「面白がる気持ちを!」絵本リードアラウド認定講師講座[一日講座]【夏】報告 その2〜リードアラウド研究会

Go Away, Big Green Monster!

『絵本リードアラウド認定講師講座[一日講座]』のもうひとつの目的は、リードアラウドらしい指導方法を学ぶこと。

指導方法その1は、発問し答えさせながら進める双方向型。
まずは、模擬授業で、自分たちがいかに一方向型に傾いているか。その結果、生徒が参加する機会を潰していることに気づいてもらう。

教える代わりに、生徒に問いかけて答えさせて、導く。これが難しい。先生というものは、つい無意識に説明をしてしまう。つまり、答えを先に出してしまうのだ。無意識なことが多いので、模擬授業中にその「しっぽ」を掴んで、自覚することが大切だ。

たとえば、今回こんな場面があった。ひとりの先生役が、読解と表現の指導の際、「この緑の顔、見てどんな気持ちがする?」と発問した。
これがバツ。この発問のなにが問題か? 答えは「この緑」「顔」。この二点がまずい。

「これは、何色? 英語ではなんて言う?」「緑色なのはどの部分?」というふたつの質問をすっとばして、先生が最初から言っちゃった……。「それだったら答えられたのになあ」という子どもの声が聞こえてきそうだ。できるだけ、子どもが答えられそうな発問をし、答えさせてからどんどん次に繋いでいく。

「繋ぐ」というところで、指導方法その2。生徒の答えを「Yes, and」で繋ぐこと。「Yes」で肯定する。「and」で足りない情報や加え、深める情報を付け足したり、展開させたりする。

たとえば『Go Away, Big Green Monster!』の鼻が出てくる場面。生徒が「nose」と答えたあと、「これ、そうnoseだね。じゃ何色かな?」とふたたび発問する。

生徒A「green!」。生徒B「blueじゃない?」ここで指導者が「greenでもないし、blueでもない」と言うと、「No」になってしまう。「あ、greenにも見える。うーん、blueにも見えるなあ。」これで、AとBふたりを肯定した「Yes」になる。

「and」で、新たな情報を与え、学ばせる。指導者は「じゃ(and)、本にはなんて書いてあるかな?」と発問。生徒から「bluish – green」を導き出し、一緒に読み、形容詞「bluish」を紹介することが、「and」になる。

人の性とでも言うのか、つい「No」(「うーん」「でも」「そうかなあ」などの言葉を発したり、無言だったり、首を傾げたり、怪訝な顔をしたり)をしてしまうことが少なくない。模擬授業で、わたしたち指導者のこの否定癖の「しっぽ」をつかまえた。自分を肯定されることで、大人も子どももやる気が起こるというもの。『絵本リードアラウド認定講師講座』では指導者に、子どものやる気を起こさせる指導を学んでもらう。

指導方法その3は、参加を促すと同時に緊張をほぐし、結果、発言しやすくすさせるアクティビティの指導を紹介した。「Shake out」など、ほんの数分でうそのように気分転換と緊張をほぐす効果がある。実感していただけたのではないだろうか。指導者自身の表現を豊かにする演習でも行なったシアターゲームで、面白さや愉快な気持ちを感じたと思う。これが生徒にも効くはず。感情表現の練習はもちろんのこと、集中させたいときにも使える。

今回も、またまた盛りだくさん。やったことは、タンスにしまっておかず、どんどん使って欲しい。

英語指導者のためのシアターゲーム・ワークショップ

「面白がる気持ちを!」絵本リードアラウド認定講師講座[一日講座]【夏】報告 その1〜リードアラウド研究会

企画したばかりと思っているうちに日が経って、本講座当日になり、

そしてあっという間に終わった。

この頃、時が進むのがやけに速い。ああ、歳を食ったからかあ。

 

さて、いつもどんな方々に会えるか、特に楽しみな絵本リードアラウド認定講座一日講座。

 

今回は、まったくの初対面の方は少数派。

ふたりはオンラインでご一緒した「顔見知り」、もうひとりは、10年くらい前にスタッフ募集時に、絵本朗読も聞かせていただいた懐かしい顔だった。

 

いつも思うのだが、リードアラウドをよくぞ見つけて下さった。覚えていてくださった。遠くから来てくださった。本当にありがたい。

 

今のところ年に2回開催の一日講座だが、これには通年の認定講座とは少し違った喜びがある。

それは、[BEFORE] と[AFTER] の朗読で、たいていの参加者の表現(朗読)がみちがえる(聞きちがえる?)ようになるから。

 

Go Away Big Green Monster!』を使ってのこの日の表現演習。

発声に始まって、声の要素のうち強弱、pitch(高低)、緩急などに加え、感情を本文の文句に乗せる。

そして作品を分析後、内容に即して表現を調整する。本書では特に、読む速さを「序破急」で変えるのも効果的だ。

そこで、どこまでどういう速さで読むか、速度も変えて効果を確認する。

 

演習は最小限にしたつもりだが、それでも短時間でこの日のすべてを各自の朗読に反映させるのは、経験的にいえば、しんどい。

そんな盛りだくさんの演習で、特に手応えを感じたものがある。

感情を乗せてボールを投げ合う(!)、いい大人にはちょっとワイルドなシアターゲーム、Word Ball Emotion Ballゲームでの演習だ。

 

本当に不思議な効果のある、このゲーム。

ただのボール投げとは、ちと違う。

ボールを投げながら、課題書からピックアップした要になる文句に、いろいろな感情を込めて言う。

こうすると恐らく、それまで各自が無意識に抑圧していた感情が、ボール投げという行動に気をとられて露わになるのだろう。

平坦だったり、作りものだった表現に、魂が入るのだ。

 

今回のこのボール投げ、なにかの拍子に特別な力が入り、口から出る文句、たとえば「Go away!」だったりが、かなり迫真のものになった。

「いっちまえ!」といったような、普段は決して口に出ない口調が現れ、それを受けて次の人は「ええーい、おまえこそ、いっちまえ!」といった感じで「Go away!」を生き生きと言ってのけるのである。

この言葉とボールのやり取りはまるで、子ども時代のドッチボール。楽しくなる。

これは、開放感というものだろう。

 

開放感は楽しさを生む。

この指導者自身が楽しんでいる空気を、リードアラウドは必要とする。

 

この日、味わってもらえたことは収穫だ。

こうして、[AFTER]の朗読は、表現は生き生きとし、ほかの要素もいくつもクリアして、[BEFORE]とは大違いなものになった。

 

(指導方法については、つづく)

英語の先生、シアターゲームで遊ぶ!~リードアラウド研究会

久しぶりに、先生向けのシアターゲームのワークショップを企画した。9月23日(祭日)。

(受付は7/23以降、申し込みはこちらから

知れば知るほど奥が深い、シアターゲームなのである。一人でも多くの先生に知ってもらいたい。

 

今回は、時間をたっぷり使って、まずはゲームを楽しむ。

どう進行させるかは、その後で。

 

これまでは、解説や説明を間に挟んでのワークショップだったので、勉強熱心な先生たちは「勉強」の方に意識が行ってしまったかも。

シアターゲームの本質(楽しい!)を伝える、という意味ではちょっと不完全燃焼感がある。

 

先生であることを忘れて、「遊ぶ人」として楽しさを経験することが大切だと、思う故の今回の企画である。

 

これまで実際に、大人から子どもまでのリードアラウドのクラスで取り入れてみた、実際の「使い勝手」を踏まえての紹介だ。

 

ところでシアターゲームとは、どんな場合にどう役立つの? その疑問に答えるべく、いくつか例を挙げてみる。

 

・場合1:

初対面の人々で、空気がぎこちない。そのままだと、発言が出ないで、双方向型進行なんて無理。

→ icebreaker タイプのゲーム。ゲーム上、しっかり相手を見たり声がけしたりで、緊張が緩み発言しやすい雰囲気になる。

 

・場合2:

声が小さい。エネルギーが出ていない。結果、クラスが沈滞している。表現が死んでいる。

→Energize ゲーム。いやでも叫ぶことになる。ムキになってついつい大声に。

 

・場合3:

気が散っている。ざわざわしている。クラスがばらばら。

→ 集中させるゲーム。相手の息遣いまで聞こえるほど、集中することもゲームならでは。

 

・場合4:

たくさん新しい語彙がでてきて、覚えてもらえない。新しい語彙を体に染み込ませたい。

→Word Ballゲーム。wordを言いながらボール投げ、キャッチボール、二つの全く違う動作を同時にすることで、脳に負荷がかかって、記憶に引っかかりができる。

・場合5:

知っているはずの語彙が口に登らない。既習の語彙の棚卸し。記憶の奥に入っている語彙を引っ張り出して、いつでも反射的に使えるようにする。

→連想ゲーム、語彙ゲーム。ボールを渡し合いながら、または手でリズムをとりながらやることで、記憶の出し入れがスムーズに。

 

・場合6:

音読、朗読が平坦だ。表現をもっと豊かにさせたい。

→ 相手のマネから始める表現ゲーム。感情をどんどん増幅させるゲームや、相手のジェスチャーからどんな感情を表現しているかをあてるゲームなど。感情が言葉にのるようになると、英語も伝わりやすく大変身。

 

・場合7:

Writingを初級者にどう教えたらいい?Speakingは?

→ 場面や物語を作るゲームを、ブロークンでも英語でやる。ゲームのおかしさで、ブロークンでも気にならず、口数が増える。言い直してあげる機会を作れる。

 

などなど。まだまだ、使えそうなゲームがたくさん。数え上げたらきりがない。脳科学、認知心理学など科学が、こうしたゲームでの脳の働きとその「効果」を科学的に証明しつつある。

魔法でも、おまじないでもない。

すべての解明を難しくても、効果的であることが科学的に少しずつわかってきた。

使ってみませんか、シアターゲーム。