絵本リードアラウド認定講座第7回報告:パパ・ママにご指南する~リードアラウド研究会

「キャラクター造型について」より続く

 

子どもを持つ親たちが『Hop on Pop』を、我が子にどう読んで楽しませるか。親たちを対象にした「読み聞かせ」(声高に言わないが「実質はリードアラウド」)指南の方法を学ぶことが、本講座のもう一つのテーマだった。

 

これまで書店などで開いた「パパ・ママ講座」で聞いた、親からの相談や質問、そして反応などから、固まって来た手順や方法を、本講座で紹介そして演習した。

想定する親たちの「読み聞かせ」の対象は、0から2、3歳までの子ども。その子たちが見聞きする、初めての英語絵本になることが多いだろう。

親がそこで案じるのはどういうことだろう。わたしたち指導者は、しっかりそれを把握しておきたい。そして、納得のいく答えをわかりやすく伝えたい。

 

たとえば、こんな質問だ。

「自分たちの日本人なまりの英語で、読み聞かせてもいいのか」

「CDなど音響を使った方がいいのではないか」

これなどは、必ずわたしたちが答えを用意しておくべきものだ。

 

今回は認定講座に初めての参加者もいたので、おさらいをしながらだったが、「ベテラン」の域に入るリードアラウド認定講師が、意外と自信なさそうな話し方だったり、内容にツッコミどころが多かったりしたのは、予想外だった…。

講座として、危機感を持って、力をつける演習を工夫するなどして、認定講師全員が、しっかり、第二言語習得学(論)を踏まえて、「そのご質問、待っていました」と答えられるようにしたい。

大反省。

 

指導の進め方については、リードアラウドとしての型がはっきりしてきたので、踏襲しやすくなったのではないだろうか。

つまり、

絵本の絵をよくみて、語り合い、「普通に読んでみましょう」の時間を作り、

「目玉」の表現練習の時間に移る。

ここで、シアターゲームから拝借したWord Ballゲームで、言葉に表現を乗せていく練習は、認定講座の演習でおなじみで、リードアラウドのベテランたちは、この指導は心配がなさそうだった。

今後は、ゲームをつど使用する本に合わせて自由自在にアレンジできるよう、自分から楽しめるようになると、さらにいい。

 

リードアラウド歴が短かったり、またはブランクがあると、表現指導する指導者として、表現が貧弱だったり、物足りない。

今回の演習でも行なったエネルギー放出と、感情のバラエティを思い出して、指導者としてエネルギーを高め、より細やかな感情を表現できるよう、本講座の演習を工夫していきたい。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA