クイズ:今話題の4人のなかで、だれが一番リードアラウドが上手いか

クイズです。

以下の4人のなかで、だれがリードアラウドが上手そうでしょうか。

2017年春の時点で、話題の人々
1. 森友学園 籠池園長
2. 内閣総理大臣 安倍総理
3. 内閣総理大臣夫人 昭恵夫人
4. 横綱 稀勢の里

いろいろな答えがありますが、大島の答え:
上手そうな順でいうと、
3, 1, 2, 4

考えたきっかけは、4の稀勢の里の人となりを新聞で読んだこと。
「痛いときも痛い顔ひとつしない。痛いとも言わない」
と、力士らしさとか、もしかしたら「日本人らしさ」とか、美点として描かれている。

これ、これがリードアラウドでは、一番だめなんです。

痛い所では、実に痛そうな顔をして、痛そうに読むこと。
それを聞いた人、見た人が、いっぺんで「痛がってる」と分かるように。

こうした力士的表現をよしとする、特に男の人は、英語表現を学習するときに、なかなか感情を解放できずに、時間がかかる。

逆に、3の夫人の場合。

とても表情が豊かで、言葉も多く、がちがちの「頭の言葉」ではなく、即興的な「心の言葉」で語ろうとする人のように思える。

こうした人柄の場合、リードアラウドはかなり短期で上手くなる。

次に上手くなりそうなのが、1の籠池さん。

もしかしたら、「アクセント」が強くてなかなかそれが抜けないかもしれないが、表情と心で伝わるリードアラウドが出来そう。

愛嬌も出て、子どもに受けそうだ。

最後、うんと下手でも、また上手くもない、印象が薄いのが2の我が総理。

英文を「きちんと」読み下そうと、子どもの時分の素直な姿勢が出て、英語を一語一語切り過ぎて、伝わりにくいかも知れない。
前置詞、冠詞など、はっきり発音しすぎて、文全体の意味の訴求力が弱そう。

「under control」など特に意識し学習した語には、模範的で多少よそよそしい感情を入れられるだろう。