Mem Fox is My Teacher〜リードアラウド研究会

2020年の認定講師講座が3月14日、『Where Is the Green Sheep?』で始まる。

朗読は、まずはこの本できめ細かに表現してみたい。

なかなか幼児向けの絵本で「the 手本」とするものはない現状だが、この本はある!

これ、Mem Fox自身が読んでいる録音

 

一度聞いただけで、耳にそして心に残る。ゆりかごで揺られているような、子守唄を聞くような、Gree~n Sheep!

繰り返しの文に、同じ読み方は一つもない。全部、「音符」が違う。音程だけでなく、スラーやらスタカートやら終止符、拍子、なんとまあ、朗読表現には要素があるのだろう、と教えられる。

そしてまた、読む人の「邪念」のようなものが、ない。「かわいくしよう」「うまさを聞かせてやろう」「ほら、いいだろ」「つまんない」あるいは「……(ブランク、空疎)」なんて、感じられない、この読む時間、聞かせる時間、本を楽しんでいる。

「Gree~n Sheepはどこ?」と尋ねるナレーター(Mem)に、大人まで誘われてしまう。

天性のものと、理性を感じるMem Foxのリードアラウドは、今でもわたしのリードアラウドの先生だ。

 

また、初心にかえり、かつ技術や心構えはこれまで身につけたもので、本年度最初のリードアラウドをしてみよう。