新学期!Review Classroom English!〜キッズブックス英語スクール

スクールでは、子どもたちの「拒否感」がないことを見極めつつ、英語で進められるところを英語だけで指導する。(ただし読解や感情の部分では、母語がしっくりくるそして手短にわかることがあり母語を使う)

 

ところで、教室で主に使われる英語、というものが存在する。

 

ここに紹介する映像では、ESLの生徒向けにそれを丁寧にゆっくり教えてくれている。

 

親御さん、または先生にも。

 

『David Gets in Trouble』子どもの表現は宝石!〜リードアラウド研究会

スクールで久しぶりに『David Gets in Trouble』を使う。
David Gets in Trouble

また、たまたま4月22日のブックハウスカフェでの「英語絵本リードアラウド!」では、『David Goes to School』をテキストに使う。
David Goes To School

この『David Gets in Trouble』は、シリーズ前二作(『No, David!』『David Goes to School』)と大きく違う点がある
No, David!

それは、Davidがナレーターだということ。
大人のちょっとくどい(キモい?)表現で、この作品をリードアラウドして、「よし」とはしないでほしい。
子どものDavidの声なのだ。
お手本に、以下の映像を。


この子どもらしい、キラキラ光る、まるで葉っぱの上の水滴のようなみずみずしく、宝石のように光る表現に近づけたい。

やっぱり滑舌〜リードアラウド研究会

リードアラウドの表現力アップのために、いくつか鍵がある。

基本的なものから

発声

そして、やっぱり滑舌。

 

本年度の認定講座、

以下の文で練習してみようか。

 

難しい音の組み合わせが多数入っていて、発音がはっきりできていないと明瞭に聞こえないという。

 

舌、舌先、歯、唇、せっかく持っているものを、正確に聞きやすく使おう。

 

特に筋肉系(舌、唇)には、筋トレが必要。

自分の声の録音を聞いて、また思った。

 

 

I am the very pattern of a modern Major-General;
I’ve information vegetable, animal, and mineral;
I know the Kings of England, and I quote the fights historical,
From Marathon to Waterloo, in order categorical;
I’m very well acquainted too with matters mathematical,
I understand equations, both simple and quadratical,
About binomial theorem I’m teeming with a lot o’ news,
With many cheerful facts about the square of the hypotenuse.
I’m very good at integral and differential calculus,
I know the scientific names of beings animalculous,
In short, in matters vegetable, animal, and mineral,
I am the very model of a modern Major-General.’

お手本は、以下のページの一番下に音源あり。

https://www.write-out-loud.com/dictionexercises.html

Reading Fluencyの定期的評価〜キッズブックス英語スクール

スクールでは、リードアラウドとReading力の指導がきちんと生徒に行われているかをみるため、定期的に生徒の力の伸び具合を確認している。
年に二回ほど、5-10分程度、個別に時間を作り、『3-Minute Reading Assessments: Grades 1-4: Word Recognition, Fluency, & Comprehension』に従ったアセスメントを実施している。
3-Minute Reading Assessments: Grades 1-4: Word Recognition, Fluency, & Comprehension

生徒のスコアを表にまとめてみた。

  • 生徒A 初回アセスメント年齢5歳

    実施年月 語彙
    文のレベル 正確度 (%) wdpm (語数) Reading Fluency 読解力 語彙のレベル 語彙力
    2015/3 GK 72.7 16 6 1
    2015/6 G1 61.5 16 7 1
    2016/4 G1 75.6 31 6 2 G1 2
    2017/2 G1 91.7 23 7 4 G1 4
    2017/7 G2 82.2 37 7 4 G1 4
    2018/2 G2 86.0 49 8 3 G1 6
  • 生徒B 初回アセスメント年齢8歳

    実施年月 語彙
    文のレベル 正確度 (%) wdpm (語数) Reading Fluency 読解力 語彙のレベル 語彙力
    2010/7 GK 78.0 5 2
    2011/3 GK 83.6 20 10 2
    2011/7 GK 69.2 14 10 3
    2012/3 GK 84.9 45 11 3
    2012/7 G1 93.4 20 12 3
    2013/3 G1 93.2 41 14 5
    2013/7 G2 94.5 52 15 4
    2014/3 G3 90.0 56 10 3
    2014/7 G3 90.0 45 13 4
    2015/2 G4 97.8 44 10 4
    2015/7 G4 93.1 67 10 3 G2 6
    2016/2 G4 95.5 88 11 3 G3 4
    2016/8 G4 93.5 58 11 4 G3 4
    2017/2 G5 96.3 78 12 3 G3 3
    2017/8 G6 96.0 72 12 4 G3 7

北米のTarget Reading Rates By Grade Level(正確に1分間で読み下せる語数、学年別目標)

Grade Fall (1学期) Winter (2学期) Spring (3学期)
1 0-10 10-50 30-90
2 30-80 50-100 70-130
3 50-110 70-120 80-140
4 70-120 80-130 90-140
5 80-130 90-140 100-150
6 90-140 100-150 110-160
7 100-150 110-160 120-170

これらを見て、感想と今後について;

  • 読める文(正確度・wdpm)のレベルが1-2年で上がっている
  • 正確度・wdpmは割と順調に伸びるが、RF・読解力・語彙力は、もっと積極的な働きかけが必要か
  • 語彙力が上がりにくい。目標は7-8ポイント。語彙を意識した学習をすると、ポイントが上がる傾向が見える?
  • 外的要因(就学・進学)または7歳を境に、個人として成長し、英語にも大きな進歩が現れる

さあ、新年度。
ますます読解力、そして表現力指導に磨きをかける!

英文作りをゲームで〜キッズブックス英語スクール

絵本を表現豊かに読めるように指導しつつ、スクールでは英語の基本を学ばせる。

 

英語を始めて3〜4年目、実年齢が7~8歳に達していれば、そろそろ英語の頭と、ものを考える頭ができてくる。

また、実年齢が9~10歳ともなれば、英文の骨組みを理解し、基本から組み立てることにも興味がわく。

 

そこで、

Card Games: Nouns, Verbs & More

である。

 

小学生クラスは、昨年度に部分的に使ったが、本年度は全体的に。

また、初めての生徒とちょっぴりかじった生徒が混じる親子クラスは、ごく基本から、

このカードで文作りに挑戦だ。

具体的には、次のような目的を持っている。

 

目的(2018年度)

parts of speechnouns, verbs, and adjectivesを認識する

SVの組み立て。2語文

Adjectivesの働き

3語文

andの働き

5語文

 

さあ、どうゲームとして面白がらせるか。