クレヨンハウスでリードアラウド

 20日(日)は、表参道のクレヨンハウスでリードアラウドをする。使う絵本は、How About a Hug?

9:45から10:45まで、今回は今のところ15組ほど予約があるらしい。このくらいの人数がいれば、やりがいもある。

 また28日の成蹊学園国際教育センターでのワークショップは、29組!こちらは、David Goes to Schoolなどを使用(非公開)。
お知らせ:7月から指導者向けに「英語絵本リードアラウド・ワークショップ」(全6回)が始まる。第1回 7/14「リードアラウドとは」、第2回 7/21「絵本の力」、いずれも土曜日の10:00から12:30まで。3回目以降は9、10、11、12月に1回ずつ同じく土曜日を予定している。6回で1セッション終わり。場所は恵比寿。その他詳しくはここをご覧ください。ご不明な点はメールまたはお電話でお問い合わせください。

 いつものことだが、たとえ何度か使った本でも、新しい機会が来るたびにどう「料理」しようかと考える。
ディスカッションの時間も設けてあります。一緒に「楽しく英語絵本を読んで、英語を教える」手腕を高めましょう。わたしの知っていることを、すべて公開します。(大島英美)
 さて、クレヨンハウスの場合は、親子連れがほとんど、そして年齢層が低い。いつもの決めごとの他に、この本固有の使い方を、次のように考えている。

 
How About a Hug?
How About a Hug?

1)子ども向けの言葉遣いですすめて行く。