なぜその英語「棒読み」になる?#2〜キッズブックス英語スクール

前回に引き続き、各レベルの子どもたちと『Elephants Cannot Dance』を台本のように使って、Readers’ Theaterの練習した。

一部が「棒読み」で、一部が自然な口語に近い読み。相変わらずこの現象は継続中。

中学生で、本スクールの「ベテラン」生徒も、すらすら「棒読み」派。

 

10年以上、同様なことに直面してきたが、毎回少人数の現象であるので、わたしの「気づき」では大した説得力はないが、気づいていることがある。

つまり、この、年齢によって見られるようになる「棒読み現象」は、一種「臨界期説」の派生現象かも?

 [臨界期仮説 Critical Period]: 言語はある年齢(期間)を過ぎると獲得が不可能に なる。

 

母語を獲得するために幼児期から使えた言語能力は、第二言語学習にも使えていたが、年齢が上がるにつれて使用できなくなる、という。

 

そう考えると腑に落ちる。今、サラサラと英語を聞いたままに、ネイティブの口語のように復唱し難なく覚えられてしまう生徒たちは、まだ「臨界期」を迎えていない。

反対に、いくら口語的な言い方で聞かせても、復唱させると「文字を読んでいる」然とした読み方になる生徒は、「臨界期」を過ぎている。

 

質的に異なる「臨界期」がある、とも言われている。だから、スクールで直面してきた難しさは、英語学習の一部だけという感触はある。この件は別の機会に。

 

さて、では一部の生徒が「臨界期」を越しているなら、どうやって英語の自然な、口語的表現を指導するか。

 

これまでの指導経験で見えてきた、有効かもしれない方法はある。

頭のチャンネルを変えさせること。思考の分野ではなく、反射の分野で処理するチャンネルを「開通」させる。反射なので「つい先生の口調をマネてしまった」、という感覚だ。

筋トレにも似た努力がいるのだが、こちらも頑張るので、生徒にも頑張ってもらおう。

 

今年度も、あとひと踏ん張り、いやふた踏ん張り。

 

前回のブログ(なぜ棒読み#1)

コメントを残す

CAPTCHA