なぜその英語「棒読み」になる? #2〜キッズブックス英語スクール

前回に引き続き、子どもたちと『Elephants Cannot Dance!』を台本のように使って、Readers’ Theaterの練習をした。

相変わらず、一部が棒読みで、一部が自然な口語に近い読み方という現象は継続中。

スクールのベテラン生徒の中学生も、すらすら棒読み派。

10年以上、同様なことに直面してきた。

少人数のクラスばかりなので、大した説得力はないかもしれないけれど、この年齢に見られる棒読み現象は、一種「臨界期説」の派生現象かも?

[臨界期仮説/Critical Period]言語はある年齢(期間)を過ぎると獲得が不可能になる。

母語を獲得するために幼児期から使えた言語能力は、第二言語学習にも使えるが、年齢が上がるにつれて使用できなくなるという。

そう考えると腑に落ちる。

英語を聞いたままに、ネイティブの口語のように復唱し、サラサラと覚えることができる生徒は、まだ臨界期を迎えていない。

口語的な言い方を復唱させると、文字を読んでいる然とした読み方になる生徒は、臨界期を過ぎている。

質的に異なる臨界期があるとも言われている。

だから、スクールで直面してきた難しさは、英語学習の一部だけという感触がある。

これは別の機会に。

さて、臨界期を迎えている生徒に、どうやって英語の自然な口語的表現を指導するか。

これまでの指導経験で見えてきた、有効かもしれない方法がある。

それは、頭のチャンネルを変えさせること。

思考の分野ではなく、反射の分野で処理するチャンネルを開通させる。

「つい先生の口調をマネてしまった」という感覚だ。

指導者には、筋トレにも似た努力が必要だけれど、生徒にも頑張ってもらおう。

今年度も、あとひと踏ん張り、いやふた踏ん張り。

前回のブログ(なぜ棒読み#1)

 Elephants Cannot Dance! ( Elephant & Piggie Books )

キッズブックス英語スクール

2022年度小学生クラス学習素材その1〜キッズブックス英語スクール

2022年度キッズブックス英語スクールが始まります。

本スクールはできるだけ、第二言語習得論(学)で分かってきた、母語ではない第二言語の、年齢相応の学び方を取り入れるよう努力しています。

中でも、シャドーイングという方法は、子どもから大人のクラスでも常に使っています。

 

これは、シャドー(影)のように、手本の音声をどんどん追いかけるように、声に出して言って行く練習です。

何とおりかやり方がありますが、子どもの場合は文字と音声の一致もさせたいので、耳で聴きながら、文字を指で追わせつつ、声に出して読ませています。

シャドーイングは、英語学習に必要なインプット(聞く)とアウトプット(言う、読む)を同時に鍛錬できるうえ、「認知を超えた上位の認知(メタ認知)」、つまり自分が学習している状態をその場で第三者的に認知する(自分をモニターする)ことができることから、学習効果があることが科学的に示されています。

 

あるとき、スクールでわたしたちが指導した起伏ある表現があって、おまけに子どもらしい生き生きとした表現も加わった、ほぼ満点のリードアラウドを披露してくれた生徒がいました。本人の潜在能力や実力もありますが、素材として渡ししていた音源で、シャドーイング練習をしたということも聞き、その効果を再認識しました。

 

以前はCD付きの絵本を探して、利用していましたが、昨今は出版社がCD付きをあまり作らなくなってしまいました。

そこで、シャドーイングの練習ができるように、新年度はYouTubeにあがっている、officialの音源か、許諾を受けている団体のもので、かつわたしの耳で「これなら」と確認したもの(これがなかなか、ない)、または「門外不出」の私家版などでご紹介します。

 

さしあたり、以下の3本。今回『The Rock From the Sky』はpart1です。

 

  1. David Goes to School
  2. Alligators All Around  
  3. The Rock From the Sky part 1

     

英語の「語彙問題(problems)」〜キッズブックス英語スクール

「英語で書かれたものをなんとか理解するためには、そこに使われている言葉の95%以上を知っている必要がある」ということが、学術的に言われている。

そして、既知の事実として、「読解力は語彙力との相関が高い」ことが知られている。

 

それでは、わたしたち日本人が学校の英語の教科書で、どのくらい語彙を学んでいるのだろうか。

以下に示されている。

 

学習指導要領に基づく英語教科書で学習する語数

  • 出典:「旧学習指導要領」(文部科学省) (http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/cs/index.htm) 各回「学習指導要領」より加工

     

     

    2021年現在は、一番下の段に該当する。

    今の小学5、6年生が、まじめに小学校、中学校、高校でそれぞれ教科書の語彙をすべて学ぶと、4,000から5,000語の語彙を持つ。                                                                            これでやっと、1951年の高度な教科書を選択した当時のエリート日本人高校卒業生と互角になる。しかし、アメリカの調査では、なんと、もっとも典型的な5歳児(!)が10,000語を知っていると言うから、エリート高校生も語彙数で言えば5歳児の半分でしかない。

   

   10歳児なら少なくとも20,000語の語彙があり、日本では大学院に進む人がやっと累積語彙数8,000語になる

   というから、歴然とした差だ。

   わたしが、最初にアメリカに行って、郊外の家にホームステイしたときに、いろいろわからない言葉があっ  て「それってどういうこと?」と近所の子ども(1年生くらい)に尋ねると、真顔で「おねえちゃんなのに、そんなこと知らないの?」と驚かれたのを思い出す。

知らない言葉だらけだった。

 

「語彙問題」、わたしが初めてアメリカへ行ったときからずっと抱え、あの手この手でそれなりに、一歩一歩取り組んできた問題を、今、改めて、指導者として考えていこうと思う。

アセスメントでわかる英語指導の塩梅:小学生クラスの場合〜キッズブックス英語スクール

これまでの経験で言うと、英語学習歴ほぼゼロの状態から、スクールの「親子クラス」で順調に学んでいくと、3年目ごろには、英語圏のG1程度の文が初見でも「読めてくる」。「読めてくる」というのは、文章を音声にできるという意味だ。

この3年目の生徒ほぼみんなに共通して、アセスメントであぶり出されてくる現象がある。英語母語者の場合は、G1の実年齢の6〜7歳によくみられる。それは、読み下しの上手さと、読解の浅さのギャップだ。読解は、浅いというより、からっぽに近いことも少なくない。かなりスラスラ読めるのに、なにが書いてあるかさっぱりわかっていない。

これは、英語圏ではかなり前から問題になっていたが、日本では小学校英語などで英語学習の低年齢化が進んできた、せいぜいここ10年くらいに見えてきたことだろう。もしかしたら、まだ問題として気づいていない英語の先生もいるかもしれない。

スクールでは、アセスメントのおかげで、この不思議な現象が問題化していた。でも、近頃はその現象への対処も、だんだんわかってきて、落ち着いていられるようになった。「小学生アドバンスクラス」に進級するまでには、ほぼ解決。あとはどれだけ、英語圏の同年齢のレベルに近づけるかという問題になる。

その対処方法について、ここでふれない。なにしろ英語の指導では、いつも生徒の進歩の診断が大切にして、要所要所で指導の修正や補強が求められることを、身にしみて感じている。

2021年前期リーディングアセスメント終了:その2〜キッズブックス英語スクール

英語圏G4レベルでアセスメントをした、英語学習歴4年以上の生徒たちが、順調に伸びているには、わけがある?

 

多分、その秘訣は指導に取り入れている、シャドーイングではないかと思う。

第二言語習得論でも、その効果がいわれているものだ。

レッスンでは毎回、Lexil(英文の難易度の指標、0Lから1000L以上まである。『ハリーポッター』シリーズが800〜900L程度)が300~500Lの本を、指導者の生声または録音の声の後について読ませている。

短いものであれば1冊、チャプターブック(いくつかの章に別れた読み物)なら1章程度を生徒は読む。

 

完全な形のシャドーイングは文字を見ないでやるが、わが生徒の場合は、まだ本を手に、手本のすぐ後について声に出して読む、シャドーイングの初級スタイル。

 

それでも最初のうちはたどたどしく「シャドー」になりきれず、ときどき待ってあげないとついてこられなかったが、近頃では、本人たちも「動く歩道」に乗って歩く気分のように、すいすい。スピード感を楽しんでいるようにも聞こえ、とても頼もしい。

 

こうして気づけば、ひとりで読ませても、読み飛ばしが多かった生徒はそれが激減し、抑揚なしで「お経のよう」と言われた生徒からは棒読みが消えていた……。

 

素晴らしいおまけは、知らない語彙にヒントをあげれば、どんなことが書いてあったか、それなりに大意もとれるようになったこと。

 

リードアラウドで目指す、fluent reading(読解をともなう表現ある読み)には、シャドーイングが効く!

このことを、はっきり意識できたのも、定期的なアセスメントをしているおかげだと思う。