絵本リードアラウド認定講師講座第4回:報告その1〜リードアラウド研究会

今回、2020.6.13も引き続きオンラインでの開催で、課題書は『More』。また前回から持ち越しの『Frederick』の朗読の仕上げも一緒に行った。

『Fredrick』の朗読では、ナレーター、Frederick、ネズミたち、この3種の声を、具体的にどう違いをつけて読むか、その確認から。考えるべきことは、

1.声のpitch(ネズミたちはナレーターより高いだろう)

2. rate(ネズミたちは速め)

3. 遠近/volume(夏の間は外で遠い、冬は石壁の内側で近い、Frederickが指名されて答えるのは「舞台」の上からの朗詠)

この3点。

こうして書き出して、確認し合ったおかげか、その後に2組で読み上げた朗読は、見違えるように。

3者のキャラが見え(or 見え始め)、場面の立地も空気で漂い(始め)、だれに向かって言っているか違いが聞いて(なんとなく)わかるようになった。

講評をし合うのは上達のため、この日のみなさんの講評は、特に的を得たいいものだった。みなさんのと大島の講評を参考に、さらに芸を磨いて欲しい。

 

さて『More』だが、これは指導方法を中心にした演習をした。想定した対象は幼児に読み聞かせをしようという親御さん。

英語絵本のレッスンを受けようという親御さんは、受講しての「お得感」が欲しいはず、と経験的に思うことから、われわれ指導者は、課題書の分析や「トリビア」(雑学)を、この講座で仕込み備える。

本書だったら、テーマとなる格言、

More than enough is too much.

は、知っておいてもいいだろう。

そして、主人公の鳥、Magpie(カササギ)の生態調べや、カササギが収集してきた多くのもの(ガラクタ?)たちを、英語で言えるようにしておく。意外と知らない単語や、もの自体がいったい何なのか知らなかったりするので、準備は必須。

それから次に欠かせないのが、幼児を交えてのアクティビティ、何をしどうそれを学びに生かすか、大切な点だ。(つづく)