2021前期リーディングアセスメント終了:その1〜キッズブックス英語スクール

年に2度実施しているReading Assessments、今年度の第一回目の採点と親御さん向けのコメントをつける作業まで終わった。

 

最初に忘れてはならないのは、この英語圏生徒用のアセスメントがそもそも使えるスクール生のreading力は、素晴らしいということ。たとえばG1、一年生用のpassage、

I love my mother. She is very nice.  She loves me, too.  My mother is tall.〜

といった調子で136語だが、中学1年の2学期程度かもしれない。このG1レベルで評価するのは、だいたい我がスクールで2年ほど学んだ生徒。今期はG1レベルはいないが、G2からG4レベルを使う生徒たちで、日本の学校では3年生から6年生、スクールや他で英語を学んできて3年以上になる。

 

評価するのは、Word recognition accuracy(どれだけ言葉を正確に認識できるか)、Fluency-Automaticity(どれだけすらすら言葉を読み下せるか。一分間に正しく読み下せる単語数で測る)、多面的に測るFluency Scale、読解などの指標だ。

普段レッスンをしていて、「よく読めるようになったな」「意味がよくわかっているな」と感じていたことが、アセスメントによって、ある程度、客観的な数値であぶり出され、生徒の成長を確認できるのがありがたく、また今後の指導を考えるもとになる。

 

まず、G4レベルになっている生徒たちの結果。

このレベル、だいたい小学校の高学年なのだが、文章が密で長くなり、語彙は難しくなって、放っておくとただ単調に、いわゆる「棒読み」に、そして速度(ペース)が遅くなる傾向があり、わからない単語が増えて、投げやりにさえなりがちな年頃だが……。

ふうっー、よかった。

生徒たちのペースが上がり、フレージングはかなり自然に、イントネーションもそれなりについているではないか!

読み急いで誤読が多い傾向があった生徒は、余裕が出たのか、誤読が「激減」といえるくらい減った。

棒読みになりがちだった生徒は、すっかりそこから足を洗い(?)、フレージングの意識もめばえ、抑揚もときにかっこよく、かなりいいペースで読んだ。

なんとも嬉しいこと。

ここ一年の「秘策」が効いたのか。(つづく)