「英語入門」今や3歳の時代〜キッズブックス英語スクール

新年度のスクールに興味がある親子の体験クラスを指導した。

数年前までの意識だと、5~6歳を想定するのだが、今やそんな時代は過ぎ去った?!

わがスクールに興味を持って下さるのは、3〜4歳の親御さんたちになった。

もうひとつ驚くのは、「英語が初めて」と言っても、3歳にして「ABCが読めます」ということ。

「ABCが分かります」とかではなく「読めます」。

下手をすると、多くの英語ネイティブの子どもより進んでいる…。

そんな!

さて、先日集まった約3歳の面々。

英語では「おませ」だが、人類の3歳程度の壁は破っていない。
英語以外では、ちゃんと「約3歳」で、出来ることと出来ないことは昔通り。

始め、緊張して、かたまる系とふざける系が混じる。

シアターゲームでウォームアップするのだが、まだ他人と動作をシンクロするというのが難しかったりで、「ああ3歳だな」と再確認。

『No David』をリードアラウドしたのだが、ちょっと年上のDavidの行動については、共感を覚えて発言が活発だ。

この年頃に始まる「へそ曲がり」発言も、多々あり。

多くが同じ傾向を示すから傑作だ。
「ああ、これこれ」と、幼いあまのじゃくたちと会話するのが楽しくなる。

叱りまくりのDavidのママが、泣いてしまったDavidを引き寄せて、「I love you」と言うところで、照れて台詞を言いたくなさそうになったり、自分のママがDavidのママ風に読んでhugしようとすると、大げさに避けたりするのも、多くの男子の特徴。

笑ってしまう。

緊張してママの膝に乗って参加していた女児も、しまいには長めの発言もし、声もはっきり出していた。

リードアラウド成功!

さて、スクールに通ってくれるかな?