英語の声&日本語の声:『The Giving Tree』を声で表現する〜渡辺知明さんとコラボ

英語絵本のリードアラウドを始めた頃、

英語を読むのだから「ネイティブのほうがやっぱり上手なはず」

とよく言われた。

そうではないのだ、と反論するのに引き合いに出したのが、

日本人による日本語の本の朗読やいわゆる読み聞かせで、

「日本人ならだれでも上手ですか」

と尋ねたものだ。

 

すると答えは決まって、

「いやいや、そんなことはない」という。

 

「でしょう?だから、英語の本も同じ。ネイティブにも上手い、下手がありますよ」

と言って、非ネイティブの、また非ネイティブならではの、英語絵本の表現、聞かせ方を磨いてきた。

 

そして、母語である日本語のことはいつも気にはしながらも、その読み方にはいっさいタッチしてこなかった。

 

日本語の絵本だったら、いったいどう「リードアラウド」する?

同じ本が、英語で表現できるなら、日本語でもできるのか?

 

自分の不勉強は棚に上げ、ほうぼうから聞こえてくる日本語での読み聞かせや、朗読の多くには、違和感を持った。

その違和感を説明できずに、いつももやもやしていたところ、渡辺知明さんの「表現よみ」と遭遇した。

もう10年以上まえになる。

 

すっと腑に落ちた。

 

渡辺さんが、巷の日本語の声による表現、ときにTVショッピングの司会者の声にまでコメントしていて、興奮した。まったく、共感する内容だったのだ。

 

しかしそれから、わたしの怠惰のせいで、つい最近まで渡辺さんの書かれたもののそばを、ふらふらしていた。

 

それがやっと、このたび、ご一緒させていただくことになった!

 

ブックハウスカフェでコラボ、

英語の声&日本語の声:声で表現する絵本ワークショップ 

開催だ。

 

課題書は、『The Giving Tree』と『おおきな木』。それぞれ、大島と渡辺さんが担当する。

まずは、わくわく。

渡辺さんはどう読むのだろう。

 

そしてじわじわと、ことの重大さがわかり始めて、恐れが湧いてきている……。

 

 

●渡辺知明さんの『ごんぎつね

巷の朗読によく感じる自己陶酔感のようなものを排除した、この童話に即した架空の読み手としての読み。そこに違和感のない、造型された生きた個性を感じるとともに、聞き手への温かい「聞かせたいこころ」のようなものが流れてくる。