スクール生、アセスメントで指導者評価!~キッズブックス英語スクール

スクールでは年に二回、7歳以上の生徒に、指導者が生徒の力を把握して伸ばせるよう、アセスメントを受けてもらっている。

英語圏で使われている写真のような簡易アセスメントだが、リードアラウドの目標でもある生徒のReading Fluencyを数値化する。

万能ではないが、継続してみていくと、生徒たちのreadingの習熟の軌跡が読み取れる。

 

さて、本年度最初のアセスメントが終わった。

 

前回からほぼ半年だが、若いって素晴らしい!

指標の一つ、「一分間で正確に読める語数」は、伸び幅に差はあっても、全員もれなく増えた!!

 

この数字は、指標の中でもより客観的である。実際に一分間で初見の文を口頭で生徒に読ませて測る。

授業での「なんだか上手くなったな」という印象だけでは少し頼りないかもしれないが、それを数字で裏付けてくれる。

 

その他、以下のような評価が含まれる。

 

音読が、どの程度「fluent」か。その時の読み方の、抑揚やフレージング、声の大きさ、表現、なめらかさ、ペースなどで評価する。

文全体にどんなことが書いてあったか、読解はどれくらいできるか。どんなことが書いてあったかを話させる。

該当学年の語彙をどれだけ知っているか。リストから10語読ませ、意味を尋ねたり使い方を尋ねる。

 

今回のアセスメントの結果から、こんな課題が浮かび上がった。

・すらすら正確に読むが、読解が深まらない。読解の認識がない。➡️ 読みながら内容を考える回路を頭に作る。

・読む速度は速いが、正確度が落ちる。➡️ 正確さの重要性を確認し、正しく読める語を増やす。

・読めない言葉でつまづくと、気にして速度が落ちる➡️ 読むことに集中させる。読める言葉を増やす。

・センテンスの認識がない(ピリオドで文を切らない)➡️ punctuationの概念を確認させる

・G2レベルの語彙に歯が立たない➡️ 新しい語彙を記憶に定着させる。使えるように慣らす。

・平坦な読み方をする➡️ 歌のメロディのように、自然に表現が読み方にのるよう習慣付けをもっと意識的にする。

 

大仕事でも、闘志が湧く。