「新種」の日本の子どもたち~すらすら英語を読むが書いてあることはわからない

ここ10年くらいだろうか。

英語の文をネイティブ並みにすらすら読み、発音もほぼパーフェクトな日本人の小学生。ところが、何が書いてあるか尋ねると、きょとん。こちらが驚いてしまうほど、何も答えられない。

こんな子どもに遭遇することがそう珍しくなくなった。

 

先日は、Tutoring service   体験にインターナショナルスクールに通う日本人の小学生が我がスクールを訪れた。

「インターナショナルスクールでの英語全般の成績がかんばしくない」

ということでの受講希望だった。

その問題の内容を見るため、スクールで使っているAssessmentをした。

その結果が、大変興味深い。

 

正確に単語を読み下し、文章をつながりとして意識してそれなりのまとまりで読む力は、北米の同学年並み。

つまり普通の日本人からすると「ペラペラ」と文が読める。

速さも同様に学年相応の、滞りのなさ。発音などまったくナマリもなく問題ない。

 

ところが…

comprehension となって、問題があらわに。

指導者が本人の音読後に、もう一度、全文を読んで聞かせた後に、何が書いてあったか、を問う簡易的な評価方法だが、おおよその力は把握できる。

評価は6段階。

「1」はたった今よんだ文から、かろうじて1,2のことが挙げられる。最高「6」は、内容を要約して論理的に話せ、かなり詳細についても語れる、というもの。

 

このスラスラ読んだ体験者の小学生は「2」。重要なこともそうでないことも関係なく、書かれていたことの断片をぽつぽつ、根掘り葉掘りこちらが尋ねてやっと、挙げるに留まった。

これは、どういうことなのか?

 

「すらすら読める」は、近年のフォニックス教育の成果か、素晴らしいこと。

しかし、読解となると、おそらく深く考えるための言語的に噛み砕いた助けが必要で、それがなされていない。そしてその必要性は、英語を母語としない英語非母語者であるところから来る。

英語を英語で読解するのには、高度の英語力と語彙力がいるが、それが英語非母語者の場合、英語環境の密度の違いなどからネイティブのような年相応のものに、「自然に」はならない。最初はちょっとした差でも、小学校の1〜2年間で大きく開く。

この状態のときの、助けをどうしたらよいか。

 

こうした2言語に接している子どもには、母語の読解力を使うのが、英語での読解力を上げる近道だと、思っている。

第二言語習得研究等で取り上げられる、Interdependence Hypothesis(相互依存仮説)が、現場を知る人間としてとても現実的と思う。

つまり、母語の言語能力も非母語の言語能力も、基底を共有しているということ。よって、母語でこの能力を高めれば、徐々に非母語の能力も上がる。

 

と言う仮説だ。

母語の力を借りてより容易に読解をすることで、英語での読解力があがる。

 

「どういうことが書いてあるの?」

「ここに書いてあることを、簡単に言うと?」

日本語だったら、かいつまむことが楽だったり、ニュアンスを言いやすかったりする。そこを日本語で補いながら、英語でrecast(言い直し)させたり、してやったりしながら、ブランクを埋めていく。

日本語と英語の、このバランスを図るのは、おそらく経験値。さじ加減は、微妙だ。

 

さあて、この体験者は幸い「楽しかった」と、最初のクラスへの感想を親御さんに述べて、めでたくtoutering開始が決定!

半年後のアセスメントで、指導の成果を見せたいものだ。

 

 

 

『Goodnight Moon』深読みする会@ブックハウスカフェ〜リードアラウド研究会

長く読み継がれてきた『Goodnight Moon』。日本で、この本について大人から時々聞くのは「どこがいいかわからない」「好きじゃない」という、わたしから言わせていただけば、「不当な」印象だ。

今はこんなことを言うわたし自身も、実は15、6年前は、自分の感想は非常に淡白なもので、ただ「いいですよ」という伝聞として、人に勧める程度だった。

ところが、特にこの5〜6年で、開眼。

読み直す機会を得るたびに新発見をし、以来、リードアラウドの課題書としても積極的に取り上げている。

そんなことで、こんなわたしの発見などを踏まえた、「深読みの会」を馴染のブックハウスカフェで開催していただいた。

 

金曜日の夜に、大人が本当にこんなニッチな話を聞きに足を運んでくれるのだろうか。

本気で心配していたが、初回として丁度いい人数の方にお集まりいただけた。

ほっ。

集まった方の中には、「自分は好きになれない、この本が愛され続けるわけを知りたい」と人も、やっぱりいた。

さてさて。何をお話したか。

わたしにとって大きかった、二つの発見を中心に進めた。

「この本のナレーターは誰れなのか」

「old ladyのhushで変わる部屋の環境について」、

参加者と実際に音読しながら、これらを考えながら読解を深めていった。

 

かつて、自分がいかにこの本をちゃんと見ていなかったか、当時の自分の頭の中をよく覚えているので、参加者の見方もほぼ想像がつく。

時の流れを作者はかなりしっかりとメッセージで出していること、これに気づいていなかった人は、少なからずいたのではないか。

また、部屋にいる、old ladyがキーパースンで、hushと3度するが、そのたびに、Bunnyと部屋に変化が起こること。これなど、なかなか気付かないものだ。

そして、これら視覚的な催眠効果に加えて、聴覚的な催眠効果は、ちょっと見、ちょっと聞きよりも凝っていること。この発見などは、読み方にかなりの変化を生む。

 

参加の皆さんに、最後に「何か今晩の話で発見はありましたか」と尋ねた。そこで、皆さんがそれぞれに発見をし、これからこの本の読み方が変わりそうな気配がしていたのは、とても嬉しいことだった。

「どこがいいかわからない」との方も、「こんなに面白かったのですね」と。

よかった、よかった。そう言っていただけて、本当にありがたい。

さて、次回もブックハウスカフェから、お声がかかるか?

 

『The Giving Tree』あたりで、深読みをしたいものだ。

 

スクール冬の発表会2019〜キッズブックス英語スクール

風邪の流行で、直前練習に欠席する生徒などいて、ほんの少々、心配はあったものの、生徒たちのいつもの頑張りを知っているので、ほぼ「大船に乗った」気持ちで迎えた冬の発表会だった。

 

 

 

 

 

確かに「大船」、よくできました。

今年は、こんな本をこんな面々で読んだ。(ななみさんが学校行事で来られなかったのは残念だった…)

1開会・あいさつ 15:30

はんな、たいよう、ななみ

2No, David!』朗読 めい、かりな

3.『I Don't Want to Be a Frog』朗読劇

Boy Frog:めい、かりな、Papa Frog:ちひろ、Wolf:けいた

4.『We’re Going on a Bear Hunt』朗読劇

たいよう、ななみ、はんな、ちひろ、なるみ、けいた、かりな、めい

5.『Merry Christmas MushTongue Twisters早口レッスン 指導:はんな、たいよう、ななみ

6.休憩 ・おやつ・懇談会・I Spyカルタゲーム 16:10-16:30

7.『Dog and Bear: Two Friends, Three Storiest』朗読劇 Part 1 Bear:ちひろ、Dog:なるみ

Part 2 Bear:かりな、Dog:めい

Part 3 Bear:なるみ、Dog:けいた

8.『The Day the Crayons Quit』朗読 たいよう、はんな、ななみ

9.『Sunshine on My Shoulders』朗読、歌唱 朗読:なるみ、歌唱::全員

10.閉会・プレゼント・記念撮影 17:00





それぞれの成長がみてとれた。

新入生のMさん。耳が頼りだったのが、読める言葉が増えて、目も頼れるように。文字を懸命に読む姿に胸が熱くなる。すごいね、Mさん!

目覚ましく語彙を身につけてきたKさん。大人には真似できない速度で成長中。明瞭な読みや声そして表現力。そしてその熱量が、みんなにもとてもよい刺激になっている。

控えめすぎるところがあるCさん。実は表現が素晴らしい。発表会では見事にこの表現力を見せてくれた。発表会のおかげかな。どうぞこれからも、出し惜しみ(?)せずに、いい表現を見せてくれますように。

お茶目なのにそれが表情に出にくい、ポーカーフェイスのNさん。声を大きく出せるように、そして実力に応じた自信が表に出てきた!リーダーズシアターでのイヌやクマ、生き生きしていた!

本年度のいつ頃からだろうか、表現するのが楽しくなったKくん。大人顔負けのノリノリでエネルギッシュな、おみごとな表現だった。かなり出力は控えめだったけれど、ハイクオリティ!今度はお客様(お父さん?)の前でも、全開で見せて。

かなりの文字数の文章でも豊かな表現を忘れず、自分でも工夫と努力をして登場したHさん。押し出しもよく、「表現豊かに読んで自分も観衆も楽しむ」リードアラウドを体現してくれた。

最愛の野球の練習を休んで出演のTくん(残酷なことに、発表会会場眼下の運動場で自分のチームが練習中だった…)。それでも、さらっと練習で難しかった部分もクリアし、内容を理解しているのが伝わる、fluentな読み。さすがの貫禄?だった。

「英語絵本deナイト:英語絵本OpenMIC#2」終了!~リードアラウド研究会

英語絵本愛好家の前で、お気に入りの英語絵本を朗読する、ブックハウスカフェ主催「英語絵本deナイトOpenMIC」の第2回目が12月13日に無事終わった。

リードアラウドをしている面々以外の参加も増えたおかげで、一般の「英語絵本の朗読」の考え方や捉え方を知る、よい機会にもなった。

リードアラウド研究会およびカルチャーセンター「声に出して読む英語絵本」クラスのみなさんは、今回もかなりの仕上がりだったが、それでもちろん満足することなく、この機会を次の段階へのステップと捉えたい。

良かった点、素晴らしいと思った点は、クラスや講座で会う時にお伝えしよう。

ここに記しておきたいのは、会場にいた子どもふたり(中1と小五)の反応。

ふたりとも、1冊ずつ、大人に出せない味を出し、本当に達者に読んでくれたが、その他の時間も長いこと行儀よく会場にいてくれた。

とはいえ、朗読を聞きながら様々な表情を見せる。子どもの表情には、大人より嘘は少なく、それを見て「ウケたか」がよくわかる。彼らの表情を「リトマス試験紙」として、密かに観察させていただいた。

この子たちにウケてるな、少なくとも聞いているなと思われた朗読には、共通項がある。

メリハリのある、通る声での読み。発音的にはちょっと訛りがあっても、メリハリというかエネルギーが伝わるものは、聞いてくれていた。

本文が長いと、いくらメリハリをつけてもパターン化したり、行き当たりばったりになりやすいが、そうなると感度が高く、正直者の彼らの目は、遠いところを泳いでいるようだった。

飽きさせないために、同じ本で読む人、声を変えるのは、いい作戦だ。

長い絵本を読む場合、よほどの力量がない限り、グループがいいだろう。

観客に向かって語りかける、または掛け合い的な朗読も、よさそうだった。

ぼおっとならない。その場合、読み手が中途半端に恥ずかしがっていると、観客の方がムズムズ恥ずかしくなってしまう。

どかーんと自信たっぷりに呼びかけたりするのが、成功していた。

さあさ、みなさん。

またまた精進して、もっともっとお世辞のない、子どもの生き生きとした反応をいただけるリードアラウドしましょう!

Thank you, ブックハウスカフェ!

家族の協力による動機付けが、英語学習の継続、そして成果につながる〜キッズブックス英語スクール

英語の学習を幼児期に始めて、4〜5年と続けていられることは、とても貴重で本当に素晴らしい。それには、日頃から、子どもの学習への動機付けに協力している家族の大きな貢献がある。

スクールでは、始業時、ほぼ毎回、英語で日付を尋ねている。あるとき、A君が、2019年を「2090, two thousand ninety」と言ってしまったことがあった。「あれれ、今日は未来になっちゃった?」ととぼける指導者。なにが間違っていたのかA君は考えた。すると、ぴかっと目を光らせて、こう言い出した。「あ、そうだ! ナインティじゃない、ナインティーン、『ン』のほうだった!」それから、A君は問わず語りに、家族の誕生日を英語ですらすら挙げていった。

ははーん、と気付いた。ぜったいこれは、家庭で英語の日付を話題にしたに違いない。きっと家族の誕生日などを、英語で言い合ったのだろう。それが、A君にとても嬉しい時間だったんだ……。

これだ、こういう家族の関わり方だ。子どものやる気を育てるのは。「勉強しろ」ではなく、話題に取り入れる。まだまだ、お父さんやお母さんと話をすることが楽しい小学生だ。親たちが、身近なことから英語を話題にすると、「話を続けたい」「話に入りたい」と思って、自分ももっと英語の学習をしようという気になる。

家族の協力や理解があり、子ども自身にもやる気があるなら、あとは指導者の努力! こっちにも、やる気がある。どうか、ついて来てくれますように。

キッズブックス英語スクール 絵本リードアラウドコース