Shyな生徒に英語を積極的に学んでもらうには〜キッズブックス英語スクール

人前で英語を言うのは恥ずかしい、と感じる生徒は少なくない。

英語の上達には、その羞恥心は捨てて欲しい。

でも、恥ずかしがる気持ちをどう克服したらいいのだろう。英語圏で、子どもの羞恥心をどう克服するかを、学者がまとめていたものをみつけた。

英語の指導にも役立つことがありそうだ。

University of New Englandの心理学者の記事:Helping Young Children Overcome shyness

1.Tell the children about times when you acted bashful

大人が、かつて自分が恥ずかしかった経験、恥ずかしがりやだった時のことを話す。– あるある、これはできる!

2. Explain to the children how they will benefit from acting outgoing

積極的に行動することがどのくらい自分のためになるか、説明する– 「そう言われても…」とその時は思うかもしれないが、潜在的にこの認識が残るかな。

3. Show empathy when the children feel afraid to interact

物怖じして関わりが持てないでいる子どもに、共感していることを示す– これからは、共感していることを、もっとわかりやすく言葉にしてみる!

4. Prevent labelling of the children as shy

その子どもに「恥ずかしがりや」とレッテルを貼らないようにする– どきっ、これは要注意。知らず知らずやっていそうだ。家族も要注意。

5. Set goals for more outgoing behaviour and measure progress

より積極的な態度の目標を設定し、その進捗をはかる– 今思いつくのは「目標挙手5回」とか?うーん、形骸化しそう。これにはシアターゲームが使えそうな予感が。考えてみます。

6. Set a model of outgoing behaviour

積極的な態度の手本を設定する– どういうことがクラスでの「積極的な態度」なのか、具体的に言ってあげよう。はっきり答える、挙手、大きな声で読む・言う、自分の意見を言う…

7. Expose the children to unfamiliar settings and people

不慣れな状況や人々のところへ連れていく– 新しいクラスメートや別のクラスの生徒と話をさせたり、他の人の親と会話させるのも手か。

8. Prompt the children to interact with others

他の人たちとの交流を促す– 7.と同様

9. Reward the children for outgoing behaviour

積極的な態度を示したら褒美を与える– 意外と即物的なことでもいいかもしれない。シール?グミ1粒とか?

10. Praise others’ outgoing behaviour in the presence of the children

目の前で他の子どもが積極的な態度をとったら褒める。– 日本の文化的には多少躊躇するが、グローバルに考えれば、すべきことか。

11. Help the children practice interacting with others

他人と交流する練習を手助けする。– 橋渡しのような言葉がけ!

12. Pair each shy child with another child in each important setting

大切な場面では、恥ずかしがりでない子どもとペアにする。– いい方向で「つられる」のはよく観察される光景…。

13. Read books with the children about individuals who overcome shyness

恥ずかしがり屋であることを克服した人についての本を、一緒に読む – そういう設定の絵本があった、どれだったか。探しておこう。

14. Eliminate teasing of the children

からかうのはご法度。- そういうつもりでなくとも、からかいと感じることをしているかも、と反省。

15. Teach the children to identify and verbally express their emotions

どんな感情なのか、その感情を言葉で言い表すことを教える。– おお、これか。これは重要なことだ。フラッシュカードがあった。近いうちに応用したい。

16. Coordinate your efforts with those of other relevant adults

関心を持つ関係者同士で、子どもの羞恥心についての取り組みについて協力し合う – 親御さんがまずは一番の相手!

17. Read more about shyness and learn additional strategies for parents and teachers

さらに羞恥心について文献にあたり、親や教師のためのさらなる方策を学ぶ– そう、学問は日進月歩なのだから、情報収拾を怠けてはいけない。

18. Consult a guidance counsellor or psychologist

カウンセラーや心理学者に相談する。- 日本ではまだまだこういうことをすることが特別なこと、それも「問題児」だからなどと、よくないというイメージがあったりするのかもしれない。先入観なく、利用しやすくなって欲しい。

「顔芸」について〜リードアラウド研究会

リードアラウドでより豊かな表現を学んでいる。リードアラウドで絵本を「表情」豊かに読んでいる最中の、自分の顔は見えていないが、仲間たちの顔はとても興味深い。

どうも表現と表情はシンクロしているようだ。とぼしい表情からは平坦な表現、豊かな表情からは生き生きした表現が出てくる。

そんな興味から、優れた表現者たちが表現をしている最中の顔も気になる。

この人は凄い。Jacques Brel

映像が不鮮明だが、英語でこのJacques Brel のカバーをしていたScott Walker

このタイプの芸は、本を持っていると手が塞がっていてできないが、顔だけでもこういった風ならできるかも? Scott Walker’s Lights of Cincinnati


6月21日英語絵本の朗読「オープンMIC」@ブックハウスカフェにエントリーしよう〜リードアラウド研究会

6月21日に、東京、神保町のブックハウスカフェで、英語絵本の朗読オープンマイクが開催される。

「オープンマイク」(open MIC)は、エントリーさえすれば、誰でもパフォーマンスを披露できる、参加型のイベントだ。

観客になるだけでもいい。

このたびは、英語絵本の朗読というパフォーマンスに限ったもの。

リードアラウドをしているみなさんに、うってつけ!

誰かに聞いてもらうこと、そのことを前提にすることが、上達を促してくれるはず。

どんどんエントリーを。(「MIC」とは言え、マイクロフォンはなし。肉声で)

以下に、勝手にわたしが「聴きたいなあ」と思う英語絵本を挙げる。エントリーのご参考に。

Where the Wild Things Are

We’re Going on a Bear Hunt

Crow Boy(グループ)

Puff the Magic Dragon

The Day Crayons Quit(グループ)

Green Eggs and Ham(グループ)

Madeline

Ben’s Trumpet

The Happy Day

Tough Boris

また、簡単なエントリーフォームを作ったので、これに記入して「コピペ」して、リードアラウド研究会でも、ブックハウスカフェに送って下さい。

6月21日19時からの「ブックハウスカフェOpenMIC 英語絵本deナイト☆」にエントリーします。エントリー費1,000円は当日ブックハウスカフェで支払います。

名前(フリガナ)

電話(携帯)

メールアドレス

朗読する本(英語タイトル、作者名)

「わたし『問題児』だった」という生徒が帰ってきた!〜キッズブックス英語スクール

6歳の頃からリードアラウドを始めたAさん。小学校高学年までずっとリードアラウドを続けた。家が遠いことや受験もあってここ4、5年ご無沙汰だった。

ところが今年の新年、「Aです。覚えていますか(笑)?」というメールが。

「体験入学できますか」という唐突な、それも「今さら体験入学?」といったメッセージ。わけありか、と勝手に思って、何か彼女が再受講できる講座をと模索した。

そしてこのゴールデンウィークに「集中授業」を設定し、再会が叶った!

約5年ぶりのAさんは、きっちりと自分を客観視でき、思っていることをちゃんと発言できる中学3年生になっていた…。

「わたし、小学校高学年の頃、学校で『問題児』だった」と言った。

そして、しばらく学校に行けない日々が続いたとも。

英語スクールは、雨も雪も地震の日も何年も1時間半の道を通い続けられたAさんだったが、小学校は続けられなかった、という。

「(わたしの反抗や欠席を)お説教する先生たちに、『なんでこれを勉強しなきゃいけないのか』とかいろいろ聞いたんだけど、ちゃんと答えなかった。それに答えても、みーんな同じ、決まり文句みたいな答えだった。そんなでもっと行きたくなくなった」。

語ってくれた、Aさん自称するところの「問題児」としての心理や、いわゆる「不登校児」としての心理は、驚きではないけれど、とてもリアルだった。

今だに当時の学校やそこの人々に怒りをもっている、生身の人間を目の前にして、ひどく心を動かされた。

そこに浮かんできた言葉がある。

Yes, and。

そうだ、必要なのはコレかな。Aさんに疎外感を味あわせたクラスメートにも、そして先生にも。

そこで、あるインプロの先輩がインタビューで語っている言葉が、心に響いてきた。

自分にとって、「受け入れる」というのは、
相手が何かしら出してきたら、
まずは、その瞬間は自分のアイデアを捨て、ゼロにする。
そうすると「こうきたか」「こうくるか」を楽しめて、
それが心地良いです。
アイデアに乗っかったり出したりして、その流れに委ねていくうちに、
誰も予想しない結末を迎えた時、
「ほほ~、こんなところに来ましたかぁ~」と。
それがたまらないですね。

相手の発言や行動を「受け入れる」ということ。そして、それを楽しむこと。他人を排除するより、ずっと気持ちがいい。

「へえ、その手があったんだ」と、先入観なしで受け入れる心構えは、特に先生には大切だろう。それは、生徒だけでなく先生をも楽しくする。

Aさんは幼い頃から、意思がはっきりあって、それを直球で表す人だった。

幼さや不安定さから、癇癪を起こすこともあったが、生命力にあふれていた。

賢く熱量の高いこんな生徒を、不登校児にさてはいけない。

対応する大人、つまり学校では先生は、根気よく、堪え性を持って、どの子どもも「面白い」と思おうよ。

面白がると、子どもはもっと面白く育って、面白い世界を作ってくれる。面白い世界は大人も子どもも生きやすい。Yes, yes!

キッズブックス英語スクール 絵本リードアラウドコース(体験レッスン)

認定講師講座第2回報告その2〜リードアラウド研究会

今年度は、リードアラウド模擬指導を講座の前半にもってきた。分析をしたすぐあとなので、テーマに関した発問も出やすいかもしれないと思ってのことだ。とはいえ、大局的な質問はやはり準備が必要か、というのが感想だ。ということで、次回のシーンごとの模擬指導での発問は、ぜひ予習で用意を!

リードアラウドの指導の型は、そろそろ、みなさんにも見えてきているようだ。まず、タイトルや表紙で、大雑把に内容を推測させてから、中身をパラパラ見せてもう少し細かく。次に、絵を順々に見せて推測させることで、内容理解の「解像度」が上がっていく。さあ、そしてシーンごとに丁々発止と対話式で進行する。

この日も、みなさん、「これは〜だけど……」と自ら「〜」に答えを入れて話を始めてしまう。頭では分かっているだろうに、「あれ、これ。なんだろう?」と「〜」が答えになる発問から、なぜ始められないんだろう。
なぜかほとんどの大人は、「〜だね」と答えから始める。子どもにしてみたら、ヤダヤダ。興ざめだ。
ページをめくって新しい場面が出たら、「あれ?」と思う子ども側の気持ちで見るくせをつけたい。感動や疑問を分かち合いなが読むのが、楽しいのだ。
「大人ってなんでも知っちゃっているように話すから、つまんない」そう思っていた子どもの頃を思い出して。

それから、面白みを削ぐのが、朗読と同じく、指導の平坦さ。指導にも緩急が欲しい。そして、子どもと一緒の気持ちだったら、声のpitchも心の動きとともに変わるはず。
淡々とした、緩急の差の乏しい授業。おまけに先生が自問自答して、答えを全部言ってしまう授業。学生時代に眠くなったのを思い出そう。

コツ?
面白がること。
こう尋ねたらどう答えるだろう? どう読むだろう? あの子にやらせたら? 質問も、返って来る答えも楽しみにしよう。子どもの答えに大いに困らせられて、うまくYes, andを返すのもまた楽し。

それでは、次回は、各シーンでの質問を作って来ること。
課題書はさあ大変、『Runaway Bunny』! ちゃんと尋ねないと、ぼく、逃げちゃうよ。

Runaway Bunny (Rev)

絵本リードアラウド認定講師講座 2019