深い声、深い心情が英語で出ない?!〜大人セミナー@キッズブックス英語スクール

 

英語絵本の朗読でやり直す英語、と称した「大人英語セミナー」を開いている。プライベートクラスと小グループクラス。

英語絵本の朗読を磨きながら、reading comprehensionも深めるというのが、レッスンの柱だが、ここで最近、興味深く思っていることがある。

 

学び始めて初期の頃にみなさんが「普通」に読むと、声が浅いことだ。音楽で言えば、使う音程の幅が狭い。

 

不思議とわがスクールのみなさんは、「普通」に読むだけでも、一般的に言って「英語が上手」なレベルだ。

しかし、リードアラウドで声の表現に関わってきたわたしの耳には、その読みはどうも情緒が薄いというか、感情が浅い感じがしてならない。

 

本からは、作者の万感を込めた「声」または、作者が意を託したナレーターの「声」が文字になって、代理人としての読み手を待っているのに、その読み手の声はしばしば「薄情」に聞こえたりする。

 

これは別に読むみなさん個人が薄情だというわけではなく、表現の未熟さがちょうど薄情な人の情の薄い表現に似ているだけなのだが。

 

今、あるクラスで、『Madeline』を取り上げている。

絵本は、100パーセント声に出して読む、読んで聞かせることを前提にしているだろう。

そこで、それぞれの絵本にはそれぞれの「声」があって、そこに個性を持った読み手のキャラクターがでてくる。

 

やりやすいのは今読もうとしている自分が読み手。自由に自分の感情をだせばいい。我が子に読んでやろうという親なら、これでいい。

ただ、レッスンでは芸、またはエンターテイメントとして力をつけるため、ひとつ難しい課題に挑戦。

「だれの声、どんな人?」とキャラクター造型を考えてもらう。

 

例えば『Madeline』だったら、語りはこの主人公の少女、Madelineをよく知っている人で、Madelineはお転婆すぎるところもあるけれど、その勇敢な行動を賞賛し、愛してやまない人、が語っているように聞こえる。

語り口のここかしこに、紳士や淑女の感じも漂う。

Madelineのことをヒヤヒヤしながら、さすがだと思ったり、なんて可愛い子と抱きしめずにいられない愛を感じる。

 

例えばだが、本からこのような声が聞こえてきたら、わたしたち語り手としては、情景を思い浮かべ、自分をその人になぞらえて、その人としての感情を湧かせる。すると、感情の起伏も自然にはっきり出てきて、それに伴って声にも幅がでてくる。

 

いつも帰り際に、どきりとする感想を述べていく受講者がいる。

その彼女の最近の言葉が、

 

「普段、会社などであまり心を動かさず、適当に(感情を)流して生きているのかな、と思わされました」。

コメントを残す

CAPTCHA