Learn English with TV series 小学生向け~キッズブックス英語スクール

イギリスBBC制作の英語字幕付きのマンガ、BINKA。
1エピソードが4~5分で、英語も綺麗です。
字幕をオンにして、普通の速度でも「小学生クラス」「親子クラス」の生徒は大丈夫そうです。

「入門親子クラス」は、まだ字幕は邪魔なので出さないで、そのママ聞いてみましょう。

こんなマンガでも、英語のインプットとして役に立ちます。

Binka by BBC

「小学生クラス」のNさんは、これがいいかも。字幕を出して見てください。
=”0″ allow=”autoplay; encrypted-media” allowfullscreen>

このほか、このGeronimoシリーズはこちらにも。

語彙がかなり上級な『Martha Speaks』は、小学生クラスでも字幕及び、スピードを0.75にした方がいいかも?

こちらも。

Learn English with TV series:夏休みに英語のインプットを増やす(高校生以上向け)

「文明の利器」を使って、英語のインプットを楽しみながら増やしましょう。

オススメは、英語字幕付きのドラマ鑑賞。

字幕をオンにしてみます。
もし、速すぎと感じたら、画面下の並んでいるアイコンの「設定」から、「速度」を選び、「0.75」またはもっと遅くするなら「0.5」にして、ビデオ再生しましょう。

同じのを見て学ぶ方法もありますが、私はどんどん他のを見るタイプでした。
「勉強感」を薄く、ドラマを面白がってみる方が、長続きするのかなとも思います。

一日1本など決めて、継続してみませんか?

Friends

この他、「Learn English with TV series」で検索するとたくさんでてきます。
「Friends」の他のエピソードもどうぞ。

シアターゲームと英語〜キッズブックス英語スクール

英語絵本を使って、本を楽しませながら「勉強だ」と気づかせずに、子どもに英語の力をつけていくには?

ーこの問いに答えを求めて、スクールでは「仮説と検証」を続けている。

 

今、ひとつの仮説がある。

それは…

「シアターゲームをアクティビティに使うと、以下のような効果がある」。

効果とは
・集中力が高まる

・反復練習になって単語、フレーズ、文などが定着する

・勉強を「やらされている感」が消える

 

この仮説のもと、

先日の、夏休み前最後のクラスで、

Kitty Wants a Cornerというシアターゲームをした。

オリジナルは、こんな感じ→例

これを、リードアラウドした絵本『Mr. Gumpy’s Outing』

 

本文のキーとなる台詞、

May I come?

を「Kitty wants a corner」の代わりに言う、というアレンジ。

 

こう尋ねられたひとは、オリジナルゲームどおり

Go ask my neighbor.

と答える。

 

最初、戸惑いの顔が見られたが、5度くらいの練習から徐々に笑顔がみられ、

最後のほうでは、台詞が板につき、英語を気にせずゲームで、キャーキャー

盛り上がる歓声が聞けた。

 

暑くて不機嫌な生徒はにこにこ顔に、

英語のフレーズが棒読みになりがちな生徒は自然な抑揚で台詞を、

声が小さめの生徒ははっきりした声に、

控えめすぎる生徒の応答が素早く、

だらだら気味の生徒はしゃきっと、

 

それぞれいい方に変化が見られたと思う。

 

家庭でもうひと押し、するなら、

「あのときの台詞、なんだったかな?」

のように問いかけてみるのがいい。

 

意外と子ども自身も「なんだっけな」と、忘れて気になっていたりする。

そして、こんなふうに会話をしてみるといい。

 

「ああ、Mr. Gumpyに動物たちが『乗せて』ってお願いする台詞のひとつだったね。

May I come?

だったっけ?」

 

「あのゲームでは『入れて』っていうお願いだったね。断るのはなんて断ったかな?

ああ、お隣さんに頼んでごらん、と言うんだった。

Go ask my neighbor.

だね」

 

 

 

 

 

子どもに絵本の「読み方」教えを乞う〜リードアラウド研究会

3歳の子どもがたまたま同席した、パパ、ママ向けのリードアラウドの会があった(ブックハウスカフェ、神保町のリードアラウドイベントにて)。

 

子どもと英語絵本をどう楽しむか、を大人に説く時に、特に強調するのは、

 

できるだけ子どもの目で見る

ということだ。

 

この日も、さっそく課題書『Shh! We Have a Plan』

を開き、大人たちに

「絵から想像して、どんな話か語りましょう」

と、まず表紙の絵から始めた。

 

「4人の人がいて3人がシーと指を口にあてている…」

と、大人。

 

そこに可愛らしい声が響いた。

「3人の人がシー言っちゃだめ、としているのを、チビちゃん(右端を指差しながら)がギロッと見ているの」
と3歳。

 

おお、確かに疑いの視線みたいなものを、右端の人物は発している…「あ、そうか」「気づかなかった」と、感心する大人たち。

 

「子どもが見るものを大人は見ない」と、ちょうどそこを指摘したかったわたしに、本物の子どもが目の前で鮮やかな対比を示してくれたではないか!

 

またある見開き2ページで1場面になっているところ。

そこで、大人は左ページから事象の変化を述べようとしたところ、またまた可愛い声がさえぎった。

「ここ、ここにbirdieがいるよ」

 

そう!

この場面、最初に見るべきは左ではなく、彼女が指差した右端の、象徴的なピンクの鳥なのである。

でも大人ときたら、順序にとらわれて左側を。この場面一番のものに目がいっていない。

 

本書のテーマであろう、美しく珍しい鳥を捕まえて一攫千金を狙うような汚れた大人と、美しいものを美しいまま愛でようと思う子どもの対比。

まるでそれがそのまま、この日の大人と子どもの本の解釈の差にも出たようで、愉快だった。

 

物語の伏線となる登場人物の視線の動きや、テーマの象徴でありまっさきに読者の目をひくように描かれたもの(青の基調色の中の鮮やかなピンクの鳥)を見逃すのは、大人。

悲しいくらいわたしたちは、鈍になってしまっている。

 

絵本を「読んでやろう」と偉そうにいうわたしたち大人は、文字が読めるだけで、実はちっとも絵本が「読めて」いないことが多いと自覚しよう。

だから、まずは文字をかくして、絵だけで物語を「読んで」、子どものときの目を少しでも思い出そう。

 

この日は、生身の子どもを「先生」に、子どもの絵本の「読み方」をよく学べた貴重な日であった。

 

 

★次回のブックハウスカフェでのリードアラウド 8月19日

1.パパママ向けリードアラウドfor 赤ちゃん(0〜3歳) ★11:30-12:15

予定絵本 Ten Little Fingers and Ten Little Toes   

2. 4以上親子、大人も!Let’s リードアラウド!   ★13:00-13:45  

予定絵本 Walter Was Worried        英語初めて子どもから

『Sing』を読んだり歌ったり〜キッズブックス英語スクール

スクール親子クラスで、本年度初の歌える絵本をやる。

The Carpentersの往年のヒット曲、また子ども合唱団などもよく歌っているのでご存知の方も多いだろう。

本文は歌詞そのものだが、絵に含蓄がある。

読んでから歌うか、歌ってから読むか。

どちらでも!

 

歌はこちら。カラオケ式は読む練習にピッタリ。

 

こちらはSesame Streetのメンバーのもの。