Summer Watch:ドラマで色々な英語に慣れる〜キッズブックス英語スクール

夏休み!
読書の他に、英語圏のTVドラマもいかが。
英語にもいろいろある。日本で耳にするのは教科書的なもの、そしてわたしたちにわかりやすい速度で話しているものが多い。
夏休みには、ぜひ時間をとって、想像力を発揮してドラマを楽しみながら、「生」の英語に浸ってみたい。
わたしが今夏、見たもの、見ているものをさしあたり二つ紹介する。

1.『The Tunnel season 3』

人気の北欧ドラマ『THE BRIDGE/ブリッジ』のリメイク版。イギリスとフランスを結ぶユーロトンネル内のちょうど国境線で起きた猟奇殺人事件からドラマシリーズが始まる。
人情派で正義感の強いイギリス人の男性刑事と、一匹オオカミ的で感情を表に出さないフランス人の女性刑事のコンビが、両国にまたがる事件を綿密に解決していく。
フランス語部分は英語の字幕が出る。速読の練習(?)にもなる。
「Season 1」は、とてもドラマチックで引き込まれた。なぜか「Season 2」は未視聴。
「Season 3」は、両国の現代の社会問題を取り上げ、サスペンスだけではない興味で、これまたどんどん先を見たくなる秀逸な作り。最後に、悲鳴をあげてしまうほどの衝撃がある。
主人公のフランス人刑事の英語にはほとんどアクセントがない。フランス側の役者の英語はフランス訛り。耳の肥やしに。

2.『Top of the Lake: Season 2 China Girl』

「Season 1」はニュージランド、「Season 2」はオーストラリアが舞台。イギリス、オーストラリア、ニュージランド、アメリカ合作の犯罪ドラマ。
性犯罪を専門とする30代の女性刑事が、男性中心の警察内で悩みながら事件を解決していく。
冷たい湖や空気を感じる絵画的な映像も魅力的だ。
また、オセアニア地域でもアジア女性の人身売買や子どもを食い物にする性犯罪が、社会問題となっていることが伺え、興味深い。
主人公の女性刑事はニュージランド出身という設定だが、アメリカ人が演じているため、英語は分かりやすい。
特に傾聴すべきは、他の登場人物の英語。聞きなれないのは、オセアニア系だから? これも耳の肥やし。

『The Wind Blew』を英語3-4年目の生徒と〜キッズブックス英語スクール

第二言語習得論によれば、英語学習を開始する年齢は、

Older is faster, younger is better.

との事。

これはどっちがいいということではなく、早く始めれば(発音など)よりうまくなるし、遅く始める(中学生など)場合は、短期間で学べるということ。

 

年齢によって学び方が違うということだろう。

今学期、改めてそのことを親子クラスで実感している。

 

『The Wind Brew』
この本をリードアラウドしているのだが、本スクールでは2度目の採用だ。

4年ほど前に1回、4-5歳児を含む英語を始めて1~2年未満の、初級親子クラスで使用した。

しかし、本年度は小学1~2年生、英語も3年目以上のちょっとしたベテラン親子クラスだ。

 

教えるスタイルはリードアラウドだから基本は変わらないが、どこに力が入るか、内容の詳細が、図らずとも違ってくるのが興味深い。

 

大きな違いは、生徒の無意識的な興味(わからなくて気になるところ)が、名詞ではなく動詞に移ってくるということ。

 

本書の話の筋は簡単だ。

 

英国らしき田園で強い風が発生し、それが移動し場所を変えながらいろんなものを巻き上げて進む。そのものの、それぞれの持ち主たちが追って行く。

 

ここで、飛ばされるもの(名詞)の確認は、このクラスには難しいことではない。知っているものも多い。

わからないのは、どう飛ばされるかを言い表している言葉たちだ。

 

英語入門したてのクラスの場合、「主人公」であるthe windは、ただ「吹いて=blew away」していく、と大雑把にくくられ理解される。

 

しかし、本年度の「ベテラン」小学生は、それに加えて「誰のものが」、「どのように」いう情報を付け加えても、混乱がなないだろう。

 

これは「勘」でもあり、ちょっと「科学的」でもある。

「科学的」の根拠は、本クラス全員が、前年度末のReading Fluencyアセスメントで、英語圏G1の1学期以上の英語を読解し音読する力がある、という数字がでていること。

 

ということで、英語の動詞の豊かさを、そろそろ学ばせていこうと思う。

 

それにしても、いつも思うのだが、英語圏で「よい絵本」として長く出版され続けてきた、いわゆるロングセラーは、懐が深い。

 

簡単と見せて、意外と難しかったり、難しいそうでも簡単そうだったり。

 

何層にも読解ができる。何歳でも楽しめる部分、学べる部分がある。

 

そんな例が、本書の動詞の語彙。

見かけや仕立ては簡単そうな絵本だが、使われている動詞は実は難しい。

風の吹き方にもいろいろある。

みんな風の行為だが、みんな違う。

 

渦巻いたりwhirled,

ものを剥ぎ取ったりplucked,

うばったりsnatched,

たたきとったりwhipped,

つかみとったりgrabbed…

 

こういった絵本に、狭い「英語の力、〜年生程度」などの線引きはできない。

指導者も、いつも広く深い絵本の読み方を心がけたい。

 

 

 

 

米国でSummer School? 情報~キッズブックス英語スクール

学校としてではなく、個人として自分の子どもが小学生の時の夏休みに送り込んだ(?)サマースクール情報をお知らせしておく。

一つ目、Harker School

カリフォルニア州のシリコンバレーと呼ばれる地方、San Jose 近辺にある私立の学校が夏の間に開く。

https://www.harker.org/summer/english-language-institute#bookmark-reception-dates

日本での説明会も4月初旬にあるので、興味があるご家庭は要チェック。

 

地域柄、高学歴の教育熱心な家庭が多く、教育や子どもをめぐる環境についての価値観に心配はなかった。

またアジアからの参加者も多く、子どもの世界観が広がったように思う。

 

ただ20年前は寮があったが、現在はない。近所のアパートに家族で期間中住むか、ホームステイ(学校が協力してくれる)。

また、授業料が高くなった….。

 

二つ目は、オレゴン科学技術博物館が主催する自然キャンプ。

月曜日に出発して金曜日に帰ってくる、5日間が典型的。

そのほか、日帰りキャンプなら色々。

学齢別に色々用意されているが、例えばG2-3向けのこちら。

https://secure.omsi.edu/camps-and-classes/Junior-Desert-Survival

 

こちらの場合、学校としてではなく私個人として、期間が合えば「在住保護者」としてお役に立てるかもしれない。

5日間キャンプにかかる費用は、ざっと600ドル。食事代、ポートランド市からの交通費込み。

日本から行く場合は、これに東京ーポートランド間の渡航費用と、現地での数日間の生活費など。

 

2夏、実際に子どもを参加させた。

アメリカの大自然を肌で感じ、今でも砂漠でのサソリとの遭遇とか、コオロギの声が煩くて眠れなかった晩とか、環境に配慮したトイレの使用など、ヒトとしての枠が広がった経験を語ることがある。

親戚の子ども(英語はほとんどできなかった)も一緒に参加させたが、その時の経験などを就職の面接で語って、プラスになった、と本人が語っているが。

 

さしあたり、2回以上参加したキャンプについてお知らせしておく。

 

 

Serious about Books~NYの独立系書店のがんばり

紙の本や、それを売る本屋さんにちょっと元気がない日本。
特に古くからあった小さな本屋さんが消えていく今日この頃。

アメリカも10年くらい前は、同様で「本屋がなくなる」と暗いムードが広がっていた。

でも今日、紙の本は持ち直し、人々は「本好き」はいなくならない、と確信を持ち始めた。

NYでこうして元気に商っている独立系書店を尋ねて、秘訣等をたずねる視察を手伝った。

これから、わたしも記事を書く。

Malalaさんのスピーチ:Nobel Peace Prize

2014年度のノーベル平和賞受賞者のひとり、マララさん。
17歳のスピーチ…

自分だけでなく、他の人のことを考え行動し、大勢の前で発表する。
いい表情、いい口調。いいプレゼン。

どんな大人になっていくか、人間への希望をかけて、大いに期待する。