点からも子どものためを考えている人だ。

 

そんな人が、どこを「教えてあげたい」ところとして力を入れて、どこを「面白がらせてあげたい」と子どもを少しだけからかっているのか。

 

ひとによって、「教えてあげたい」ところが上手で、ときに上手すぎて(?)、先生然または「お勉強」的になって、しまうこともある。

またひとによっては、「面白がらせてあげたい」気持ちが強くて、全体的に作り話のようになって、ちょっと年長になった子どもに興味を失わせることになることもある。

 

ナレーターのキャラクターをよく消化して、上記二点をうまく配合したナレーションを、次回まで待つとしよう。

 

 

 

英語の声&日本語の声:『The Giving Tree』を声で表現する〜渡辺知明さんとコラボ

英語絵本のリードアラウドを始めた頃、

英語を読むのだから「ネイティブのほうがやっぱり上手なはず」

とよく言われた。

そうではないのだ、と反論するのに引き合いに出したのが、

日本人による日本語の本の朗読やいわゆる読み聞かせで、

「日本人ならだれでも上手ですか」

と尋ねたものだ。

 

すると答えは決まって、

「いやいや、そんなことはない」という。

 

「でしょう?だから、英語の本も同じ。ネイティブにも上手い、下手がありますよ」

と言って、非ネイティブの、また非ネイティブならではの、英語絵本の表現、聞かせ方を磨いてきた。

 

そして、母語である日本語のことはいつも気にはしながらも、その読み方にはいっさいタッチしてこなかった。

 

日本語の絵本だったら、いったいどう「リードアラウド」する?

同じ本が、英語で表現できるなら、日本語でもできるのか?

 

自分の不勉強は棚に上げ、ほうぼうから聞こえてくる日本語での読み聞かせや、朗読の多くには、違和感を持った。

その違和感を説明できずに、いつももやもやしていたところ、渡辺知明さんの「表現よみ」と遭遇した。

もう10年以上まえになる。

 

すっと腑に落ちた。

 

渡辺さんが、巷の日本語の声による表現、ときにTVショッピングの司会者の声にまでコメントしていて、興奮した。まったく、共感する内容だったのだ。

 

しかしそれから、わたしの怠惰のせいで、つい最近まで渡辺さんの書かれたもののそばを、ふらふらしていた。

 

それがやっと、このたび、ご一緒させていただくことになった!

 

ブックハウスカフェでコラボ、

英語の声&日本語の声:声で表現する絵本ワークショップ 

開催だ。

 

課題書は、『The Giving Tree』と『おおきな木』。それぞれ、大島と渡辺さんが担当する。

まずは、わくわく。

渡辺さんはどう読むのだろう。

 

そしてじわじわと、ことの重大さがわかり始めて、恐れが湧いてきている……。

 

 

●渡辺知明さんの『ごんぎつね

巷の朗読によく感じる自己陶酔感のようなものを排除した、この童話に即した架空の読み手としての読み。そこに違和感のない、造型された生きた個性を感じるとともに、聞き手への温かい「聞かせたいこころ」のようなものが流れてくる。