Dr.Seussで小学生ShadowingとTongue Twisters〜キッズブックス英語スクール

Dr.Seussの本は、音読、リードアラウドしてこそその魅力が伝わる。
加えて、英語の音の面白さなので、英語の原書で読むのが一番だ。

『Fox in Socks』を、大人クラスだけでなく、英語レベルネイティブG1~2程度の小学生クラスでも読んでいる。

Dr. Seuss一流の押韻と強引で不条理な物語を、早口で読みながらも、文の意味が伝わるfluencyで読むには、なかなかの英語力がいる。

単語、単語を解読するように読み下す傾向が強い、G1~G2レベル。

たどたどしくとも、読めるのが素晴らしいからと、そのままにすると、内容理解が進まない。

読み聞かせてまねさせる、という方法は、聞いているときに飽きてしまいがち。

そこで…
シャドーイング。

小学生にも、やらせてみたら…

よいではないか。

むにゃむにゃがあってポツポツのところもあるが、paceに乗ってついてくる。
音は、すっかりまね切っている。

歌にたとえれば、ひとりで読むとメロディなしの超音痴だが、シャドーイングならところどころハミングでも、そこそこ歌になっている、といった風。

これで練習させて、むにゃむにゃを減らし、ほとんど言葉を入れられるようになったら、また本に戻り、今度は読ませる。

これで、fluencyがアップするのでは?

しばらく、また実験。