2022年度小学生クラス学習素材その1〜キッズブックス英語スクール

2022年度キッズブックス英語スクールが始まります。

本スクールはできるだけ、第二言語習得論(学)で分かってきた、母語ではない第二言語の、年齢相応の学び方を取り入れるよう努力しています。

中でも、シャドーイングという方法は、子どもから大人のクラスでも常に使っています。

 

これは、シャドー(影)のように、手本の音声をどんどん追いかけるように、声に出して言って行く練習です。

何とおりかやり方がありますが、子どもの場合は文字と音声の一致もさせたいので、耳で聴きながら、文字を指で追わせつつ、声に出して読ませています。

シャドーイングは、英語学習に必要なインプット(聞く)とアウトプット(言う、読む)を同時に鍛錬できるうえ、「認知を超えた上位の認知(メタ認知)」、つまり自分が学習している状態をその場で第三者的に認知する(自分をモニターする)ことができることから、学習効果があることが科学的に示されています。

 

あるとき、スクールでわたしたちが指導した起伏ある表現があって、おまけに子どもらしい生き生きとした表現も加わった、ほぼ満点のリードアラウドを披露してくれた生徒がいました。本人の潜在能力や実力もありますが、素材として渡ししていた音源で、シャドーイング練習をしたということも聞き、その効果を再認識しました。

 

以前はCD付きの絵本を探して、利用していましたが、昨今は出版社がCD付きをあまり作らなくなってしまいました。

そこで、シャドーイングの練習ができるように、新年度はYouTubeにあがっている、officialの音源か、許諾を受けている団体のもので、かつわたしの耳で「これなら」と確認したもの(これがなかなか、ない)、または「門外不出」の私家版などでご紹介します。

 

さしあたり、以下の3本。今回『The Rock From the Sky』はpart1です。

 

  1. David Goes to School
  2. Alligators All Around  
  3. The Rock From the Sky part 1

     

絵本リードアラウド、聞く気にさせる心構え: その3.relatability〜認定講師講座2022年度第1回

2022年度リードアラウド認定講師講座第一回で取り上げた、英語絵本を子どもに読むときの心構え、ふたつは先日のブログ1とブログ2に記した。

 

最後、3つめの心構え、relatability とは関連しうることという意味だが、つまり、聞き手である子どもがその本からの情報を、自分に身近なものと関連づけられるようにすること。

 

今回の課題書を例にとれば、登場しているキャラクターのゾウを、こんな風に結びつける。

「この一番ちいさなゾウは、幼稚園の年長さんくらいの年かな、君と同じくらい?」など。

これは家族で読みあうときに、普通にやっていそうでもある。

 

「こんなこと、したことない?」

「これって、みんなだったらどうする?」

などと、質問もいい。

 

自分のこと、直接知っていることと、本の内容が結びつくと、興味がわいたり、イメージがリアルになって印象深くなるものだ。

関係ないと思っていた英語の絵本の内容を、少しでも頭に留めてくれるだろう。

 

今後は意識的に、積極的にrelatabilityを高めて行きたい。そして、それが読書のため、英語学習のためにもなるということを、保護者にも伝えたい。