語彙をどう増やそう?〜キッズブックス英語スクール

スクールで学んで1~2年以上たった生徒に、夏と春、年に2回行うアセスメント。

Reading Fluencyといって、初見の英語の読み方の流暢さを聞き、内容についてのざっとした理解と、語彙力を見定め、指導の調整をする機会を作っている。

高校生まで言えることは、

読解やfluencyは、絵本をなんども継続して読んで来たおかげか、英語圏と比べても健闘しているのに、語彙力が著しく乏しいということ。

語彙、わたしも学生として泣くほど苦労した。

だから、わたしの生徒には、本を使った学習のなかでも、できるだけ語彙力と語彙が増える助けもしたい。

そこで、前年度から始めたのは、Spelling Bee。

スペリングコンテストの真似ごとだが、授業の終わり頃の10分を使って、単語を綴らせ、その個数や長さで点をつける。

そこそこ定着してきている。

 

小学生「ベテラン」クラスは、長い単語をどこからかひっぱってきたり、数も増えて来た。

そこで、このクラスには、二学期にはSCRABBLE ゲームを、Spelling Beeの代わりに導入してみようと思う。

 

SCRABBLE GAME は、1948年にアメリカで作られたボードゲームで、今では各国で大会や選手権があったり、広く世界で楽しまれている。

アメリカでは、学校の先生も推奨する定番のゲーム。インテリの大人たちの、スマートなゲームという印象もある。

 

遊び方は、簡単に説明すれば、クロスワードパズルをボードゲームにして、2〜4人で得点を競う。

 

競争はあまりわたし自身の趣味にあわないが、小学生など特に男子は競争というと、本能的なのか、熱くなる。

放っておいては、なかなか英語学習には熱くなれない生徒も、この「本能」を利用してゲームにするときっと熱くなる。これが英語学習の動機付けになるはず。

スクールの授業では、せいぜい10~15分程度しか割けないが、しばらく続けて様子を見る。

これで言葉への興味が少しでも湧けば、しめたもの。

乞うご期待。

 

 

コメントを残す

CAPTCHA