なぜその英語「棒読み」になる? #1〜キッズブックス英語スクール

キッズブックス英語スクールの全クラスで、年に一冊は人気シリーズ「Elephant & Piggie Books」をテキストとして使っている。

今年度は、ゾウとブタの仲良し二人組がダンスをするお話『Elephants Cannot Dance!』だ。

本シリーズでは、アメリカの(行儀のよい)子どもが日常使っているような、とてもこなれた会話が学べる。

英語圏の小学生が聞いたり使ったりする表現や、いろいろ配慮された大人も笑える一流のユーモアがちりばめられている。

スクールのテキストの定番、そして伝統(?)にもなりつつある。

本シリーズを学んだ子どもたちの、感情表現や絵本の楽しみ方が格段と良くなる様子を見てきた。

毎年、本シリーズで台詞回しの指導を行っているが、しばしば私に根気が必要になる。

4–5歳から小学校中学年あたりまでは、私の表情や口調をそのまま口移しに学んで、大人が舌を巻くくらい自然に言える(読める)ようになる。

この年齢グループは、口移しに教えられたことをそのまま言うにことに、おそらく屈託がなくできてしまうのだろう。

それに対して、小学校高学年以上は、精神年齢のせいだろうか、どうも屈託があるのだ。

もしかしたら、もう自分で読めるという自尊心が先にきて、口移しに教えられることを、過保護や自分を尊重してくれないと感じて嫌なのか。

確かに、正確に読める上、ディクテーションしても、かなり正しく書きとれる。

しかし、まだまだ自己流の読み方で、英語として不自然な抑揚だったり、棒読みだったりしてしまう。

棒読みになるのは、もしかすると思春期に発達する自意識に関係あるのか。

または、学校の英語の授業の(悪い)影響なのだろうか。

思えばこれまで教えた子どもたちも、それぞれ「棒読み期」があった。

生徒がそういう年頃になると、私の心の中で頭をもたげてくる「いま放っておくと、そのままの読み方が固定してしまう」という不安。

おおーい、なぜだ、その一本調子。

これまで、臨場感ある楽しいリードアラウドをしていたのに、なぜ?

「うるさい」「五月蝿い」

そう思われながら、本年度も年頃の子どもたちに、リードアラウド指導で「根気」を養成中。

「なぜその英語『棒読み』になる? #2」へ続く)

 Elephants Cannot Dance! ( Elephant & Piggie Books )

キッズブックス英語スクール

『The Very Hungry Caterpillar』その1:リードアラウドする気になったわけ〜リードアラウド研究会

意外なことに本ワークショップ(絵本リードアラウド認定講師講座)で、『The Very Hungry Caterpillar』を取り上げたのは今年度第7回が初めて。

リードアラウドそのものも、本書で行った記憶がない。

 

思うに理由は二つ。

その1: あまりにも多くの先生方や英語圏のみなさんが読んできて、今更リードアラウドしなくてもいいかな、と思った。

その2: 本の内容は幼児向けだが、英文は大人が子どもに「読み聞かせ」る仕様で、リードアラウドのように子ども自身が読むには少々難しいと思った。

 

気が変わった理由は、ここ数年で「リードアラウドらしい読み方」をより強く認識するようになって、本書を「らしく」読んだらどうなるだろう、と挑戦したくなったこと。

もう一つ、語数の多い本、長いセンテンスのある本を、子どものそれぞれの英語力なりに読ませる指導ができてきたこと。

 

ところで、非常に多くの英語指導者が、この絵本を取り上げるのは、訳がある。英語を教えたい大人に対して「魔力」を持っているのだ。

その「魔力」とは。

ワークショップでの発言にもあったのだが、本書は先生たちの「英語を教えてやろう」という「先生魂」に、熱量をチャージする。

 

なんせ、指導のツボがわかりやすい。

「果物、食べ物の名前」、「数と曜日」。

さあ教えてあげよう、といい形で並んでいるのだ。

 

見え見え?

ウーム。だから、表現者としては難しい。ついつい、先生になってしまう。

 

フラッシュカードのありがたさは、子どもを教えたことのある人なら、誰も知っているだろう。本書がフラッシュカードのような働きをしてくれる。

でも、フラッシュカードには、そのままでは「物語」がない。

 

本書の魔力は、「先生魂」が表現者の心に勝ってしまうこと。

 

しかし。

リードアラウドは、「教えずして教える」。

まずは指導者自身が表現を考え、本にある物語を表現することで子どもたちと楽しみ、英語で表現する楽しさを、語学習得にも繋げる。

 

そこで、リードアラウド認定講師の今回のワークショップでは、「教材」になりがちな本書を、まず「物語」として語り手がどう語るか探求しよう。つまり、「リードアラウドらしく読もう」、そう決めたら、俄然、やる気が湧いてきたのだ。

つづく(その2

 

 

 

 

「英語支援員はミタ」授業に参加しない子どもがしていること〜キッズブックス英語スクール

外国語支援員として週二回、区立小学校で5, 6年生の英語授業を手伝っている。

1クラス37人前後、各学年4クラス、それぞれその中で2〜3人が、少なくとも英語の授業には参加してないように見える。

 

45分間の授業に参加せずに何をしているか。

 

支援員を始めた初期の頃は、関わろうと「しつっこく」語りかけたが、近頃は生徒、ひとりひとりの個性や傾向に、私なりに合わせるようになった。

 

授業中にしていることの数例

紙細工系:

精巧な折り紙の作家のようなひと。毎回目にするのは、ツルもまともに折れない私からすると、天才的に難しそうな恐竜とか。先日は、レイのようなものに沢山の幾何学的に折ったものを通していた。

ハサミ、スティックのり、セロテープの道具箱が、教科書とタブレットの代わりに机の上に常備してあるひと。先日はボール紙で、偽タブレットを作った。褒めたら、折りたたみ式のゲーム機リモコン(?)も見せてくれた。でも授業中。

ひたすら紙吹雪作りのひと。表情が暗くて、声をかけても返事が返ってこない。ただ、後片付けは律儀にしている。

イラスト系:

タブレットを駆使してイラストを描くひと。絵は昔からあまり変わらない「お人形」のような女の子(分身?)。声をかけても返事がない。あまり質問をすると「お腹が痛い」と保健室へ行ってしまう、学校に来なくなるという心配がある。

お花畑に妖精が飛んでいそうなメルヘン的イラストを描くひと。日が悪いと、Tシャツや上着で上半身を包んでしまう(繭に入る感じ)。口移しで教えると、書こうとすることもあり、時に「英語わかんなーい」などと叫ぶが、やる気があるということ。個人レッスンで伸びそう。

ワイルド系:

教科書、一人一台のタブレット、筆箱、鉛筆もなく、椅子に斜めに腰掛けているひと。ある時は筆箱があったが、何も入っていない。ある時は鉛筆が入っていたが、芯や軸が全部折れていた。「何も入っていないじゃない」というとニカッと笑うところに救いがある。

学校がかかりつけ(?)の学習支援員を用意している、学校中を歩くひと。近頃は自分の教室にいて、プリントに字を書いてくれる時もあるが、英語文字のサイズばらばら、4線には収まらないワイルドさ。時々、何かの拍子にさっと表情が険しくなり、こちらが反射的に身を引く時がある。

 

 

『The Gruffalo』で英語読書、リードアラウドに誘う〜絵本リードアラウド認定講師講座

2022年度第3回目の『絵本リードアラウド認定講師講座 2022』の課題書は、英語圏で絶大な人気の絵本『The Gruffalo』だった。

Gruffalo?

Yes, Gruffalo.

みなさんには馴染みが薄いかもしれないが、英語絵本の中では「子ども支持率が高い系」だ。

お父さんお母さんが選ぶメルヘンチック(「お花畑系」?)な本が物足りなくなる、5歳から小学生低学年あたりの活発な子どもの興味を大いに引いてくれる。

英語教師には、ちょっとした救世主的な一冊。

認定講師講座に集まった先生たちが、これに挑戦した。

故事成語「虎の威を借る狐」を基に、虎をGruffalo、狐をmouseに据えた物語だ。

mouseを世渡り上手な利口者と肯定的に捉えるのも、権力者の力を頼みに威張る小者と否定的に捉えるのも自由。

しかし……この日の参加者によるmouseは、なんにせよキャラクターが薄い!

いったい何者なのか!

登場人物の肉付けが「薄い」のには、パターンがみられた。

  1. 型で演じている(自身の考えるのステレオタイプのひとつに当てはめているだけで、登場人物としての肉付けがされていない)。ベテラン先生に多い。聞き手に、よくある型と認識され、すぐに飽きる。興味が湧かず、長続きしない。
  2. 声色を使っているだけ(声を変えただけで表現がない)。「変声」で子どもの注意を引いても、表現が伴わなければ、すぐに飽きられる。
  3. 違和感(声や口調からにじむキャラクターが、物語と合っていない感じ)ありあり。深く読解していないのかもしれない。子どもたちの読解を混乱させる。
  4. 掘り下げ、強調、練習が足りない(方向性はよい)。

さあて、みなさん。自分はどうだったか。当てはまるパターンはないか。録音を聞いてみること。

次回のプレゼンテーションを楽しみにしている。

参考映像:

絵本リードアラウド認定講師講座 2022
The Gruffalo

英語の「語彙問題(problems)」〜キッズブックス英語スクール

「英語で書かれたものをなんとか理解するためには、そこに使われている言葉の95%以上を知っている必要がある」ということが、学術的に言われている。

そして、既知の事実として、「読解力は語彙力との相関が高い」ことが知られている。

 

それでは、わたしたち日本人が学校の英語の教科書で、どのくらい語彙を学んでいるのだろうか。

以下に示されている。

 

学習指導要領に基づく英語教科書で学習する語数

  • 出典:「旧学習指導要領」(文部科学省) (http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/cs/index.htm) 各回「学習指導要領」より加工

     

     

    2021年現在は、一番下の段に該当する。

    今の小学5、6年生が、まじめに小学校、中学校、高校でそれぞれ教科書の語彙をすべて学ぶと、4,000から5,000語の語彙を持つ。                                                                            これでやっと、1951年の高度な教科書を選択した当時のエリート日本人高校卒業生と互角になる。しかし、アメリカの調査では、なんと、もっとも典型的な5歳児(!)が10,000語を知っていると言うから、エリート高校生も語彙数で言えば5歳児の半分でしかない。

   

   10歳児なら少なくとも20,000語の語彙があり、日本では大学院に進む人がやっと累積語彙数8,000語になる

   というから、歴然とした差だ。

   わたしが、最初にアメリカに行って、郊外の家にホームステイしたときに、いろいろわからない言葉があっ  て「それってどういうこと?」と近所の子ども(1年生くらい)に尋ねると、真顔で「おねえちゃんなのに、そんなこと知らないの?」と驚かれたのを思い出す。

知らない言葉だらけだった。

 

「語彙問題」、わたしが初めてアメリカへ行ったときからずっと抱え、あの手この手でそれなりに、一歩一歩取り組んできた問題を、今、改めて、指導者として考えていこうと思う。