『The Polar Express』朗読、演出について〜リードアラウド研究会


12月22日の「大人のための英語絵本の夕べ』は、わたしたちにまたとない発表の場です。

たとえ聴衆が仲間ばかりだとしても、公の場で朗読する経験は今後に生きます。
どうか、この機会を大切にして自分の芸を磨いてください。

さて、先日のワークショップではお疲れ様でした。

あれから、また考えました。

 

そしたら遠い昔やった人形劇『泣いたあかおに』での演出を思い出したました。

ナレーターの声についてです。

赤鬼と青鬼どちらかだったか忘れましたが、相手の手紙を読むのですが、その声を、始めは手紙をもらった鬼の声にしたのですが、途中からそれを書いた鬼自身の声に被せて最後は書いた鬼だけに、という演出にしました。

 

このThe Polar Express、話を始めるときは「大人」のわたし、

そして子どもに戻ってサンタに会って戻って、クリスマスの日を迎える。

最後のページで、「大人」に戻る。

 

こんな演出で、ナレーションを考えてみませんか。