クラスではどんどん言ってごらん〜キッズブックス英語スクール

 

 

英語絵本を楽しみながら、音読から解読、読解、そして自分たちも表現豊かに読む力(reading fluency)をつけるクラス3つ

 

「どんな話だと思う?」、まずは表紙や裏表紙などだけから想像させ、自由に生徒に発言させる。

 

発言に、ちょこっと助言して本筋に触れる。

あんまり「教えられた」という気にさせたくない。

 

英語を始めて3〜4年目、だいぶ本が読めるようになった「親子クラス」では、近は、「小学生クラス」同様に、本文をシャドーイングすることがある。

先生が表現をつけて読むすぐ後を影のようにつけて、マネするように読む。

そしてシャドーイングで読んだばかりの本文について、要所要所で質問する。

 

「どうなったの?」「どこに行ったの?」5W1Hはできるだけ英語で尋ねる。

 

まだ、「間違えたらどうしよう」と心配そうな表情を見ることがある。

 

先生たちは、どんなことでも発言してくれたら「Yes」、そしてちょこっと他の見方を「and」でみんなに紹介する心算だ。「正解はこれ」なんて決めつける気はないから、心配しないで。

 

自由に発言がするのが好きな生徒が、あーだ、こーだ、悪ノリするときもある。

聞くだけで楽しいのと同時に、大抵は本質をついているのには驚かされる。

 

いい絵本は、子どもにとても優しい。

子どもによくわかる本質だから。

そして、何通りかに汲み取れる、自由度の大きい話だから。

 

ときに見落としや、見間違え、聞き違いなどもあるかもしれない。でもそれはだれにでもあるし、それでも発言してくれたら

「ああそうか、そういう考え方もあるかも?」と、先生たちは思っちゃう。

 

だから、まずは言ってみて欲しい。

何しろ、生徒の発言を聞くのは楽しみで、それをどう料理して役に立つようにお返ししようか、こちらも感受性を高めているからね。

 

 

 

 

スクール秋学期、参考映像~キッズブックス英語スクール

まだ夏休み気分が抜けないかもしれませんが、スクールは秋学期が始まって2週間目が終わりました。

 

秋学期の絵本リードアラウドに役立つ映像を、こちらにまとめておきます。

子どもたちの興味をぜひ喚起させるのに、お役立てください。ポイントは、パパやママや家族が一度は一緒に見ること、読むこと、歌うこと。

「あっち行って」と言われるまで、この至福の時を慈しんでください。

 

それがこれまでスクールなどで見てきた皆さんが、高校まで「英語好き」を続ける秘訣です。

 

入門親子クラス『Sunshine On My Shoulders』

小学生(ベテラン)クラス(よくできた動画で、語りも素晴らしいので、他のクラスの皆さんも!)

『Gruffalo』

入門親子クラス+親子クラス、皆さんはCDもありますが、それプラスこれも。

『Hop on Pop』 オーソドックス版

 

こちらはHip Hop版(ボードブック)

 

中学高校生の英語アクティビティにも〜リードアラウド研究会

英語絵本のひとつのタイプとして、登場人物たちの会話で話が進む、戯曲風のもの、たいてい短いので「寸劇」風である。

 

劇というと、暗記がつきもの。

だが、それを暗記を必須としない朗読劇(リーダーズシアター)にして楽しませる。

このアクティビティはリードアラウドではおなじみだが、一般の、特に楽しませるのが難しい中高生の、楽しいだけじゃないアクティビティとしてオススメだ。

 

たとえばこんな絵本『Don’t Let Pigeon Drive the Bus』。

 

 

 

 

 

なぜか、バスを運転したくてウズウズしているハト。最初と最後にバスの運転手が出てくるが、それ以外は。そのハトのほぼ独白というか、この本の聞き手(読者)の反応を促しながらの会話で進む。

これを分担して、朗読劇にするのはどうだろう。

 

今、実は大人のカルチャーセンターで、5週間ほどかけて大人たちと本書での朗読劇を練習中だ。

先日、このハトの演技が飛躍的にうまくなった受講者に、その秘訣をきいた。

「いやあ、自分が楽しんでいるからじゃないですか」

が、答え。

他の参加者はこんなことも言っていた。

「暗唱できるくらい読み込まないとだめですね」

これは、「楽しんで読み込んでいるうちに、おぼえちゃいますね」と、言い直せるが、実際、練習するうちに、すらすら言えるようになる。

 

そして、表現を工夫してニュアンスを出せるようになるということは、本当の読解ができていくことでもある。どういう気持ちで、何をいわんとしているのかが、文字面だけでなく身体化する。

 

英語が身体化すると、忘れない。中高生に教えてあげたくなる。

 

お忙しい先生方、ここはひとつ、生徒の英語のために、やってみませんか。

 

絵本を使ったアクティビティ、リーダーズシアター指導のために、先生向けワークショップ:

シアターゲームワークショップ開催(2019.9.23)

夏休み英語のお楽しみ〜キッズブックス英語スクール

暑い夏です。

涼しい部屋で、子どもに勉強っぽくなく英語を学ばせたいなあと思った大人のみなさん。

こんなのはいかが。

 

『Where the Wild Things Are』映画。ストリーミングで見られることもあるので、調べて見てください。できれば字幕版で。

本のまま、少し動画にしたもので、読みがとてもよいものが見つかりました。文字は、自分の本で追ってください。

次は、1学期に始めた『Hop on Pup』。二学期も引き続き読みますから、これなど復習と予習によさそうです。

「面白がる気持ちを!」絵本リードアラウド認定講師講座[一日講座]【夏】報告 その2〜リードアラウド研究会

Go Away, Big Green Monster!

『絵本リードアラウド認定講師講座[一日講座]』のもうひとつの目的は、リードアラウドらしい指導方法を学ぶこと。

指導方法その1は、発問し答えさせながら進める双方向型。
まずは、模擬授業で、自分たちがいかに一方向型に傾いているか。その結果、生徒が参加する機会を潰していることに気づいてもらう。

教える代わりに、生徒に問いかけて答えさせて、導く。これが難しい。先生というものは、つい無意識に説明をしてしまう。つまり、答えを先に出してしまうのだ。無意識なことが多いので、模擬授業中にその「しっぽ」を掴んで、自覚することが大切だ。

たとえば、今回こんな場面があった。ひとりの先生役が、読解と表現の指導の際、「この緑の顔、見てどんな気持ちがする?」と発問した。
これがバツ。この発問のなにが問題か? 答えは「この緑」「顔」。この二点がまずい。

「これは、何色? 英語ではなんて言う?」「緑色なのはどの部分?」というふたつの質問をすっとばして、先生が最初から言っちゃった……。「それだったら答えられたのになあ」という子どもの声が聞こえてきそうだ。できるだけ、子どもが答えられそうな発問をし、答えさせてからどんどん次に繋いでいく。

「繋ぐ」というところで、指導方法その2。生徒の答えを「Yes, and」で繋ぐこと。「Yes」で肯定する。「and」で足りない情報や加え、深める情報を付け足したり、展開させたりする。

たとえば『Go Away, Big Green Monster!』の鼻が出てくる場面。生徒が「nose」と答えたあと、「これ、そうnoseだね。じゃ何色かな?」とふたたび発問する。

生徒A「green!」。生徒B「blueじゃない?」ここで指導者が「greenでもないし、blueでもない」と言うと、「No」になってしまう。「あ、greenにも見える。うーん、blueにも見えるなあ。」これで、AとBふたりを肯定した「Yes」になる。

「and」で、新たな情報を与え、学ばせる。指導者は「じゃ(and)、本にはなんて書いてあるかな?」と発問。生徒から「bluish – green」を導き出し、一緒に読み、形容詞「bluish」を紹介することが、「and」になる。

人の性とでも言うのか、つい「No」(「うーん」「でも」「そうかなあ」などの言葉を発したり、無言だったり、首を傾げたり、怪訝な顔をしたり)をしてしまうことが少なくない。模擬授業で、わたしたち指導者のこの否定癖の「しっぽ」をつかまえた。自分を肯定されることで、大人も子どももやる気が起こるというもの。『絵本リードアラウド認定講師講座』では指導者に、子どものやる気を起こさせる指導を学んでもらう。

指導方法その3は、参加を促すと同時に緊張をほぐし、結果、発言しやすくすさせるアクティビティの指導を紹介した。「Shake out」など、ほんの数分でうそのように気分転換と緊張をほぐす効果がある。実感していただけたのではないだろうか。指導者自身の表現を豊かにする演習でも行なったシアターゲームで、面白さや愉快な気持ちを感じたと思う。これが生徒にも効くはず。感情表現の練習はもちろんのこと、集中させたいときにも使える。

今回も、またまた盛りだくさん。やったことは、タンスにしまっておかず、どんどん使って欲しい。

英語指導者のためのシアターゲーム・ワークショップ