声を出させる!~キッズブックス英語スクール

英語絵本を表現豊かに読む、リードアラウドで英語を学ばせるスクールだ。英語が初めての子どもが、たいてい最初にチャレンジすることになるのは「大きな声で言う」だろう。未就学児でも小学生でも、英語という初めての言葉で「大きな声」に戸惑う。

子どもなら普段は「パパー!」「ママー!」などと必ず出しているはずの元気な大声、そのボリュームがたとえば「No!」という一音節の簡単な言葉ででも出ない。

「声を出させる」が意外と、英語教育で難しいところだ。ある程度、読めるようになっても、注意しないと、もぞもぞ小さい声になっている。

さあ、どうする?

これには、シアターゲームがいい。どうやら、大きな声を出すスイッチというものがヒトにはあって、それを押して脳へ伝える神経回路が普通の思考で使われる回路と違うようだ。反射的な回路だろうか、これを反応させるのに、シアターゲームと呼ばれる演劇で始まった訓練のゲームが効く。

たとえば、生徒3人を椅子から立ち上がらせて(着席しているというのも声が出にくい原因のひとつ)、前に出す。手を繋いで輪を作らせ、しゃがませる。しゃがんでいる体勢から徐々に立ち上がりながら、「No!」だったら、noを、1から10のボリュームにあげて10回言わせる。その際、指導者が指で1から順に数を10まで示す。

これをすると、最後10のところでは、ついに「TEN!!!」という雄叫びが聞けることもしばしば。これがwarm-upになって、声が出やすくなる。回路が繋がった、という感触だ。物理的な「声」だけでなく、「発言」という声も出やすくなり、クラスが活発になるから不思議なものだ。

300を越す数多くのタイプの違うシアターゲームがある。それらをうまく使い分けると、椅子にじっと座って頭からひねり出そうとしても出ない種類のヒトの力を、違う回路(即興的回路?)を開通させて引き出すことができる。語学を楽しめるレベルまで上達させるのには「自動化」(記憶された知識がすぐに使える意識の部分にプールされること)が必要だと、科学的な第二言語研究で定説になっている。この自動化に、シアターゲームが有効だという実感をもつ。

おまけに、「ゲーム」なので勉強の感じがない。ということで、子どもも大人もみんな楽しい。これからもシアターゲームをうまく応用して、スクールの生徒たちを楽しませながら、より効果的に英語を学んでもらおうと思う。

2018年冬の発表会練習風景~キッズブックス英語スクール

絵本のリードアラウドで学ぶ英語スクールで、年に2回ある発表会は「肝」だ。

それまでにリードアラウドして、ひとまず「終了」とし棚に入れた本から何冊か選び、発表会でお客さまを前にプレゼンテーションする。

英語学習では反復練習が大切なのは知っていても、ひとはすぐに飽きる。特に子どもはまだ、英語学習の動機付けができていないから、大人以上に飽きっぽい。発表会を設けることで、終わったつもりになっている本を、もう一度読ませるきっかけ作りができる。

先日は12月22日の冬の発表会前最後の土曜日だった。合同練習もしたが、そこではクラス別では見られない相乗効果が期待できる。合同だと、いつもは一緒ではないクラスにちょっといいところを見せようという気になるのかもしれない。また読み合いの組み合わせに新鮮味が感じられるようで、いい緊張感が生まれる。それから、ただ席に座って読むのと、仮でも舞台に立って読むと、プレゼンテーションという意識が多少だが出て、読み方がなぜかちゃんと外向きになる。

5歳の生徒が(暗記ではあるが)すらすら台詞を読むと、ペアの小1の顔に「うまく読んでみせる」という意地?のようなものが浮かぶ。これは、発表会までに「化ける」、いい動機付けのひとつ。期待が膨らむ…。

「特別出演」と称して、上級の小学生クラスのひとりが親子クラスに混じって読んだ。「ちょろい」と油断していた上級生は、ところどころでちょっとつまずいた。そこで、自衛のためか、おふざけモードにして、上級生としてのプライドを守ろうとした。練習する動機付けになれば、いいプライドだ。

舞台に立つとどうしても声が小さくなる子どもたちがいる。グループ別の練習で、廊下に出て練習した。するとなんと、轟く声がしてきたではないか。出せば出せる、という経験が本番で生きる。できなくてもいい。でも、できることを知っているので、大声がでるかもしれない。

司会を小学生クラスに振り分けた。これまたプレゼンテーションの練習だが、リードアラウドを始めて日が浅い生徒に、「暗記はしないでいいから」とハンディをつけた。なのに、自分で暗記を試みてきた。その気概!クラスにいい影響があるはずだ。

スクールの発表会では、練習はしっかりするが、発表会そのものは、きちきちに進行や演出せず、いつでも即興で「どうにかする」「どうにかなる」とゆるゆるの雰囲気でやっている。反復練習、そしてそれをする動機付けのための発表会だ。練習は積んでほしいが、本番でのハプニングは恐れずに。リラックスしたい。

みんなで、楽しもう!

No Mendokusai!~キッズブックス英語スクール

ここ最近のわたしは、英語の力がある程度の高みまで達している人たちとの交流があります。また、英語圏で暮らす日本人との接点もたくさんありました。日本で英語を学んでいる子どもたちも多く見てきました。自分もいい年になり、これら現在や過去、日本や外国など時空を超えて、日本人の英語の習得について少しばかり鳥瞰することができるようになった気がします。

近頃思うのは、英語の習得のキーワード(キーフレーズ?)は、「面倒くさい」かも?今風に言うと「めんどくさっ」かもしれない、ということ。

大人になっても英語力が伸び続け、かなりのところまで来ている前述のような人たちの英語を学ぶ姿勢には、ある特徴が見られます。

面倒くさがらない。

カルチャーセンター、私塾、高齢者施設でのレッスン…それらの参加者の口から、英語学習に対して「面倒くさい」の台詞が出たという記憶はありません。

しかし、英語圏にいながら英語が苦手、現地の英語新聞や本やTVを情報収集や娯楽として使わない(使えない)日本人をたくさん知っていました。たいてい現地の人々との交流や英語が「面倒くさい」と言っていました。

公立小学校で英語絵本を子どもたちと一緒に読む機会が、何年か継続的にありました。そこでは「めんどくさ〜い」を何度も聞きました。現在教えている私塾の小学生の中でも、力はあるのに「めんどくさっ」と口癖のように言わずにいられないような子をみることがあります。

中学生、高校生、大学生と教えてきて、もともとは同じ程度の力だったのに、ある生徒はある時から二足三足飛びで階段を駆け上っていき、他は足踏みをする。後者の生徒の口癖は、・・・「めんどくさい」、前者の生徒たちからは決して聞かれない台詞でした。

「面倒くさい」は、ただの口癖と考える人もいるでしょう。でも、それが学ぶ姿勢を端的に表してしまうかもしれない。そう言い続けることで、台詞自体が間違ったマントラの役目をして、英語習得への道を外すことに力を貸してしまうかもしれない。そんな気がしてきています。

せっかくまだ時間がたっぷりある小、中、高校生の皆さんは特に、この間違ったマントラ「面倒くさい」を自ら唱えませんよう。唱えて、英語の頂に向かう道から逸れませんよう。

天才を除く一般人の、英語習得の王道は、実に面倒くさい道です。「めんどくさ」の台詞は、この王道を避ける誘引力になると思います。口癖でもちょっと怖い。小、中、高校生、大学生の口からは聞きたくないなあ。

NO MENDOKUSAI! で行きましょうよ。

How to本嫌いを育てる〜キッズブックス英語スクール

どうしたら子どもを本好きに育てられるか。本嫌いが育つわけについて言及している斉藤惇夫さんの講演を紹介した記事 から、逆説的に考えてみる。

本嫌いはこうして育つ、と斉藤惇夫さんは言う。

読んでくれる人がいなかったか、テレビばかり見せられていたか、あまりに文章も絵も物語もひどい絵本、あるいはワークブックや総合絵本、つまり勉強に役立つように見えるものだけ与えられていたか、折角読んでもらっても質問されたり、お説教されていたり

まとめると、次の通り。

  1. 本を読んであげない 
  2. ひどい出来の絵本を与える(本をよく選ばない)
  3. 勉強に役立つように見えるもの(ワークブック、教科書的な総合絵本など。主に教材や学習出版社)を与える
  4. 読んであげながら(お勉強的な)質問をしたり、お説教をする

ところで、リードアラウドの一つの自慢は、選書だ。わたしは英語絵本を日本の子どもたちに読んでもらうために選書を始めて、もう27年。ほとんど毎年アメリカ出版界最大の本見本市に行ってもきた。毎日のように様々なニーズに応える選書もしてきた。目の前を通った本の数はかなりなもので、そろそろ選書のプロと言うのを許してもらえるかなと思う。

その選書プロとして我が選書の特徴は、

英語が母語ではない日本の子どもに

表現ある音読(リードアラウド)させる(その結果として内容も理解させる)本。

そして、これまで選んできた本のほとんどは、上の2.と3.のカテゴリーには入らないはずだ。

リードアラウドのスクール、講座、教室などに、子どもから一般大人、英語指導者まで様々な人々が集うが、そこで取り上げてきた絵本は、少なくとも「本嫌い」は生まない選書のつもりだ。ぜひ自信を持って家庭で、そして学校や教室で読んだり、読んでもらったり、読んだやったりして欲しい。

東京英語村(TGG)はどんなもん?〜キッズブックス英語スクール

Tokyo Global Gatewayhttps://tokyo-global-gateway.com/personal/programs/five-missions-at-attraction-area/ なる、いわゆる英語村が東京都に今年9月にオープンしたという。『アエライングリッシュ秋/冬号』で知った。東京都の構想および協力のもと、募って決定した企業グループが共同で会社を作り運営する。

江東区青海にあり、ゆりかもめで行けるところらしい。

館内は英語イマージョン環境で英語漬けになれところという設定だ。対象は小学生から高校生まで。平日は学校や団体利用のみで、8人グループで「生活シーン」をいろいろナビゲーターと一緒に英語を使って体験していくらしい。210分で8人、40,000円。

土日は、一般も予約で受け付ける。2時間で3,500円。10歳未満は親の付き添いが必須で、付き添い入場1,000円。

英語を使う典型的な生活シーンが作られている。飛行機の中、土産物店、レストラン、病院、食料品店、ホテル…子どもの生活に「典型的」かどうかわからないが、少なくとも大人の観光旅行の練習に良さそうなシーンだ。でも写真で見るとなんだかがらんとしていて、未来都市のラボの風情。

どのシーンにも、そこで仕事をしている人に扮した、それっぽくない、どちらかといえば英語の先生風の外国人がいて、英語で相手をしてくれるのだという。

うーむ。写真でみると、この施設はどうも活気がない。お店やさんごっこにしても、店構えなどなりきってないなあ。エンターテイメントの精神で作られておらず、先生の大真面目な「お勉強」精神な感じとでもいうか。なんか、つまらなそう。敏感な子どもなら、勉強させようという大人の意図がみえみえで、せっかくの日曜日に行こうという気がおこらない。

でもまあ、いつか見るだけは見ておきたい。