絵本リードアラウド認定講師講座2021 第2回報告その1~『The Bad Seed』

2017年に発刊後、New York Times ベストセラーになり、続編も刊行中という今時の絵本、『The Bad Seed』が今回の課題書だった。

認定講師講座の選書で心がけていることのひとつは、古典的名作でノスタルジーに浸るだけの「絵本おばさん」集団にならないこと。

とか言っても、本年度は『Blueberry for Sal』も『Big Red Barn』も『Swimmy』といった古典的名作そのものも課題書にリストアップされていて、それはそれで旧来の「読み聞かせ」のパターン的な読み方にはまらないで、新しい、our wayで学んでいく。

さて課題書は、英語のA bad seed(鼻つまみ者)という慣用句から、文字通りに悪い種を主人公にしたところで、もうそのユーモアに期待をしてしまうが、あるbad seedの半生記である。

そろそろ認定講師のみなさんなら、物語によって語り口を変えること、登場人物の会話部分があれば、そこはなるべくリアルにすることなどを、あらかじめ自習時に考慮して練習してきている。

とはいえ、主観と客観は別物で、自分ではそのつもりになっていても、そうは聞こえなかったりすることも、たびたび起こる。

本書のナレーションが、たとえば「むかーしむかし」とマザーグースを語るおばあさん風だったら、子どもはどう思うだろう。そんな想像力も持ち合わしたいものだ。

「カビ臭い」「加齢臭」「眠くなる」…

など、子どもは手厳しく酷だ。子どもに迎合はしないが、本書のように今の子どもの感覚にも合いそうな場合は、こちらもフットワーク軽く新感覚、たぶんリアルな感じとでもいうのだろうか、そんなふうにも読めるようになりたい。

ナレーターは、badであることをことさらひけらかすようなseed自身だ。少なくともおばあさん声では、違和感があるだろう。また、昔のNHKニュースアナウンサー風でもないだろう。

参加者同士で聴き合って、まずはこのナレーター、the bad seedの声について、いろいろ気づきたい。

みなさんも他人の朗読を聴いたり、ディスカッションや表現演習することで、、The bad seedの性別やおよその年齢、生い立ちや性格などを考え、だんだんと人物として特徴が浮きあがってきたようだった。

またこの種くんは、ただ単純に悪さをし、それを正当化するという輩ではない。反省も将来への希望も持つことがわかってくるにつれ、不思議と読みに深みが出てくるところが、表現の面白いところだ。ニュアンスが出るわけだが、これが大人よりまだ感覚的な子どもに響いて、読解に繋がるわけだ。

(つづく)

参考に、「今日(きょうび)のread aloud」:『The Bad Seed』

 

コメントを残す

CAPTCHA