「風通し」のいい場所~キッズブックス英語スクール

アメリカの西海岸、オレゴン州のポートランドという街にくると、特に東京からひとっ飛びで着いた直後の数日間は、その街に住まう人々がずいぶんと自由に、自己表現して生きているなあ、と感じいって、人観察できょろきょろしてしまう。

早春のある春めいた日、春の訪れを知らせる妖精のようにウキウキ、ふわふわと、お兄さんが頭からつま先まで虹色のオウムに扮して歩いていた。すれ違う人々もごく普通に、それを笑顔で見送る。

交差点で、あごひげを密にたくわえたお兄さん?が人待ち顔で立っていた。 その見事なヒゲは、顎下10センチくらいのところで圧縮フェルト加工のように隙間なく密になっている。色も赤から茶色のグラデーションに染めていて、スタイリッシュだ。

色といえば、東京も渋谷などでは見かける蛍光色の髪。この街では、もともとの髪の色がブロンドだったり、色があっても薄く抜きやすい人が多いからか、蛍光色を乗せると、とてもいい発色で光り輝く。草間彌生さんの髪のような鮮やかな色の老若男女が、あちこちに。

自由な雰囲気は、見かけだけではない。

舞台俳優のように響き渡る声で、滔々(とうとう)と世の中への不満を、通行人に疲れ知らずに語る男性や女性。毎日、声を出しているのか、素晴らしい声だ。

別の角を曲がると、スタジオでの練習の代わりか、小遣い稼ぎか、アンプ持ち込みでロックギターをかき鳴らしているお兄さんがいる。かなりの腕前で、立ち止まって聞き入る人も。

スターバックスにいけば、まるでGilda Radnerが演じる、おしゃべりで超元気なおばあさんを地でいくスーパーハイパーおばあさんが、天候への不満を周囲に語りながら、コーヒーにどぼどぼ牛乳を注いでいる。

即興劇をする人だったら、キャラクターつくりのアイディアに事欠かない街だが、個々を重んじている感じの周囲の人々が、とても暖かい目をしているところが羨ましい。

わたしにも、まったく嫌な風景ではない。風通しがいい、という感じ。

気持ちがゆったり大らかになる。

ふと想像するのは、こんなに自由に振る舞い、それをまた当たり前に受け入れる人々が小学生だった頃の教室。

賑やかだっただろう。でも先生は、そこで子どもをじっと行儀よく椅子に座らせておくことに、主なエネルギーを使ったわけではなさそうだ。

他者を尊重し受け入れること、そうすることが自分の自由にも繋がるということ、子どもはどう学んだのだろう。

小さいながらも、そして週に1回程度の英語の教室であっても、風通しのいいところにしたい。

そう、ちょっと見は統制がとれてないようでも、子どもが開放的に、でも確実に学べるところであって欲しい。

絵本とは?英語絵本で学ぶとは?〜キッズブックス英語スクール

「戦後日本の絵本作りを牽引した」と言われる元福音館の編集者、松居直さんの中国での講演から、絵本についての言を引くと

絵本は教育のためのものではない。子どもが本の世界に入っていく楽しさを覚えるためには、一番良い芸術を見せるべきで、そのためには良い紙、良い印刷が必要だ。やがて子どもに読書の喜びが芽生える

ということ。

ストンと腑に落ちる。松居さんは特にここでは言っていないが(多分遠慮したのだと思うが)「良い紙、良い印刷」の後に「芸術性の高い、良い作品」も加わるだろう。

絵本ってそうだった、子どもだった時の絵本の喜びが、その時の自分の高揚した息遣いとともに蘇ってくる。4歳5歳で、紙がいいとか、印刷がいいとか、作者の芸術性が高いとかという言葉は浮かばなかったが、

「ああ、素敵な本だなあ。いい匂いだなあ」

と絵本を愛でた思い出が今でも浮かぶ。

「読書の喜びが芽生える」という絵本効果、とでも呼べる子どもへの好影響は、もちろん英語の絵本にもある。「英語での読書の喜びが芽生える」という、英語絵本効果である。

松居さんの活躍は戦後少し長く待たねばならなかったが、日本に先んじて1940~50年代から、高度成長とベビーブームを迎えた米国で、絵本は人育てとビジネス両方で大切なものになった。どんどん期待とお金がかけられるようになり、才能ある作家や編集者が絵本業界に入り、数々の名作と呼ばれるようになる絵本を出版し始めた。

リードアラウドでは、こうした「良い紙、良い印刷」「良い作家、編集者」などのおかげで長く「名作」と定評があるもの、また今後「名作」と呼ばれるようになるだろうと厳選した絵本を使う。

英語教材として作られた「絵のついた教材」は、「絵本」と呼ばれることはあっても、すぐに子どもに「教材」だと見破られ飽きられてしまうのは不思議だ。「〜の役に立つ」と、教育しようという大人のもくろみに子どもは驚くほど敏感なものだ。

想像が広がりわくわくする本物の絵本の世界に遊び、作者が整えた英語の音もそのとおり英語で味わう。

母語が日本語の子どもであっても、心は本当に良い本の前で動く。そして素晴らしいのは「ついでに」英語で読んでいるということ。幼いながら、ちょっと誇らしく思い、英語というものに興味を持つ姿をこれまでに何度も見た。

こんな英語絵本で読書を楽しむ「ついでに」英語を学んで、本も英語も好きになってくれたら…万歳!!

リスニングとリーディングが得意だ!〜キッズブックス英語スクール

我がスクールでリードアラウドを小学生時代に始めた「ベテラン」は、今、高校3年の大学受験生と高校1年生。この二人との経験からだけではもちろん科学的な根拠にはならないが、現在の二人に英語力で共通することがあることに気づいた。リスニングとリーディングに苦労がない、ということ。その自覚もあること。

少なくともこの点については、大変苦労した私の高校生時代を思い出すと、実にうらやましい。

二人が偶然にも語った共通点は、こんなこと。

・英検などのリスニングテープが、ゆっくりに感じる

・出題されたリーディング問題文を、試験中にも関わらず情報として楽しむことがある

ははーん。リードアラウドを知る人は気づくのではないだろうか?

そう、リードアラウドでは表現をうるさく言うのだが、求める表現は自然と英語圏のナチュラルスピードになる。そして表現には、読解が伴う。すると、英語圏の自然な速度で意味が取れるようになる…。

また、もひとつ。リードアラウドを続けることで、読む本(再読も含めて)、読む英文のインプットが蓄積していく。ある程度の速度を持って、本を何度もそして何冊も継続して読んでいく。すると、英文を読むこと、ある量読むことに抵抗が少なくなっていく…。

リードアラウドの今後の課題は、語彙である。年に30時間余のレッスンだけで、英語圏ネイティブの同年代の語彙に追いつけない。そこで、いかに少しでも多くの語彙を身につけさせるか。

そして、もうひとつ。これは一番難しいかもしれない力、ライティング。いかにより知的な語彙を使って、内容ある英文エッセーを書けるようにするか。「内容ある」ものも求めると、とてもレッスンだけではこれも追いつかない。各自が考える習慣をつけること、これを示してもいこう。

新年度は、今までのリードアラウドを踏襲しつつ、さらにこの語彙とライティングの課題を徐々にカリキュラムに入れていく。楽しさは保ちつつ、である。

高校生クラスで使っているテキスト例:

子どもたちの「変身」!〜キッズブックス英語スクール

親子クラスの子どもたちの成長はまるで昆虫だ。つぎつぎと変身(生物学用語では変態)を繰り返す。

そんな変身、直近では親子クラスに半年弱前に入門したKちゃんがみせてくれた。入門時には、アルファベットをAからだったら口で言える、程度の英語だった。

ところが、今学期の最初のレッスンで『I Spy』を広げ、ミッケを始めた時のこと。語彙の確認のために表に絵、裏に文字だけ書いたフラッシュカードと本文を照らさせた。そこで、なんと字札のほうを見ながら、本文の単語を小さな指で指し確認しているではないか。lettersさえやっとの認識だったのが、今やwordsを見て、そこにある意味も認識している。大変身、その1だ。

その2。ちょっと前に、Cちゃんの「変身」があった。読み方が劇的に変わったのだ。日本語での会話の時に感情がこもった言い方があるのと同様に、英語のとくに会話文に感情をこめることが必要だと納得がいったらしいのだ。例えば、今リードアラウドをしている『Snow』でだったら、「It’s snowing!」という少年の台詞。それが、めっぽう旨い。子役で名優と評判の芦田愛菜さんかCちゃんか、というほど雪への憧憬や嬉しさ、子どもらしさがある。表情までも、そこに見えない雪を見ているようだ。

変身その3。本年度の夏休みが近づく頃だったろうか。春に小学生になったKくんから、そういえばお得意の台詞「いや〜だっ!」が聞かれなくなったことに気づいた。「さあ、次のページを読もう」とか呼びかけると、決まって聞かれた台詞だ。クラスでは、ちょっとギャグ化?していた台詞だったので、聞かれなくなったことに一抹の寂しさ(ああ、幼児時代が終わったんだなあ)も感じたが、これも大変大きな変身だった。そして、それまでも読解が鋭い子どもだったが、発言という形をとらないこともあったのが、手を挙げ発言の手順をふむ。それまで「答えたのに!」と不満げだった表情が、指導者にストレートに褒められるようになったせいもあり、発言後に満足げな表情が見らるようになった。

その4。これは1年以上前の変身だが、Nちゃん。声がとても小さかった。内緒話くらいの大きさだ。聞こえない、聞こえない、なんて言った?と問い詰めると、ますます声が消え入るようだったのに、発表会でBatの台詞「STOP!」を椅子に上がって言ったときあたりだろうか。叫び声を出せたのだ。声が大きくなっただけではない。本来の活発さが授業中に出るようになり、「もう一度読んで」とか言われても、大失敗したような悲しげな表情が出なくなった。今では、変身前のNちゃんが思い出せないくらいだ。


声を出させる!〜キッズブックス英語スクール

英語絵本を表現豊かに読む、リードアラウドで英語を学ばせるスクールだ。英語が初めての子どもが、たいてい最初にチャレンジすることになるのは「大きな声で言う」だろう。未就学児でも小学生でも、英語という初めての言葉で「大きな声」に戸惑う。

子どもなら普段は「パパー!」「ママー!」などと必ず出しているはずの元気な大声、そのボリュームがたとえば「No!」という一音節の簡単な言葉ででも出ない。

「声を出させる」が意外と、英語教育で難しいところだ。ある程度、読めるようになっても、注意しないと、もぞもぞ小さい声になっている。

さあ、どうする?

これには、シアターゲームがいい。どうやら、大きな声を出すスイッチというものがヒトにはあって、それを押して脳へ伝える神経回路が普通の思考で使われる回路と違うようだ。反射的な回路だろうか、これを反応させるのに、シアターゲームと呼ばれる演劇で始まった訓練のゲームが効く。

たとえば、生徒3人を椅子から立ち上がらせて(着席しているというのも声が出にくい原因のひとつ)、前に出す。手を繋いで輪を作らせ、しゃがませる。しゃがんでいる体勢から徐々に立ち上がりながら、「No!」だったら、noを、1から10のボリュームにあげて10回言わせる。その際、指導者が指で1から順に数を10まで示す。

これをすると、最後10のところでは、ついに「TEN!!!」という雄叫びが聞けることもしばしば。これがwarm-upになって、声が出やすくなる。回路が繋がった、という感触だ。物理的な「声」だけでなく、「発言」という声も出やすくなり、クラスが活発になるから不思議なものだ。

300を越す数多くのタイプの違うシアターゲームがある。それらをうまく使い分けると、椅子にじっと座って頭からひねり出そうとしても出ない種類のヒトの力を、違う回路(即興的回路?)を開通させて引き出すことができる。語学を楽しめるレベルまで上達させるのには「自動化」(記憶された知識がすぐに使える意識の部分にプールされること)が必要だと、科学的な第二言語研究で定説になっている。この自動化に、シアターゲームが有効だという実感をもつ。

おまけに、「ゲーム」なので勉強の感じがない。ということで、子どもも大人もみんな楽しい。これからもシアターゲームをうまく応用して、スクールの生徒たちを楽しませながら、より効果的に英語を学んでもらおうと思う。

体験レッスン