大島英美のBLOG

  • リードアラウドいろいろ
  • 絵本リードアラウド講師認定講座第9回報告〜その2

    本年度最後の課題書は、絵本好きだったらきっと一度は朗読してみたいと思う一冊。

    普段のリードアラウドは、英語が母語ではない子どもたちに退屈させないような、分かりやすいアクションのある、言葉が少なめの本だ。

    だが、絵本にはしっとりと、またはファンタジックな、文が多めのものもたくさん。

    子どもでなかなか、今回の本まで分かるようになるのは難しいが、大人には指導する機会があるだろう。

    そのときのために、自分たちの朗読をできるだけ磨こう。

                ↓

    さて、今回のワークショップで感心したのは、各自が自習してきた朗読の完成度の高さ。

    そこからスタートが切れるのが、とても嬉しかった。

    この日、まずは、即効で見違える(聞き違える?)ようになる演習をした。
             
                 ↓

    それは、会話の部分のキャラ造型。

    みなさん予習で、それなりに登場人物を造型して、雰囲気を作る試みはしていた。

    だが、それは主観的で、第三者には違いが分かりにくかったり、違和感があった。

    こういうときは、仲間がいると本当に助けられる。

    ワークショップのいいところだ。

                  ↓

    自分のは分からなくとも、仲間の朗読なら、いい悪いが聞き分けられるのだ。
    それを聞いて、自分の朗読を修正できる。

    声のpitch、高低。
    これで表現に変化をつけるのは自然にみんなやれるようになったか、やろうとする姿勢がみられる。

    だが、まだ緩急で変化をつけるところまで、いっていないようだ。

    「緩急を変えてみよう」

                  ↓

    そう指摘した途端に、それまで混じっていた車掌とサンタの声が、はっきり分離したのは、みなさん、大したもの!

    これは、機械的な声の分別だが、質的な分別は、まだなかなか難しい。

                  ↓

    父と母が最後の場面に登場するが、男女の違いは表現できても、実在しそうな人というリアリティが足りない。

    夫婦で、同じ社会クラスや価値観の男女を、声で表現したい。

    突飛な演技は得意だが、どうも「普通」が苦手な人。
    とっぴなキャラ作りには苦労するが、ここの普通の父母を、すらっと読み分けてしまう人。

    いろいろいる。

    ワークショップで、みなさん個々の学び方は、とても興味深い。

    ところで、本書で、まっさきに際立てたい声は?

    車掌だろう。

    この声は、人となりから作らないと薄っぺらになってしまう。

    車掌は、異次元の人でもある。

    『不思議の国のアリス』でいえば、ウサギだ。
    トリックスター。

    (高倉健の『ぽっぽや』のイメージにしたら、ちょっと違う。)

    造型の工夫はしがいがありそうだ。

                 ↓

    また、まだみなさんがあまり意識していない要素に、遠近というものがある。

    遠くから聞こえる声と近くの声。

    読み分けよう。

    遠くを見て読めば遠くの声に、近くを見て読めば近くの声になるから不思議だ。

                    ↓

    本書の全体のイメージは、壮大でファンタスティックだが、とてもユーモラスなところがある。

    それは、ココアを飲むところ。

    そこに気づいて、違った空気を表すことに成功した人は、まだいなかったように思う。

    映画を作った人は、ここを見逃さなかった。

    See?
    発表会までに、みなさんもユーモアを表現してみよう。

    (つづく)

    大島英美のBLOG

  • リードアラウドいろいろ
  • 映画The Polar Express~リードアラウド研究会

    映画The Polar Expressを途中まで見た。

    完全主義者で有名な原作者のチェックも入っているだけあって、イントロはそっくりそのまま原文どおりのナレーション。

    あちらこちらに、原作そのままの文が使われていて、役に立つかも。

    トム・ハンクス、自然でうまい。

    気取らず、中年らしい、でももしかしたら子どもの心を持つ人かなと思わせる声と表現だ。

    このナレーターやコンダクター、そしてサンタもまったく別の人のようだが、ハンクスがすべて声を担当している。

    ハンクスの台詞術、キャラ作り、凄い。

    特にコンダクターのキャラ造型。
    口先だけでない、身体がともなった全体的な存在感。

    しゃべるときの口の開き方、空気の出し入れ、口調も全部なり切り。

    まだまだ芸には先があることを、思い知らされる。

    ところで、列車に乗ってからココアを飲む所。
    先日のワークショップでは「Who are they?」
    の質問が挙がって大笑いしたところ。

    映画でもそこをつっこんでいて、拡大解釈が大いに笑える。

    2004年作ということもあって、アニメーションの動きのぎこちなさがちょっと残念。

    また、おそらく原作者の意向だと思うが、写実的な人物の表情にときどき違和感がある。
    日本人から見ると、少々可愛らしさに欠けるところが残念。

    大島英美のBLOG

  • リードアラウドいろいろ
  • 講評も上手になりました~絵本リードアラウド講師認定講座第9回報告その1

    ついに本年度最後の課題書『The Polar Express』をする回がやってきた。
    9780544580145

    この1年、各人それぞれ上達したが、この会のみなさんが特徴的に、あることが上手いのに気づいた。

    講評である。

    参加の回を重ねると、講評がとても専門的になって、多くの気付きとその指摘が、的を得ていて具体的だ。

    なんだか誇らしくなる。

    みなさんに、講評できる耳、いいところ、もう一息なところを聞き分ける耳が育ったためだ。

    どこが、どういいのか。
    どこが、どうもう一息なのか。

    「なんとなく」ではなく、強弱、緩急、間の取り方がいいやら、言ってくれるので、講評を受けたものは、お世辞ではない本当の評価がもらえたと感じて、とても嬉しくなる。

    また、「もう一息」と、どこに改善点があるかの提案ももらえ、その後の練習が効率的にもなる。

    このように、他人を講評できるということは、自分の朗読の良し悪しも聞きわけられるということ。

    つまり、上手になる可能性が高い。

    ところで、当たり前といえば当たり前のことかもしれないが、講評のよさ、的確さは、ほぼ年季に比例しているのも、興味深かった。

    たまに、「耳年増」的な未熟者もいる(たぶんわたしはその例か)。

    そういう人たちは、一流のパフォーマンスをより多く聞いたり観ていて、いいものがわかる。
    ただ、自分がそれだけパフォームできるとは限らない。

    でも、理想が高いので、進歩する可能性も高い。
    または、評論家になることもある。

    さて、講評が上手になった、みなさん。

    これからも機会を作って、よい朗読、よい演技を見たり聞いたりして、さらに高みをめざしましょう。

    (報告 つづく)

    発表会:1月7日
    新年度開講:3月予定(詳細は1月7日に発表)

    大島英美のBLOG

  • リードアラウドいろいろ
  • 英語絵本リードアラウド、ふたりの先生でやる?〜M先生とH先生の即興コラボ

    リードアラウド、そのバラエティのひとつリーダーズシアターの指導を、研究会が書店でする時、指導者ふたり体制で行うことも多い。

    プラス効果を思ってのことだが、マイナスになったり、ふたりの意味が薄かったり、うまくいかないときもある。

    先日、広島でたまたまふたり体制でリードアラウドをすることになった、H先生の体験記。
    大阪での指導者ワークショップに参加したM先生との、即興コラボ。

    素晴らしい発見があったようだ。

    発見するには、気づく力が必要、H先生 Good job!!
    そして、今回は即興力抜群(!!)のM先生という幸運も。
    Thank you, M先生!

    ふたりの即興力にも拍手!!!

    以下、引用。

               ↓ ↓ ↓

    ・2、3歳のこどもたちは集中して座っていられない。

    そんな中、合間合間でM先生にふって、モデルを見せてもらうことが大変効果的だった。

    一人の先生のワンパターンな見本よりも、複数の先生で色々なパターンを見せることの素晴らしさを知った。

    答えが一通りではないこと、オリジナルで自由な表現があって良いことが参加者にダイレクトに伝わる気がする。

    M先生にふる度に空気が変わった。

               ↓ ↓ ↓
       

    ・私自身、M先生という第3者の目があるということで緊張感を持って、気を抜くことなく臨めた。

    ナレーターははじめは落ち着いた感じでミステリアスな語り口から、徐々に盛り上がり、後半にかけテンポを早めていく。

    Maxやかいじゅうのセリフは、なりきって思い切りテンション高く、リードアラウド出来た。

    大島英美のBLOG