遊び+英語output、こんな感じ?〜キッズブックス英語スクール

「純ジャパ」(日本国内のみで英語教育を受けた日本人)と「インターナショナル校生」が混じる小学生クラス。

 

「インター」組を飽きさせず、「純ジャパ」もやる気にさせ英語アウトプットを増やすのは、なかなか骨が折れる。

 

先日、数あるシアターゲームのWord Ballというゲームを、英語アウトプットを増やす目的でアレンジしてやってみて、手応えを感じた。

 

やり方は単純。

読み終えたばかりの絵本『The Pigeon Need a Bath』から、

主人公のPigeonがフロを嫌がって、いろいろ「ごたく」を並べるその台詞を20ほど札に書き出し、ホワイトボードに貼る。

台詞はこんな語句だ;

A matter of opinion.

Too hot(too cold, too wet…)!

Take a bath!

I feel clean.

などなどで、まず復習。

 

どれも読めるようにして準備完了。

 

あとは、みんなで輪になって、ボールをランダムに投げて渡す。同時に、貼られた台詞のひとつを言う。

ボールを受けた人は、同じ台詞を繰り返してから、今度は自分が何かひとつ別の台詞を言って、次の人に渡す。

 

これを滑らかに次々と続けていく。

 

このWord Ballゲーム、単純なのだが、とっさに英語を言う機会を、簡単に作り出してくれる。

 

また、言い方はボールを早くパスしたいがために、自然と速く、リンキングもされたものになる。

 

おまけに、語学の獲得に必須な反復練習を面白いものに変えてくれる。

「この語句を5回言いなさい」と言われてただ反復練習するのと、ゲームのルールとして「投げるたびに語句を言う」のでは不思議なくらい気持ちが違う。「勉強感」がゼロに近い。

 

この日、このゲームをしたのはたった10分程度だが、ボールをどんどん回そうと、みんなの手も口も速くなり、いったい何度くらい「今日の語句」を口に乗せただろう。

 

遊びと英語のoutputを結びつけた学習、こんな感じもありかな?

科学的に英語を指導する:TPRって?~リードアラウド研究会

指導法でTPRというのがある。

ん?

TRFはダンスユニットだが、TPRとは?

 

Total Physical Responseの略で、

英語を第二言語として指導するアプローチ、

Comprehension Approach

の方法のひとつ。

 

簡単に言うと、TPRとは、

指示を出しそれに生徒を従わせることで(follow the directions)、comprehensionとlisteningの力を伸ばす方法

だと知った。

 

というか、これまでリードアラウド指導中の要所要所で取り入れていた、

follow the directionsのレッスンやアクティビティは、

子どもたちに英文理解力とリスニング力をつけていたのだと、改めて認識した次第。

 

このTPR、指示をしたりさせたりなので、動詞が中心になる。

 

子どもたちは、実際にとるべき動作を推測することになり、それによって予測的文法が身につく—と、第二言語学習研究では検証されているという。

 

このTPRで指導していると、リスニングに関してはどうやら普通の授業の3倍ほど効果があるらしい。

そうであると、「科学的に」検証されているらしいので、信じようと思う。

 

おまけに、文法性の判断力も高まることもわかったという。

 

これまでに、スクールで起こっていたこと

(リスニング力が高い子、特別に教えていないうちに文の構造がだいたい頭に入っている子の出現など)の、説明がついて、ちょっとすっきり。

 

英語の(3-12歳程度の)初級者が、

絵本を読むこと、

指示を英語で受けてそのタスクを実際に実行すること、

これら、comprehension approachが、

英語習得に必須な「インプットを増やす」学習になっている。

 

素晴らしい、おまけもある。

 

「こうしたインプットの蓄積が、あるとき、他の技能にも転移する」。

 

つまり、speakingやwritingまで上達する!ってことだ。

 

実に心強い。

こうした心強い科学的な裏付けを知って改めて、リードアラウドによる指導を、自信をもってやっていこうと思う。

 

 

新学期!Review Classroom English!〜キッズブックス英語スクール

スクールでは、子どもたちの「拒否感」がないことを見極めつつ、英語で進められるところを英語だけで指導する。(ただし読解や感情の部分では、母語がしっくりくるそして手短にわかることがあり母語を使う)

 

ところで、教室で主に使われる英語、というものが存在する。

 

ここに紹介する映像では、ESLの生徒向けにそれを丁寧にゆっくり教えてくれている。

 

親御さん、または先生にも。

 

『Inch by Inch』参考動画〜キッズブックス英語スクール

小学生クラス、そしてリードアラウド認定講師講座の8月の課題書である本書。

このビデオは模範的な読みの、ご参考に。

こちら、アドバンス認定講師のご参考に。

子どもの溌剌とした読み方に、少しでも近づけるよう、指導者のみなさんはご研鑽を。

リードアラウドしながら文法も教えたい:レッスンプラン~リードアラウド研究会

このビデオの 6:16 から 7:16 あたりまでを練習してみよう。

本『Fox in Socks』の、p.36 からp.39あたりまで。

ビデオの読みの速度は、Tongue Twisterになっていないので、読み下せるようになったら、少し速く読もう。

ネイティブでもこれくらい難しい、ということを見せて、挑戦する気を起こさせるのもいい。

ここでこの4ページ(p.36 からp.39)を使って、文法用語を使わない「世界一簡単な」という「ビックファットキャット式」英語ルールを使って、英語の単純化した文法指導をしてみる。

 

Bim    comes.              Bem comes.

A             ➡️

(役者)    (動作をする)

基本の文型だ。

Bim           brings         Ben         broom.

A                  ➡️          (付録)          B

(役者)    (動作をする)                (動作を向ける相手)

Ben brings Bim broom.  これも同様。

 

それでは、次の文は、Aと➡️とBはどれ?

Ben           bends          Bim’s    broom.

A                  ➡️  (相手の化粧)  B

Bim bends Ben’s broom.  これも同様。

 

Bim’s bends.  / Ben’s bends.これは?「簡単!」の声が聞こえそうだ。そう、

A            ➡️

最後は応用編。A と ➡️はどれだろう?

Ben’s bent broom breaks.

(化粧)     A         ➡️

 

主体である「役者」と、それがする「動作」をみつけだす。

そのほか、状況を詳しくするのが「付録」と「化粧」。

役者であるAやBが身につけるのが「化粧」で、その他が「付録」。

 

小学生低学年には、品詞の区別がときに難しいかもしれない。

固有名前とか知っている動作の単語ならいいが、新出の場合はどのくらい推測力でついてこられるか。

クラスの雰囲気を開放的にして、いい思いつきが出るようにしつつ、ダレさせずある程度の緊張が保てれば、きっといい飛躍ができる子どもたちのはず!

「実験」は、8月末に。