ドアはまずノックから〜リードアラウド研究会

なにもしなければ、なにも起こらない。

自分がいいと思ったことを外に働きかけるのは、勇気と行動力が必要だ。

 

家族の世話や介護、自分の健康状態など、なかなかタイミングが合わないこともある。

 

そんななか、リードアラウドを愛し、その愛を子どもらに伝える活動を開拓し、続けている仲間の存在は、大げさかもしれないが「生きていてよかったな」と思うくらい嬉しい。

 

「古参」の仲間、Iさんから便りが届いた。一部、ご紹介したい。

 

(前略)

先日、20日にT市の図書館で、Bear & Hare Go Fishing
読ませていただきました。
4歳から小2まで4人と母親たち、後ろには数名の大人と、なぜか子どもたちもー
私の声量不足で、遠くから眺めてくれていた方々には十分伝わらなかったかも
しれませんが、一緒に読んでくれた子どもたちは、わくわくしながらページをめくってくれました。
後ろにお一人で座っていた白髪の上品なご婦人が、子どもたちが魚を釣るたびに
実にタイミングよく拍手してくださり、盛り上げてくださいました。
感謝!
(中略)
嬉しいことに、3月3日は図書館まつりで、おはなし会スペシャルが開かれるとのこと。
大勢の読み聞かせのベテラン方に混じって、一人でどこまで子どもたちと一緒に楽しめるか、甚だ不安ではありますが、挑戦あるのみ、かとー
   (後略)
 拍手!
開かなそうなドアも開きそうなドアも、まずはノックをしないと。
今、ドアを開けさせたIさん。
Thank you so much for Read Aloud!