滑らかに「ナチュラルスピード」で舌を滑らせる~リードアラウド研究会

Tongue Twistersや、『My Little Sister Ate One Hare』のリーダズシアターを、認定講座でしていて気づいたのが、Condensed pronunciation or Relaxed pronunciationの練習の必要性。

日本で英語を教えるものとして、使ったほうがよさそうなそんな短縮した発音を挙げてみる。

a couple of = acoupla
of = a
I will go = algo
a lot of = alotta
and = an’
…than = ‘an
at him/at them = atom
about = ’bout
you = chu
come here = c’mere
come on = c(mon
could have = coulda
the = d’, da
her = ‘er
them = ’em
if I = fi
for them = for’em
give me = gimme
got to = gotta
going to = gonna/gunna
have to = hafta
have it = havit
ing = in’
is he = izzy
o.k. = ‘k
let me = lemme
kind of = kinda
and = ‘n’
another = ‘nother
enough = ’nuff
of = o’
out of = outta/ outa
should have = shoulda
some of = summa
to = ta/ t’
take a = taka
you are = yar
your = yo’
used to = yoosta/ yousta

知っているのと知らないのでは大違い。
初級、中級者の場合、知っていると英語圏へ行ったとき、街の人々の英語が分かりやすくなる。

日本にいるネイティブは、日本人と英語を話すときは、英語圏では「不自然な」くらいゆっくりしゃべっている、ということを忘れずに!

「現地ショック」を和らげてあげるのも、先生の役目だろう。

コメントを残す

CAPTCHA