発表会で目指すこと~キッズブックス英語スクール

スクールでは年に二回、発表会をしている。

4月からリードアラウドしてきた絵本は、棚にしまいっぱなしにするにはもったいない。

それに絵本は何度も音読して、自分で読めるようになると、聞くだけと違って、口にのせた「音」での面白みや、読解力がつくことで「オチ」などのユーモアがわかったりする。

 

あやふやだった部分は、繰り返し読むことでより鮮明に見えてくる。英語の「解像度」が上がるのだ。

 

そして、英語を人前で読む、表現するという経験である。これは、英語でのコミュニケーションの自信につながり、ちょっとやそっとでは消えない今後の強みになる。

 

さてさて、今期の準備について。

 

特に小学生の親子クラスの生徒は、そろそろ「観客」を意識しよう。

緊張せよというのではない。

ただ闇雲に読まず、お客様をentertain する意識を持とうというのだ。

 

「聞かせる」「聞いていただく」ために、舞台に立つ。この意識を持とう。

 

そのためには、

まずは、一番遠いところに座っている人にも聞こえる声を出す。

間違ってもいいから、はっきりした声を出す。

(間違えたら言い直せばいい。そのために先生がいる)

 

「いい加減でいい」というリラックスではない、「もう読める」と思うことからくるリラックスを目指そう。

 

次は、観客に「ウケ」てみよう。

言い換えれば、その本のツボ、自分のリードアラウドのツボを表現して、観客を楽しませる。

 

「ここですよ!」とわかるように一息置いてから、観客の顔を見る。

そして、より大きな声や感情を出して読む。

 

とりあえず講師が指導をするから、まず生徒はそれをこなす。

頭で分かってから表現する、という方法もあるが、表現を学んでから分かる方法もある。

 

こうして読解や解釈が肉体化すると、強い。そして子どもは特に、その記憶を長く持ち続ける。

 

スクール生用お役立ちサイト〜キッズブックス英語スクール

インターネットが発達して、無料で使える英語学習サイトがたくさんできました。

古い世代の私たちは時間を費やして作っていた「単語カード」や「単語長」、今やあっという間に作れて、それで小テストを作って自己採点したり、音声を聞きながら学んだり、どこを間違えやすいか自分の回答の統計を見たり、印刷までできます。

今期、親子クラスがお楽しみ中の『I Spy Ultimate Challenger!』に出てくる語彙のファイルを、いつもの

quizlet.com

 

emi oshima ファイルに入れておきました。まだ30語ですが、先日のクラスでの感じですと、まだマスターまで行っていないようです。

「Learn」というモードでも、「Flash Card」というモードでもいいので、お遊びの感覚でどうぞ。

また、Playモードにして「Match」と「Gravity」というゲームでも遊べます(ある程度、単語を覚えたら)。

 

ご参考までに、今、高校2年生の生徒も、今年、外大に進学した元生徒も、この「TOEFL」などで毎週、語彙のテストを利用しています。

皆さんも、emi oshimaファイル内の他のセットの中に、既習の本のタイトルを見つけたら、ぜひ、それらにも挑戦してみてください。

小学生クラスの皆さんにも『Graffalo』など、セットがファイルに入っています。

 

語彙は、定着まで時間がかかりますが、何度も目の前を通った言葉は定着するチャンスがだんだん近づきます。忘れても、次は少し忘れにくくなる。気長に、家族の皆さんも、ご一緒にどうぞ!

 

英文学、今なら読めるか…〜リードアラウド研究会

リードアラウドの名付け親でもある、成蹊大学の宮脇俊文先生が、近々「文学サロン」と「英語サロン」を、我が研究会の二子玉川教室で始められる。

その概要。まずは「文学サロン」から。

英語名称:The Wisteria Literary Salon

今の時代、じっくりと本を読んで物事を考えるということをしなくなってし
まった。それは大学の教育においても同様で、即戦力的なことばかりに目を向
ける傾向が強くなっている。英語教育も、本を読まずして「会話」能力にばか
り目を向けがちだ。それでは時間を無駄に消費するだけで、結果的にどこにも
到達できない。そんな風潮を是正すべく、今こそ古典的な方法で書物と向き合
い、精読し、思考し、議論することをこのサロンではやっていきたい。時間を
かけずに何かをものにしようといった安易な考えを改め、今こそじっくりと古
典を中心とした書物に取り組む時だ。なぜ今古典かと言えば、それは今の時代
にも十分に通用する人間の普遍性を提示するものであるからだ。何かを極める
には、それなりの時間がかかる。それが結果的には、本物の力を身につけるこ
とへの近道なのだ。

本当は、私などよりずっと若いみなさんが、こういう時間を持ったらいい、と思う。

でも周りを見ると、ものをある程度考える若い人は、「時間をかけずに」「何かをものにしたい」、お金は食べ物へと、成果や結果をすぐに感じられるものへ向かうというか、そうせざるをえないと思われる環境にある。

なのに、(若くない)私のこんな身近にこんないい機会がやってきて、時間も費用もまかなえる…

 

英語で文学か。やっちゃうか。

もう準備できたかな、大人の文学が(ある程度)わかる英語力。

 

サイエンスの世界での英語でアップアップして、それでも徐々に児童文学、ミステリー、ノンフィクションと読めるようになってきたけど、気がつけばシニアの年さ。

 

始めるか、文学作品。

 

(「文学サロン」開講は1月、お披露目会は12月1日。いつもの二子玉川教室で。詳しくは後日)

絵本リードアラウド認定講座第7回報告:パパ・ママにご指南する~リードアラウド研究会

「キャラクター造型について」より続く

 

子どもを持つ親たちが『Hop on Pop』を、我が子にどう読んで楽しませるか。親たちを対象にした「読み聞かせ」(声高に言わないが「実質はリードアラウド」)指南の方法を学ぶことが、本講座のもう一つのテーマだった。

 

これまで書店などで開いた「パパ・ママ講座」で聞いた、親からの相談や質問、そして反応などから、固まって来た手順や方法を、本講座で紹介そして演習した。

想定する親たちの「読み聞かせ」の対象は、0から2、3歳までの子ども。その子たちが見聞きする、初めての英語絵本になることが多いだろう。

親がそこで案じるのはどういうことだろう。わたしたち指導者は、しっかりそれを把握しておきたい。そして、納得のいく答えをわかりやすく伝えたい。

 

たとえば、こんな質問だ。

「自分たちの日本人なまりの英語で、読み聞かせてもいいのか」

「CDなど音響を使った方がいいのではないか」

これなどは、必ずわたしたちが答えを用意しておくべきものだ。

 

今回は認定講座に初めての参加者もいたので、おさらいをしながらだったが、「ベテラン」の域に入るリードアラウド認定講師が、意外と自信なさそうな話し方だったり、内容にツッコミどころが多かったりしたのは、予想外だった…。

講座として、危機感を持って、力をつける演習を工夫するなどして、認定講師全員が、しっかり、第二言語習得学(論)を踏まえて、「そのご質問、待っていました」と答えられるようにしたい。

大反省。

 

指導の進め方については、リードアラウドとしての型がはっきりしてきたので、踏襲しやすくなったのではないだろうか。

つまり、

絵本の絵をよくみて、語り合い、「普通に読んでみましょう」の時間を作り、

「目玉」の表現練習の時間に移る。

ここで、シアターゲームから拝借したWord Ballゲームで、言葉に表現を乗せていく練習は、認定講座の演習でおなじみで、リードアラウドのベテランたちは、この指導は心配がなさそうだった。

今後は、ゲームをつど使用する本に合わせて自由自在にアレンジできるよう、自分から楽しめるようになると、さらにいい。

 

リードアラウド歴が短かったり、またはブランクがあると、表現指導する指導者として、表現が貧弱だったり、物足りない。

今回の演習でも行なったエネルギー放出と、感情のバラエティを思い出して、指導者としてエネルギーを高め、より細やかな感情を表現できるよう、本講座の演習を工夫していきたい。