認定講座の課題書予習法~リードアラウド研究会

9月のリードアラウド認定講師講座の課題書は、ちょっと文の量が多いコレ!

早くもクリスマス準備である。本書は英語圏で「クリスマスと言えば…」とすぐに挙げられる大ロングセラー。だけれど、凝った英語のrhymingが満載の原書の楽しさが、翻訳では伝わらないようだ。日本での知名度や読まれる機会はあまり高くない。

日本人の、いくら英語ができる人でも、本書の味をうまく伝えるのには、ちょっと骨が折れるかも知れない。英語がうまくこなれていないのに、おまけに英語の初級者である子どもたちに読み聞かせても、よさが伝わらないだろう。

そんな、おもいっきりチャレンジングな絵本を選んでみた。この本、どう練習しようか。

昨年度の講座に参加していたベテランは、『Crow Boy』を思い出して欲しい。あの努力だ!あれができたのだから、これもできるはず。

ベテランだろうが新人だろうが、まずは、ただ読む。表現のまずさなど気にせず、まず読む。最初から最後まで、集中力とdecoding力がこれで養われる。間違わずに読むこと(decoding)は、プロとして最低限の矜持。何度も読むにつれ、苦手な語がこなれて自分のものになっていくのを経験的に知っている。

愚直に、だまされたと思って今日から毎日1回でいいので通しで読もう。1週間も経つと、自然に次の段階が見えてくるものだ。

その頃に、また次の練習方法をお知らせしようと思う。

コメントを残す

CAPTCHA