英語で感情を表す〜キッズブックス英語スクール

英語という母語でない言語で、そのときどきの自分の感情にぴったりあう語彙を選び、その単語に気持ちを100%負わせられるのには、

ごく濃い英語環境で暮らした経験か、浅いのなら長い英語経験

が必要だと思う。そうでない場合は、隔靴掻痒というか欲求不満の状態だ。

たとえば、湯気が頭から出るくらい、破壊的行動に出たくなるほど、かんかんに怒ったとき。

ごく普通の日本人の英語知識だと、angry またはせいぜいvery angry くらいしか思いつかないかもしれない。

I am very angry.

でもこれでは、お笑いのネタになってもおかしくないくらい、まぬけっぽい。

そんなときは、furious 。これなら、カッカしたイメージが浮かぶ。

または、嬉しくて興奮したときに、I am very happy?
なんとも、これでは弱い。

もっと、もっと、飛び上がって万歳するくらい嬉しいのだ。

ecstatic!

こう言えば、気持ちが収まるだろう。

実際に、こういう場面を経験し、そこで的確な語彙を仕入れられればいい。

でも、例えば1年の留学では、出会う場面の種類がそう多くない。

日本で英会話学習でスキットを練習しても、

状況設定が非現実的だったり、

感情表現をともなわない読みや暗記だけだったりで、

ある程度長く学習しても、当意即妙な英語にならず、いつも欲求不満を抱えることになる。

それではどうしたら、日本にいながら、

そんなに濃くない英語環境で、
自分の感情にしっくりくる英語語彙を身につけられるか。

本だ。
特に絵本が、長すぎず、場面がつかみやすく、使い易い。

それを、少し大きめの表現をつけて

繰り返し

声に出して読んでいくこと。

そうだ、リードアラウド!

リードアラウドの力を、もっと上手に言葉で表し、より多くの人に伝えたい。

英語絵本大人セミナー
*朝日カルチャーセンター「声に出して読む英語絵本」講座

*英語のプロにはこちら

*子どもたちにはこちら

感情など形容詞の表現練習に使って見て、よかった本:

濃い英語環境