『Tough Boris』をタフに言う@ブックハウスカフェ~リードアラウド研究会

英語で鳥の名前を挙げていて中学生が、sparrow を知らなかった。

スズメだと聞いて、

「えっ、海賊の船長Jack Sparrow、(この名前は)全然強そうじゃないくない?」と。

まあそれはそうとして、海賊はいかにも強そうだ。

そんな海賊の中の海賊たちが登場する絵本、
『Tough Boris』。

先ごろ、新生ブックハウスカフェで、「小さなお友達」や「大きなお友達」と一緒にリードアラウドをした。

本文は繰り返しもある上、文量は少ないが、文以上に情報を含む絵と相まって、詩情をかもす。

いやでもリードアラウドしたくなる、Mem Fox 作の一冊だ。

文は少なくとも、使われている語彙は洗練されている。
「上級」な形容詞が多い。

この形容詞をそれらしく読んで体得してもらうことに、焦点を絞った。

tough
fearless
massive
scruffy
greedy
scary などなど

一瞬「!」と、会場を唖然とさせるほど迫力あるH先生の表現、インパクトはあったと思う。

どれか一個でも記憶に残ったかな。

これらの表現を皆さんにやってもらって、やっぱり何と言っても、意外性があって可愛らしいのが、「小さいお友達」の表現だった。

金貨の分け前をもらって欲張りっぽく「greedy」と、先生の真似して一心に口を曲げながらいう姿、

そして、

首を切ってしまいそうな恐ろしい海賊に「scary」と金切り声を上げる姿、

いやはや、かわいい。

(大きいお友達も、大変よくできました!)

楽しい時間をどうもありがとう。

(8月は絵本を台本にしてリードアラウドする、リーダーズシアター@ブックハウスカフェ。お楽しみに)