なぜその英語「棒読み」になる? #2〜キッズブックス英語スクール

前回に引き続き、子どもたちと『Elephants Cannot Dance!』を台本のように使って、Readers’ Theaterの練習をした。

相変わらず、一部が棒読みで、一部が自然な口語に近い読み方という現象は継続中。

スクールのベテラン生徒の中学生も、すらすら棒読み派。

10年以上、同様なことに直面してきた。

少人数のクラスばかりなので、大した説得力はないかもしれないけれど、この年齢に見られる棒読み現象は、一種「臨界期説」の派生現象かも?

[臨界期仮説/Critical Period]言語はある年齢(期間)を過ぎると獲得が不可能になる。

母語を獲得するために幼児期から使えた言語能力は、第二言語学習にも使えるが、年齢が上がるにつれて使用できなくなるという。

そう考えると腑に落ちる。

英語を聞いたままに、ネイティブの口語のように復唱し、サラサラと覚えることができる生徒は、まだ臨界期を迎えていない。

口語的な言い方を復唱させると、文字を読んでいる然とした読み方になる生徒は、臨界期を過ぎている。

質的に異なる臨界期があるとも言われている。

だから、スクールで直面してきた難しさは、英語学習の一部だけという感触がある。

これは別の機会に。

さて、臨界期を迎えている生徒に、どうやって英語の自然な口語的表現を指導するか。

これまでの指導経験で見えてきた、有効かもしれない方法がある。

それは、頭のチャンネルを変えさせること。

思考の分野ではなく、反射の分野で処理するチャンネルを開通させる。

「つい先生の口調をマネてしまった」という感覚だ。

指導者には、筋トレにも似た努力が必要だけれど、生徒にも頑張ってもらおう。

今年度も、あとひと踏ん張り、いやふた踏ん張り。

前回のブログ(なぜ棒読み#1)

 Elephants Cannot Dance! ( Elephant & Piggie Books )

キッズブックス英語スクール

なぜその英語「棒読み」になる? #1〜キッズブックス英語スクール

キッズブックス英語スクールの全クラスで、年に一冊は人気シリーズ「Elephant & Piggie Books」をテキストとして使っている。

今年度は、ゾウとブタの仲良し二人組がダンスをするお話『Elephants Cannot Dance!』だ。

本シリーズでは、アメリカの(行儀のよい)子どもが日常使っているような、とてもこなれた会話が学べる。

英語圏の小学生が聞いたり使ったりする表現や、いろいろ配慮された大人も笑える一流のユーモアがちりばめられている。

スクールのテキストの定番、そして伝統(?)にもなりつつある。

本シリーズを学んだ子どもたちの、感情表現や絵本の楽しみ方が格段と良くなる様子を見てきた。

毎年、本シリーズで台詞回しの指導を行っているが、しばしば私に根気が必要になる。

4–5歳から小学校中学年あたりまでは、私の表情や口調をそのまま口移しに学んで、大人が舌を巻くくらい自然に言える(読める)ようになる。

この年齢グループは、口移しに教えられたことをそのまま言うにことに、おそらく屈託がなくできてしまうのだろう。

それに対して、小学校高学年以上は、精神年齢のせいだろうか、どうも屈託があるのだ。

もしかしたら、もう自分で読めるという自尊心が先にきて、口移しに教えられることを、過保護や自分を尊重してくれないと感じて嫌なのか。

確かに、正確に読める上、ディクテーションしても、かなり正しく書きとれる。

しかし、まだまだ自己流の読み方で、英語として不自然な抑揚だったり、棒読みだったりしてしまう。

棒読みになるのは、もしかすると思春期に発達する自意識に関係あるのか。

または、学校の英語の授業の(悪い)影響なのだろうか。

思えばこれまで教えた子どもたちも、それぞれ「棒読み期」があった。

生徒がそういう年頃になると、私の心の中で頭をもたげてくる「いま放っておくと、そのままの読み方が固定してしまう」という不安。

おおーい、なぜだ、その一本調子。

これまで、臨場感ある楽しいリードアラウドをしていたのに、なぜ?

「うるさい」「五月蝿い」

そう思われながら、本年度も年頃の子どもたちに、リードアラウド指導で「根気」を養成中。

「なぜその英語『棒読み』になる? #2」へ続く)

 Elephants Cannot Dance! ( Elephant & Piggie Books )

キッズブックス英語スクール

英語の「語彙問題(problems)」〜キッズブックス英語スクール

「英語で書かれたものをなんとか理解するためには、そこに使われている言葉の95%以上を知っている必要がある」ということが、学術的に言われている。

そして、既知の事実として、「読解力は語彙力との相関が高い」ことが知られている。

 

それでは、わたしたち日本人が学校の英語の教科書で、どのくらい語彙を学んでいるのだろうか。

以下に示されている。

 

学習指導要領に基づく英語教科書で学習する語数

  • 出典:「旧学習指導要領」(文部科学省) (http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/cs/index.htm) 各回「学習指導要領」より加工

     

     

    2021年現在は、一番下の段に該当する。

    今の小学5、6年生が、まじめに小学校、中学校、高校でそれぞれ教科書の語彙をすべて学ぶと、4,000から5,000語の語彙を持つ。                                                                            これでやっと、1951年の高度な教科書を選択した当時のエリート日本人高校卒業生と互角になる。しかし、アメリカの調査では、なんと、もっとも典型的な5歳児(!)が10,000語を知っていると言うから、エリート高校生も語彙数で言えば5歳児の半分でしかない。

   

   10歳児なら少なくとも20,000語の語彙があり、日本では大学院に進む人がやっと累積語彙数8,000語になる

   というから、歴然とした差だ。

   わたしが、最初にアメリカに行って、郊外の家にホームステイしたときに、いろいろわからない言葉があっ  て「それってどういうこと?」と近所の子ども(1年生くらい)に尋ねると、真顔で「おねえちゃんなのに、そんなこと知らないの?」と驚かれたのを思い出す。

知らない言葉だらけだった。

 

「語彙問題」、わたしが初めてアメリカへ行ったときからずっと抱え、あの手この手でそれなりに、一歩一歩取り組んできた問題を、今、改めて、指導者として考えていこうと思う。

公立小学校の英語教材と英語絵本〜キッズブックス英語スクール

公立小学校での英語が教科になってから、小学校の英語の時間はどんな様子なんだろう。

よく知らない。ちょっと不勉強であったことを反省した。

 

そこで先週からそろそろっと、その教材を「お勉強」し始めた。

 

手にしたのは光村図書のもので、世田谷区立で使われている5年生用と6年生用教科書『Here We Go!』だ。

 

第一印象は、「ずいぶんよくなったなあ」。

 

まだお勉強し始めたばかりなので、細かいところまで見られていないが、それでもかなり中身の濃さと、広い目配りがされているとという感想を思った。

 

だがこの教科書、初めて英語をする身になって考えると、「英語だらけで、わかんない!」と不安になるかなと思う。でもそれは、教室での紹介のしかたと先生のフォロー、そしてどれだけ時間の余裕があるかで、使いようはありそうだ(ちょっと上記の条件が厳しいかもしれないが)。

 

5年生のunit 1は、Hello, everyoneというタイトルだ。

英語が初めてだからと生徒を幼児扱いせずに、その年齢なりの言葉で語りかけるところは、好感を持った。

しょっぱなに「response」「contact」などちょっとしたbig wordもさらっと使っている。使って慣らす、第二言語習得法などが発達してそのよい影響もあるようだ。

 

最初の時間に、feelingsについて少々学ぶ。

そこで、「表情が大切」と先生への指針もあるが、書いてあるだけなので、きっとどうしていいか、先生はそう深入りできなそうだ。アクティビティなどする時間と、その仕方の指針などあるといいだろうな、と思う。

 

そうだ、こういうところで、絵本とリードアラウドの力が発揮されるのだけれどな……。

限られた学校の英語の時間内で、どうしたものか。

 

まだこの教科書、数ページみただけだが、いろいろ考えが吹き出す。

これからちょいちょい、今の小学生とのフィールドワークもしながら、より多くの小学生のよりよい英語の学び方を考えていきたい。

英語絵本キッズブックス

 

アセスメントでわかる英語指導の塩梅:小学生クラスの場合〜キッズブックス英語スクール

これまでの経験で言うと、英語学習歴ほぼゼロの状態から、スクールの「親子クラス」で順調に学んでいくと、3年目ごろには、英語圏のG1程度の文が初見でも「読めてくる」。「読めてくる」というのは、文章を音声にできるという意味だ。

この3年目の生徒ほぼみんなに共通して、アセスメントであぶり出されてくる現象がある。英語母語者の場合は、G1の実年齢の6〜7歳によくみられる。それは、読み下しの上手さと、読解の浅さのギャップだ。読解は、浅いというより、からっぽに近いことも少なくない。かなりスラスラ読めるのに、なにが書いてあるかさっぱりわかっていない。

これは、英語圏ではかなり前から問題になっていたが、日本では小学校英語などで英語学習の低年齢化が進んできた、せいぜいここ10年くらいに見えてきたことだろう。もしかしたら、まだ問題として気づいていない英語の先生もいるかもしれない。

スクールでは、アセスメントのおかげで、この不思議な現象が問題化していた。でも、近頃はその現象への対処も、だんだんわかってきて、落ち着いていられるようになった。「小学生アドバンスクラス」に進級するまでには、ほぼ解決。あとはどれだけ、英語圏の同年齢のレベルに近づけるかという問題になる。

その対処方法について、ここでふれない。なにしろ英語の指導では、いつも生徒の進歩の診断が大切にして、要所要所で指導の修正や補強が求められることを、身にしみて感じている。