絵本リードアラウド認定講師講座2021 第2回報告その1~『The Bad Seed』

2017年に発刊後、New York Times ベストセラーになり、続編も刊行中という今時の絵本、『The Bad Seed』が今回の課題書だった。

認定講師講座の選書で心がけていることのひとつは、古典的名作でノスタルジーに浸るだけの「絵本おばさん」集団にならないこと。

とか言っても、本年度は『Blueberry for Sal』も『Big Red Barn』も『Swimmy』といった古典的名作そのものも課題書にリストアップされていて、それはそれで旧来の「読み聞かせ」のパターン的な読み方にはまらないで、新しい、our wayで学んでいく。

さて課題書は、英語のA bad seed(鼻つまみ者)という慣用句から、文字通りに悪い種を主人公にしたところで、もうそのユーモアに期待をしてしまうが、あるbad seedの半生記である。

そろそろ認定講師のみなさんなら、物語によって語り口を変えること、登場人物の会話部分があれば、そこはなるべくリアルにすることなどを、あらかじめ自習時に考慮して練習してきている。

とはいえ、主観と客観は別物で、自分ではそのつもりになっていても、そうは聞こえなかったりすることも、たびたび起こる。

本書のナレーションが、たとえば「むかーしむかし」とマザーグースを語るおばあさん風だったら、子どもはどう思うだろう。そんな想像力も持ち合わしたいものだ。

「カビ臭い」「加齢臭」「眠くなる」…

など、子どもは手厳しく酷だ。子どもに迎合はしないが、本書のように今の子どもの感覚にも合いそうな場合は、こちらもフットワーク軽く新感覚、たぶんリアルな感じとでもいうのだろうか、そんなふうにも読めるようになりたい。

ナレーターは、badであることをことさらひけらかすようなseed自身だ。少なくともおばあさん声では、違和感があるだろう。また、昔のNHKニュースアナウンサー風でもないだろう。

参加者同士で聴き合って、まずはこのナレーター、the bad seedの声について、いろいろ気づきたい。

みなさんも他人の朗読を聴いたり、ディスカッションや表現演習することで、、The bad seedの性別やおよその年齢、生い立ちや性格などを考え、だんだんと人物として特徴が浮きあがってきたようだった。

またこの種くんは、ただ単純に悪さをし、それを正当化するという輩ではない。反省も将来への希望も持つことがわかってくるにつれ、不思議と読みに深みが出てくるところが、表現の面白いところだ。ニュアンスが出るわけだが、これが大人よりまだ感覚的な子どもに響いて、読解に繋がるわけだ。

(つづく)

参考に、「今日(きょうび)のread aloud」:『The Bad Seed』

 

キッズブックス英語スクール〜新年度スタート

新年度が始まった。

春休みを挟んで久しぶりの生徒たち。こちらの気持ちは、もうほぼ孫に会うおばあさん?!

これまで教えてきたのだから、できて「あたりまえ」のことなのかもしれないが、英語で知っていることが増えた生徒が、こちらの質問にどんどんと正解を出すことに、愛想を崩してしまう。

 

What did you do today? など、冒頭のご挨拶会話で尋ねるとき、ついこないだまで、

“Park!” と、ぶっきらぼうに言っていた生徒が、

“I went to a park” と答えるなど、文章で答えるようになった。

 

驚いたのは、英語圏G2用のGrammarの[statements & questions]で、難しいだろうと思っていた文構造。

ばらばらの単語カードを並び替えてstatementにもquestionにも変えられるようになっていた。

とくに感心するのは、中学で英語を始めた「旧人類」のわたしが、馬力で規則を覚えてやっとできるようになったことを、すらっと「なんとなく」できてしまう点だ。

 

まあこれは、実は指導者としてリードアラウドでがんばってきた点でもある。英語母語者に近い英語の学び方を、生徒にさせてきての現象だろうと思う。

頑張ってやってきたことのいくつか……

本を読ませる。何冊も。また何度も。

文字を意識させながら読ませる。

表現をつけて読ませることで、英文を感情を伴った言葉として記憶の深いところに刻ませる。

 

さあ、ここまでついて来てくれた生徒諸君!あとは、さらなる文法的理解と、語彙!!そして、英文を読むスタミナ作り。

今年度も、実りある年度にしようね。

インターナショナル・スクール生とreading lesson〜キッズブックス英語スクール

スクールではインターナショナル・スクールの生徒の補習、Tutoring Serviceもしている。

現在、G5になった生徒。母語は日本語だが、インターナショナル・スクール育ちで、普通に英語が口に出る。

Tutorとしての任務は、readingの力を伸ばすこと。1年余経って、ちょっと効果が出てきたと思える。

嬉しいお便りを親御さんからいただいた。

先日、2学期の成績が出ました。
英語の成績がほとんどが上がっていました。
いつもKを切り捨てずに見ていただいている、先生のお陰です。
先生にはいつも感謝しております。ありがとうございます。
本人も私達もとても嬉しく思っています。
 
最近は、少し自信がついて、試験がある前の日は、
自分から真剣に勉強するようになってきました。
これが続いてくれるといいなと思っています。
 
 
少々説明を加えると、「英語の成績がほとんど上がって」とは、英語の授業が例えば、readingとかgrammarとか分かれているので、それらのほとんど、ということだ。
 
readingの補習の成果は、なかなかすぐには成績に現れないのだが、今、成果と思える結果が出はじめたのは、自分のことのように嬉しい。
 
 
readingの力というもの、一つのイメージはカップ。
「力が足りない」生徒のカップには、まだ水が満ちていない。
補習で、チロチロ水を足していくが、満杯になって溢れないと、外からは力がついたことが見えない。
 
今、ちょっとずつ水があふれるようになった、というところか。
 
でも、安心はできない。インターナショナル・スクールの場合、その「コップ」をどんどん大きいものにするのだ。
 
 
また、readingの力というもの、英語の成績だけに限らず、すべての学業の成績に影響する、というのは英語圏教育者たちの見解だ。reading力がついてくると、勉強が面白くなって、成績が上がるはず!
 
 
さあて、こちらもギアを上げて頑張ろう。
 
 
どんな授業をしてきたか、私から親御さんへのメール:
 
「読解力は母語と第二言語は基底部で繋がっている」という近年の知見に基づいて、Kくんとの読解時間は、日本語での要約や読解内容を尋ねることもしています。その後に英語でのクイズをする、といったパターンです。
 
また高校生にTOEFLやSATを指導してきた経験から、G5,6からは特に語彙力がものをいうこと、身にしみています。満遍なく覚えるのは不可能ですが、語源を骨格にし、同意語、反対語、同音異義語など関連をつけて、少しでも記憶に「ひっかかり」(エピソード記憶など)ができるようにと、指導しています。
 
もう一つ、読解の元になるのが、文法力。頭の整理もされるので、少しずつ確認作業をしています。
 
レッスンではこうして、読解力の基礎を積み上げていますが、その効果が少しでも出てきているようで、喜ばしいです。
でも、これからもっと力が出てくるはず。このまま調子を上げていきたいと思います。
 
 

英文法をいつ始める? 2021年度小学生クラス〜キッズブックス英語スクール

小学生の子どもたちに、絵本で英語を教えてきて10年余。

子どもは、英語を学び始めて、大体、遅くとも三年くらい経つと、英語の成り立ちに自然に興味がわく。

そこを見計らって、分かりやすい言葉で文法的な説明をすると、すっと頭に入り、読解力が急に伸びることが多い。

時期尚早だったり、説明がこなれていなかったりすると、「どうでもいいや」という表情をされ、教える側は一旦引っ込めることになる。

文法を教える適時は、英語学習の経験年数ばかりではなく、自然な知恵の発達状況にもよる。早くて小学1年、普通で2年生後半頃、抽象的に捉えることができ始める。発達的な準備ができていないのに、文の決まりごとのような論理的・抽象的なことを分からせようとすると、教える側も教えられる側もストレスになる。

ということを、「年の功」で私も学んできた。いまでは、生徒に文法的な説明をしていい時期がどうか、幾つか質問をすれば分かるようになったと思う。

そこで、2021年度のカリキュラム作成だ。

2020年度に『Grammar G1』を始めた「小学生クラス」は、全員に嫌がられず、時にはスイスイと「かんたーん」と言われながら終えられた。取りこぼすことなく、G2に進める。

そして、コロナの影響で半年ほど前から準「小学生クラス」になった「親子クラス」。予想以上に順調な一人だちが進み、同時に抽象的な考え方の片鱗も見えてきた。Grammar G1の導入を始めよう!

以下が、2021年度の「小学生クラス」カリキュラムになる。

【小学生クラス】学習歴3−5年
  • 目標:(語彙)GK-G1/(読解)Lexile300-400L/(文法)G1-G2
  • 個別学習:ミニブックセット−読本
  • 絵本・読本:10−12冊程度の本を、リードアラウド・シャドーイング。精読と速読を行う。語彙を増やす。日常的な言い回しに慣れる。reading fluency
  • 語彙・綴り:Vocab. G1 workbook
  • 文法・writing:Grammar G1 or G2
  • アセスメント:年2回。reading fluencyと読解の指導の進捗を測り、最適化
  • 発表会:年2回。学んだ本を聴衆の前でリードアラウドする。表現力の養成

「なんとなく」できるようになってきた小学生アドバンスクラス〜キッズブックス英語スクール

スクール生の最高学年は夏までは、高校3年生だったが、今はスクールを「卒業」して受験の真っ最中。

目下の最高学年は、英語を学び始めて4〜7年程度の「小学生アドバンスクラス」の小学生だ。

この生徒たちへ、スクールが来年度の目標に定めているのは、こんなところ。

●英語学習期間47年 小学生アドバンスクラスの目標 

(語彙)(北米基準) G1G2

(読解) Lexile 400〜600L(英文の難易度の客観的数値。850~900Lがハリーポッターシリーズ)

(文法)(北米基準) G3レベル。より複雑な文章を構造的に理解させ、自分でも短文を作文できるようにする。

 (絵本・読本のreading) 810冊程度(年間)をリードアラウド。 精読とシャドーイングを使った速読両方の読み方で学ぶ。読解力と長文を大づかみにする力と reading fluency。日常的言い回し。

 (アセスメント ) 年2回。reading fluency と読解、語彙の指導の進捗を測り、最適化。

(発表) 発表会2回。学んだ本を聴衆の前でリードアラウドする。表現力、プレゼン力養成。

 

このクラス、自分たち指導者が教えてきたクラスなのだが、生徒がここまで身につけてきている力に、ときどき新鮮な驚きを感じてしまう。

つい出る言葉は「よくわかったねえ」。

時には「なんで分かったの?」。

そう言われた生徒たちの、なんともいえないくすぐったそうな、ちょっと誇らしげでもある表情がいい。

 

一番驚かされるのは、語彙と文法力の成長だ。

初見の本の本文を読ませて、意味を推測させると、100%でなくとも遠からずのことをいう。

または読み間違えても、全然わからなくて間違えたのではない、勘違いなど知的な間違えだったりする。

 

例えば「bare」と「bear」を勘違いして、文意が「はてな?」になったりするが、英語をちょっと知っている人の知的で、なんだか可愛らしい間違えだと思う。

 

全く文法など知らなかった生徒が、近頃では「theyは、『やつら』だから複数で、verbはsがつかない」とか、呟きながら文法のワークをやっていたりする。

面白いのは、「呟く」こと。ひとりではなく、複数の生徒がそう。

尋ねられていないのに、例えば主語によって動詞の形が変わることを、ぶつぶつ説明しながら問いを解く。

学んだばかりで、自分でも確認作業が必要なのだろう。その初々しさが、とても可愛らしい。

 

「なんで分かったの?」などという生徒に失礼な質問をしてしまうことがあるが、その答えがカッコいい。

 

「う〜ん、なんとなく」。

 

こういうのが、先生冥利に尽きる。

やったね!

 

これは、ある程度、そして内容のなる英語学習を継続してきて、英語知識の「基底部」が大きくなってきた証拠だと思う。

英語の知識というもの、よく氷山に例えられる。

表に出ている部分、使える英語は、海水下の巨大な基底部があってこそのもの。海上に出ている「氷山」は小さくても、基底部は大きい。

生徒たちの「なんとなくわかる」という感触は、英語の基底部が大きくなったことによるのではないかと思う。

大昔、わたしには構築が難しい英語文を、よく英語母語者がすらっと言えたり、一つ一つの単語の意味はわからなくても全体を大づかみできるのを見て、「どうして分かるようになったの」と聞いた。

その時の英語母語者たちの答えは、みんな、「なんとなく」だった。

当時のわたしには、ちょっと腹立たしいものだったが、今ならもっともと思える。目に見えない知識がたくさん溜まって、やっとその一部が日の目を見る。

英語を「知っている」と「使える」は違う。

基底部が「知っている」ことのありかで、上に出ている氷山は、英語の「使える」部分。

「知っている」英語の知識は、何年もかけて作っていかなければならないが、順調に学習が進めば、4〜5年で「使える」英語が見え始めるように思う。