「失敗」がないImprov.(シアターゲーム)

アメリカで特に発達している、Improv.またはシアターゲーム。
そのワークショップに、昨年に続き今年も参加している。

今年のクラスは、14人(満席)。

参加者には、こんな人たちがいる。

・高校を出たばかりの、「母がこのワークショップをプレゼントしてくれた」という紅顔の美少年

・弁護士だがスピーチや、人との関わり方が下手で、どうにかしたいという30歳代(?)男性

・この街に来たばかりで、友人もなく、何か楽しいことをしたいという20歳代男性

・以前、大学でImprov.を経験して、久しぶりにやってみたくなった30歳代くらいの男性

など。

女性はわたしを含めて3人。コーチは女性。
アジア系はわたしを含めて2人、アフリカ系ひとり、あとは白人。
週に1回、平日の7時から9時(PM)。

初日が終わったところ。

コーチが最初に言ったのは、「インプロには失敗というものがありません」。
「あ、そういうのもアリだね」と、なんでも受け止めるのがインプロなので、失敗することを心配しないで、と言う。

リードアラウドの精神もコレだね!

予想していた通り、参加者の名前を覚えるゲームから始まった。

ここでもこんなコーチの言葉に、みんなほっとする。

「覚えられなくてもいいから。
名前につまったら、相手にすぐ名乗ってあげて。
思い出せず窮する時間は、みんなにストレスだから」

1日で学ぶことは山ほどあったが、特に印象的だったことを記しておきたい。

・グループのエネルギーを励起するゲーム
これは同時に、周囲に随時注意を向けている演習でもある。

ひとりが、「Whoa!」などとうなり声とともに、両手で作った拳を思いっきり上に振り上げ、アイコンタクトをとった相手に、その見えない剣のような何かを投げる(気のみ)。

その瞬間に、両脇のひとたちが、その拳を上げている人を、想像上の刀のようなものでsliceする。

アイコンタクトを受けて、エネルギー(見えないなにか)を投げつけられた人が、次に相手を決めアイコンタクトを送り…

と、続けていくゲームだ。

やってみると分かるが、まず、「Whoa!」など大声で唸って、拳をふりあげ、どこかに投げつけるのが、実に爽快だ。

そして、ひとそれぞれの、そして毎回ちょっと違った唸りや投げ方を見るのがとても愉快。

すっかり日本のちゃんばら映画の侍になり切っている人、へなちょこの人、わざと脱力系の人、凛々しい勇者のような人、みんなが工夫して、他と違うことをして他人を楽しませる。

そして、本人もとても楽しんでいる。

しかし、このゲームの間、コーチがコーチしたポイントは、その部分ではなかった。

両脇のsliceするべき人たちへの、注意喚起だ。
ぼうっとして、隣で拳を振り上げているのに気づかなかったりするふたりに、「slice him(her)!」と声をかける。

わたしを含め、ちょっとでもだれかの「Whoa!」に気を取られていると、sliceの番が来ていることに気づかない。

これはリードアラウドに使える!
と思った。

リードアラウドで指導する時、指導者はそこにいる子どもや参加者たちを見ていないときがある。
ふっと見逃してしまう瞬間だ。

だれにでも起こるが、なるべく少なく、出来ればなくしたい。

このslice係は、いい。
反射の演習になる。

また、子どもたちにも使えるゲームだ。
子どもたちにエネルギーがないとき、だらんとしているときに、使うゲームとしてもいい。

バリエーションがいろいろあるようだ。
これなども、参考になりそうだ。