小学生とオンライン英語レッスン〜キッズブックス英語スクール

Covid 19の脅威にさらされている東京の我がスクール。4月からのレッスンはオンライン化した。

こんなことになるとは思ってもいなかった1年以上前のあるとき、個別での補習を一度オンラインでしたことがある。そのときの生徒であり、学年も上がったので、今回スクリーン前の姿は、堂に入ったものだった。

リアルレッスンの時には、絵本のリードアラウドだけでなく、課題書に関連づけたアクティビティをまぜて、学習の定着をはかっていた。

オンラインレッスンにしてみて、当たり前だが、できることとできないことがあることが、よくわかった。

ものは前向きに考えたいたちだ。

オンラインだからできること、について報告する。

 

それは、共有の画面を使った学習ゲーム。

体がぶつかったり、仲間の手が邪魔にならず、自分のPCのスクリーンを占有してできるのは、まずプラスの面だ。

先日は、久々のSpelling Bee、初めてのPCゲームになっているものを使ってみた。

キーを押せるのは、「管理者」である指導者だけというのが、図らずもいい効果をもたらした。

自分で押せないから、声に出して「A」とか綴りを言わなければならない。これに指導者が応じて、キーを押す。インタラクティブ!

これが、これまで何度となく「声が小さい」と言われ続けてきた生徒たちにとって、ことさら素晴らしい練習になった。

つまり、大きい声を出して英語を言うようになったのだ。

いつもは間違えるのを恐れてか、声が小さかった。一度間違えると、どんどん声が萎えていく傾向があったのに、

今回、早もの勝ち、それも早くわたしに聞こえるように言った人勝ちになるので、それまでウサギのようだったのに、怒ったクマみたいな声さえ聞こえた。

 

また、もうひとつ、今回使ったSpelling Beeのゲームでは、timeが測られたが、それがモチベーションをあげた。

遅いとすぐに「ゲーム終了」、これがみんなのお尻に火をつけることになったのかもしれない。

 

そして最後、発音の基礎の反復練習になったこと、これは予期せぬことだった。

全体に不明瞭だったり、「R」と「L」が曖昧だったり、ちょっと驚いたが「R」と「A」をいい間違える(おそらく、「アール」と「ア」と、Aのローマ字読み「ア」が混じった)ことが、多発。

小さな間違いでも、将来まで尾をひく可能性のある間違いが、機械に容赦なくどんどん弾かれる。

「ブブッー」と間違いだと知らせる赤文字が、冷酷に画面に浮かぶ。

今時の指導者が「間違いだったね」と言うのに気を使うのに、機械ときたら平気で生徒の答えを拒絶する。そして生徒のほうも、機械に「ブブッー」と冷酷なことをされても傷つかず、素直にすぐさま正解をさがす。

機械は使いよう、だと思った。

ゲームとかあまり縁がなかった指導者だが、今回オンラインの、ひいてはCOVID19様のおかげで、とてもいい発見ができた。

【絵本リードアラウド認定講座第二回】報告その2:違和感の正体〜リードアラウド研究会

初めてオンラインで行った、絵本認定講師認定講座。

課題書は『The Watermelon Seed』。

 

紹介の版はおまけ付きのペーパーだが、もともとは、The Watermelon Seedだけのハードで出版された。

指導の対象年齢は、4歳から小学生と考えての朗読と指導方法を学んだ。

朗読では、今年度はこれまで以上に腰を据えて表現を身につけるということで、今回は長年の懸案、絵本を読み聞かされて感じる「違和感」つぶしに力を入れたつもり。

朗読での違和感はどこから来るのか、その正体は。

それは、作り声で読んでいることだったり、聞き手がどこにいるのかどのくらいの人数いるのかを取り違えていることだったり、登場人物のキャラがあっていなかったり、台詞を言う感情が違っていたり。

これらに関わる演習は、なんでだか、とても楽しい。

自分の殻を破る、解放する時間になるからだろうか。

参加者の思わぬ面が出てきたり、自分が別人になったり、こうしてわたしたちが、朗読の楽しさを知って読むと、それが役者級にまだたどり着いていないにしても、そういう解放する姿勢を、子どもは察知して、こっちを向いてくれるものだ。

表現を豊かにすること自体も、指導力を上げる効果がある。

 

こんな、そんな表現演習後は、模擬指導。

今期は第二言語習得論からの知見とどうリードアラウドの指導が重なるか、または重ねられるか、を意識的に考えていく。

例えば、「感じを出して読む」というリードアラウドの「約束」は、どう科学的な英語学習とつながるのだろうか。

英語絵本に期待されることは、10年前と違ってきている。

「英語でクマさんやウサギさんのお話を読みますよ〜」みたいなイメージでいると、時代に取り残されるだろう。

絵本の「ポエム」的なふんわかしたところも愛するが、英語で絵本を楽しむことが、「実用」にも太い管で繋がっていることを、プロとして理解していく。

そんな意図を、本年度の模擬指導での皆さんへの私のダメ出しに感じていただけたらと思う。

(ほぼ同じ内容の「絵本リードアラウド認定講師オンライン集中講座」を開講します)

 

 

【絵本リードアラウド認定講座第二回】オンラインで〜リードアラウド研究会

認定講座、ついにオンラインでやってみた!

気づいたことなど書いてみたい。

 

参加人数はいつもの半分程度の4人。

 

まずは、機械的と思われるトラブル2種について。

一つは通信の状態によるものか、「ビデオ」(つまり顔を映す機能)が不安定になったこと。

もう一つは、ホストであるわたしの方に「エラー」表示が出て、参加者にホストの声だけで、「ビデオ」表示がなくなることが2度ほどあったこと。

どちらも、立ち上げ直して改善されたが、なぜか複数回起こって、繰り返さなければならなかった。

次回の準備として考えられるのは、使っていないアプリなどはしまって、PCに余裕を持たせる?ネット環境のいい位置を確認しておく?

 

次に有機的な課題をいくつか。

・対話のタイムラグ(時差)。

このせいで対話の「粋」が悪くなる印象がした。会話の反応が、一瞬か二瞬?遅れるが、それが物理的なものなのに、微妙に心理的に作用して、会話の熱が下がる。

慣れが必要か?

 

・同様にタイムラグのせいか、全体の反応が鈍く感じる。

表情が見えにくく、リアルなら感じ取れる参加者からの相槌やAhhやOhhなどの反応が、バーチャルになって感じ取れなくなるというか、見えない。

改善策として、チャットを利用する、というのがあるが、どうかな。Wowとかチャットで送る?特効薬にはならなそうだ…。

同じ原因だがもう一つ、会話のバトンタッチに時間がかかる、ということも記しておきたい。

 

・参加者同士の雑談がしにくく、コミュニケーションが薄くなる。

ただ、怪我の功名だったかもしれないが、通信トラブル発生の時に、参加者の「あーだ、こーだ」の声が飛び交って、一時、交流が活発になったのは良かった。

4人程度なら、マイクは基本的にミュート(消音)にせず開けておいて、リアルな感じを保つのも方法かもしれない。

 

・ミュートの使い方での発見。

一冊をひとりで通読してもらったが、これはまずマイクを全員をミュートにして始めた。

そして、ホストのわたしが、都度、ひとりのミュートを解除してその朗読をしっかりと聴く。次々、ひとりひとりのをミュートのオンオフしながら聞いて行った。

ひとりの朗読を全編通しでは聞けないが、それはリアルの時と同じ。同時進行している朗読を、巡回して聴いて、後にどこをどうしたらより良くなるかを指摘する。

ミュート機能を使うことで、個々の朗読を傾聴できる。オンラインの長所とも言える。

課題は、人数が増えた時。何人ならできるだろうか。増えた時は、どうしたらよいか。

 

全体を考えてみると、オンラインワークショップの参加者として、心がけたらいいことは、発言を活発にすること。

「…あの…」「えーっと」などで始めないで、冒頭からスパッと「〜についてこう思います」のように。何について、どう思うか、などはっきりスッキリ、そして頻繁に発言する。

ホストにも言えることだが、もう一つ。

ひとりの発言は短く。待ち時間が長いと、集中が切れる。頻繁に代わる代わる発言する場にすること。

ホストとしては、参加者からの挙手が少ない文化なので、次々、指名すること。個々のtask、演習を頻繁に設けて、振っていくこと。

 

オンラインにして、まだ初回。今後、進化していきますから、どうぞよろしく。

そして、この機会にぜひ遠方の方もご参加を!

 

 

 

オンラインレッスンと英語〜キッズブックス英語スクール

思いがけず、「オンラインレッスン方法を構築せよ」との課題を「天命」としていただいた、2020年の春。

個別レッスンでは長く使ってきているが、一対一と複数相手の授業は違う。いくら二人でも、不思議なものだが、こちらの構えがどうも違ってくる。

進行表のようなものを用意する。

 

また、このオンラインというもの、リアル授業よりもアドリブがきかない感じ。

手元にたまたまあったものを掲げて話し始める、といった場面は、

なぜかまだわからない(持ったものが、遠い感じ?見えにくい?)が、

聞いている生徒(参加者)の集中力を切ってしまうようだ。

 

そこで、この一週間はオンラインでの「コンテンツの共有」のお勉強。

授業を受けてくれている生徒の画面に、先生のPC画面に出したのと同じ資料を見せる方法だ。

これをすると、ガンとしっかり見るべきものが目の前に迫って、集中度が変わる。

こういうのは、一人3役(PCの私と、iPhone、iPadの私)で印象を見ながら確認している。

 

コンテンツには「注釈」というのも付けられる。線を引いたり、矢印を見せたり。これのホストとしての使いっぷりが、まだぎこちない。

「ホワイトボード」にすることもできるのだが、文字を書いたり活字を打ったり、タイムラグ(反応が遅れること)が気になる。隔靴掻痒。

パソコンの画面にペンで書きたくなる…。

 

また「注釈」を、ホストである私だけでなく、参加者にも使えるようにできる機能は、子どもたちが喜びそうだが、それに気が行きっぱなしになるのも困るので、お預けかな。

先日のオンラインレッスンで、いつものリードアラウドのように、全員で声を出して本を読んでみて、何かヘンだと気付いた。

あ、音が重ならない。

合唱や合奏が、物理的にできないのだ。常時、誰か一人の声を拾い、おまけに代わるたびにタイムラグがある。聞けたもんではない。

ちょっと失望していたら、「いっぺんに聞こえないことから、普段と違う練習ができる」と、指揮者がとても前向きに書いているのを読んだ。

 

そうか。一つの音だけを聞いて(他を「ミュート」して)集中できるのか。

今頃、「ミュート」ボタン探しなんかで手間取ってはいけない。

みんなの声を拾うときと、聞かせるときとで、オフーオンを迅速にすること!

 

この春、リアルな授業がままならなくなったおかげで、新技術の海に飛び込めた。

ありがたい。

 

 

 

英語学習ゲーム@Homeおすすめ~キッズブックス英語スクール

家庭学習の時間が増えた今日この頃、ホームスクーリング(学校に行かず家庭で教育する)の歴史も長いアメリカでは、ゲームで学べる英語の教材がたくさんあります。

小学生で英語を初めて2年目以上程度のみなさんに適したものを、みつくろってみました。

毎日、どれかのゲームを1ランウンド(10問程度)やるまたは、例えば「15分」という習慣にしたらどうでしょう。

Picture Labeling みなさんの語彙の確認にも!紹介の中では一番簡単なゲーム
https://www.turtlediary.com/game/kitchen-labeling.html キッチン編
Spelling Game しっかりやっておくと、後で楽!
各カテゴリーの中から空欄の文字数にあう単語の綴りをタイプする。8回間違うと正解が示される。
Colors
https://www.turtlediary.com/game/colors-hangman.html
Months (12ヶ月)
https://www.turtlediary.com/game/months-hangman.html
Numbers(数)
https://www.turtlediary.com/game/numbers-hangman.html
センテンス作りゲーム
Sentence Unscramble
1. https://www.turtlediary.com/game/sentence-unscramble-first-grade.html
Match the Phrase
2. https://www.turtlediary.com/game/match-the-phrases.html
3. https://www.turtlediary.com/game/match-the-phrases-simple-compund-and-complex-sentences.html
文の約束事
Capitalization
https://www.turtlediary.com/game/capitalization.html
疑問詞
Question words
https://www.eslgamesplus.com/question-words-what-where-who-why-when-which-how-grammar-activity/
また、キーボードを使うことが多い現代社会で、いわゆる英文タイピングは早いうちにできるようになっていると、後あと楽になるので、もし、まとまったことをこの休みに仕上げたいと思ったら、こちら。
子ども用タイピングレッスン(簡単な英語で説明しているので、英語の勉強にも)
https://www.typingclub.com/sportal/program-16/8833.play